トップ 紹介
病院 クリニック 診療
  • 粉瘤

デリケートゾーンの粉瘤の原因とは?解決策も紹介

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です♡✨ デリケートゾーンに違和感があり、粉瘤ができていた場合は「なぜここにこんなものができているの?」「どうやって治療すればいいのだろう?」と感じる女性もいるでしょう。 デリケートゾーンに出来物ができると違和感を抱くことになり、生活の中で気になってしまいます。デリケートゾーンに粉瘤が生じてしまう原因は何か、またどのように対処すれば良いのか、今回の記事から紹介しましょう。 粉瘤デリケートゾーンの原因とは? 女性の場合、デリケートゾーンに粉瘤ができてしまうことがありますが、どのような原因で発生するのか確認しておくべきです。粉瘤が生じてしまうのは、本来なら皮膚から剥がれるはずの角質と皮脂が剥がれず、その間に良性の腫瘍が溜まってしまうことが原因です。 女性はデリケートゾーン部で分泌腺が多くあり、男性よりも老廃物が溜まりやすい箇所でもあります。女性の場合は下着で皮膚が擦れてしまうこともあり、それで角質が肥厚して老廃物が溜まってしまうこともあるようです。 老廃物が皮膚の中に溜まってしまうと、体は炎症を発生させて外部に排出させようとするため、デリケートゾーンに粉瘤が見られるようになります。特に股の部分は皮膚が薄いこともあり、炎症が大きくなると腫れ上がって激痛を感じることもあるため、早急に改善する必要性が生じることもあります。ちなみに、粉瘤のある皮膚の表面を開くと中には脂質や老廃物の塊が出てくるようです。 粉瘤は放置して置いても問題ないのか? 粉瘤ができてしまっても、あまり目立たないようなら放置することを考えるかもしれません。しかし、粉瘤をそのまま放置しておくのは、あまり良い方法とは言えません。なぜ、粉瘤を放置しておくのは良くないのか以下をご覧ください。 強い臭いを発生させる 粉瘤が出来たときに、そのまま放置しておくと強い臭いを発生させることがあります。粉瘤は角質や脂質の塊でもあるため、酸化すると炎症して膿が発生し、皮膚の開口部から強い臭いを発生させることがあります。 もし、臭いが発生するなら不快な気持ちになることはもちろん、周りの人からも臭いによって迷惑を被ることになるため、変な違和感があるなら改善するように動くのがおすすめです。全ての粉瘤が臭いわけではありませんが1つだけとは限らず、複数できるなら臭いが発生するリスクも高くなるでしょう。 大きくなる可能性もある 粉瘤は放置しておくと、どんどん大きくなってくることがあります。粉瘤がデリケートゾーンにできていても小さいなら、あまり気に留めずそのまま放置する女性もいるでしょう。しかし、粉瘤はそサイズに留らず、肥大化することがあり目立つ存在になってきます。 もし、肥大化してくると下着が擦れるときのダメージも大きくなり、炎症が酷くなって激痛に変わることもあります。場合によっては座ることも難しくなって、生活に支障が生じることもありえるでしょう。さらに、大きくなってから粉瘤を取り除こうとするなら、傷跡も大きくなる可能性があるため、早めに改善することがおすすめです。 デリケートゾーンの粉瘤を治療するためには? デリケートゾーンに粉瘤が生じた場合は治療することを考えるでしょう。ただ、粉瘤が生じたときに、どのように治療すれば良いのか知っておきたいでしょう。デリケートゾーンの治療法は以下の点をご覧ください。 