トップ 産後
女性 電話 スーツ
  • 産後

産後による骨盤矯正はいつから行うべき?整骨院の利用も検討すべきか!

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です。 女性で出産した場合、一時的に体の状態が変化する場合もあります。特に、骨盤は緩くなってしまう傾向があるので、矯正するなどして元の状態に戻すことを考えるといいでしょう。 しかし「産後直ぐに骨盤矯正をしても大丈夫なの?」「どの時期に行うのがいいの?」と疑問を感じる人もいるはずです。産後による骨盤矯正で効果を出すためにも、今回の記事でポイントや注意点を含めて内容を徹底紹介致します。 産後の骨盤矯正を行う際のポイント 妊娠すると分娩の際に赤ちゃんが骨盤を通りやすくするために、リラキシンというホルモンが分泌されます。ただ、ホルモンの作用によって骨盤周りの靱帯や筋肉が緩み、骨盤が少しずつ開いていきます。 産後は開いた骨盤も戻っていくのが通常ですが、体に負担をかけていると戻らないケースも多く、放置しておくと腰痛や恥骨痛が発生するなど弊害が生じるため、骨盤矯正が必要です。ただ、骨盤矯正の際は、ポイントを把握しておくのも重要なため内容を紹介しましょう。 いつから始める必要があるのか 産後に骨盤矯正を受ける際は、いつから行うべきかチェックしておく必要があります。結論から言うと、産後の半年までに妊娠受けるのがおすすめです。出産してから半年は骨盤の筋肉が柔らかくなっており、骨盤を元に戻すには最適な時期となるからです。 そのため、出産してから半年以上が経過すると、骨盤が硬くなるので矯正しても元に戻らない可能性が高くなり、体勢が悪い状態を続けていると歪んで弊害を起こすことになります。また、出産してから数週間は体も大きなダメージを受けているので、骨盤矯正すると却って体調を崩すリスクもあるので、行わないの良いです。 そのため、出産して体調が安定してくる1〜2ヶ月を目処にして骨盤矯正するのが最適であり、半年という期間があっても早めに計画しておくのがおすすめです。もちろん、個人差によって体調の回復度合いは異なり、帝王切開の場合はさらに期間が必要になるケースもあるため、医師や施術士と相談して決めてください。 産後の骨盤は3年以内であれば間に合う可能性もある 骨盤矯正は産後の1〜2ヶ月で行うのが良いですが、育児に追われてできない方もいるはです。骨盤矯正をせずに半年、1年以上が過ぎてしまうと諦めてしまう人もいるかもしれません。しかし、3年以内であれば間に合う可能性もあり、タイミングを見て骨盤矯正を行うのがおすすめです。 まず、出産すると赤ちゃんに母乳を与える時期があります。母乳を与えるとオキシトシンというホルモンが分泌されていて、女性の体に良い効果を与えてくれます。この時期に骨盤矯正を行うとホルモンとの相乗効果で、歪みも治しやすいので考えてみることができるでしょう。 次は子供を抱っこしている時期です。子供もある程度の重さがあるので、長時間抱いていると骨盤にも大きなダメージを受ける場合があります。そのため、子供を抱っこしている時期に骨盤矯正をすると体の組み直しという点でタイミングとしては悪くないので考えてみましょう。 そして、3つ目のタイミングは子供が3歳になったときです。子供が3歳になれば、幼稚園や保育園に入る年齢になるため、少し自分の時間を持つことができます。 