トップ デリケートゾーン
女性 スーツ オフィス
  • デリケートゾーン
  • フェムテック

膣のトリートメントとは?美容のケア方法など内容を把握しておこう

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です。 美容について、女性はいろいろ情報収集しておくのが大事です。美容に注意しておくことで、乾燥や肌荒れなどのトラブルを防ぐことができ、体が良い状態を保ちやすくなります。いろいろな部分をケアする必要がありますが、その中でも膣についてもトリートメントなどをしておくのは重要です。 ただ「膣のトリートメントの効果とは?」「美容ケアのいい方法とは?」と疑問を感じる場合もあるはずです。膣のトリートメントについて内容を紹介しましょう。 膣のケアはどのように行うことができるのか? 膣のケアはとても重要です。膣が緩んでくると尿漏れ、またはおりものによる皮膚のトラブルなど、様々な症状が出てくるため、ケアする必要があります。ただ、膣のケアについて、どのように行うことができるのか把握しておきたい人もいるはずです。膣ケアについて以下の点をチェックしてください。 膣トレーニングを行う 膣ケアとして、トレーニングを行うことができます。膣トレーニングを行うことで骨盤底筋の緩みを改善でき、尿漏れなどのトラブルを改善できる見込みがあります。膣トレは、いろいろな方法があり簡単に行うことができるので毎日意識して行うことが大事です。 例えば、1つの方法として ・かかとをつけて足を90度開く ・息を吐いて足を脱力する ・息を吸いながら、内もも同士を合わせるようにキュッと引き上げる ・5秒以上キープする があります。 他にもスクワットや膣トレのアイテムやグッズを使用して、骨盤底筋をトレーニングできるため、自分のやり方で行うことが可能です。骨盤底筋をトレーニングするなら、ダイエットにも効果があり、スタイルアップを行うこともできるため、美容としての効果も期待できます。もし、加齢や出産後の膣の緩みなどを感じているなら、膣トレを行うようにしてみましょう。 デリケートゾーンを綺麗に洗う 膣ケアをするときは正しく洗うことも重要です。デリケートゾーンは尿やおりもの、汗などが混ざった恥垢が溜まりやすく、汚れをしっかり落とさなくては雑菌が繁殖して皮膚トラブルを引き起こす可能性があります。デリケートゾーンの皮膚は刺激に弱い部分になるため、ゴシゴシ洗うのはNGです。 傷付けないように、優しく注意しながら指で洗うようにすべきです。また、膣の内部まで洗い過ぎると自浄作用にも影響してしまうため、深く洗い過ぎるのは避けておく必要もあります。しっかりデリケートゾーンを洗うことができれば、雑菌によるムレが無くなるため悪臭を発生させるニオイの予防になります。 デリケートゾーンの保湿も行う デリケートゾーンは正しく洗った後は保湿を行うことも重要です。保湿しないと乾燥によって痛みや痒みなどを生じさせてしまい、生活に支障が生じるケースもあります。特に、ナプキンの擦れに敏感な方や脱毛などを行っている人は刺激を感じやすいため、洗ってそのまま放置しておくのは避けておくべきです。 また、更年期を迎えた女性の場合は閉経などが原因になって、膣やデリケートゾーンが乾燥しやすくなることもあります。女性ホルモンの減少なども重なって急に乾燥がひどくなって痒みや痛みを引き起こすこともあるため、しっかり保湿を行うのは重要です。 デリケートゾーンの保湿は、ワセリンやクリームオイルを使用するのが基本です。ワセリンを使用する際は、天然成分の石油を精製した保湿剤がおすすめです。赤ちゃんにも使用できるワセリンは刺激が少ないため、肌が敏感な人でも利用できます。 また、保湿クリームは天然植物由来の成分が配合されていると、肌に優しいので副作用が出るリスクも軽減できるでしょう。毎日お風呂上がりなどに、デリケートゾーンの保湿を行うようにしてください。 膣マッサージを行う 膣美容法として、マッサージを行うことも可能です。膣マッサージは膣の中とまわりを含むデリケートゾーンをオイルマッサージをして健康や美容に役立てることです。 マッサージすることで筋肉がほぐれるため血流が良くなり、生理時の痛みの軽減、また尿漏れ予防やたるみ効果を行えます。膣マッサージをすると適度な刺激のよって潤いもでてくるため、保湿ケアとしても期待できます。 ケアのポイントとして、まずお風呂上がりの清潔な状態の際に行うようにしましょう。使用するオイルは、刺激性が低い天然由来成分が含まれていることを確認してください。その後は人差し指や中指に塗って馴染ませていき、指を使用して優しく撫でるようにします。 膣の中は指の第一関節か第二関節までにしてゆっくり入れて、優しくほぐすようにしましょう。しっかりマッサージを行うと、体に良い変化を得ることが期待できるでしょう。 ヒアルロン酸注入を行う 膣が緩んでいることに悩んでいるなら、ヒアルロン酸の注入も考えてみることが可能です。ヒアルロン酸を注入することで物理的に膣内を狭くする即効性があるため、尿漏れを防ぐなどの効果を得られます。そして、施術時間は15分程度で終わり長くはないため、忙しい人でも膣の改善として考えてみることが可能です。 ただ、ヒアルロン酸の注入は費用がかかり、料金相場は15万円前後になっています。予算をしっかり計算して生活に支障が出ないようにすべきです。また、永久的な効果ではなく一時的なので、時間が経過すると元に戻ってしまう可能性もあり、1回の施術で効果を得られないケースもあります。 痛みを経験する可能性もあるなどリスクもあるため、医師と相談した上で注入すべきか考慮しましょう。 ホルモンバランスを整える 膣ケアとしてホルモンバランスを整えることも重要です。膣内は酸性に保つことが重要であり、膣内のデーデルライン桿菌と呼ばれる乳酸菌の一種が、良い環境を維持するよう働きます。ただ、デーデルライン桿菌はホルモンバランスが関係しており、乱れると減少してしまうため注意しなくてはいけません。 ホルモンバランスの乱れは主に自律神経であり、大きなストレスを受けるとバランスが崩れてしまいます。そのため、自律神経が乱れないようにストレスを定期的に発散しておくようにすべきです。 また、自律神経は不規則な生活で乱れる場合もあるため、睡眠時間や食事の取り方も注意しておきましょう。しっかり自律神経を整えれば、膣内環境にも関係するのでチェックしてください。 【まとめ】膣のトリートメントをしっかり行おう 膣は女性の体調に関係するため、しっかり美容やケアを行うのが重要です。特に、加齢や妊娠、出産などの影響により、乾燥しやすくなるなど変化することがあるため、保湿やトレーニングはポイントを押さえて毎日行うのがおすすめです。ぜひ、今回の記事を考慮して今から始めてみましょう。 ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

女性 草原 夕日
  • デリケートゾーン

デリケートゾーンってどこ?vioのケアや毛の処理が一般的になりつつあるらしい!

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です。 「デリケートゾーン」という言葉は一般的に使われる言葉になってきましたが、デリケートゾーンについてまだまだ知らない方がいると思います。そんな方に向けてデリケートゾーンはどこのことなのか、どこからどこまでがデリケートゾーンなのかを解説していきます。また、保湿クリームはデリケートゾーンのどこまで塗ったら良いのか曖昧な方もいると思うのでその点についてもお伝えしていきます。 デリケートゾーン?vioってなに?ハイジニーナは快適! デリケートゾーンは女性の陰部周辺のことで、名前の通りとてもデリケートです。皮膚もとても薄く、かゆみや蒸れ、乾燥などの不調も起こりやすいです。 また、VIOも女性の陰部周辺のことを指します。VIOの脱毛に行っている方はご存じだと思いますが、毛が生えていて非常に蒸れやすい部位です。Vはビキニラインのことで、立ったときにそのまま見える表面の毛が生えている部分のことをいいます。Iは陰部の大陰唇とそのサイドに毛が生えている部分。立った時には見えない部分です。Oは肛門を囲むように毛が生えている部分です。 女性器のそれぞれの名前 女性器の一番外側にある毛が生える部分を「大陰唇」と呼びます。大陰唇よりも内側は粘膜になっており、とてもデリケートです。大陰唇より内側にある膣の入口を守るようについているひだは「小陰唇」といいます。膣の入り口を膣口と呼び、膣口の上にクリトリスがあります。より下、後ろ側へ下がると肛門があり、肛門と膣口の間が会陰部です。 ハイジニーナのメリット ハイジニーナとは、VIOの毛が一切ない状態のことをいいます。毛を全部無くすことで、蒸れやニオイの軽減、排せつ物が付かなくなるので過剰に拭き取ったりしなくても良くなります。また、毛の処理をしなくても良くなるのでカミソリによる刺激がなくなります。そのため、カミソリ負けしたり、肌へのダメージが蓄積されることが減り、衛生的にも日々のケアもとても快適な状態になります。「わかるけど全部無くす勇気は無い・・・」そんな人は、見えているVラインだけを残し、V以外のIとOだけでも脱毛することをおすすめします。 デリケートゾーンのケアはどこまで?ケアするとかゆみや黒ずみが改善するかも! デリケートゾーンはしっかりと洗ったほうが良いとか、保湿クリームを塗ると良いと言いますが、どこまで洗って保湿したら良いのかわかりにくいですよね。今回は細かく洗うべき場所や保湿するべき場所をお伝えしていきます。 デリケートゾーンの洗い方 デリケートゾーンを洗う際は、熱すぎないぬるま湯で行いましょう。実際に洗う場所や順番をお伝えしていきます! デリケートゾーン全体をお湯ですすぐ 専用のソープを手に取る(よく泡立てる) 会陰部、大陰唇、大陰唇と小陰唇の間、肛門を指の腹で優しく洗う すすぎ残しがないようにしっかりと石鹸を落とす もし、デリケートゾーン専用のソープを使わずにお湯のみで洗う方()は2を飛ばしてください。ボディソープでデリケートゾーンを洗うのはやめてください。洗いすぎて必要なものまで落としてしまうので乾燥などの不調が起きやすくなります。また、膣口や腟内は、あまり洗わなくても良いです。膣口はお湯でサッとすすぐだけで十分です。膣内は洗わないようにしましょう。膣は自浄作用があるため、洗わなくても問題ありません。 デリケートゾーンの保湿クリーム デリケートゾーンも顔や手、足のように乾燥します。デリケートゾーンの方がより乾燥しやすいので、保湿はしっかりと行ってもらいたいです。デリケートゾーンを保湿するときの手順を細かくお知らせします。 デリケートゾーンを洗って清潔な状態にする 自身が使う製品が推奨している量を手に取る(表示がない場合はパール程) 大陰唇と肛門周りに塗り込む 基本的に保湿は粘膜部分に塗らないでください。商品によっては腟内まで塗るようなオイルもありますので、パッケージ裏などに記載されている使用方法に従いましょう。記載されておらず「デリケートゾーンに塗る」と書かれている場合は毛が生えている大陰唇周りに塗布し、粘膜は避けましょう。 デリケートゾーンの保湿用クリームや美容液は、デリケートゾーンの悩みにアプローチしてくれる有効成分が配合されているものを選ぶのがおすすめです。黒ずみが気になっている方は、美白効果が期待できる「ビタミンC誘導体」や「ハイドロキノン」などが配合されているものを選ぶと良いです。デリケートゾーンの臭いが気になっている方は殺菌作用のあるものや、PHバランスを整えてくれる効果が見込める製品を選びましょう。 デリケートゾーンに負担がかかる!NG行動 デリケートゾーンに負担がかかってしまうNG行為をまとめます。今まで行ってしまっていた方は、できるだけしないようにしましょう。 かゆみやかぶれを放置 生理の度に不調が起きる ゴシゴシとこするように洗う 腟内まで洗う 掻きむしる 毎日VIOの毛を剃る 生理が来る度にかぶれやかゆみが起きるけど仕方ないと思って放置している方はダメージを蓄積させているかもしれません。ダメージが蓄積されると黒ずみだったり、かゆみが頻繁に起きてしまう可能性があるので、早めに対策をしましょう。ナプキンをオーガニックのものに変えたり、経血カップを使用すると肌への負担を減らすことができます。また、ナプキンを長時間つけっぱなしにしないのも大切です。 膣を洗いすぎると良くありません。ゴシゴシと洗うと摩擦が起きてしまい、色素沈着を起こすことも。腟内まで洗うのも、自浄作用を弱めてしまうので、膣が細菌に負けてしまったり、バランスが崩れてカンジダ症になってしまう可能性も考えられます。 毛を剃るのは皮膚が分厚い部分でもダメージになります。それがデリケートゾーンという皮膚が薄い部分ならなおさらダメージに繋がります。毎日VIOのケアをするなら、脱毛してしまうのがおすすめです。脱毛の予定が無い方は頻度を減らしたり、できるだけダメージがかからないように剃るようにしてくださいね。 【まとめ】デリケートゾーンは女性器全体!正しくケアしよう デリケートゾーンは女性の性器全体を指します。似た言葉にフェミニンゾーンがあります。フェミニンゾーンは女性特有の部位を指すのでデリケートゾーンだけではなく、バストも含まれます。本記事ではデリケートゾーンを洗う場所はどこまでなのか、どこまで保湿するのかを解説させていただきました。今まで洗いすぎていた方や保湿しすぎていた方は是非参考にしてくださいね。また、デリケートゾーンのケアを始めるのは早ければ早いほどよいです。そのため、今は若くてなんの不調も無い方も年齢とともに黒ずみや乾燥が出たりする可能性があります。今からでも正しいケアを行ってください。 ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