市販薬など自分で治すことはできない ニキビなどの肌荒れは市販薬などを塗ることで、腫れを押さえて改善できることがあります。しかし、デリケートゾーンの粉瘤の場合は塗っても治すことができません。粉瘤専用の薬品はドラッグストアなどに置かれてはいなからです。 炎症を抑える似たような市販薬を見ることがあるかもしれませんが、むやみに使用すると悪化する可能性もあるため、やめておきましょう。また、自分で触って潰すなどの行為も傷ができて細菌が侵入し、化膿して強い痛みを引き起こすこともあります。より悪化することになるため、むやみに触らないようにしてください。 病院に行って治療する デリケートにできる粉瘤の治療は病院やクリニックに行くことがおすすめです。病院であれば適切な治療によって改善させることができるため、自分で何かするよりも安全安心です。デリケートゾーンの粉瘤治療は皮膚科や形成外科で行うことができ、手術をして取り除くことになります。 へそ抜き手術と言われるものが一般的であり、パンチと呼ばれる器具を利用して粉瘤に小さな穴を開けて粉瘤を除きます。手術と言っても時間はかからず20〜30分ほどで終わるため、心配はいりません。局部に麻酔をしてくれるため、手術の際は痛みを感じることもないでしょう。 粉瘤が無くなった後も大きくなく、少しニキビ痕のようなへこみができる程度です。手術の費用は保険が適用され、大体5,000円から15,000円ほどになります。治療薬や検査台などは別途必要になりますが、高額ではないため安心です。術後は3日ほど通院して経過を診てもらい、再診療が必要なら通院が延長されます。 治療後の再発の可能性は? 粉瘤を治療で取り除いたとしても、サイズが大きい場合や一部分が残ってしまったときなどは、直ぐに再発することがなくても、数ヶ月や数年の間に再発してしまう可能性があります。再発するなら手術治療が必要とされるため、可能性が無いのか診察のときに詳細を質問しておくといいでしょう。 粉瘤の予防法には何があるのか? デリケートゾーンに粉瘤が発生するなら痛みを伴うことがあるため、しっかり予防することが大事です。ただ、どのように予防すべきなのか、分からないこともあるでしょう。以下の方法を考えてみることができます。 下着は擦れにくいものを使用する デリケートゾーンの粉瘤予防として、下着は擦れにくいものを使用すべきです。下着が擦れて肌を刺激すると肥厚化して分泌腺に蓋ができてしまい、炎症しやすくなるからです。肌を刺激しないようにするためには柔らかい素材の下着に変えるなど対策をして、粉瘤の発生を抑えるのがいいでしょう。 ピーリングなどで角質を除去する デリケートゾーンの粉瘤予防として、ピーリングなどで角質を除去することもできます。ピールバーなどを使用することで、角質を定期的に除去し粉瘤ができることを抑えられる可能性が高くなります。 ピーリングは1度行えば終わりではなく、継続することが大事です。毎日ピーリングすることは面倒に思える方もいるかもしれませんが、粉瘤ができると自分の体にも良く無いので行いましょう。 【まとめ】痛みや臭いが発生する前に デリケートゾーンの粉瘤について、原因と対策、予防法などを紹介してきました。 デリケートゾーンに老廃物が溜まることで粉瘤が生じてしまい、痛みや臭いが発生することがあります。 治療法は病院で手術をしてもらうしか無いため、できれば肥厚化してきて目立ってくる前に対処するのがおすすめです。 体のケアとして覚えておきましょうね。 ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