このタイミングで女性も安定期になるため、前の段階から骨盤矯正を行うと歪みを改善できる可能性があります。産後3年以内であれば、間に合う可能性もあるため、自分のベストなタイミングで骨盤矯正を始めてください。 骨盤矯正による効果 産後に骨盤矯正を行うと歪みを改善できるので、腰痛や姿勢が悪くなるなどのリスクを抑えることが可能です。ただ、骨盤の歪みが無くなるなら姿勢だけでなく、体の機能にも良い影響を与えられます。 例えば、骨盤が歪むと子宮や膀胱など骨盤内の臓器位置が変化してしまい、血行の流れが悪くなる場合があります。血行が悪くなれば冷え性が悪化することや便秘などの症状も引き起こす可能性があるので、体調が悪くなるケースもあるでしょう。 また、骨盤の歪みが影響して尿漏れを引き起こすケースもあり、生活がしにくくなります。ただ、矯正するなら、臓器を元の位置に戻せるので血行も良くでき、悪い症状が出ることを抑えられるでしょう。また、出産時に骨盤が開いて元に戻らないなら、下半身のサイズが変わってしまい、体型が悪くなる場合もあります。 骨盤が開くことで胃や腸などが下垂しやすい状態になり、下腹部が出てしまうのが原因ですが、体型が悪くなるなら気にする方も多いはずです。その際、骨盤矯正するなら開きを元に戻せるので、体型を以前と同じ状態に維持できます。このように骨盤矯正はメリットが多いので、必ず行っておくべきです。 骨盤矯正を行う方法とは? 骨盤矯正をすることでメリットを得られますが、どのような方法があるのか把握しておくのは重要です。 骨盤矯正はいろいろな方法があるので、自分に合ったやり方で行うのが最適です。以下の方法で骨盤矯正を行えるので紹介しましょう。 骨盤ベルトやガードルなどを利用 骨盤矯正を行う際は、骨盤ベルトやガードルなどを利用できます。骨盤ベルトは産後で緩んだ骨盤をしっかり支えることが可能であり、赤ちゃんを抱っこする際も正しい姿勢を維持しやすくなるので、楽になります。 骨盤ベルトやガードルにもいろいろな種類があり、着け心地の良いものや着脱が楽なものなど様々です。骨盤ベルトを選ぶときはゴムがしっかりしていてズレにくい、また下腹部への負担が少ないものにすべきです。また、ベストやガードル以外に矯正するためにクッションや椅子、バランスボールなど道具はいろいろあります。骨盤の歪みを改善する方法として考えてみてください。 骨盤矯正のストレッチを行う 骨盤矯正するときは、ストレッチを行うのも良い方法です。ストレッチすると、筋肉を引き締めることができ、歪んだ骨盤を元に戻すこともできます。 また、自律神経に働きかけるのでリラックス効果も得られ、ストレス改善などにも役立ちます。骨盤のストレッチもいろいろあり、猫のポーズや牛のポーズなど自分の好きな方法で行ってみてください。 【まとめ】骨盤矯正は早めに行うようにしよう 産後の骨盤矯正について内容を紹介してきました。産後になると骨盤が緩むので、早めに改善する必要があります。ストレッチやベルトなどの道具を使用して骨盤の歪みを改善できますが、時には歪んだまま元に戻らない場合もあります。 これらの場合は、整骨院で施術を受けるのがおすすめです。プロの施術であれば骨盤の歪みは元に戻せますし、子育てで忙しい方は整骨院に通う時間を計画するのが最適なこともあるでしょう。ぜひ、自分に合った方法で骨盤矯正を行ってください。 ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