女性、驚き、ロングヘア
  • デリケートゾーン
  • 生理

デリケートゾーンにできる水ぶくれはかゆみがあっても掻きむしるのはダメ。

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です。 デリケートゾーンに小さい水ぶくれが1個〜数個できるのは小水疱かもしれません。性病ではない場合は1時的に皮膚がただれてしまっていることが考えられますので、あまり考え込みすぎないようにしてください。 水ぶくれができたときに限らず、デリケートゾーンや肌を掻きむしるのは良くありません。掻きむしることで皮膚に傷ができてしまいます。かゆみやかぶれは皮膚の状態が良くないことを表しています。状態が良くない皮膚を掻きむしって傷をつけるのは当然良くないですよね。そのため、もし水ぶくれやかゆみが出たときは本記事を参考にしてくださいね。 デリケートゾーンの水ぶくれなどかゆみの原因まとめ デリケートゾーンに水ぶくれができると、ヒリヒリとした痛みを感じたり、強いかゆみを感じます。デリケートゾーンに辛い水ぶくれができてしまう原因は次のとおりです。 生理用品でかぶれる 下着でかぶれる アレルギー ナプキンによっては化学物質が使われているものや擦れやすい形状だったりあります。そのような生理用品を使い、デリケートゾーンがかぶれた状態になってしまい、水ぶくれになってしまうことがあります。デリケートゾーンは手や足などの皮膚の何倍も吸収力が高いです。そのため、長時間ナプキンをつけっぱなしにしていると粘膜から化学物質を吸収してしまい、皮膚に負担がかかってしまうこともあります。 サイズや素材がデリケートゾーンの肌に合っていない場合は下着でもかぶれてしまうことがあります。デリケートゾーンは汗やおりもの、尿などでとても蒸れやすいので、通気性の良くない下着だと、かぶれてしまい、水ぶくれができてしまうことも。また、通気性がよくても、クロッチのサイドにあるゴムの部分が擦れて刺激を受けてってしまう場合も考えられます。 使用する石鹸やクリーム、柔軟剤などにアレルギー反応が出る物質が含まれていた場合も水ぶくれができてしまいます。デリケートゾーンにのみ水ぶくれが出た場合は、デリケートゾーン専用の石鹸や、クリームにアレルギー反応が起こっているかもしれません。体全体の皮膚に異常が出る場合は他のものにアレルギー反応が出ている可能性があります。 陰部の肌トラブルが起きないために気をつけること 水ぶくれ以外にも陰部の肌トラブルが起きないために気をつける点は次のとおりです。 痛みやかゆみを放置しない 清潔にする サイズの合った下着をつける 生理中のかぶれを予防する 健康的な生活習慣に気をつける デリケートゾーンにヒリヒリとした痛みがある場合は既にかぶれている可能性があります。かゆみが発生している場合も、原因を探してかぶれてしまう、かゆみが発生してしまう要因を探して取り除きましょう。考えられるのは洗いすぎや、洗浄力の高すぎる石鹸を使っていることです。熱すぎないお湯やデリケートゾーン専用の石鹸で洗うべき場所だけ洗うようにしましょう。まれに腟内までしっかりと洗っている方がいますが、膣内は自浄作用で守られているので、洗わないほうが良いです。 生理が来る度にかぶれてしまう方は、ナプキンを頻繁に変えるようにしたり、使うナプキンを変えましょう。普段使っているナプキンではなく、オーガニックナプキンに変えて見るだけで違いが出ることがあります。とても敏感肌な場合は経血カップなどを使用しましょう。他にも布ナプキンなど、とにかく化学物質をあまり使っていないものがおすすめです。 デリケートゾーンにだけ気を使っていても健康状態が悪いとかぶれやすくなったり、生理痛が重くなったりします。そのため、バランスの良い食事としっかりとした睡眠、適度な運動をしましょう。また、頻繁に尿もれを起こしてしまい、かぶれやすくなる方はデリケートゾーンがゆるんでいるかもしれませんので、ゆるみを解消しましょう。 性病にも十分に注意が必要 カンジダ症や、性器ヘルペスは水ぶくれやかゆみがでることがあります。性病に感染しないためにコンドームの使用を必ず行いましょう。性病かもしれないと思った場合はできるだけ早く病院に行きましょう。 デリケートゾーンの水ぶくれを市販薬で対処できる? デリケートゾーンに水ぶくれができてしまった場合は原因を探すと同時にすぐに対処するようにしましょう。ナプキンや下着によるかぶれが原因でデリケートゾーンに肌荒れが起きている場合は、市販薬の使用でも効果が見込めます。しかし、原因がよくわからず、とりあえず市販薬で済まそうとするのはおすすめできません。ぶり返すことも考えられますし、原因を取り除かないと解決ができません。 効果が見込める市販薬 デリケートゾーンのかぶれやかゆみに効果が見込める市販薬に「フェミニーナ軟膏」があります。フェミニーナ軟膏は有名で、かゆみを抑えるのに効果が期待できます。また、どこの薬局にも置いているくらい一般的なので安心感もありますね。 デリケアエムズは、炎症やかゆみを抑える効果が期待できます。CMでも有名ですね。下着による擦れや、汗などによるムレが原因のかゆみに対応しています。 症状が酷いと受診しよう 水ぶくれがたくさんできていたり、皮膚がただれていたりする場合は婦人科を受診することを考えてください。デリケートゾーンのかゆみやかぶれは女性なら起きてしまいがちですが、水ぶくれやただれは少し症状が酷いです。1時的に起きている症状かもしれませんが、病院で処方してもらえる薬のほうが市販薬よりも効き目が高いです。水ぶくれやただれなどのつらい症状はできるだけ早く改善できるように病院を検討しましょう。 【まとめ】デリケートゾーンの肌荒れ受診に迷ったら婦人科に デリケートゾーンの水ぶくれはとても辛いですよね。水ぶくれが破裂してしまったり歩く度に擦れてヒリヒリと痛みを感じたり。特に生理用ナプキンを使い始めたばかりの中学生はデリケートゾーンに悩みがあっても人に言いづらいですよね。しかし、炎症や水ぶくれは治っても黒ずみの原因になってしまう場合があるので、症状によっては早めに病院に行きましょう。病院に行くときは皮膚科よりも婦人科がおすすめです。婦人科はデリケートゾーン周りから腟内まで幅広く対応してくれているので、安心して婦人科を受診してください。デリケートゾーンに水ぶくれができてしまうと不安な気持ちだったり、ヒリヒリとした痛みでどうしたら良いかわからなくなりがちですが、落ち着いて原因を探して、皮膚の対処を行いましょう。 ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

雪だるま 雪 木
  • デリケートゾーン
  • 生理

生理中でも快適に過ごしたい!少しでも快適にするおすすめの方法とは?

