トップ 脱毛
女の子 シャボン玉 森
  • 子ども

子ども脱毛は何歳からOK?メリットや注意点も解説

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です。 学校に通って、たくさんの人たちと接し成長していく子どもたちですが、周囲の人と自分を比べて悩みを抱えてしまうことがあります。 その悩みのひとつとしてあげられるのが体毛です。必要以上に深く悩んでしまい、勉強などの妨げになっていることも。 そこで、解決策としてクリニックやサロンでの“子ども脱毛”が気になった方も多いのではないでしょうか。 “子ども脱毛は”何歳からできるのか、どんな脱毛方法なのか、そして自己処理と比較してどうなのかをまとめています。 “子ども脱毛”が気になっている人はぜひ最後まで読んでみてくださいね。 子ども脱毛は何歳からがおすすめ? 子ども脱毛には何歳からという決まりはなく、サロンやクリニックなど、それぞれによって違いがあります。 3歳から脱毛できるところもありますし、7歳や10歳、15歳、生理周期が安定してからなど、脱毛開始が可能な年齢はさまざまです。 そのように違いがある理由は、使用しているマシンや脱毛方法、方針などに違いがあるため。 そのため脱毛をはじめるなら、子どもが悩んでいる時がぴったりの時期と言ってもいいのかもしれません。 子どもが自己処理することのデメリット 子どもが自分で脱毛をする場合、どのようなデメリットがあるのでしょうか。トラブルを抱えてしまわないように、ぜひ知っておきたいですね。 ◆ケガや肌荒れにつながることがある 簡単に手に入る手軽さもあり、カミソリや毛抜きでの脱毛は一般的です。しかし、使い方によっては肌トラブルやケガにつながってしまうことがあるので注意が必要です。 誤って切り傷をつくってしまったり、肌の表面の角質を削って乾燥してしまったりなどの、さまざまなトラブルがでてきます。 また、毛抜きによる脱毛では、毛を抜いたときのダメージで、埋没毛や毛嚢炎をおこしやすくなります。 埋没毛(まいぼつもう)―皮膚の下に埋もれて生える毛 毛嚢炎(もうのうえん)―毛穴の奥の部分の炎症 ◆自己処理の方法にはどんなものがあるか ・カミソリ ・毛抜き ・シェーバー ・脱毛クリーム ・脱色 ・ワックス ・家庭用脱毛器 フラッシュ式 ・家庭用脱毛器 レーザー式 ・家庭用脱毛器 ローラー式 このように、ムダ毛の自己処理に便利な商品はたくさんあり、自宅でいつでもケアできるのが魅力です。 ただし、“体用の除毛剤を顔に使い肌トラブルがおきる”など、使用方法を間違ってしまうことにより、お肌を痛めてしまうリスクもあります。 どの脱毛方法を試すにしても、取扱説明書を読み、正しい使用方法を守ることが大切です。 また、忘れがちですが、自己処理のあとには、肌が乾燥しないよう、保湿ケアをしっかりしていきたいですね。 子ども脱毛のメリット それでは、クリニックやサロンでの子ども脱毛には、どのようなメリットがあるのでしょうか。 ◆悩みから解放される サロンやクリニックで安全、きれいに脱毛できれば、精神的に余裕ができるので勉強や部活動、習い事にも集中して取り組めるようになると期待できます。 子どもがのびのびと、元気に日常を過ごせるようになると、大人も安心できますね。 ◆自己処理を繰り返すことがなくなり肌を痛める心配も減る カミソリや毛抜きなどで手軽に脱毛できますが、どんなに注意していても、ケガや肌荒れの心配は尽きません。 子どもがひとりで脱毛するよりも、脱毛のプロによる施術ならケガや肌荒れの心配は減り安心できるようになるでしょう。 ◆大人よりも価格を抑えられる 子ども脱毛にかかる費用は、サロンやクリニックによって異なりますが、大人の価格と比べると低いところが多くなっています。 子ども脱毛の注意点 子ども脱毛をするときに注意しておきたいのが、大人と比べて子どもの肌がとてもデリケートであるということ。サロンやクリニックは慎重に選びたいですね。 気になる部分の脱毛が可能なのか、通いやすいか、などの比較検討も必要になってくるでしょう。 ◆日焼けしていると脱毛できない? 脱毛方法によっても違ってきますが、日焼けしていると脱毛できないところもあります。 日焼けすると、肌が赤くなったり黒くなったりするだけではありません。肌は乾燥し刺激に敏感になり、痛みを感じやすくなります。 学校に行っていると、日焼けを避けられないこともあるでしょう。