トップ 注意点
指さし 女性 ポイント
  • フェムケア
  • フェムテック

デリケートゾーンのたるみとは?女性の美容ケアとして確認しよう

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です🍀 女性の方であれば、デリケートゾーンのたるみについて悩む人もいるでしょう! デリケートゾーンがたるんでしまうなら、何とか改善したいと思うはずですが「どうすれば良いのか?」と疑問を感じる人もいますよね...! デリケートゾーンのたるみは改善する方法もあるため、しっかりと内容を把握しておくのがおすすめです✨ 女性の美容ケアとして、原因や注意点など内容を徹底紹介していきます。 デリケートゾーンのたるみの原因とは? デリケートゾーンはたるんでしまうことがありますが、どのような原因があるのか疑問に思う方もいるでしょう。デリケートゾーンのたるみには以下のような原因が考えられます。それぞれの詳細な内容を解説しましょう。 老化によって真皮が薄くなる デリケートゾーンのたるみは、老化による加齢でた生じることもあります。肌は角質層、表皮、真皮、皮下組織という構造になっていますが、たるみの重要なポイントになるのは真皮です。真皮にはコラーゲンやヒアルロン酸などを作り出す機能がありますが、加齢と共に分泌量は減少します。 成分量が少なくなると、真皮が薄くなるため、肌はダメージを受けやすくなり、回復も難しくなるためたるみはしわなどが発生しやすくなります。年齢が30後半や40代になれば真皮が薄くなってくるため、デリケートゾーンのたるみには注意しておくべきです。 コラーゲンが糖化する コラーゲンは肌の弾力を維持するために必要な成分ですが、糖化という現象が発生してしまうと弾力性が無くなってしまい、たるみやしわの原因になることもあります。正常なコラーゲンがタンパク質と反応すると糖化コラーゲンに変化し、弾力性が失われてしまってたるみやしわになることがあります。 糖化は体内にある糖分を摂取し過ぎたり加齢やストレスによって生じることが多いです。つまり、自分の年齢だけでなく、環境によって生じる場合もあるため注意が必要です。糖化コラーゲンは茶ぐすみの原因になることもあり、蓄積すると黒ずみもひどくなるため、様々なる肌トラブルを引き起こす可能性もあります。 生活習慣の乱れによるビタミンC不足 生活習慣が乱れることで、デリケートゾーンのたるみが生じることもあります。睡眠不足や栄養バランスの乱れが生じると肌に必要な栄養を行き渡らすことができず、新陳代謝が上手くいきません。そのため、肌のターンオーバーに悪影響が生じて肌のたるみを引き起こすことがあります。 また、生活習慣が乱れることによりビタミンC不足に陥ることもあり、コラーゲンを生成することができず、肌のハリや弾力が失われることもあります。メラニンが多く生成されてたるみだけではなく黒ずみの原因になることもあるため、注意が必要です。 また、食生活が偏って肥満など体重が急激に増加すると皮膚が伸びてしまいます。伸びた皮膚はダイエットをしても直ぐには戻らず、伸びたままになることもあるため、たるみやしわの原因にもなります。そのため、生活習慣の見直しも確認しておく必要があるでしょう。 肌が乾燥している デリケートゾーンが乾燥しているなら、たるみにつながることもあります。肌が乾燥すると、バリア機能が低下することになるため、細菌などの攻撃によって炎症を起こしやすくなります。 炎症が起きると肌の弾力性が低下することになるため、たるみだけでなく、黒ずみやしわも発生する可能性が高いです。デリケートゾーンの場合は、刺激性の強いボディソープの使用やゴシゴシ洗い過ぎている場合に乾燥を引き起こすことがあるため、自分のケア方法に注意しておく必要もあるでしょう。 出産によるたるみが出ることも デリケートゾーンのたるみは、出産によって生じることもあります。妊娠するとデリケートゾーン部分の皮膚は大きく伸びていき、出産するなら伸びた皮膚がそのままになり、たるみが残りやすくなるからです。 特に、経膣分娩を経験すると、膣から外陰部まで大きく伸びて傷がつく場合もあるため、たるみに繋がりやすいです。出産によるたるみの場合はクリニックによる治療が必要になる場合もあるため明記しておきましょう。 