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です。 生理は女性に毎月訪れて不快感や痛みをもたらします。ナプキンをつけないといけなかったり、頻繁に交換しにお手洗いに行ったり。ナプキンでかぶれてしまいデリケートゾーンにかゆみが起こることもしばしば。加えて生理痛でお腹や頭も痛いという方もたくさんいます。そんな方は当然生理中は快適に過ごしにくいですよね。生理中でも快適にすごしたいと思っている女性に向けて気をつけると良い点を紹介していきます。生理が辛そうなパートナーや友達をサポートしてあげたいと思っている男性も参考になると思うので是非読んでくださいね。 生理痛が辛い!みんなどんな症状?我慢するしかないの? 生理中に起こる不調でたくさんの方が感じている症状を次のとおりにまとめました。 下腹部(子宮)が痛い 胃の不調 頭痛 集中力が減る・ボーッとする 情緒が不安定になりやすい 肌が荒れやすくなる 食欲不振 眠れない、寝すぎる 体や顔がむくむ 体が重だるい 他にも紹介しきれていない症状がたくさんあると思いますが、上記が一般的に生理のときに起こりやすい症状です。生理痛と言われる下腹部の痛みは子宮が生理を排出しようと収縮したときに起こる痛みです。人によっては起き上がれないほどの痛みだったり、歩くのもしんどいと感じる方もいます。 生理中は眠さを感じたり頭がボーっとして集中力が欠落したりすることがあります。加えて体の怠さなどがあると学校や仕事などが思うようにできないこともあります。 また、生理中に食欲が増加する方もいれば食欲が全くなくなるという方もいます。このように生理痛の重さや症状は様々です。中には手足にしびれを感じたり鼠径部に痛みを感じる方もいます。 生理痛は本来、無いのが正常な状態です。血の量も寝ている間に昼用ナプキンで事足りるのが健康な状態です。夜用ナプキンでも漏れてしまう方や、タンポンとナプキンを使っても血が漏れてしまうことがある方は注意しましょう。 なにかの病気が隠れていたり、健康状態が良くない可能性があります。ベッドから起き上がれないほどの生理痛や、集中力が全くなくなってしまうという方は我慢しすぎずに病院へ受診しましょう。鎮痛剤を処方してもらえたり、病気の検査をしてもらえます。病気が隠れている場合は早期発見が回復への近道なので怪しいと思ったら受診すると良いです。 生理中の過ごし方・気をつける点はこれ! 生理中の過ごし方で気をつけて欲しい点を紹介します。 体を冷やさない 無理に動かないようにする デリケートゾーンの肌に気を使う 長時間ナプキンが変えられない状況を避ける 痛みがひどい場合は鎮痛剤に頼る 油や塩気が多すぎる食事を控える しんどいと思ったら休む 生理中は子宮周辺を中心にして体全体を冷やさないようにしましょう。子宮が冷えると生理を排出する際の収縮がスムーズに行われず、痛みが強くなってしまう場合があります。そのため腹巻きを活用したりカイロを腰や下腹部に当てると良いです。また、冷たい食べ物や冷たい飲み物で体の内側から冷やすのも良くありません。内蔵が冷えると動きが鈍くなってしまったり、胃に負担がかかってしまうこともあります。特に生理中に胃の不調を感じる方は冷たい飲み物、食べ物を控えるようにしましょう。 生理中はナプキンを長時間肌に当てるため荒れやすい状態になります。また、デリケートゾーンは名前の通りデリケートな部分なのでしっかりと対策を行いましょう。オーガニックでできたナプキンは肌があれにくくなるため、肌が弱い方、生理のたびにかぶれる方におすすめです。経血カップというシリコンでできたカップのような形で膣内に挿入して生理をカップ内に溜めておく生理用品もあります。皮膚に負担がかかりにくいためこちらもおすすめです。 生理痛や頭痛がひどい場合は我慢しすぎずに薬を服用しましょう。中には生理痛で気絶をしてしまう方もいるので、痛みが強いなと感じたら服用するのがおすすめです。予定がある場合や、痛みに弱い方は特に鎮痛剤を使用すると良いです。毎月訪れる生理のために自身に合っている鎮痛剤を探すのも良いです。胃に優しい鎮痛剤だったり、すぐに効果が見える鎮痛剤などがあります。 生理中に気をつけてほしいのが食事です。油分が多すぎるものや味付けが濃く塩気が多いものは良くありません。胃の状態を悪くしてしまったりむくみを引き起こしてしまうこともあります。また、カフェインもあまりおすすめできません。血管収縮を引き起こす可能性があるため、飲みすぎないようにしましょう。バランスの取れた温かい食事をしっかりと食べるのが最善です。しんどい場合はスープだけなどでも大丈夫です。 最後の項目で紹介した「しんどいと思ったら休む」というのが特に大切です。学校だったり仕事だったりでなかなか休みにくい状況があると思いますが、しんどいのに無理して頑張りすぎてしまうと体にも負担がかかりますし、つらい思いをしてしまう場合があります。そのため、しんどいと思ったら予定をキャンセルしたり、頼れる方に話しておくなどすると良いかも知れません。キャンセルできない場合や誰かに相談できない方は鎮痛剤を忘れないようにしてくださいね。 【まとめ】生理中も自分の気持ちに正直になるのが大切! 生理中は眠気がひどかったり食欲が旺盛になったりしてしまいます。そんな方はいつもより多めに寝てしまったり食べてしまっても良いかも知れません。生理中はただでさえ精神状態が荒れやすい状態なので我慢しすぎるとよりストレスを感じてしまう場合もあります。しかし、あまりにも長時間寝たり、暴飲暴食を行うのは良くありません。食欲が高すぎる場合は食べる量よりも食べる内容に意識を向けるようにしましょう。スナック菓子をフルーツやナッツに変えてみたり、インスタントラーメンをスープに変えるなどすると良いです。 生理中は快適に過ごすのが難しいですが、できるだけ不快感を取り除いたり対策を立てたりして、ストレスがかからないようにしましょう。何度も言っていますが我慢し過ぎは本当に良くありませんので鎮痛剤に頼ったり休んだりして自分を大切にしてくださいね。 ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

女性 自然 読書
  • デリケートゾーン
  • 子宮ケア

女性の子宮ケアは健康改善に効果的?

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です。 子宮ケアっていう言葉を聞いたことはありますか?膣ケアともいわれるフェムケアです。フェムケアのフェムは「女性」という意味でケアは「手入れ」です。女性の体のために行う健康改善方法です。そんなフェムケアの一つである子宮ケア。子宮ケアはサロンや専門店でも行われており、様々な効果が期待できます。今回の記事では子宮ケアとは何なのか、どのような効果が得られるのか、サロンや専門店、今すぐにでも始められるセルフケア方法も解説します。女性は是非参考にしてくださいね! 子宮ケアってなに?どんな効果があるの? 子宮ケアとは子宮を内側や外側からケアすることです。子宮の状態が良くないと健康や美容に良くありません。また、病気が隠れている場合もあるため、子宮ケアを始める際にしっかりと自身の子宮の状態を確認して正しい対処を行う必要があります。 生理痛が重すぎる方や、血の量が多い方、PMSの症状が重すぎる方などは要注意です。生理周期が乱れている方も一度病院で診察を受けることがおすすめです。産婦人科に行ってがん検診などの検査を受けておくと、病気が隠れている場合の早期発見に繋がるので、少しでもおかしいと思ったらまずは検査を行ってみましょう! 子宮ケアで期待できる効果 子宮や膣をケアすることで期待できる効果は次のとおりです。 婦人科系の病気の予防 月経痛やPMSの改善 妊娠しやすい体へ改善 女性ホルモンを整える 美肌効果 陰部の肌荒れや不調の予防 子宮をケアすることで女性ホルモンの分泌が正しく行われやすくなります。女性ホルモンの1種であるエストロゲンは女性らしい体つくりや肌や髪の毛の潤いを維持する働きがあります。また、子宮ケアの方法によっては月経痛やPMSの改善にも繋がります。子宮ケアによって生理を排出する筋肉の伸縮をスムーズに行えるようになると、月経痛が減ることも考えられます。また、女性ホルモンの分泌量が正常になることで女性らしい丸みを帯びた体に近づきます。すると育乳効果と呼ばれるカップサイズがアップする症状がでる方もいます。 また、子宮ケアを日常的に行うことで、子宮の異変に気づきやすくなります。子宮の状態が悪いことに早く気がつくと、病気の早期発見ができるうえ、病気を予防することも可能です。 子宮ケアの方法は?専門店やサロンも?自分でできるの? 子宮ケアは自身で膣内の環境を良くしたり専門店やサロンなどで施術を受けることで行います。子宮ケアと呼ばれるセラピーなどは次のとおりです。 よもぎ蒸し 子宮環境改善ヨガ 骨盤調整、矯正 子宮へアプローチするマッサージ よもぎ蒸しとはよもぎを蒸したときに出る蒸気を直接女性の陰部に当てる施術です。ポカポカとあたたまるため冷え性などの改善にも効果が期待できます。また、子宮環境を改善するためのヨガは子宮のためのポーズや運動を行うプログラムのヨガです。膣の周辺にある筋肉を増強させることで様々な効果が期待できます。 子宮は骨盤の内側にあります。そのため、骨盤の歪みを整えると子宮が正しい位置に戻ります。すると子宮にとって良い環境になり子宮ケア効果が期待できます。骨盤矯正を受ける際は子宮ケアに特化した整体院やサロンを選ぶと良いです。 ハンドマッサージなどで下腹部などの子宮周辺をマッサージして外側から子宮をケアするセラピーを行っているサロンや専門店があります。 今すぐ始められるセルフケア方法 子宮ケアや膣ケアは女性ならすぐにでも始めて欲しい健康改善方法です。そのため、セルフですぐに始められる方法を紹介します。中には専用の商品が必要な場合もありますので興味がある方は試してみてくださいね! 子宮を中心に広い範囲へのヨガやストレッチ デリケートゾーン専用の石鹸、保湿剤 ナプキンをオーガニックや経血カップに変える 子宮周辺を温める 膣トレ 子宮を中心として内ももや外もも、腸腰筋、お腹の前、横、腰などの筋肉をしっかりとストレッチしましょう。ヨガなどストレッチで子宮周辺を中心に体全体の筋肉を緩めることで子宮周辺の血行も改善されます。特に腸腰筋と内もも、外ももからおしりに繋がる筋肉を重点的に伸ばしましょう。ストレッチをすることでむくみ改善効果やデトックス効果も期待できるため、是非毎日行ってくださいね。 デリケートゾーンは名前の通りとてもデリケートな部分なのでボディーソープなどで洗っている方は必要な潤いや常在菌まで洗い落としてしまっている可能性があります。そのため、デリケートゾーン専用の石鹸や熱すぎないお湯を使ってしっかりと汚れを落としましょう。そして専用のクリームやジェルなどで肌を保湿すると良いです。特にVIOの脱毛を行っている方や頻繁にアンダーヘアを剃っている方は保湿を行うことでかゆみや肌荒れを予防することができます。 ナプキンは化学繊維が含まれているものがあります。デリケートゾーンの粘膜は他の皮膚に比べて吸収率が高いため化学繊維を吸収してしまったりして生理痛が重くなってしまっている場合や子宮に悪影響を与えている場合があります。そのため、オーガニックナプキンに変えたりシリコンでできた経血カップに変えると良いです。 また、子宮周辺を冷やさないように夏場以外は腹巻きなどを活用するのもおすすめです。生理中だけではなく日頃から温めるように意識して冷えないように対策をしましょう。冷たい飲み物や食べ物をたくさん飲んで体の内側から冷やしすぎるのも子宮にとって良くありません。そのため、冷たい飲み物を飲む頻度を減らしたり、常温、温かい飲み物、食べ物などを選ぶようにしましょう。 膣の筋肉を増強させる「膣トレ」を行うことで子宮ケアに繋がります。膣の筋肉を鍛えるのは難しいですが、膣トレのための商品や方法があるため試してみるのがおすすめです。また、膣トレを行うことで膣のゆるみが減ったり、尿もれ改善効果も期待できます。 【まとめ】女性特有の悩みが改善するかも! 子宮は女性の健康やライフステージに深く関わりがあります。そのため、しっかりと子宮ケアを行うことで月経痛の改善に繋がったり妊娠に良い影響があったりと、とてもおすすめです。女性特有の生理やバストなどの悩みの改善に繋がる可能性もあるため、なにか悩みを持っている方は専門店やサロンに行ってみるのも、セルフケアをコツコツと行ってみるのもとてもおすすめです。 ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

女性 びっくり オーバーオール
  • デリケートゾーン
  • 子宮ケア

膣を鍛える「膣トレ」のやり方や効果を解説!