レモン ライム ホットティー ティーポット
  • デリケートゾーン

デリケートゾーンが蒸れる原因は?対策方法を解説!

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です✨ いかかがお過ごしですか😊? 今回は、デリケートゾーンの蒸れについてお話いたします! デリケートゾーンの蒸れは、女性なら1度は悩んだことがあるのではないでしょうか? 夏場や生理中はどうしても蒸れてしまいますよね。蒸れるとかゆみやかぶれ、ニオイの原因にもなるため、どうにかして蒸れないようにしたいですよね。本記事では蒸れの原因や対策方法を紹介します。 デリケートゾーンが蒸れるのはなぜ? デリケートゾーンが蒸れてしまう理由は次のとおりです。 汗や尿など、水分がある 下着や服で通気性が悪くなる 生理中のナプキン使用 デリケートゾーンは尿や汗、おりものなどがどうしても出てしまうため湿度が高くなります。加えて下着をつけるため、湿気が逃げにくく蒸れる原因になります。また、生理中は血液が出るのに加えてナプキンによって通気性が普段以上に悪くなります。そのため、蒸れが起こります。 デリケートゾーンが蒸れるとかゆみやかぶれ・においの原因に デリケートゾーンが蒸れることによって引き起こされる症状は次のとおりです。 かゆみ かぶれ ニオイ デリケートゾーンが蒸れると肌荒れを引き起こし、かゆみを感じることがあります。生理中に陰部にかゆみを感じるのは蒸れが原因です。また、蒸れがひどいとかぶれにも繋がります。蒸れると肌が刺激を受けやすくなります。刺激を受け取りやすくなっている肌におりものシートやナプキン、下着による摩擦などで刺激を受けてかぶれてしまうことが考えられます。また、蒸れることでこもってしまい、臭いが出てしまうことがあります。 デリケートゾーンの蒸れの対策・予防方法! デリケートゾーンが蒸れることを予防するためにできる対策は次のとおりです。 通気性を良くする ナプキンを長時間つけっぱなしにしない トイレ後はしっかりと水分を拭き取る 正しい洗い方をして清潔な状態にする 下着を通気性の良いものに変えたり、毎日のようにおりものシートをつけるのを控えましょう。通気性が悪い服装を着るときは夏場や汗をかく状態ではないときに着用するのがおすすめです。また、ナプキンを長時間つけっぱなしにすると経血によって湿気がこもりやすくなるため、必要に応じて頻繁に交換しましょう。 用を足したあとにしっかりと水分を取り除かないと蒸れの原因になります。また、尿もれが起きてしまう方も尿もれが原因で蒸れてしまうことがあるため、尿もれパットなどを活用して予防しましょう。また、トイレットペーパーで拭くときはこするのではなく数秒間しっかりとおさえるようにしてトイレットペーパーに水分を吸わせましょう。 お風呂に入るときやシャワーを浴びるときは正しい洗い方をしておりものや汚れをしっかりと落としましょう。大陰唇や小陰唇の間に汚れが溜まりやすいため、指の腹で優しく撫でるようにして洗うと良いです。膣内まで洗ってしまうと本来膣に備わっている自浄作用が薄れてしまうのでトラブルの原因になってしまう場合があります。くれぐれも膣内まで洗わないようにしましょう。 蒸れで肌荒れが起きたときの対処法 デリケートゾーンの蒸れはどうしても起きてしまう場合がありますよね。特に生理中などは通気性が悪くなる上、水分も多くなるため予防しても肌が荒れてしまうことがあります。状況によってはナプキンの交換が難しい場合もあるため、予防できないことも。肌荒れが起きてしまった場合の対処法をお伝えします。 市販薬で肌荒れを抑える できるだけ刺激を与えないようにする 酷い場合は病院に行く 市販で売られているデリケートゾーンが痒くなったとき用の薬を活用してかゆみを抑えるのがおすすめの方法です。生理中にどうしても痒くなってしまう方は買っておくのが良いです。蒸れによってかゆみやかぶれなどの肌荒れが起きた場合はかきむしって刺激を与えるのは避けましょう。蒸れによってデリケートゾーンが刺激を受け取りやすい状態になっているのでダメージを普通以上に受け取ってしまう場合があります。そのため、かゆみを我慢するか、どうしても我慢できない場合は塗り薬などを使用しましょう。 かゆみやかぶれが酷い場合は病院に行って薬を処方してもらったり処置してもらうと良いです。かぶれやかゆみが酷いと、ダメージから守るためにメラニン色素が作られます。メラニン色素はシミなどの原因で黒ずみを引き起こします。そのため、デリケートゾーンが黒ずんでしまうことを予防するためにも症状が酷いと思ったら病院に行くことも視野に入れましょう。また、受診する病院は産婦人科です。その他の悩みを相談しても良いですね。 快適に過ごすためのおすすめ商品 蒸れを予防できる商品や蒸れが起きてしまったときに対処が可能な商品を紹介します。 フェミニーナ 経血カップ 綿素材の下着を着用する フェミニーナが出している商品にはデリケートゾーンのかゆみやかぶれを抑えてくれる商品があります。ジェルのものや軟膏、ミストなど様々な種類があるため、好みのテクスチャーのものを選べます。 経血カップは、膣内に挿入して経血を溜めてくれるカップのことです。膣内で経血をキャッチするため表面の皮膚に刺激が起きにくくなるため、肌が弱い方におすすめです。また、繰り返し洗って使えるため経済的でエコな商品です。 下着を通気性に優れている綿素材のものに変えるのもおすすめです。また吸水性も優れているため汗をかきやすい夏場にもぴったり。汗をかく状況のときや生理中だけ綿素材の下着を着用するのも効果が期待できます。また、パンツスタイルのレザー素材や分厚いデニム生地は蒸れやすいため、汗をかく状況のときは避けるのがよいです。 【まとめ】蒸れは起きる前に予防するのが大切! デリケートゾーンが蒸れるのは女性なら誰しも経験があると思います。蒸れでかゆみやかぶれが起きてしまうと良くない気分になったり、嫌な思いをしますよね。デリケートゾーンは蒸れやすいため、予防や対策をしっかりと行うことが大切です。しかし、予防をしていても蒸れが起きてしまうことがあります。そんなときは気軽に購入できる市販薬を活用して肌荒れを抑えるのがおすすめです。また、日頃からしっかりと洗って保湿などで肌を保護していると荒れにくくなると思うのでしっかりと毎日のケアを徹底するのもおすすめです。デリケートゾーン専用の石鹸やぬるま湯を使って清潔にして、専用のクリームやジェルで保湿をしましょう。デリケートゾーンはとてもデリケートなので正しい知識をつけることが大切です。 ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

講義 グラフ 女性 キャリアウーマン
  • フェムケア

フェムケアのセミナー講座があるらしい!デリケートゾーンケアは推進されてるよ!