女性 エステ 整骨
  • 産後

産後エステはいつから行うべき?サロンによる効果を引き出すためにもポイントを確認!

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です。 妊娠を経て出産したなら、体型や美容が気になる方もおられるはずです。産後はホルモンバランスの影響などもあり、体型が崩れてしまう、または肌が荒れてしまう場合もあるからです。 そのため、産後エステに通うことを計画する人もいるはずですが「いつから行うべき?」と悩む人もいるでしょう。美容の向上のためにもエステやサロン通いは重要となるため、今回の記事で内容を紹介致します。 産後エステを行う際のポイントとは? 出産した後は赤ちゃんの世話により、母親は時間を取るのが難しくなります。しかし、産後でエステに通うなら美容にも良く、スタイルにも影響するため、計画したい人もいるでしょう。ただ、産後はホルモンバランスも乱れている状態の方も多いので、エステを行う際はポイントを押さえておくのは大事です。内容についてご紹介致します。 フェイシャルエステは産後1ヶ月目からOK フェイシャルエステは、産後1ヶ月目から行うことが可能です。産後は慣れない赤ちゃんの世話によって体調管理が難しくなり、また出血が止まるまで時間がかかるので体力的に難しさを感じる人もいます。そのため、産後直ぐにエステに通うのは難しい人も多いですが、フェイシャルエステであれば体への負担はかからない施術方法になり、肌を保湿して艶やハリをを取り戻すことが可能です。 妊娠中はホルモンバランスの影響から肌荒れを起こしてしまう人も珍しくないので、産後直ぐに美肌効果を得られるのは嬉しいでしょう。ただ、人によっては産後も数ヶ月は調子が悪く、外出が厳しい方もいるはずなので、その際は体調が安定してから通うようにしましょう。 痩身エステは産後3〜6ヶ月がベスト 妊娠中は皮下脂肪の増加などにより、体重が増えてしまう人もいます。出産後に体重が戻る人もいますが、お腹のたるみなど体型が気になる人もいるはずです。そのため、痩身エステに通うことを検討できますが、産後直ぐは難しいです。 痩身エステの場合はケアする部分が多く、施術時間も長いため、体に負担がかかると考えられます。そのため、産後3〜6ヶ月で赤ちゃんの世話にも慣れてきた頃に通うのがおすすめです。マッサージやエステ器具を用いたお腹周りだけでなく、お尻のたるみや足のむくみなど下半身の気になる点も解消できるため、全身に効果を得ることができます。 痩身エステは授乳中だと、効果をより得られるタイミングとなるため計画できます。しかし、授乳中の場合は体調が不安定になる可能性もあるため、自分の状態に問題ないのかチェックしてから予約を入れるべきです。また、バストケアエステは授乳中は施術できないため、赤ちゃんがミルクを飲まなくなった段階で受けるようにしてください。 産後エステのメリットとデメリットを把握 産後エステを利用する際は、メリットとデメリットを把握しておくのも大事です。産後エステに通うメリットは、様々なダイエット効果を得られることです。フェイシャルエステであれば美容を改善でき、ボディやバストであれば、産後によってたるんだお腹やお尻周り、胸を引き締めることもできます。 また、リンパマッサージは授乳中によって生じる、肩凝りや腰痛などの疲労を軽減させることができ、むくみを改善させることもでき、骨盤矯正ならぽっこりお腹や骨の歪みを治すことも可能です。産後気になる部分のダイエットや美肌、また健康面でいろいろな効果を得られるので、前向きに通いの計画を立てるのがおすすめです。ただ、産後エステに通うのはデメリットもあります。 まず、エステは1回の施術で10,000円〜40,000円の費用がかかり、数回通わなくてはいけないので、出費がかかります。産後は特に赤ちゃんの世話などによって費用がたくさんかかるため、出費を計算しておく必要があります。 また、定期的に通う必要があるので時間を作らなくてはいけませんが、赤ちゃんの世話は大変であるため、数回通う予定を立てるのが難しい場合もあるでしょう。このようにメリットとデメリットがあるので、考慮してから産後エステを計画してください。 キャンペーンやクーポンを利用できるのか確認 エステやサロンに通う際は、キャンペーンやクーポンを使用できるのか確認するのも大事です。産後エステに通うなら費用面がネックになりやすいですが、キャンペーンやクーポンによって割引で利用できるなら、より計画しやすくなるでしょう。 エステやサロンのキャンペーンは、まずカタログがあります。出産祝いなどであればプレゼントとして友人や親族からカタログをもらえる機会もあるはずです。カタログの中には、痩身エステの回数券やスパなどがあるので、利用することで費用を節約して通うことができます。 また、エステによっては産後の方向けにクーポンやキャンペーンを適用して、お得な価格で施術を受けられるようにしている店舗もあるため、探してみるのも良い方法です。費用を削減できる方法はいろいろあるため、ぜひ活用してエステを受けられるようにしてみましょう。 エステにもいろいろな種類がある 産後エステに通う際はいろいろなエステがあり、種類によって効果も変わります。産後におすすめできるエステには、まずモンテセラピーがあります。モンテセラピーは骨盤や足の歪みを矯正する施術方法であり、メリハリのあるボディラインにしてくれます。血行の促進や新陳代謝の向上を期待でき、リンパの流れやツボ、経路に沿ってマッサージしてもらえるので考えてみてください。 また、インドエステはハンドマッサージにより、体の深部まで揉みほぐして血流やリンパの流れを促進します。むくみやセルライトの原因となる老廃物を排出でき、デトックス効果を期待できます。 リンパ節マッサージは名前の通り、リンパの流れをよくして老廃物や余分な水分を排出して、むくみを改善することが可能です。 フェイシャルインドはお腹をマッサージして、血流の促進や老廃物の除去を行い、たるみなどを改善できます。ただ、他にも肩凝りもほぐすことができ、美肌や疲労感の軽減も効果があります。自分に合ったエステを選び通ってみましょう。 【まとめ】産後エステを計画してみよう エステは出産してから1ヶ月後を目処に通うことを計画できます。エステに通うなら、体型が妊娠する前の状態に戻せるなど、ダイエットや美肌効果を得られますが、体力や費用面を確認するなど、計画も大事です。 産後エステに通う際は赤ちゃんの世話もあるので、ある程度落ち着いてくる時期や慣れてきた際に計画するのがおすすめです。また、安全面を考慮すると医師に相談しておくのが良いので、ぜひ確認を取るようにしましょう。 ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