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です。 膣トレと聞くとまずは「膣って鍛えられるの?」と疑問に思う方が多いと思います。ですが、実は膣は鍛えることができます。膣圧や愛液の分泌量にも関係しているので、このような事柄に悩みを持っている方は是非最後まで読んでくださいね。膣トレについて良く知らない方や興味はあるけどイマイチ乗り気にならない方に向けて膣トレや膣を鍛えることについて徹底的に解説していきます。是非参考にして試してみてくださいね! 膣トレとは?膣のトレーニングってできるものなの? 膣トレとは膣のトレーニングを略して使われている言葉です。実は子宮や直腸、膣周辺を支えている骨盤底筋という筋肉を鍛えることを膣トレと言います。骨盤底筋は骨盤内の内蔵を支えているとても重要なインナーマッスルです。インナーマッスルなため、初めは鍛え方がうまく分からなかったり難しいと思ってしまうこともありますがグッズを活用したりすると良いです。膣の近くにある骨盤底筋は膣トレだけではなく、他の臓器も支えているため鍛えておいて損はありません! 膣トレの効果は?エクササイズにもなるってほんと? 膣トレを行うことで得られる効果は次のとおりです。 シェイプアップ、ダイエット効果 膣の締まりアップ 尿もれの改善、予防 膣トレは膣の筋肉を鍛えるトレーニングです。そのため筋トレとも言え、シェイプアップ効果やダイエット効果も期待できます。膣の筋肉である骨盤底筋を鍛えることで周りにある筋肉も鍛えられ、下腹部がスッキリとしたり、ヒップアップ効果も期待できます。また、しっかりと継続して鍛えると筋肉量が増えるため代謝アップができて痩せやすく太りにくい体つくりの助けにもなります。 また、骨盤底筋を鍛えることで膣圧を上げることもできます。性行為中の膣のゆるみが気になっている方は膣トレを行って筋肉を鍛えることでゆるみ改善に繋がります。また、愛液の分泌量にも効果が期待できます。愛液の分泌液の少なさに悩んでいる方は膣トレを行うことで血流が改善されることで分泌量に変化が見られることが考えられます。 産後の尿もれなどに悩んでいる方は膣トレを強くおすすめします。尿もれが起きている方は筋肉量が減ったり、膣周辺がゆるんでしまっていることが考えられるため、膣トレを行ってしっかりと筋肉をつけましょう。 今すぐ始められる膣トレの方法は?骨盤底筋がポイント! 今すぐ始められる膣トレの方法はお尻や太ももを中心に鍛える筋トレです。おすすめなトレーニング方法は次のとおりです。トレーニング中は膣を締めるような意識を持ちながら行いましょう。最初は膣を締めるような意識を持つのは難しいと思います。そんな方は下腹部を凹ますように力を入れましょう。 内ももの筋肉にアプローチするワイドスクワット 仰向けで膝を90度に立て、お尻と内ももを鍛えるポーズ 膣を締める、緩めるを繰り返す 筋肉は近くにある筋肉と繋がってできているため、周辺の筋肉を鍛えることで膣トレができます。足を大きく広げて内ももに力が入るような体制になりキープしましょう。その時に下腹部を薄くするようなイメージで凹ますとより効果的です。 仰向けで寝転がり膝を立て、膝から方まで直線になるようなポーズをとると、腹筋、お尻、足の筋肉を鍛えられます。このときに膝同士を近づけると内ももにもアプローチできます。 膣を締める感覚が身につけば座っているときや立っているときでも膣トレができるようになります。そうすると電車待ちの間やスマホを使っている間などに膣トレを行うことができます。するとトレーニングの時間を確保する必要もなくなり、空いた時間に膣トレが気軽に行なえます。 専用の膣トレグッズを使って膣を鍛える! 膣の筋トレはとても難しいですよね。膣の筋肉を鍛えようとしても使えているのかどうかを見極めるのも難しいですし、力の入れ方も難しいと思います。そんな方は膣トレ専用のグッズがおすすめです。専用の膣トレグッズは使い方が説明書などに詳しくのっている場合があるので、説明書を参考に膣トレを行うことができます。 特に初心者の方はグッズを使うとうまく鍛えることができると思いますので、おすすめです。 【膣トレのおすすめグッズ】インナーボールが良いの? 膣トレのグッズはいくつかの種類があり、どれが良いのかわからなくなってしまうこともあると思います。そんな方に向けて膣トレのおすすめグッズを紹介致します。 インナーボール エルビートレーナー 上記の2つを紹介しますので是非試してみてくださいね! インナーボール インナーボールは膣トレ専用の商品で様々なデザインや形状があります。使い方は膣内にボールを挿入し、ひもなどを垂らすようにしてボールが落ちないように膣の筋肉を締めることで膣トレができるグッズです。インナーボールは膣トレの定番的アイテムでもあり、人気なため、試しに膣トレをしたい方や、初心者の方、商品に迷っている方におすすめです。 エルビートレーナー エルビートレーナーはゲームをするような感覚で膣トレができる商品です。スマホと連携して使う商品で、スマホに「締める」だったり「緩める」という支持がでます。その指示にしたがって膣を締めたりゆるめたりすることで膣トレが行なえます。インナーボールとは違って数字だったり機械で確認ができるため、しっかりと鍛えられていることを確かめながら膣トレをしたい方にぴったりです。 【まとめ】膣を鍛えるとメリットがたくさん! 膣トレは、特に膣に関する悩みが無い方でも行っていただきたいトレーニングです。筋肉を使ったり鍛えたりするため、運動不足解消にも繋がったり、姿勢が良くなることもあります。猫背やストレートネックが気になっている方は、紹介したトレーニングを行うときに正しい姿勢で行うように意識しながら行ってみましょう!頭の頂点が真上に引っ張られているような意識で背筋を伸ばしましょう。また、腰が反りすぎないようにも意識を向けましょう。腰が反ってしまうと「反り腰」に繋がってしまい、腰痛などを引き起こす可能性もあります。 膣を鍛える商品は動物をモチーフにしたような可愛らしいようなデザインもあるため、少し抵抗がある方でも大丈夫かと思います。是非悩みを改善に向けて膣トレを行ってくださいね。 ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

コーヒー 白 花 おしゃれ
  • デリケートゾーン

デリケートゾーンの黒ずみの原因は?ケア方法や予防法はある?