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です🍀✨ 海外ではもう常識となっている「フェムケア」は日本でも徐々に浸透してきています。授業などで習わない内容だし、友達と話すにはすこしハードルが高いかもしれません。今回の記事は人に聞きにくい女性のデリケートゾーンのケア方法などを知る方法の1つであるセミナーについて解説していきます。 女性のデリケートゾーンは名前の通りとてもデリケートです。洗いすぎても洗わなさ過ぎても、不調が起きることがあります。そのため、正しいケア方法を知って、正しいアイテムを使って毎日ケアすることが大切です。加齢などの様々な要因で起こりうるデリケートゾーンの不調に悩んでいる方は、フェムケアを毎日の習慣に取り入れてみてはいかがでしょうか。 フェムケアってなに? フェムケアとは、女性という意味の「フェム」と手入れするという意味の「ケア」を組み合わせた言葉です。名前の通り女性の体をケアすることをフェムケアと呼びます。フェムケアアイテムは次のものが挙げられます。 肌に優しいオーガニックナプキン 膣やバスト用の保湿製品、専用の石鹸 妊娠中の体をサポートしてくれる製品 更年期障害解消のためのグッズ このように女性のために作られた商品をフェムケアアイテムと呼びます。デリケートゾーンを専用の石鹸で洗ったり、保湿することが無い方は抵抗があるかもしれません。実は顔や手、足の肌のようにデリケートゾーンの皮膚も乾燥が起こります。肌の乾燥によってかゆみや肌に違和感を感じたりすることがあります。このような不快感を解消するために、専用の保湿クリームや石鹸を使用すると良いです。 フェムテックとの違い 同じような言葉として「フェムテック」があります。フェムテックは女性という意味の「フェム」と、科学という意味を持った「テック」をかけ合わせた言葉です。フェムケアは科学を使っていない製品やケア方法を指しますが、フェムテックは科学を使って、女性の体の健康にアプローチしてくれます。フェムケア製品は次のようなものが挙げられます。 ピル 生理周期や妊娠しやすい日を教えてくれるアプリ 超吸水ショーツ 上記のように科学の技術を使って女性が生活しやすくなる商品が挙げられます。 フェムケア講座のセミナーってどんな内容?イベントも! フェムケアはなかなか人に聞くのが難しいうえ、ネット情報がたくさんありすぎてどれが正しい情報なのかわからないことがあります。もし、間違っているネット情報を鵜呑みにして毎日間違ったケアを行っていた場合はとても残念な気持ちになるうえ、もちろんデリケートゾーンにとっても良くありません。特に妊娠や生理について「迷信」が多いです。迷信が合っていることもありますが間違っている場合も良くあります。例えば「生理中に生理痛が出るのは普通」だったり、「ザクロを食べると妊娠しやすい」というものもあります。生理は痛みが無く、夜に出血が多くないのが正常です。正常な状態の場合は痛みもあまり出ず、就寝時は夜用ナプキンでは無く、昼用ナプキンで足りる状態です。 このようにSNSや人から聞く情報が正しいわけではありません。そのため、しかりとフェムケアの専門的な方や、産婦人科の医者が行っているようなセミナーから本当に正しい情報を教えてもらうのが最善です。 セミナーでは、フェムケアの基本的な知識や、フェムケアのやり方、得られるメリットなどについて教えてくれたり、どのようなアイテムがあり、どのように使うのかなどをセミナーで話してくれます。教えてくれる内容はセミナーによって違いがあるので、自身で選ぶと良いです。フェムケアの知識が無い方は、初心者用のセミナーを受けるなど、自身のフェムケアの知識量に合わせてチョイスしましょう。 オンラインで気軽に参加できる! セミナーによっては、わざわざ日時を合わせて会場に向かう必要のない「オンライン」での開催を行っている場合があります。セミナーにもよりますが、オンラインでも知りたいことを質問として行ったりできるようなところもあるので、オンラインだからセミナーの質が下がるというわけでもありません。 もし、気軽にデリケートゾーンのケア方法や悩み解決をしたい場合や、病院に行くほどでもないちょっとした不快感などはフェムケアのセミナーで解決できるかもしれません。しかし、痛みやかゆみが長い間続いたり、できものができているときは、放っておかず産婦人科を受診しましょう。もしかすると、性病だったり、カンジダ症などの場合があります。特に性病の場合は予防や早急の受診が大切です。 フェムケアセミナーのおすすめは? フェムケアのセミナーを行っている会社を2つピックアップしてご紹介します。オンライン開催のものを紹介しますので、時間がない方や地方に住んでいる方でもセミナーを受けることができます。他にもたくさんのセミナーが開催されていますが定期的に開催が行われているものを選びましたので2つのみとなっています。 ※2023年5月時点 株式会社3FACEデリケートゾーン研究所 デリケートゾーン研究所では、トータルフェムケアや、膣ケアの方法、膣トレなどの正しい知識を教えてくれるセミナーを行っています。内容は事業者向けのものから、入門レベルまでの2種類あるため、本格的に学びたい方にもおすすめです。 ママノユメ ママノユメは「すべての女性が主役になれる」をコンセプトに掲げています。ホームページには、フェムケア関連のセミナーや、女性関係のセミナーの開催が記載されていました。オンラインのものが多く、時間に余裕が取れない方でも気軽に参加することができます。また、セミナーだけではなく、コミュニティを作ったり様々なことを学んだりできるため、スキマ時間に記事を読んだりするのもおすすめです。 【まとめ】フェムケアはセミナーで正しい知識を! 若いうちはデリケートゾーンの不調に縁がなかった方も10年後20年後はわかりません。また、これから妊娠出産や更年期など、人生のライフステージが訪れるので今からでもフェムケアを行うと安心です。記事内で何度も解説しているので耳にタコかもしれませんが、フェムケアを行うなら、正しい知識、方法を知ってから行ってくださいね。そのためセミナーがわかりやすいうえ、専門家が教えてくれるため間違った情報になりにくいです。セミナーで正しい知識を得て、女性として快適に過ごせるように、毎日のケアを頑張りましょう。 ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