デリケートゾーンのたるみを改善させる方法とは? デリケートゾーンにたるみが発生してしまうと悩む人もおられるはずですが、改善させる方法はあるため、確認しておくことが大事です。たるみを改善させるためには以下の方法を行うことができます。それぞれの詳細な内容を紹介しましょう。 骨盤底筋を鍛えるエクササイズを行う デリケートゾーンのたるみが気になるなら、骨盤底筋のトレーニングを行うことができます。いろいろな方法がありますが、特に支えることをポイントにした運動がいいので、隙間時間などに行ってみるのがおすすめです。デリケートゾーンのたるみ改善トレーニングとして ・仰向けになる ・片手のひらを下腹部へ乗せて12秒ほど肛門や膣をお腹の方へ引き下げるように力を入れる ・45秒ほどリラックスして再度続ける という方法があります。 骨盤底筋を鍛えることによりたるみを改善でき、気にならなくなることも十分ありえます。簡単に行えるトレーニングなので、デリケートゾーンのたるみが気になるなら考えてみましょう。 クリームやオイルを使用する デリケートゾーンのたるみが気になるなら、クリームやオイルを使用することも1つの方法です。たるみはコラーゲン不足や乾燥などが原因になっている場合もあるため、保湿成分などを肌に浸透させることで解消できる可能性もあります。 デリケートゾーンに塗ることのできるクリームやオイルはいろいろありますが、天然成分由来やとろみがあるなど、含まれている内容を確認することが重要です。また、デリケートゾーンへのたるみとしてクリームやオイルを塗るだけでは効果が不十分なこともあるため、上記の骨盤底筋トレーニングと合わせて使用するようにしてください。 専門クリニックで施術を受ける デリケートゾーンのたるみによっては、元の状態に戻すのが難しい場合もあります。特に、年齢により生じたたるみはセルフケアで元に戻すことができない場合もあるため、専門クリニックに相談してみるのも良い方法です。 専門クリニックでは余分な皮膚を取り除いて綺麗に縫合してくれるため、痕が残らないように配慮もしてくれます。無料カウンセリングも実施されているため、クリニックの相談を考えてみましょう。 【まとめ】デリケートゾーンのたるみを防ごう デリケートゾーンはたるみを生じさせる場合もあるため、原因についてしっかり確認しましょう。 また、デリケートゾーンのたるみを改善させる方法もあるため、自分の用途に応じて行うようにしてください。 しっかりポイントを押さえておけば、たるみを生じさせず、改善も期待できますよ👀 ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

手 マッサージ 白 服 親子
  • フェムケア
  • フェムテック

フェムテックケアとしてデリケートゾーンのマッサージは良い?女性の悩み情報を知っておこう

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です🐰✨ 女性の方であれば、フェムテックケアについて関心がある人もいるでしょう!! デリケートゾーンについてしっかりケア方法を知っているなら、改善させることができ、美容の維持にも繋げることができるんです😊 デリケートゾーンのケアとして、マッサージを行うこともできますが「どのようにすればいいのか?」「どのような効果やポイントがあるのか?」と疑問もあるでしょう。 デリケートゾーンのマッサージについて内容を紹介していきます! フェムテックとは? フェムテックとは女性の健康を支える商品やサービスのことです。テックと言うとAIを連想するため、アプリなどのテクノロジーの使用を考えるかもしれませんが、そのような技術以外の全版的なものをフェムテックと言います。 例えば、生理周期を管理するアプリや、デリケートゾーン専用のソープ、ショーツなど、様々なものを含めてフェムテックと言います。デリケートゾーンというと、女性にとっては恥ずかしい思いを持つ人もいますが、自分の体をケアすることは大事なことです。 多様性の時代になっており、女性も社会で活躍するためには、フェムテックによって自分の体を正しく管理することができるようにしましょう。 デリケートゾーンのケアが必要な理由とは? 女性にとってデリケートゾーンは大事な部分であり、繊細な場所でもあります。