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です(*^^*) デリケートゾーンの黒ずみはvio脱毛でハイジニーナにしたときに知ってショックを受ける方がいます! 陰部は普段からあまり見えない部位ですのでなかなか黒ずみに気づきにくいので、放置してしまいがちです。しかし、早いうちにケアする方が良いので見たことが無い方は一度確認してみてください。 デリケートゾーンの黒ずみの原因として考えられる要因や、既にできてしまっている黒ずみを少しでも改善する方法を紹介します。黒ずみが気になっている方は黒ずみの原因になる行為を減らし、対策方法を行ってみてくださいね! デリケートゾーンの黒ずみで考えられる原因は? デリケートゾーンの黒ずみで考えられる原因は「肌への刺激」です。肌は刺激を受けると守るためにメラニン色素を作り出し、黒ずみになります。肌にできるシミやそばかすもメラニン色素が原因です。デリケートゾーンの黒ずみはメラニン色素が色素沈着を起こしているため全体的に黒くなってしまいます。日々の習慣で実は刺激になってしまっている行為をまとめました。 トイレで強く拭き取る 下着がこすれる 掻きむしる ナプキンとのこすれ 蒸れや乾燥などの肌荒れを放置 アンダーヘアを頻繁に剃る このような行為以外にもデリケートゾーンが擦れたり、痛みを感じる行為は少なからず肌に負担がかかり、黒ずみの原因となってしまいます。他にもサドルが鋭利な自転車に頻繁に乗っている方や、お風呂上がりに雑に拭き取ってしまっている方はそれも原因の1つになることも。 デリケートゾーンへの刺激が1番の要因ですが不規則な食生活や睡眠不足、運動不足も直接的ではありませんが体全体の肌へ関係があります。他にもホルモンバランスの乱れなどで肌のターンオーバーが乱れてしまい、肌に不調が起きやすくなってしまうこともあります。 黒ずみを自力でケアしたい!予防できる対策方法は? 黒ずみを自力で改善、予防する方法を2つお伝えします。セルフケアなうえ、肌なので劇的な変化を短期間に得られるようなものではありませんが、コツコツとケアを続けていると予防にもなりますし、改善が期待できることもあります。 デリケートゾーン肌への刺激を減らす 黒ずみを予防するためにデリケートゾーンの肌への刺激を減らしましょう。既に黒ずみができてしまっている方もこれ以上悪化しないように、改善しやすくなるように下記を参考にしてみてください。 トイレットペーパーは抑えるように拭く 下着は柔らかく、合っているサイズを 蒸れやかゆみが出たら放置せずにケアをする 肌に負担がかかりにくいナプキンを使う 永久脱毛、美容脱毛に通う 最後の脱毛に通うのは金銭面的に難しい場合がありますが、蒸れやかゆみが予防できるため、おすすめです。ムダ毛を自己処理するときは、滑りを良くしてから剃ったり、肌に負担がかかりにくい方法で剃るようにしてください。また、ナプキンで陰部の肌荒れが起きてしまう方はオーガニックナプキンだったり、経血カップを使用したりしましょう。生理が来るたびに肌荒れを起こしていた方は、ナプキンを工夫するだけで改善することがあります。かぶれや掻きむしったりするのは肌への負担がとても大きいのでかきむしらないようにして、正しいケアをしましょう。 有効成分が配合されたデリケートゾーン専用クリームなどでケア デリケートゾーンも手や足、顔のように保湿をすることで不調を予防することができます。デリケートゾーンは他の部位に比べて摩擦が多いため乾燥しやすいです。そのため、デリケートゾーンこそしっかりと保湿すると良いです。 また、デリケートゾーンは手や足などの肌に比べて吸収率が格段に高いです。そのため、安全性を求める方はデリケートゾーン専用の石鹸、保湿クリームを使用することがおすすめです。また、デリケートゾーンを洗うときはボディソープなどでゴシゴシ洗わず、専用の石鹸や熱すぎないお湯で優しく洗いましょう。洗うときは指の腹を使って傷つけないようにしましょう。 デリケートゾーンのクリームには、黒ずみに効果的な有効成分が配合されたものを使うと良いです。有効成分とは美白効果の期待できるビタミンCやハイドロキノンなどです。 黒ずみ解消に効果が期待できる市販製品 黒ずみ解消に効果的な有効成分が配合されたデリケートゾーンクリームをお風呂上がりの清潔な肌に塗布することで改善が見込めます。 イビサクリーム イビサクリームはvio用のクリームとしてとても有名で高い人気があります。美白効果の期待できるトラネキサム酸が配合されているので黒ずみケアに効果が期待できます。また、イビサクリームは定期便で購入するとお得になるので、継続してケアを行うためにも定期便がおすすめです。 ホワイトエッセンスforデリケートスキン ホワイトエッセンスforデリケートスキンは、脱毛で有名なミュゼが出しているデリケートゾーン用美容液です。ビタミンC誘導体が配合されているため美白効果が期待できます。また、無添加なので敏感肌の方でも安心して使用できます。 NATURECO デリケートゾーン ホワイトクリーム NATURECO デリケートゾーン ホワイトクリームは100グラムで2480円ととてもリーズナブルなのが魅力的です。トラネキサム酸と、グリチルリチン酸ジカリウムが配合されており、黒ずみに効果が見込めます。また、1万本以上も売れている商品なので実績があり、安心できます。安くて、有効成分がしっかりと配合されているクリームがほしい方におすすめです。 すぐに黒ずみをなくしたい方はクリニック! 紹介した黒ずみを改善、予防する方法の2つは長期的にケアを続けることで効果が見込めます。しかし、黒ずみをすぐにでもなくしたい方や、毎日ケアを続けるのがしんどい方はクリニックでレーザー治療を行うことがおすすめです。 美容クリニックなどで黒ずみ改善のためのレーザーを受けると10万円ほどかかるところが多いですが、すぐに黒ずみが改善されます。また、レーザーを照射できる部分はIラインとOライン、乳輪などに対応しています。 【まとめ】黒ずみは毎日ケアを行うことが大切! 黒ずみは毎日しっかりと保湿を行い、刺激にも気をつけることが大切です。また、人によっては性行為によって黒ずみができると考えている方がいますが、実はデリケートゾーンの黒ずみと性行為の回数は関係がありません。性行為中に黒ずみができるかもと気になってしまう方はローションを使用しましょう。今回の記事が女性の悩み解消の参考になれば幸いです。 ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

女性 ロードトリップ  車
  • デリケートゾーン

デリケートゾーンのたるみが20代から出現!?

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です🐈🎵 年齢とともに肌のたるみは現れますが、中には20代という若い時期にたるみがみられる方がいます。デリケートゾーンの皮膚にたるみが現れるとパートナーとの行為に消極的になってしまったり自信がもてなかったりしますよね。また、たるみによってシワができた場合は十分に洗うことが手間になってしまうこともありますよね。そんな方に向けて対策や予防方法をお伝えしていきます。 デリケートゾーンのたるみの原因は?20代からも現れるの? デリケートゾーンのたるみの原因は2つあります。2つとも肌がたるんでしまうことは同じなのですが原因に違いがあるため、お伝えします。考えられる原因は下記の2つです。 生活習慣や加齢によってたるむ 出産によってたるむ 2つの項目に分けて紹介していきます。 生活習慣や加齢によってたるむ 普段からしっかりと運動を行っていないとデリケートゾーン周辺の筋肉が減っていきます。筋肉が減ってしまうのもたるみの原因に繋がります。また、筋肉が減るとハリも減るのでたるみに繋がっている可能性もあります。 乱れた食生活を送っていると皮膚の健康が失われていきます。ハリを保てなくなったり乾燥したり。食生活が悪いと顔や足、手だけではなくデリケートゾーンの皮膚にも影響します。皮膚のハリを作るコラーゲンは年齢とともに減少していきます。そのため、加齢によって肌の弾力が失われデリケートゾーンがたるんでしまうことがあります。しかし、20代のうちからデリケートゾーンの皮膚がたるんでいる方は皮膚のハリがとても少ないことが考えられます。 出産によってたるむ 女性のライフステージの一つとも言える出産。出産は赤ちゃんの頭が膣を通って出てくるため当然皮膚や筋肉が引き伸ばされます。1度伸びた皮膚や筋肉は簡単には戻らないため、デリケートゾーンのたるみとなって現れます。また、出産を繰り返すことでよりたるみを改善するのは難しくなっていきます。出産によってデリケートゾーンが緩むとたるみ以外にも尿もれなどの悩みが出てくることも十分に考えられます。 大陰唇のたるみの改善方法は? デリケートゾーンのたるみを改善、予防する方法は2つあります。 生活習慣を見直して正しいケアを行う クリニックで直してもらう 1つ目の生活習慣を見直すのは気軽に始められるため、是非すぐにでも対策として行ってくださいね。肌の老化、たるみ防止以前に健康にも美容にも良いためデリケートゾーンのたるみに悩んでいない方も参考にしてください。 生活習慣を見直して正しいケアを行う デリケートゾーンのたるみが20代から出現している方は肌の健康状態が良くない可能性があります。また、運動不足な可能性も考えられるため肌の若々しさと運動習慣を加えることが必要です。 ビタミンを摂取する タンパク質をしっかりと摂る 適度な運動を継続して行う 質の良い睡眠を十分に取る 上記を意識して生活すると、健康や美容にも良いです。まず、ビタミン類は肌の老化を遅らせたり、美肌効果を期待できます。特に美容に効果的と知られているビタミンCは肌の新陳代謝を正常にしたり、毛穴、メラニンの生成を抑制してくれたりとたるみ以外にも効果があります。しかし、ビタミンCだけ摂っていても栄養が偏ってしまうため様々な種類のビタミンを摂取すると良いです。 タンパク質は肌や髪の毛、骨を作る元になる栄養分です。デリケートゾーンのたるみを防ぐためにタンパク質をしっかりと摂取して肌の健康状態を保つようにしましょう。まれに筋肉を付けたくないからタンパク質を摂取しないようにしている方がいますが肌や髪の毛のハリが失われやすくなってしまうため、おすすめできません。もちろんデリケートゾーンのたるみにも効果が期待できます。表面のたるみだけではなく、膣の筋肉のたるみに悩んでいる方にもおすすめです。 デリケートゾーンのたるみが20代から見られる方は今すぐにでも運動習慣を取り入れましょう。運動することによってコラーゲンの生成を促す効果が期待できるので、肌のハリアップに効果が期待できます。また、膣のたるみが気になっている方は足、腰回りを重点的に鍛えましょう。内ももや外もも、お尻の筋肉を鍛えることで膣も鍛えることができます。膣トレを行うのも良いです。膣トレとは膣の筋肉を鍛えることです。初めて膣トレを行う方は膣の筋肉の動かし方が分からずうまくできないかも知れませんが慣れると座っているときや立っているときも膣トレを行うことができます。また、膣トレはシェイプアップ効果や尿もれ予防効果も期待できるため、若いうちから行うのがおすすめです。 肌や筋肉を効率よく改善するためには、質の良い睡眠が欠かせません。眠っているときに筋肉の修復が行われたり肌に良いホルモンが分泌されたりするため、質の良い睡眠を必要な時間分確保するようにしましょう。 クリニックで直してもらう 膣のたるみやデリケートゾーンの表面の皮膚のたるみをすぐに改善したい場合や、セルフケアで頑張ってみたけど効果が見られない場合は医療の力に頼るのも良いです。膣のたるみ、緩みはレーザーなどを当てることで締まりを良くしたり、ヒアルロン酸などの薬剤を直接注入することでたるみ、ゆるみを改善したりする方法があります。 また、デリケートゾーンの表面の皮膚のたるみは美容クリニックなどで脂肪を注入してもらったり、皮膚の除去をしてもらう方法があります。この方法でデリケートゾーンのたるみをなおす場合は黒ずみや肥大などのその他の悩みまで相談すると解決できる可能性があります。 【まとめ】デリケートゾーンのたるみケアは20代から! デリケートゾーンのたるみが20代からみられることはあまり珍しいことではありません。しかし、対策は早いうちから行うほうが良いです。悪化を遅らせたり、たるみを予防することもできます。特に皮膚ではなく膣のたるみが気になっている場合はすぐにでも膣トレを行ってみてください。膣トレがわからない方はスクワットを行いましょう。筋肉は繋がっているので膣周辺の筋肉を鍛えることで直接ではなくても鍛えることができます。膣のたるみ改善以外にもたくさんのメリットがあるので悩みが無い方も参考にしてみてくださいね! ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

レモン ライム ホットティー ティーポット
  • デリケートゾーン

デリケートゾーンが蒸れる原因は?対策方法を解説!