月経 カップ 女性 悩み 
  • フェムケア

フェムケアはフェムケア講師から教わろう!

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です😊✨ 女性だけではなく、女性のパートナーがいる男性に知っておいてほしいのが「フェムテラシー」です。フェムテラシーとは、女性の心や体に関する基礎的な知識のことです。女性は男性とは違い、毎月生理がきたり、妊娠や出産などがあります。その際には体調が良くなかったり、ホルモンバランスの関係で精神的に不安定な状態になってしまいます。このことを知っていると知らないでは関係を発展させる上でも大きく違います。今回の記事では女性や男性に知っておいてほしいフェムケアや、フェムケア講座について解説していきます。 フェムケアやフェムテラシーを知る方法はたくさんあります。 フェムケアに関する本を読む ネットで調べる フェムケアに詳しい講師から教わる 上記の3つ以外にも方法はありますが、一般的なのはこれらです。この中でも特に注意していただきたいのが「ネットで調べる」です。ネットは誰でもブログや掲示板に書き込めるため、迷信や間違った知識、古い情報などを書いている場合があります。もちろん正しい知識もたくさんありますが、間違った情報が載っていることもあります。 また、詳細に書かれていない場合も分かりづらいですよね。例えば「デリケートゾーンを専用の石鹸で洗う」と書かれていたとします。この内容に「洗う場所・洗ってはいけない場所」が記載されていないと洗ってはいけない場所を洗ってしまい良くない結果になってしまうことも。専用の石鹸だから膣の中まで洗うのかな?というように間違って覚えてしまうこともありますよね。 そのため、フェムケアの資格や検定を持っているような詳しい講師から教わるのが最善です。特にセミナーなどで講師から教わると、わからないことが質問できるので、しっかりと知りたい方におすすめです。 フェムケア・フェムテックってなに? フェムケアは正しい知識をつけることが重要だから資格や検定を持っている講師に教わるのが良いとお伝えしました。しかし、フェムケアが何なのかわからない方もいると思います。そんな方のためにフェムケア・フェムテックとは何かをお伝えしていきます。 美容に敏感な人がしているフェムケアはどんなの? フェムケアはフェム(女性)とケア(手入れ)を組み合わせた造語です。女性の体や心の健康をサポートしてくれるような製品、方法をフェムケアと呼びます。女性は生理や妊娠・ 出産、更年期など、様々なライフステージがあります。その女性特有のライフステージを快適に過ごすためにフェムケアの知識が必要です。具体的なフェムケアは次のとおりです。 膣トレ オーガニックナプキン 妊娠関連のサポートグッズ 更年期障害を楽に乗り越えるグッズ 他にもデリケートゾーン専用の石鹸や保湿クリームもフェムケア製品と呼びます。美容に敏感な方は「バスト専用クリーム」などのフェムケア製品を何気なく使っているのでは無いでしょうか。 何気なく使っているフェムテックの例は? フェムテックはフェム(女性)とテック(技術)を組み合わせた造語です。フェムケア製品と違う点はテクノロジーを使っているところです。このフェムテック製品、サービスもフェムテックという言葉を知らないまま使っている方はたくさんいます。フェムテックの具体例は次のとおりです。 月経や妊活管理アプリ 妊活や更年期のサプリメント ピル 搾乳機 フェムテックがより拡大している海外ではもっとたくさんのフェムテック製品があります。日本はまだ拡大途中ですので、いずれ導入されるかもしれません。 正しいフェムテラシーはフェムケア講座で 正しいフェムテラシーを得るためには、講師から教わることが最善です。講師から教わるにはセミナーの会場に足を運んだり、オンラインで行っているフェムケア講座を受けてみるという方法があります。また、本から学ぶのも良いです。講座や本を選ぶときは、講師の質に注目しましょう。フェムケアの資格や検定を取得している人だったり、産婦人科医師というように、一定以上の知識がある講師から教えてもらうのが好ましいです。 無料でフェムケア講座を受ける方法 記事の中で紹介したセミナーや講座、本などは少なからずお金がかかってしまうため億劫な気持ちになってしまったり、途中でやめてしまう方もいるかと思います。そんな方に向けて無料でフェムケア講座を受ける方法を紹介します。 YouTube InstagramなどのSNS YouTubeやInstagramで、フェムケア情報を発信している方の、動画や投稿を見て学ぶのが無料でフェムテラシーを身につける方法です。もちろん中には間違った情報を発信してしまっている方もいますので注意が必要です。 大手の製薬会社などが出している 信頼できる資格を取得している人(産婦人科医師など) ニュースチャンネル 上記のようなアカウントは安心してフェムテラシーを学ぶことができます。また、YouTubeチャンネルを開設している産婦人科医師が正しいフェムケアの知識を教えてくれるようなものもあります。この場合はコメントに知りたいことなどを投稿していると、コンテンツとして教えてくれる可能性がありますので、おすすめです。 【まとめ】フェムケア講座は未来の自分のために! 現在10代や20代の方は悩みや不安があまりないかもしれませんが、未来の体がどうなるかはわかりません。そのため、今から少しずつフェムケアを日常に取り入れて将来に備えましょう。 もし、デリケートゾーンのケアを一切行っていないという方は、ナプキンをオーガニックのものに変えてみるというのはどうでしょう。特に生理中にデリケートゾーンが痒くなったり生理痛が重い方はオーガニックナプキンを試してみてください。デリケートゾーンの粘膜部分は手や足などの皮膚に比べて吸収しやすいです。そのため、ナプキンに使われている化学繊維などによってかぶれやすくなったり生理痛が発生することがあります。 他にも、自身にとっては「我慢すること」だったことが、フェムケアによって改善されることもあると思います。そのため、自身に合った方法でフェムケアを講師から教わると良いです。個人的には病院の産婦人科などが行っているセミナーイベントなどに参加するのもおすすめです。妊娠や出産関連のセミナーが多いので他の内容が知りたい方には向いていないかもしれません。しかし、他の内容のイベントを行っているところもあるので参考にしてみてください✨ ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです。 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 Dear独自のフェムケア『フェムトリートメント®』の施術は、必ず『ULTインストラクター』の資格を取得した者が担当します。 『ULTインストラクター』とは、簡単にいうと「女性のトリセツマイスター」。 年齢・月毎・日々変化を繰り返す女性の心と身体に寄り添い、小さなきっかけで簡単に崩れてしまうデリケートな女性のリズムを知識で支え、サポートいたします。 誰にも聞けなかったデリケートゾーンや性のことなどの疑問や不安にこたえらる専門家として、日々、知識をアップデート中です! 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩みも、お気軽にご相談下さいね(*^_^*) 美容のプロとして、全力でサポートさせて頂きます♪