そのため、しっかりケアをしないと、悪い影響が生じてしまうこともあります。デリケートゾーンのケアが大事な理由について内容を紹介しましょう。 臭いが生じることになる デリケートゾーンは尿道や膣、肛門と排泄する部分が密集しているため、汚れやすい箇所と言われています。また、ショーツやボトムスで覆われているなら、汗や排泄物で蒸れてしまい、雑菌が繁殖して臭いが発生することもあります。下着を外すと臭いに関して不快感を持つこともあるかもしれませんが、それは、デリケートゾーンの周りに雑菌が発生している可能性が高いため、しっかりクリームなどを使用して洗浄するなど、ケアを行う必要があります。 乾燥するため デリケートゾーンは乾燥しやすい場所と言われています。触れる機会が無いので分かりにくいですが、乾燥すると痒みの原因にも繋がり、トラブルが生じることもあります。 乾燥は加齢によってハリが失われていくのが原因とも言われているため、保湿クリームなどを利用して乾燥を防ぐようにする必要があるでしょう。また、乾燥して免疫力が落ちてしまうことで痒みが生じることもあります。痒みの発生を防ぐためにも適度な膣ケアは重要と言えます。 尿漏れや骨盤底筋が緩む デリケートゾーンは骨盤底筋群が緩んでしまうと、尿漏れや子宮脱などの症状を引き起こすことがあります。主に膣の締め付けが緩くなってしまうことであり、老化などが原因です。 ただ、骨盤底筋群を鍛えることで膣の締め付け力は向上させることができるため、やり方によっては改善することもできます。膣トレーニングと言われる方法を行うことができますが、詳しくは後ほど紹介しましょう。 デリケートゾーンケアのためのマッサージ方法とは? デリケートゾーンはしっかりケアをしていないと、いろいろなトラブルを引き起こすことになります。 そのため、定期的にマッサージをして管理しておくことが大事です。どのようなマッサージを行うことができるのか知っておきたいはずなので、内容を紹介しましょう。 マッサージ前は適切に洗う マッサージをするときは、適切にデリケートゾーンを洗うことが大事です。優しく洗うことがコツであり、擦り過ぎないようにしましょう。また、洗浄力の強いボディソープなどは肌が荒れたり、乾燥したりして皮脂分泌され臭いが強くなることもあります。低刺激の石鹸などを使用して優しく泡立てぬるま湯で流すようにしましょう。しっかり膣周りを綺麗にすることによりマッサージの効果も向上させることができます。 膣の外側 デリケートゾーンのマッサージを行うときはオイルの使用、そして膣の外側から行うようにしましょう。オイルの成分により、膣の血流が良くなり、保湿や生理痛の痛み改善につながるからです。マッサージオイルは親指と人差し指、中指に塗っておき、大陰唇を指の腹を使用して優しく撫でながらオイルを塗っていきます。触って硬い部分があるようなら、優しくほぐすように揉むことが大事です。 小陰唇の部分は指の腹でつまみながらオイルを塗るようにしましょう。ひだの内側は優しく撫でるようにすると、効果的です。会陰と言われる膣と肛門の間は、撫でるようにしてオイルを塗り込んでいきましょう。しっかり塗っておくことで、出産時のダメージなどを軽減させることにもつながります。 膣の中 膣の中もマッサージをすることで、緩みや痒みを改善させることができます。中を触るのに抵抗がある人は外側のみでも良いですが、人差し指を入れて問題ないようなら内部を慎重に確認してみましょう。まず、人差し指を入れるときは、オイルをたっぷり付けるようにしましょう。 オイルの量が少ないと痛みを感じる場合もあるため、全体的に付け過ぎのような感覚でも大丈夫です。第二関節まで入れることができれば、お腹側の壁を押すようにして半周してください。続いて親指も第二関節くらいまでオイルを付けて、入れていき指の腹を肛門側に向けた状態でゆっくり入れていきます。 そして、2本の指を使って会陰の部分を内と外で挟み、優しく揉みほぐしましょう。また、親指を第二関節まで入れることができれば、膣のお尻側の壁を押しながら半周します。最後にオイルを手に付けて肛門周りをほぐしながら塗れば、マッサージは終了です。 ケーゲル体操 膣トレのトレーニングとして、ケーゲル体操をすることもできます。ケーゲル体操は医学的におすすめできるトレーニングの方法であり、骨盤底筋の筋肉を収縮と緩みの運動をすることにより、鍛えることができます。