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です✨ いかかがお過ごしですか😊? 今回は、デリケートゾーンの蒸れについてお話いたします! デリケートゾーンの蒸れは、女性なら1度は悩んだことがあるのではないでしょうか? 夏場や生理中はどうしても蒸れてしまいますよね。蒸れるとかゆみやかぶれ、ニオイの原因にもなるため、どうにかして蒸れないようにしたいですよね。本記事では蒸れの原因や対策方法を紹介します。 デリケートゾーンが蒸れるのはなぜ? デリケートゾーンが蒸れてしまう理由は次のとおりです。 汗や尿など、水分がある 下着や服で通気性が悪くなる 生理中のナプキン使用 デリケートゾーンは尿や汗、おりものなどがどうしても出てしまうため湿度が高くなります。加えて下着をつけるため、湿気が逃げにくく蒸れる原因になります。また、生理中は血液が出るのに加えてナプキンによって通気性が普段以上に悪くなります。そのため、蒸れが起こります。 デリケートゾーンが蒸れるとかゆみやかぶれ・においの原因に デリケートゾーンが蒸れることによって引き起こされる症状は次のとおりです。 かゆみ かぶれ ニオイ デリケートゾーンが蒸れると肌荒れを引き起こし、かゆみを感じることがあります。生理中に陰部にかゆみを感じるのは蒸れが原因です。また、蒸れがひどいとかぶれにも繋がります。蒸れると肌が刺激を受けやすくなります。刺激を受け取りやすくなっている肌におりものシートやナプキン、下着による摩擦などで刺激を受けてかぶれてしまうことが考えられます。また、蒸れることでこもってしまい、臭いが出てしまうことがあります。 デリケートゾーンの蒸れの対策・予防方法! デリケートゾーンが蒸れることを予防するためにできる対策は次のとおりです。 通気性を良くする ナプキンを長時間つけっぱなしにしない トイレ後はしっかりと水分を拭き取る 正しい洗い方をして清潔な状態にする 下着を通気性の良いものに変えたり、毎日のようにおりものシートをつけるのを控えましょう。通気性が悪い服装を着るときは夏場や汗をかく状態ではないときに着用するのがおすすめです。また、ナプキンを長時間つけっぱなしにすると経血によって湿気がこもりやすくなるため、必要に応じて頻繁に交換しましょう。 用を足したあとにしっかりと水分を取り除かないと蒸れの原因になります。また、尿もれが起きてしまう方も尿もれが原因で蒸れてしまうことがあるため、尿もれパットなどを活用して予防しましょう。また、トイレットペーパーで拭くときはこするのではなく数秒間しっかりとおさえるようにしてトイレットペーパーに水分を吸わせましょう。 お風呂に入るときやシャワーを浴びるときは正しい洗い方をしておりものや汚れをしっかりと落としましょう。大陰唇や小陰唇の間に汚れが溜まりやすいため、指の腹で優しく撫でるようにして洗うと良いです。膣内まで洗ってしまうと本来膣に備わっている自浄作用が薄れてしまうのでトラブルの原因になってしまう場合があります。くれぐれも膣内まで洗わないようにしましょう。 蒸れで肌荒れが起きたときの対処法 デリケートゾーンの蒸れはどうしても起きてしまう場合がありますよね。特に生理中などは通気性が悪くなる上、水分も多くなるため予防しても肌が荒れてしまうことがあります。状況によってはナプキンの交換が難しい場合もあるため、予防できないことも。肌荒れが起きてしまった場合の対処法をお伝えします。 市販薬で肌荒れを抑える できるだけ刺激を与えないようにする 酷い場合は病院に行く 市販で売られているデリケートゾーンが痒くなったとき用の薬を活用してかゆみを抑えるのがおすすめの方法です。生理中にどうしても痒くなってしまう方は買っておくのが良いです。蒸れによってかゆみやかぶれなどの肌荒れが起きた場合はかきむしって刺激を与えるのは避けましょう。蒸れによってデリケートゾーンが刺激を受け取りやすい状態になっているのでダメージを普通以上に受け取ってしまう場合があります。そのため、かゆみを我慢するか、どうしても我慢できない場合は塗り薬などを使用しましょう。 かゆみやかぶれが酷い場合は病院に行って薬を処方してもらったり処置してもらうと良いです。かぶれやかゆみが酷いと、ダメージから守るためにメラニン色素が作られます。メラニン色素はシミなどの原因で黒ずみを引き起こします。そのため、デリケートゾーンが黒ずんでしまうことを予防するためにも症状が酷いと思ったら病院に行くことも視野に入れましょう。また、受診する病院は産婦人科です。その他の悩みを相談しても良いですね。 快適に過ごすためのおすすめ商品 蒸れを予防できる商品や蒸れが起きてしまったときに対処が可能な商品を紹介します。 フェミニーナ 経血カップ 綿素材の下着を着用する フェミニーナが出している商品にはデリケートゾーンのかゆみやかぶれを抑えてくれる商品があります。ジェルのものや軟膏、ミストなど様々な種類があるため、好みのテクスチャーのものを選べます。 経血カップは、膣内に挿入して経血を溜めてくれるカップのことです。膣内で経血をキャッチするため表面の皮膚に刺激が起きにくくなるため、肌が弱い方におすすめです。また、繰り返し洗って使えるため経済的でエコな商品です。 下着を通気性に優れている綿素材のものに変えるのもおすすめです。また吸水性も優れているため汗をかきやすい夏場にもぴったり。汗をかく状況のときや生理中だけ綿素材の下着を着用するのも効果が期待できます。また、パンツスタイルのレザー素材や分厚いデニム生地は蒸れやすいため、汗をかく状況のときは避けるのがよいです。 【まとめ】蒸れは起きる前に予防するのが大切! デリケートゾーンが蒸れるのは女性なら誰しも経験があると思います。蒸れでかゆみやかぶれが起きてしまうと良くない気分になったり、嫌な思いをしますよね。デリケートゾーンは蒸れやすいため、予防や対策をしっかりと行うことが大切です。しかし、予防をしていても蒸れが起きてしまうことがあります。そんなときは気軽に購入できる市販薬を活用して肌荒れを抑えるのがおすすめです。また、日頃からしっかりと洗って保湿などで肌を保護していると荒れにくくなると思うのでしっかりと毎日のケアを徹底するのもおすすめです。デリケートゾーン専用の石鹸やぬるま湯を使って清潔にして、専用のクリームやジェルで保湿をしましょう。デリケートゾーンはとてもデリケートなので正しい知識をつけることが大切です。 ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

女性 ロードトリップ 車 海外
  • デリケートゾーン

デリケートゾーンの意味は?どこがvio?

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です🎵 みなさんは、デリケートゾーンについて詳しい知識はありますか? デリケートゾーンとはフェミニンゾーンとも言われる陰部周辺のこと! 名前の通りデリケートなので正しいケアを行って大切に扱う必要があります。似ている言葉にvioがあります。脱毛に通っている方や美容に関心が高い方は知っているかと思いますが知らない方もいると思うので次の項目で詳しく解説していきます。 デリケートゾーンの意味やケア方法は? デリケートゾーンは陰部周辺のことを指した言葉です。しかし、一言でデリケートゾーンと言っても細かく名前がついているのでその点について解説していきます。 デリケートゾーンの部位の名前 デリケートゾーンはvioと同じ場所を指しているのでvioのそれぞれの名称について紹介していきます。 vioの「V」はビキニラインのことで立っている状態のときに見えるへそと陰部の間のあたりのことです。逆三角形の形にアンダーヘアが生えているのが特徴です。 vioの「I」は女性期のサイドに毛が生えている部分のことです。アルファベットの「I」のように生えているのが特徴です。 vioの「O」は肛門周りに毛が生えている部分のことです。アルファベットの「O」の形に生えているのが特徴です。 デリケートゾーンの正しいケア方法 デリケートゾーンを洗うときはボディーソープで洗わないようにしましょう。製品によってはデリケートゾーンにも使えるボディソープがありますが、基本的に専用の石鹸を使うことをおすすめします。 デリケートゾーンはph値が低いため普通のボディーソープで洗うと必要な潤いまで落としてしまい乾燥や肌荒れなどを引き起こす恐れがあります。デリケートゾーン用に開発された石鹸を使って洗うようにすると良いです。または、ぬるま湯で丁寧に洗うのも良いです。 また、洗う範囲はデリケートゾーンのひだの間や陰核などを洗うようにしましょう。腟内を洗う方も稀にいますが膣内は自浄作用があるため、洗わなくて良いです。 デリケートゾーンを清潔な状態にしたら専用のクリームやジェルで保湿をしましょう。デリケートゾーンは下着との擦れやナプキンとの蒸れ、トイレでの刺激などによりとても乾燥しやすいのでしっかりと保湿することが大切です。保湿するときは粘膜部分には塗らないようにしましょう。腟内まで塗るタイプの製品もありますので使用方法をしっかりと確認してから使用しましょう。 デリケートゾーンの脱毛はかゆみ予防?人気のvioデザインも デリケートゾーンは比較的毛が太く、多いです。そのため、蒸れやすくかぶれやかゆみの原因になる可能性があります。デリケートゾーンの毛が全くない状態をハイジニーナと呼び、とても人気が高い脱毛デザインです。次の項目でデリケートゾーンの脱毛のメリットや人気なvioデザインを紹介します。 デリケートゾーンの脱毛のメリット デリケートゾーンを脱毛するメリットは次のとおりです。 ナプキンのムレを軽減 自己処理を減らせる 水着や肌見せするときに楽 ニオイ予防 上記以外にもたくさんのメリットがあり、脱毛すると過ごしやすいと感じる方が多いです。アンダーヘアがなくなると生理中のムレを軽減することができるため、かゆみや肌荒れを予防することも。また、トイレットペーパーを使うときも、毛がないほうが水分をしっかりと拭き取れます。 vioの毛をカミソリやシェーバーで処理するのはとても肌に負担がかかる行為です。足や手に比べ肌が敏感なうえ、毛が太く強いためダメージがかかりやすいです。そんな自己処理を頻繁に行っているとダメージが蓄積されて黒ずみの原因にもなります。そのため、自己処理の回数を減らすことができる脱毛はダメージを減らすことができます。 アンダーヘアを脱毛するとトイレ後の尿の拭き漏れやムレを軽減できるため、ニオイ予防になります。毛がなくなった分通気性が良くなるため、こもりにくく、比較的快適に過ごせます。 vio脱毛は医療?美容?それぞれの違いは? vio脱毛は医療脱毛と美容脱毛の2種類あります。それぞれの違いは次のとおりです。 医療脱毛美容脱毛脱毛完了までの回数少ない多い施術一回の価格高い安い脱毛の効果永久脱毛ができる減毛効果が期待できる 他にも、医療脱毛はクリニックなどの医療機関で行う施術なため資格を持った方が施術してくれます。美容脱毛はサロンなどで施術してくれるため、他の美容関係のメニューが用意されている可能性が高いです。 医療脱毛の1回の価格は高いですが回数が少なくて済むので、クリニックによっては美容脱毛よりも安く済むこともあります。しかし、毛の質や太さ、脱毛機との相性などもあるため、しっかりと確認してから通いましょう。美容脱毛などが行っているとてもオトクなキャンペーンを利用して試してみるのもおすすめです。 人気のvioのヘアデザインは? vioのヘアデザインは次のとおりです。 無毛(ハイジニーナ) 全体的に毛量を減らす Vだけ残してIOだけ脱毛 ハイジニーナはとても人気が高いですが恥ずかしいと思う方もいます。そんな方は自己処理の回数を減らせる「毛量を減らす」デザインがおすすめです。毛量が減るとムレ軽減もできますし、全く毛がない状態ではないので恥ずかしい思いも無いでしょう。また、Vだけ残すデザインもとても人気で、Vの形を小さい三角形にしたり、楕円形にしたり、細長い形に毛を残したりと、様々なデザインを選ぶことができます。中にはハート型など遊びココロがあるデザインを選ぶ方もいるんだとか。 ハイジニーナな方も増えてきましたが、そこまで多いわけではないので、恥ずかしい気持ちがある方もいると思いますので、施術者や、カウンセリングで納得行くまで相談しましょう。 【まとめ】デリケートゾーンの意味はフェミニンゾーン全体 デリケートゾーンという言葉はよく聞くけどあまりよくわかっていなかった人は今回の記事で知ってもらえたかと思います。陰部周辺のことをデリケートゾーンと呼び、他にフェミニンゾーン、vioなどと呼ばれます。デリケートゾーンのケアをしっかりと行っていないとかゆみやかぶれに悩まされたり、カンジダ症などのデリケートゾーンの不調が起きてしまうこともあります。そのため、正しいケアを毎日行いましょう。できればケアだけではなく、食生活や運動習慣、質の高い睡眠などにも意識を配り、健康を大切にしてくださいね。 ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