靴下 コーヒー 女性 秋 あたたかい
  • 温活

温活は美容ケアに最適!習慣的に体を温めてキレイになろう

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です😊🍀 美肌になりたい、痩せて健康的になりたいと思う方は多いと思います。 しかし、毎日頑張るのは疲れちゃうし、途中で挫折してしまう方もいます! そんな方におすすめなのが「温活」です。 寒さを緩和できるだけではなく、健康にも良いです。加えて毎日の習慣にプラスしたり、工夫するだけなので手軽に行なえます✨ 冷え性の方は特に取り入れてみてくださいね。 温活で美容習慣!温活商品で冷えを撃退して美肌ケア 温活はとても手軽に行なえます。普段何気に行っている「体を冷やす行為」を控えるだけでも温活と言えます。 アイスコーヒーをたくさん飲む エアコンの温度を下げすぎる 長時間寒さを我慢する 上記の行動を行っている方は少しだけでも控えてみてください。特に体温が36度以下だったり、手先や足先が常に冷たい方は慢性的に冷え性になってしまっているかもしれません。冷え性は美容にも健康にも良くないので参考にしてみてください。 温活の美容効果 温活は様々な美容効果が期待できますが、大きく分けると2つです。「美肌効果」と「ダイエット効果」です。それぞれに分けて紹介しますので、参考になれば幸いです。 ダイエット効果 温活を行うことで体温が上がり、血流の改善が期待できます。具体的に期待できる温活のダイエット効果は次のとおりです。 むくみ予防、改善 基礎代謝UP 便秘改善 体温が上がると、血流が良くなるため、体の余分な水分や老廃物を排出しやすくなります。そのため、むくみの原因となる余分な水分が排出されます。冷えている時よりも老廃物や水分が多く排出されやすくなるため、しっかりと水分補給を行いましょう。 温活をすると、体温が上がります。体温が上がることで、特別な運動をしなくても普通に生活しているだけで消費されるカロリーが上がります。体温が1℃上昇するだけで1日に400キロカロリー程消費カロリーが上がります。普通に生活しているだけで消費されるカロリーが多くなるため、脂肪分解されやすくなり、結果的にダイエット効果が期待できます。 冷え性の方が正常な体温になると内臓の温度も正常になります。内臓は体温が低すぎると働きが鈍くなってしまうことが考えられるため、冷え性の方は便秘になりやすいです。温活で体温を上げると内臓の働きが正常になり、便通が良くなりやすいです。 美肌効果 温活に取り組むことで、肌の健康化、美容効果が期待できます。実際に期待できる美肌効果は次のとおりです。 顔色が良くなる くすみが改善 ターンオーバーの正常化 乾燥肌の改善 体温が低いと、唇の色が不健康に見えたり肌に血色感が無いように見えます。加えてクマも目立ちやすくなることも。体温を上げることで、肌に血色感が出て、健康的な印象を与えやすくなります。 温活を行うことで血流が良くなります。血流が良くなると肌の新陳代謝がよくなります。肌は古くなった角質は落ちていき、新しい皮膚へと移り変わっていきます。この肌の生まれ変わりをターンオーバーと言います。ターンオーバーは様々な原因で乱れますが、冷えも原因の1つに考えられます。温めることで血流が良くなり、しっかりと栄養が肌へ行き渡りやすくなります。すると、古い角質が排出されくすみや肌のゴワつきなどが改善されやすくなります。 体が冷えている状態だと、隅々まで栄養が運ばれにくいです。栄養は血管を通って運ばれますが、冷えていると血流が悪くなり、十分な栄養が運ばれません。