ケーゲル体操のやり方は机にもたれた姿勢を取り、仰向けの姿勢、座った姿勢などで大丈夫です。自分の楽な姿勢を取るようにしましょう。 姿勢の準備ができれば尿道や肛門、膣を強く締めて5%10秒ほどキープして、その後緩めてください。これを1日に3〜5回ほどセットで行うことにより膣トレができます。姿勢は立っていても座っていても大丈夫なため、仕事の合間やテレビを見ながらトレーニングすることができます。膣の緩みが気になる人はマッサージだけでなくケーゲル体操も取り入れてみましょう。 【まとめ】フェムテックとしてデリケートゾーンのマッサージを行おう 女性にとってデリケートゾーンは大事な部分なので、しっかりマッサージをするようにしましょう。マッサージをするときはしっかり清潔な状態にしておき、刺激の少ないオイルを使用して優しく揉むようにします。 マッサージによりあなたのデリケートゾーンの悩みを解消できるかもしれません(*^_^*) ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい✨ 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

  • フェムケア

フェムケア矯正って何?メリットや方法、注意点について

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です。 今回は、最近聞くようになった『フェムケア矯正』についてご紹介していきたいと思います! 女性の場合は、体の手入れやケアを念入りに行うこともあるでしょう。女性はホルモンのバランスなどで体調が変化しやすいため、その都度ケアをしたり体調管理を行うことが大切です。 その中でも、女性の健康や美しさを保つために『フェムケア』と言われるものも注目されています。 ただ「フェムケアって何?」「フェムケア矯正のメリットや注意点は何?」など疑問を感じることもあるでしょう。今回は、フェムケアと矯正について、説明していきます(*^_^*) フェムケア矯正とは何か? 『フェムケア』という言葉自体、あまり聞きなれていない人もいるでしょう。まず、フェムケアはデリケートゾーンをケアすることを言います。デリケートゾーンのケアには、生理用ナプキンやサニタリーパンツ、膣周り専用の石鹸・美容液、膣トレなどがあります。 そして『フェムケア矯正』は女性のための骨盤や骨格矯正のことを言い、妊活中や産後、PMS、生理痛、尿漏れ、更年期による問題など、女性特有の症状を改善させる施術テクニックのことです。例えば、女性の場合は生理痛がある方や、生理に伴い頭痛や腰痛のある方、産後によって骨盤の歪みがある方などは、日常生活でも厳しさを感じることがあるでしょう。 そのようなときにフェムケア矯正を行うことにより、感じる痛みや違和感を改善させて身体にかかる負担を軽減させることが期待できるため、注目されている施術方法です。 フェムケア矯正で期待できる効果とは? フェムケア矯正によって、期待できる効果にはどんなことがあるのか知っておきたいですよね。女性特有の痛みや問題を解決することが期待できますが、具体的な効果について知ると施術検討しやすくなります。 ホルモンバランスを整えられる 女性ホルモンって、実はとても繊細に保たれていて、ちょっとした変化やストレスにも影響されるんです。フェムケア矯正を行うことで、強張っていた身体がほぐれたり、歪みが整うと、身体も心もしっかりリラックスできるようになり、ホルモンバランスを整えることに繋がります。ホルモンバランスを整えることができれば、生理痛や不順、腹痛などを軽減させることもでき、さらに卵巣や子宮の状態も良くすることができます。また生理による痛みやムカムカなども軽減したり、日常的に元気になり仕事に集中できるようになったり、妊活に前向きになったりするので、メリットが大きいですよね! 便秘やむくみを改善することもできる フェムケア矯正で、便秘やむくみを改善することも期待できます。女性の中には冷え性の方もたくさんおられるでしょう。冷え性によって体が冷たくなりやすく、寒さをより感じやすくなることもあります。身体のバランスが整うことで血流が良くなることで便秘やむくみなどのお悩み解消にも繋がります。 