読書 女性 白 スカート 公園
  • デリケートゾーン

デリケートゾーンをピンクにしたい!希望はある?

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です🐰 デリケートゾーンが黒ずんでいるのが悩みな方はたくさんいるんです...🍀 陰部が黒ずんでいると経験が多いように誤解されてしまったり、恥ずかしい気持ちになってしまうこともありますよね。どうにかピンクにしたいけど無理かもしれない、仕方がないと思っている方もたくさんいますよね💦 しかし、黒ずみを悪化させないようにしたり、改善する方法はあります。今回の記事ではデリケートゾーンをピンクにしたい方に向けて解説していきますよ。 デリケートゾーンが黒ずみに悩みがち…。原因は? デリケートゾーンが黒ずんでしまう原因は「摩擦」による色素沈着です。下着との擦れや頻繁にカミソリでアンダーヘアの自己処理をしていると摩擦によってダメージが起こります。ダメージが起きると、ダメージから肌を守るためにメラニン色素を作り、色素沈着に繋がります。他にもかぶれや肌荒れを起こしてしまい、肌が荒れて色素沈着が起きてしまうこともあります。 脇や下着のラインが黒ずんでしまうのも摩擦が関係しています。摩擦が起きやすい部分はダメージにより色素沈着が起こりやすいです。 デリケートゾーンがピンクな人の特徴!目の色と関係ある? 人によってはメラニン色素の量に違いがあります。代表的な例で言うと目です。目が真っ黒な人はメラニン色素が多く、色素の薄い茶色な方はメラニン色素が少ない傾向があります。他にも肌の色やパーソナルカラーによって乳首や陰部の色に違いがあります。 色白 日焼けすると赤くなって元の色に戻る 目の色素が薄い 地毛の色が茶色 ブルーベース 上記の特徴を持っている方はデリケートゾーンがピンクな傾向があります。日焼けすると赤くなって戻る方は、メラニンを作る力が弱い方です。そのため、デリケートゾーンの黒ずみも起きにくい傾向があります。 特にブルーベースの方はメラニン色素が少ないため乳首や陰部がピンクであることが多いです。ブルーベースやイエローベースは肌の色が青よりなのか黄色よりなのかを分けたものです。イエローベースな方や上記の特徴を持っていない方もピンクに寄せる方法はありますので解説していきます。 陰部の黒ずみの対策方法は?ニオイ予防にも 陰部の黒ずみを予防、改善するための方法を解説していきます。ニオイ対策やデリケートゾーンの肌荒れ対策にも効果的なため参考にしてみてください。 デリケートゾーンの保湿をする 摩擦、ダメージを減らす 専用の石鹸を使って正しく洗う 上記の3つの対策方法をそれぞれ解説していきます。 デリケートゾーンの保湿 デリケートゾーンは手や足、顔のように乾燥します。下着やナプキンによる刺激が多いため他の部位よりも乾燥しやすいです。そのため、毎日保湿することが大切です。保湿する製品はデリケートゾーン専用の製品を使うと安心です。粘膜部分は吸収作用が強いため専用の商品を使いましょう。 また、保湿するクリームやジェルは美白成分が配合されたものを使うと黒ずみに効果が期待できます。トラネキサム酸やビタミンC誘導体などが配合されている商品は黒ずみ解消に期待できます。 摩擦・ダメージを減らす 色素沈着を今以上に起こさないようにするために摩擦とダメージを最小限にしましょう。下着のサイズを合わせて擦れにくいようにしたり、トイレでデリケートゾーンを拭くときは擦らず抑えるようにして水分を拭き取りましょう。 生理中はナプキンによるかぶれやかゆみが起きやすいです。頻繁にナプキンによる荒れが起きている場合はダメージが蓄積されている可能性があります。そのため、ナプキンによるあれを防ぎましょう。オーガニックナプキンを使用したり、蒸れる前に交換したり、経血カップなどを活用して肌を守りましょう。 アンダーヘアを処理するときもカミソリやシェーバーで強くこするように剃るのではなく泡で肌を保護しながら優しく滑らせるように処理しましょう。脱毛などに通って自己処理の回数を減らすのもおすすめです。ムダ毛の処理をしたあとや脱毛後はダメージがかかっており乾燥しやすいため、保湿を念入りに行いましょう。 専用の石鹸を使って正しく洗う デリケートゾーンをボディーソープで洗っている方は改善が必要です。デリケートゾーンにとってボディーソープは洗浄力が強すぎるため必要な潤いまで落としてしまいます。必要な潤いまで落としてしまうと乾燥してしまったり、肌荒れの原因になります。ぬるま湯かデリケートゾーン専用のソープを使って優しく洗いましょう。 デリケートゾーンを洗うときは腟内まで洗わないようにしましょう。膣内は自浄作用があるため、洗う必要がありません。汚れの溜まりやすいひだの間などをしっかりと洗いましょう。 洗い終わった清潔な状態でデリケートゾーン用のクリームやジェルを塗布して保湿しましょう。製品によっては腟内まで塗布するような使い方のものもありますが基本的に粘膜部分には塗らないようにしましょう。使用前にパッケージ裏などをしっかりと確認するのも大切です。 おすすめの専用石鹸や製品を紹介! デリケートゾーン用の専用石鹸や保湿クリームを紹介します。どれを使えばよいかわからない方の参考になれば幸いです。 コラージュフルフル コラージュフルフルは泡で出てくるデリケートゾーンの石鹸です。カビや細菌を殺菌してくれ、ニオイ予防にもなります。敏感肌でも使いやすいよう、低刺激処方で無香料です。また、保湿成分が配合されているため、乾燥しやすい季節でも安心です。 イビサクリーム イビサクリームは陰部のクリームのなかでも特に有名です。メラニン色素を抑え、保湿してくれます。定期便などのサービスも行っているため、何度も注文する手間を省くこともできます。 すぐにでもピンクにしたかったら医療機関に 医療機関に相談すると色素沈着を解消する効果が期待できる薬を処方してくれます。市販で取り扱っているものよりも効果が期待できるので、高い効果を求めている方は医療機関で処方してもらうのがおすすめです。 また、レーザーで黒ずみを解消してピンクにする方法もあります。レーザーは確実にピンクにしたい人におすすめです。陰部以外にも乳輪の色を改善することも可能です。 【まとめ】デリケートゾーンは泡で優しく洗って! デリケートゾーンは名前の通りデリケートです。とてもデリケートな部分なので洗うときやトイレで拭くときなどは優しく扱いましょう。体質的にピンクになりにくい方もいますが改善することは可能なため、悩んでいる方は今回の記事を参考にしてしっかりとケアしてくださいね。 ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

冬 女性 コート 海外 
  • デリケートゾーン

vioのチクチクが続く!かゆみの対処法を解説!