学校行事などを考慮して脱毛の時期を考えるのもおすすめです。 ◆第二次性徴以降の脱毛が良い? 子どもが第二次性徴を迎えると、体毛の生え方が変わってきます。そのため、“大人のようにある程度毛が生えてから脱毛をはじめよう”という考え方もあります。 しかし、子どもが体毛を気にして悩んでいるなら、いきなり全身脱毛ではなく、気になる部分だけ先に脱毛してみるのもおすすめです。 子ども脱毛の特徴 子ども脱毛は、大人と同じように大きくふたつに分かれます。クリニックで受ける医療脱毛と、サロンでの脱毛で、15歳くらいまでを子ども脱毛の対象にしているところが多くなっています。 ◆医療脱毛 医療脱毛では、レーザー脱毛を主流として使用しています。 レーザー脱毛は出力が高く、脱毛効果も高いのが特徴です。そのぶん、“痛そう”“皮膚トラブルが心配”と思われる面もありますが、医療機関であるためトラブルがあったとしても医師の診断を受けられるのが魅力です。 子ども向けの、肌にやさしい施術プランのあるクリニックもありますので、探してみるのも良いのではないでしょうか。 ◆サロン脱毛 サロン脱毛では、光脱毛(フラッシュ脱毛とも呼ばれる)が主な脱毛方法となっていて、レーザー脱毛と比べて痛みや肌へのダメージが少ないのが特徴。 そのため、子どもだけでなく敏感肌の大人にも向いています。 1回あたりの価格が抑えめなので、少額からはじめられるのも魅力ですね。 まとめ│Dioneではキッズ脱毛も大人気! 子ども脱毛は何歳からできるのか?メリットや注意点についてお伝えしていきました。 クリニックやサロンによって脱毛できる年齢はさまざまです。 だからこそ、子どもの希望やお肌の状態に合ったところで脱毛したいですね。 当サロンDearをプロデュースしている、脱毛専門サロンDioneでは、3歳からでも脱毛をはじめられるほどお肌にやさしい脱毛機を採用しています。 子どものうちから脱毛しておくことで、毛穴が目立たないきれいな肌になるメリットもありますよ。気になっている部位だけの施術もできるので、気になる人はぜひカウンセリングを受けてみてくださいね。 ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

冬 女性 コート 海外 
  • デリケートゾーン

vioのチクチクが続く!かゆみの対処法を解説!

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です🐱♪ デリケートゾーンのチクチクに悩んでいませんか? 自己処理をしたあとの数日は特にチクチクとしたかゆみや痛みを不快に感じる人が多いんです! 今回は、このようなvioのチクチクの原因や対処法をご紹介しますので是非参考にしてくださいね(*^_^*) vioがチクチク!痛みやかゆみの原因は? アンダーヘアを処理したあとの数日はチクチクしたりかゆみを伴うことがあります。考えられる原因は次のとおりです。 自己処理をしたことで毛の先が尖っている カミソリの刺激で肌にダメージがある vioと下着とこすれる 陰部の毛を剃ると毛の先が鋭利になり、肌に当たるとチクチクと感じることがあります。また、カミソリによる肌ダメージによって肌のバリア機能が低下し、かゆみや痛みを感じることがあります。加えてデリケートゾーンと下着の間にあった毛がなくなったため、下着との摩擦によってダメージを受けている可能性もあります。 また、脱毛を受けた直後や生理直後にアンダーヘアの自己処理を行うのも原因の1つです。脱毛を受けた直後は肌にダメージが残っている状態なので、カミソリなどで処理を行うとダメージを重ねていることになります。また、生理中のナプキンでかぶれていたりかゆみがある場合も肌にダメージが蓄積されていることが考えられるので、肌の状態が正常に戻ってから自己処理をするようにしましょう。 デリケートゾーンのチクチクの対処法は? デリケートゾーンのチクチクの対処法は次のとおりです。 アンダーヘアを剃るときに肌に配慮する 保湿をする 下着のサイズをあわせる アンダーヘアを自己処理するときは泡などで肌の滑りを良くしてから行いましょう。また、毛流れに逆らって剃るよりも毛の流れと同じ方向に剃るようにするとダメージを減らすことができます。他にも専用のカミソリやシェーバーを使ってカミソリを肌に当てる回数を減らすのもおすすめです。デリケートゾーンは見えにくい部位なので鏡などを活用して傷つけないように丁寧に処理しましょう。 デリケートゾーンも手や足、顔のように乾燥します。