便通が悪くなり便秘によって調子を崩してしまうこともあれば、顔や脚のむくみが気になり太って見えてしまうこともあります。フェムケア矯正を行うことで、便秘が改善されて腹痛の悩みを改善できる期待もあれば、むくみが軽減して痩せやすい体に変化させることも可能です。 産後骨盤の歪みや膣の緩みにアプローチ 出産を経験した方の場合、骨盤が緩くなり歪んでしまうことや、膣が緩んでしまうこともあります。それぞれの歪みや緩みは体型のバランスが崩れてしまうこともあるため、産前に戻したい!と思う人も多いでしょう。フェムケア矯正は、骨盤と骨盤底筋にアプローチするため、出産で生じた歪みや膣の緩みも改善できることに期待できます。早く体型を戻す方法としてフェムケア矯正も考えてみてはいかがでしょうか。 更年期や尿漏れにもアプローチ 更年期によって体調管理が難しくなっている人もいるでしょう。女性は更年期になると自律神経に影響が出て身体や心の調子を崩すことがあります。 また冷え性がひどくなると尿漏れを引き起こしやすくなることもあるでしょう。更年期による負担を少しでも軽減させるためにフェムケア矯正をすることで、ホルモンバランスの改善や冷えの緩和で症状が軽くなることもあります。体の調子を整える1つの方法として考えてみましょう。 フェムケア矯正はどこで行えるのか? フェムケア矯正は、いろいろな店舗で導入が開始されているため、自分に合った場所で施術してもらうことができます。導入されている店舗は幅広く、エステ、ヨガ、プラティス、パーソナルジム、整骨院、マツエクサロン・・・などがあるため、自分が矯正以外で受けたいサービスと合わせて選択してみても良いと思います。 ただ、フェムケア矯正を目的としている場合は、導入されているのか確認しておくことが大事です。この施術には資格の取得が必要なため、どこの店舗でも行えるわけではありません。ホームページなどで事前にチェックしてみてください。 フェムケア矯正の際の店舗選びのポイント フェムケア矯正を考えているなら、店舗選びのポイントを確認しておくことも大切です。フェムケア矯正をしてもらうためには資格が必要なため、その点も確認しておくことが大事ですが、それ以外にもあります。以下の点をご覧ください。 メニュー内容や実績確認 フェムケア矯正をするときは、どのような施術を行うのかメニュー内容の確認をしておくのがおすすめです。メニュー内容が自分の問題改善と繋がるものなのか確認しておかなければ、施術してもらっても効果を実感しないこともあります。 どのような効果があるのか、最初のカウンセリングの際に質問して、詳細な点を理解しておくと判断しやすくなるため、この点は確認しておきましょう。また、フェムケア矯正の実績も確認しておくことが大事です。どのような施術を経験したことがあるのか、実績を確認しておくことで、信頼できるし安心できます。他の利用者の声も確認できるならより良いですね。 費用 フェムケア矯正の施術をしてもらうときは、費用についても確認しておくことが大事です。何回か通うことになるのでその分出費が生じることになります。出費が多くかかるようだと、通い続けることが難しくなるため、自分が続けれる価格となっているのか確認してから利用すべきです。 店舗によってはキャンペーンや割引などで通常価格よりも安くしてくれているところもあります。そのような割引なども踏まえて利用を検討しましょう。 【まとめ】フェムケアでイキイキと輝く女性に フェムケアを行うことで、自分の身体を改善させて健康を維持することができます。更年期や生理痛等で悩んでいる方、産後の方はフェムケアについて考えてみるといいと思います。 当サロンは、大阪で数多くの敏感肌脱毛専門サロン『Dione』が展開する【フェムケア専門】フェムトリートメントサロンです。現在は、「心斎橋店」と「梅田店」がございます。 当サロンでフェムケア矯正は行っていませんが、 ①「清潔にする」②「潤わせる」③「筋力を鍛える」この3つに特化したフェムトリートメントを行い、女性本来の魅力を最大限に引き出すサポートをさせていただきます。 女性特有のお悩みを解消し、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さいね(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせていただきます♪