そのため、乾燥肌になったり、敏感肌になってしまったりすることがあります。体を温めると血行が良くなり、しっかりと栄養が行き渡りやすくなります。また、温活として白湯を頻繁に飲むと、肌の潤いを保つことにも役立ちます。 温活では湯船に浸かることがおすすめされます。湯船に浸かることは体を温めるだけではなく、汗と一緒に毛穴の汚れが排出されやすくなるため、毛穴詰まりにも効果が期待できます。長時間湯船に浸かる場合は水分補給を忘れないようにしてくださいね。 美容に効果的な温活の方法!essの〇〇が良い!? 温活自体が美容にとても良いですが、特に美容に効果的な温活の方法をご提案しますので、参考になれば嬉しいです。また、温活とスキンケアの両方ができるessの「ヒートブースター」という商品も紹介します。ヒートブースターはとても人気なアイテムなんですよ! 美容に効果的な温活のやり方 美容に効果的な温活の方法は次のとおりです。 3つの「首」を温める 白湯を定期的に飲む 湯船に浸かる 入眠時に足を温める 野菜はスープで食べると良い 3つの首とは手首、足首、首です。この3つはリンパが詰まっているため靴下やマフラーなどで温めましょう。末端冷え性の方は夏場でも靴下を履いたり、長袖の羽織物を用意すると良いです。 白湯は特に朝がおすすめです。眠っている間は水を飲まない上、汗や呼吸で軽い脱水状態になりやすいです。そのため、起床後にコップ1杯の白湯を飲むと、体全体や、内蔵を直接温められる上、水分をしっかりと補給できるためおすすめです。コーヒーをアイスで飲んでいる方は、白湯に変えてみたりすると、定期的に温めることができます。注意点ですが寝る直前にアツアツの白湯を飲むのは良くありません。睡眠中は体の温度を下げることで室の良い睡眠になりますが、熱すぎる白湯を飲むと体が温まりすぎてしまい寝付きにくくなってしまうことが考えられます。夜のお風呂も寝る直前ではなく30分〜1時間前に済ませておくと良いです。 野菜を食べるときにサラダで食べている方はスープにして食べると体も温まりやすくおすすめです。特に夏野菜は体の温度を下げる効果があるため冬場は加熱料理をして食べると良いです。また、ビタミンは熱処理をするとなくなってしまうことがあるので、スープが出来上がる少し前に入れて、熱を通しすぎないようにすると良いです。味付けのときに生姜やニンニクを使うと体を暖める作用が高くなるため、スープを作る際は取り入れてみてくださいね。 essのヒートブースター essのヒートブースターは温活ができるブースター(導入化粧水)です。化粧水の前に塗布すると、肌が温まり血色感が上がりやすくなります。また、次に使用する化粧水や美容液の浸透率も上がりやすくなるため、ブースターを使ったことが無い方や、気軽に温活をしたい方は試してみてください。 【まとめ】習慣的に温活をして美容ケアしよう! 温活を長期間続けてみると、温活が習慣になります! 温活が習慣になるといつもの生活をおくっているだけで美容ができるようになります。また、風邪を引きやすい方は免疫力が下がっている可能性があるため、免疫力アップ効果も期待できる温活をおすすめします。温活をしたことがない方や、気軽に始めたい方は、飲み物を白湯もしくは常温のお水に変えることから始めてみましょう。 ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 温活とは異なりますが、ジャンルとしては同じです😊 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