カミソリなどで自己処理をしたあとは特に乾燥します。そのため、剃ったあとは専用のクリームやジェルで保湿をすると良いです。実はデリケートゾーンの保湿は剃ったあとだけではなく毎日行うのがおすすめです。vioは下着との擦れやトイレでの摩擦などダメージがかかりやすいため守ってあげることが大切です。また、デリケートゾーンにクリームやジェルを塗って保湿するときは粘膜部分に塗らないようにしましょう。稀に粘膜部分に塗っても大丈夫なものや推奨しているものがあります。そのため、使用前はパッケージ裏などに記載がある使用方法をしっかりと確認しましょう。記載がない場合は粘膜部分に塗らないようにすると安心です。 下着のサイズが自身に合っていないと摩擦が起きやすいです。また、素材によっては摩擦を強く感じてしまうものもあるので、下着の肌触りにも意識すると良いです。大きすぎるものだと、歩くときに擦れやすくなってデリケートゾーン周辺に摩擦が起きてしまう場合が考えられます。小さすぎても、動く度に強い摩擦になって肌に悪影響です。また、生理以外の日に毎日おりものシートをつけている方は、1日に2〜3回ほど交換するようにしましょう。おりものシートはかぶれやかゆみの原因になるので、つけっぱなしにしないようにしましょう。 脱毛してセルフでのムダ毛処理を減らすのがおすすめ 自己処理のダメージを泡や保湿で抑えても、ダメージは起こります。そのため、脱毛などで毛をなくしたり減らしたりして自己処理の回数を減らすのが良いです。また、脱毛の施術もダメージがかかるため、施術後の保湿もしっかりと行いましょう。脱毛の機械をダメージが起きにくいようなものにするとなお良いです。 脱毛は全く毛がない状態のハイジニーナや、Vラインだけ残したり、全体的に毛量を減らすなど、様々なデザインができます。チクチクが嫌だけど毛が無いのは恥ずかしいという方も、デザインによっては挑戦しやすいかと思います。アンダーヘアの自己処理を頻繁に行っている方は、脱毛で毛の処理を楽にするのがおすすめです。 医療脱毛と美容サロン脱毛の違いは? デリケートゾーンのチクチクを予防するために脱毛が効果的とお伝えいたしました。脱毛はクリニックで行う医療脱毛と美容サロンで行う美容脱毛があります。次の項目で医療脱毛と美容サロン脱毛の違いをお伝えしていきます。 医療脱毛 医療脱毛の特徴は次のとおりです。 回数は少なめ 1回の施術効果が高い 永久脱毛ができる 1回の施術の価格は高め 医療機関で行う脱毛施術 施術者に資格が必要 医療脱毛は医療行為なので、施術者は資格を持っていないと施術できません。また、医療行為であり、効果は高いです。1度脱毛が完了した毛は生えてこなくなる永久脱毛ができますが、新しくできた毛根から生えることは考えられます。加えて美容サロンよりも少ない回数で脱毛することができます。しかし、その分、価格は高いです。 美容サロン脱毛 美容サロン脱毛の特徴は次のとおりです。 回数を重ねることが必要 1回の施術効果は高くない 減毛効果が期待できる 1回の施術は安い 施術者は資格や免許を持っていなくても施術できる 美容サロン脱毛は1回の効果が高くなく、何度も施術の回数を重ねる必要があります。美容サロン脱毛は永久脱毛ではなく、毛を減らす効果が期待できる減毛になります。また、美容に特化したサロンなため、肌などの他の美容施術のメニューが豊富な可能性が考えられます。脱毛だけではなく、他にも美容行為を行いたい方におすすめです。チクチクをなくしたいと考えている方にもおすすめです。 【まとめ】デリケートゾーンのチクチクは正しく対処しよう デリケートゾーンのチクチクは自己処理を減らすことと保湿が大切なことを解説させていただきました。また、敏感肌な方はデリケートゾーンを洗うときの石鹸を専用のものにするのもおすすめです。ボディーソープは陰部にとって洗浄力が強すぎる可能性があるため、洗いすぎになってしまう可能性があります。洗いすぎると必要な潤いまで落としてしまうので乾燥してしまったり、かゆみ、肌荒れにつながる場合があります。デリケートゾーンの処理を正しく行い、チクチクとした不快感やかゆみ、肌荒れを予防しましょう。 ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

女性 帽子 芝生 晴天
  • フェムケア
  • フェムテック

デリケートゾーンケアのおすすめグッズは?手入れ方法や人気のヘア処理グッズなどを紹介!