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です🐱♪ デリケートゾーンのチクチクに悩んでいませんか? 自己処理をしたあとの数日は特にチクチクとしたかゆみや痛みを不快に感じる人が多いんです! 今回は、このようなvioのチクチクの原因や対処法をご紹介しますので是非参考にしてくださいね(*^_^*) vioがチクチク!痛みやかゆみの原因は? アンダーヘアを処理したあとの数日はチクチクしたりかゆみを伴うことがあります。考えられる原因は次のとおりです。 自己処理をしたことで毛の先が尖っている カミソリの刺激で肌にダメージがある vioと下着とこすれる 陰部の毛を剃ると毛の先が鋭利になり、肌に当たるとチクチクと感じることがあります。また、カミソリによる肌ダメージによって肌のバリア機能が低下し、かゆみや痛みを感じることがあります。加えてデリケートゾーンと下着の間にあった毛がなくなったため、下着との摩擦によってダメージを受けている可能性もあります。 また、脱毛を受けた直後や生理直後にアンダーヘアの自己処理を行うのも原因の1つです。脱毛を受けた直後は肌にダメージが残っている状態なので、カミソリなどで処理を行うとダメージを重ねていることになります。また、生理中のナプキンでかぶれていたりかゆみがある場合も肌にダメージが蓄積されていることが考えられるので、肌の状態が正常に戻ってから自己処理をするようにしましょう。 デリケートゾーンのチクチクの対処法は? デリケートゾーンのチクチクの対処法は次のとおりです。 アンダーヘアを剃るときに肌に配慮する 保湿をする 下着のサイズをあわせる アンダーヘアを自己処理するときは泡などで肌の滑りを良くしてから行いましょう。また、毛流れに逆らって剃るよりも毛の流れと同じ方向に剃るようにするとダメージを減らすことができます。他にも専用のカミソリやシェーバーを使ってカミソリを肌に当てる回数を減らすのもおすすめです。デリケートゾーンは見えにくい部位なので鏡などを活用して傷つけないように丁寧に処理しましょう。 デリケートゾーンも手や足、顔のように乾燥します。カミソリなどで自己処理をしたあとは特に乾燥します。そのため、剃ったあとは専用のクリームやジェルで保湿をすると良いです。実はデリケートゾーンの保湿は剃ったあとだけではなく毎日行うのがおすすめです。vioは下着との擦れやトイレでの摩擦などダメージがかかりやすいため守ってあげることが大切です。また、デリケートゾーンにクリームやジェルを塗って保湿するときは粘膜部分に塗らないようにしましょう。稀に粘膜部分に塗っても大丈夫なものや推奨しているものがあります。そのため、使用前はパッケージ裏などに記載がある使用方法をしっかりと確認しましょう。記載がない場合は粘膜部分に塗らないようにすると安心です。 下着のサイズが自身に合っていないと摩擦が起きやすいです。また、素材によっては摩擦を強く感じてしまうものもあるので、下着の肌触りにも意識すると良いです。大きすぎるものだと、歩くときに擦れやすくなってデリケートゾーン周辺に摩擦が起きてしまう場合が考えられます。小さすぎても、動く度に強い摩擦になって肌に悪影響です。また、生理以外の日に毎日おりものシートをつけている方は、1日に2〜3回ほど交換するようにしましょう。おりものシートはかぶれやかゆみの原因になるので、つけっぱなしにしないようにしましょう。 脱毛してセルフでのムダ毛処理を減らすのがおすすめ 自己処理のダメージを泡や保湿で抑えても、ダメージは起こります。そのため、脱毛などで毛をなくしたり減らしたりして自己処理の回数を減らすのが良いです。また、脱毛の施術もダメージがかかるため、施術後の保湿もしっかりと行いましょう。脱毛の機械をダメージが起きにくいようなものにするとなお良いです。 脱毛は全く毛がない状態のハイジニーナや、Vラインだけ残したり、全体的に毛量を減らすなど、様々なデザインができます。チクチクが嫌だけど毛が無いのは恥ずかしいという方も、デザインによっては挑戦しやすいかと思います。アンダーヘアの自己処理を頻繁に行っている方は、脱毛で毛の処理を楽にするのがおすすめです。 医療脱毛と美容サロン脱毛の違いは? デリケートゾーンのチクチクを予防するために脱毛が効果的とお伝えいたしました。脱毛はクリニックで行う医療脱毛と美容サロンで行う美容脱毛があります。次の項目で医療脱毛と美容サロン脱毛の違いをお伝えしていきます。 医療脱毛 医療脱毛の特徴は次のとおりです。 回数は少なめ 1回の施術効果が高い 永久脱毛ができる 1回の施術の価格は高め 医療機関で行う脱毛施術 施術者に資格が必要 医療脱毛は医療行為なので、施術者は資格を持っていないと施術できません。また、医療行為であり、効果は高いです。1度脱毛が完了した毛は生えてこなくなる永久脱毛ができますが、新しくできた毛根から生えることは考えられます。加えて美容サロンよりも少ない回数で脱毛することができます。しかし、その分、価格は高いです。 美容サロン脱毛 美容サロン脱毛の特徴は次のとおりです。 回数を重ねることが必要 1回の施術効果は高くない 減毛効果が期待できる 1回の施術は安い 施術者は資格や免許を持っていなくても施術できる 美容サロン脱毛は1回の効果が高くなく、何度も施術の回数を重ねる必要があります。美容サロン脱毛は永久脱毛ではなく、毛を減らす効果が期待できる減毛になります。また、美容に特化したサロンなため、肌などの他の美容施術のメニューが豊富な可能性が考えられます。脱毛だけではなく、他にも美容行為を行いたい方におすすめです。チクチクをなくしたいと考えている方にもおすすめです。 【まとめ】デリケートゾーンのチクチクは正しく対処しよう デリケートゾーンのチクチクは自己処理を減らすことと保湿が大切なことを解説させていただきました。また、敏感肌な方はデリケートゾーンを洗うときの石鹸を専用のものにするのもおすすめです。ボディーソープは陰部にとって洗浄力が強すぎる可能性があるため、洗いすぎになってしまう可能性があります。洗いすぎると必要な潤いまで落としてしまうので乾燥してしまったり、かゆみ、肌荒れにつながる場合があります。デリケートゾーンの処理を正しく行い、チクチクとした不快感やかゆみ、肌荒れを予防しましょう。 ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

オペレーター 女性 紫 マイク
  • デリケートゾーン

女性のデリケートゾーンによるトラブルとは?原因や対処法を確認して未然に防ごう!

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です(*^_^*) いかがお過ごしでしょうか?🍀 今回は、女性特有のデリケートゾーンの悩みについてお話ししていきますよ~! 女性であれば陰部や膣などに痒みや痛みを感じると「何か異変が生じたのでは?」と心配になることもあるでしょう。女性のデリケートゾーンは敏感な部分であり、何か異変が生じると原因を探り、対策を講じて改善する必要があります。 そのまま放置しておくと、より悪化することがあるので、早急に対応すべきです。そのため、今回の記事では女性のデリケートゾーンのトラブルの原因と対処法について、内容を紹介しましょう。 デリケートゾーンに生じるトラブルの原因とは? デリケートゾーンにトラブルが生じると痒みや痛みなどを引き起こし、悪化すると生活に支障が生じることもあります。そのため、デリケートゾーンのトラブルの原因を理解しておくことは大事です。どのようなトラブルが生じる可能性があるのか内容を紹介しましょう。 デリケートゾーンが乾燥している デリケートゾーンが乾燥していると、痛みや痒みを引き起こすことがあるため注意すべきです。デリケートゾーンは、他のボディーパーツよりも皮膚が薄く、刺激や摩擦などに敏感な部分です。そのため、通常の状態でも少しの刺激で痛みを引き起こすことがありますが、乾燥していることでより敏感になることがあります。 下着の素材によってはチクチクを常に感じるため違和感を抱くこともあり、知らないうちにアンダーヘアの刺激にも反応して、痛みや痒みを感じることもあります。そのため、デリケートゾーンを乾燥しないように普段から注意しておくことが大事です。乾燥肌の人にとっては、普段からデリケートゾーンの油分や栄養成分が失われて、潤いが無くなることもあります。 また、臭いを気にして洗い過ぎてしまう人も、強く擦り過ぎて皮膚のバリア機能が低下してしまうことがあり、乾燥が長期化して痛みにつながることもあるでしょう。心当たりがある人は、これが原因でトラブルが生じている可能性もあります。 体の変化によって生じる デリケートゾーンのトラブルは、体の変化によって生じることもあります。体の変化では、例えば膣内の環境変化です。膣内にもいろいろな常在菌が生息しており、特に乳酸菌の1つであるデーデルライン桿菌の働きによって、やや酸性の状態に保たれていることが通常の状態です。 しかし、この常在菌が少なくなると、膣内の自浄作用が低下することになるため、クラミジアなどデリケートゾーンの痒みやトラブルにつながることもあるでしょう。また、思春期や年齢の変化などによってもデリケートゾーンはトラブルを引き起こすこともあります。 思春期だと汗腺も活発になり、デリケートゾーンのムレや痒みを引き起こしやすくなります。年齢が高齢になると、ホルモンバランスが崩れて体内の環境が変化することもあるため、トラブルにつながることもあるでしょう。このように体内変化に注意しておくこともポイントです。 おりものシートの長時間使用 おりものシートなどにより、デリケートゾーンを清潔に保つようにする人もいるはずですが、長時間使用すると、ムレやかぶれにつながることもあるため注意が必要です。おりものシートは表面がサラサラしており、刺激を与えないような構造になっていますが、表面には雑菌が付着するため長時間使用し続けると、デリケートの肌に炎症を与えるきっかけになり、トラブルを引き起こすことがあります。また、装着し続けていると、嫌な匂いを引き起こすこともあるため、逆に不衛生な状態にさせてしまうこともあります。定期的にシートを変えるなど、正しく使うことを心がけてください。 下着による締め付け デリケートゾーンは締め付けられると、頻尿や膀胱炎などのトラブルを引き起こすこともあります。大陰唇の辺りの毛穴が詰まってブドウ球菌が付着することになれば、毛嚢炎などを引き起こすこともあり、下着の種類によって痛みを感じてしまう場合もあります。下着は自分のサイズに合ったものを履く必要があり、きつめのショーツやガードルを履くなら、締め付けにより負担をかけることになるでしょう。もし、使用したい場合でも長時間は避けることが大事なので明記しておきましょう。 デリケートゾーンのトラブル対処法 デリケートゾーンに痛みや痒みが生じると、日常生活も行いにくくなるため対処法を確認しておく必要があります。デリケートゾーンのトラブル対処法は以下のように行うことができるため紹介しましょう。 専用のソープを使用して洗う デリケートゾーンを洗うときは、擦り過ぎないように注意することも大事ですが、専用のソープを使用するようにすべきです。専用ソープは有効成分がしっかり含まれており、刺激物は無いためデリケートゾーンの肌が敏感で乾燥しやすい人でも、炎症などを防ぎやすくなるでしょう。 使用する際はソープをしっかり泡立てることがコツになります。撫でるようにして洗っていき、膣内までは洗わないようにしましょう。洗い終わった後に拭くときは、繊維の優しいタオルで擦らず、水分を吸収させるような仕方で拭き取りましょう。優しくケアすることによりトラブル対策とすることができるでしょう。 デリケートゾーンのケアを行う デリケートゾーンは敏感な場所になるため、しっかりケアをすることが大事です。乾燥すると下着の擦れなどから炎症が生じることもあるため、入浴後などはクリームを塗って保湿するように心がけることも大事です。 また、保湿クリームなどを使用する際は、どのような成分が含まれているのか確認するようにしましょう。成分によっては自分の肌に合わず、逆効果になってしまうこともあるからです。デリケートゾーンのケアを行う際に、アレルギー物質が入っていないか確認して使用してください。 痛みが生じた場合は市販薬を使用することもできる デリケートゾーンのケアに注意していても、痛みが生じることもあるでしょう。その場合は市販薬を使用して痛みやかぶれなどを抑えることもできます。 よく利用される市販薬は... ・フェミニーナシリーズ ・オロナインH軟膏 ・エンペキュア などがあります。それぞれの市販薬は雑菌の繁殖を抑える効果や抑制、傷の修復を促進する成分が含まれているものが多いといわれています。 違和感があるなら、市販薬の使用も検討してみるのもいいかもしれません。 【まとめ】デリケートゾーンのトラブルは事前に対処できる デリケートゾーンのトラブルは原因があるため、事前に把握しておくと回避することもできます。もし、痛みや痒みが生じた場合も市販薬で治療することもできますが、もし改善されないようなら病院で診察してもらうことも考えておくべきです。 特に、ホルモンの乱れなどは診察で原因が分かることもあるからです。悪化すると生活に支障が生じることもあるため、スピーディーに改善するようにしましょう。 ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