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です。 海外、特にフランスでは『女性のデリケートゾーンケアは当たりまえ』の文化ですが、日本ではデリケートゾーンケアをしている人はまだまだ多くないといわれています。 その大切さや必要性を認識している人自体が少ないです。 スキンケアなどで肌を保湿するのと同じ様に、専用のアイテムを使ってデリケートゾーンケアをすること美容と健康にとても良いことなのです。 今回は様々なメリットがある「デリケートゾーンのお手入れ」について解説していきますので是非最後までご覧ください(*^_^*) フェムケアとしてvラインiラインoラインの3つセットは当たり前? 『フェムケア』とは女性の体に関わるケアのことで、vラインiラインoラインのヘア処理もフェムケアと言えます。 アンダーヘアを処理して整えることはもちろん、専用の石鹸などを使って清潔に保ち、スキンケアと同じ様に保湿もすると良いです。 年齢とともに分泌液が減ってくる傾向があるので、しっかりと潤いを保つことで不快感やトラブルなどの悩みの予防にも効果が期待できます。 また、生理中のかゆみ・においが気になる方は、専用の商品を使って正しいケア方法を実践することで対策にもなります。 vioのアンダーヘアの正しい自己処理方法 vioのヘアを処理しないと、ムレたりして肌トラブルの元になる場合があります。 もちろん脱毛サロンやクリニックで脱毛処理をするのが安心ですが、まだ脱毛を始めれない人の為に 今回は自己処理の方法について紹介します。 デリケートゾーン専用のアイテムを使うことがおすすめといわれていますが、先が小さく小回りがきくタイプの電動シェーバーなどのアイテムでも代用は可能です。 剃る前にはシェービングクリームやデリケートゾーン専用のソープなどで滑りを良くしてから剃ることで、肌が傷ついてしまう負担を軽減できます。 また、剃る際は粘膜の部分に当たらないように優しく少しずつ剃ること。 ムダ毛処理後は乾燥がひどくなりやすいので、保湿ケアは必須です。 かゆみやトラブルなどの悩みは乾燥対策で解決! デリケートゾーンの不快感に悩んでいる方は、専用のオイルや保湿成分が配合された専用の商品を使うことがおすすめです。 シャワーの後、スキンケアを行う際にデリケートゾーンのケアも一緒に行うようにすると清潔な状態で保湿ができて乾燥対策に繋がります。 年齢とともに潤いは減少します。 乾燥状態が続くと肌も膣内もダメージを受けやすくなり、様々なトラブルを引き起こしやすくなります。 下着やナプキンの擦れも刺激となってしまうので、日頃から乾燥対策をしましょう。 洗いすぎだったり洗浄力の強すぎるものも乾燥の原因になります。石鹸を使用する場合は弱酸性でデリケートゾーンに合ったphの石鹸を選びましょう。 デリケートゾーンのくすみは専用の保湿ケアが効果的!? デリケートゾーンが黒くくすんでしまっている方は、乾燥によりお肌がダメージに弱くなり、摩擦などによって色素沈着が起こっている可能性があります。 黒くくすんでしまった肌を改善するには、肌のターンオーバーを正常にして、新しい皮膚へと変わるように新陳代謝を促すこと。そのためにも保湿は重要です。 今はくすみが無い方でも、ホルモンバランスの変化や、年齢とともにくすんでくる可能性は十分にありますので、できるだけ早い段階で保湿ケアを毎日の習慣にしておくことが大切です。 また、デリケートゾーンの黒ずみに効果的な製品出てきていますので、専用の製品を使うこともおすすめです。 デリケートゾーンは、顔の肌よりも薄く繊細で、経皮吸収率の高い部分なので良いものも悪いものもグングン吸収します。自然由来の安心できる製品を選んで使用しましょう。 石鹸やクリームなどの人気アイテムは? フェムケアとして女性から人気の石鹸と保湿クリームなどを紹介しますので参考にしてみてください。(※香料が配合されているものもありますが、Dearとしては原材料に香料等の科学的なものが使われているものは推薦しません。) サマーズイブフェミニンウォッシュ サマーズイブフェミニンウォッシュは、1,000円以下で購入可能なとても価格が優しい商品です。 敏感肌用や普通肌用、他にも期間限定ですが黒ずみ対策に効果的なタイプの3種類があり、自身に合ったタイプの洗浄力のものが選べます。 また、ほのかな香りがついていますので臭いが気になる方に人気です。 イグニス イオフェミニンウォッシュ イグニスイオフェミニンウォッシュはアミノ酸系なため、優しく汚れを落とすことができ、保湿成分も配合されているため敏感肌な方へおすすめだと言われています。 また、ニオイ対策にも効果が期待できます。容器も可愛らしくシンプルな見た目なので抵抗がある方でも手に取りやすい商品ですね。 イビサクリーム トラネキサム酸やグリチルリチン酸などの美白作用がある有効成分が配合されています。 くすみに悩んでいる方や、脱毛したら黒ずみが目立って見えたと悩んでいる方へおすすめな商品なんだとか。 いくつかの雑誌にのっている、有名なデリケートゾーンの保湿商品です。 ウーマンボディクリーム こちらの商品はコスパが魅力的なクリームです。 デリケートゾーン以外にも全身に使えるので、部分使いや商品を分けて使うのがめんどくさく感じる方へおすすめだと言われています。 肌のバランスを整えてくれる成分などが配合されており、6つの無添加で赤ちゃんにも使える優しいクリームなんだとか。 オーガニック成分ブランド オーガニック製品でおすすめな製品を紹介します。肌に優しく、敏感肌な方におすすめだと言われています。 ピュビケア オーガニックフェミニンシフォンソープ ピュビケア オーガニックは、女性のデリケートゾーンのためにオーガニックスキンケア製品を作っているブランドです。 すべてがオーガニックなので、オーガニックにこだわりたい方におすすめです。 ソープ以外にもクリームやミルクなどもありますのでセット使いも可能です。シートなどのデリケートゾーン関連グッズもありますので興味がある方は検索してみてください。 今は大丈夫でもしっかりチェックして予防しよう 特にデリケートゾーンのケアを行っていなかった方も、今一度膣の状態を確認してみてください。 自分では気づかなかった臭いや黒ずみがある場合は、デリケートゾーンケアを検討してみましょう。 また、生理中のナプキンのかぶれに悩んでいる方もデリケートゾーンのケアをしっかりと行うことで軽減できるかもしれません。 顔などの肌荒れが起きないように毎日化粧品を使ったり、潤いを足すためにトリートメントを行うのと同じでデリケートゾーンのケアはとても大切です。 デリケートゾーンを洗う際も顔と同じ様に泡を指の腹で優しく滑らすようにして洗いましょう。 【まとめ】少しでもデリケートゾーンのケアを知ろう! ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ 今回の記事はデリケートゾーンの手入れについて解説させていただきました。 今まで特にケアをしていなかった人もこの記事を読んだのを機に、少しでもデリケートゾーンのケアをしていただけると幸いです。 ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