白 バラ 香り
  • フェムケア
  • フェムテック

女性が注目してるフェムテックとフェムケアの違いは何なのか解説!

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です!! 近年はデリケートゾーンのケアやvioの脱毛が一般的になってきましたね👀 フェミニンゾーンのケアはアメリカなど、世界では小さいときから教育がしっかり行われています。 「フェムケア」と「フェムテック」は名前だけ聞いたことがあるけど、何なのかわからない…という方が多いと思います。今回は2つの言葉の意味や違いまで徹底的に解説していきますので是非参考にしてみてください。 「フェムテック」と「フェムケア」はどちらも女性の健康についての言葉です。しかし、ニュアンスが少し違います。また、フェムテックとフェムケアは医療ではありません。そのため、病気になった場合はや、疑わしい場合にはフェムケア、フェムテックを行っていることとは関係なく受診することが必要です。 フェムケア・フェムテックとの違いは? フェムケアとは、フェム(女性)のケアのことです。デリケートゾーンは名前の通りデリケートな部位です。粘膜と皮膚がある部分なので、顔や髪の毛のように専用のケア用品を使うことがおすすめです。フェミニンゾーンなどのケアをフェムケアと呼びます。 フェムテックとはフェム(女性)特有の問題を解決するための「テクノロジー」という意味です。 生理 妊活 妊娠 更年期 など、女性ならではの「イベント」を楽にしてくれたり、お手伝いしてくれるような事柄を指します。 日本フェムテック業界 フェムケアとフェムテックの違いは「ケア」と「解決」です。フェムケアは女性の健康のために使うケア製品などを指し、フェムテックは女性の健康問題を解決するための製品を指します。フェムテックはなんとなく医療のようなイメージがわきますが、医療とは別で、フェムテックを行っているから産婦人科に行かなくても良いというわけではありません。 女性の健康などの悩みを改善できる? フェムケアやフェムテックは女性の健康問題や、日常が快適に送れるように、様々な悩みの改善が期待できます。フェムケア、フェムテック製品、サービスはとても充実しているのですべて紹介することはできませんので、一部の代表的なものを紹介します。 フェムケア フェムケアの製品やサービスは次のとおりです。 オーガニックナプキン、月経カップ 腟内、膣外のソープやクリーム ナプキン、タンポンがいらないショーツ 妊婦サポートグッズ 更年期の悩み緩和グッズ フェムケアの製品やサービスはあくまで「ケア」の1つなので、習慣的に行うことが大切です。オーガニックナプキンは生理痛を軽減してくれる効果も期待できるうえ、肌に優しい素材なのでかぶれたりかゆみを感じる方におすすめです。 フェムテック フェムテックの製品やサービスは次のとおりです。 生理周期を知らせてくれるアプリ ピルなどのサブスク 膣トレアイテム 吸水性の良いサニタリーショーツ 搾乳機 更年期時のサポートアプリ、コミュニティ 上記は代表的なフェムテック製品やサービスです。他にもたくさんのフェムテック製品やサービスがあります。特に外国ではフェムテック商品は豊富にあり、今後も様々な製品が開発、販売されより一般的になることが予想されています。 よくあるデリケートゾーンの悩み デリケートゾーンの悩みや女性特有の悩みをお伝えします。ほとんどはフェムケア、フェムテックで軽減できるものなので、是非当てはまった方はフェムケア、フェムテックを行うことを検討してください。 重すぎる生理痛 生理中の不快な臭い 妊娠中、妊活中にしんどく感じる 産後の骨盤の歪み 更年期時の夫婦仲 年齢によって様々な悩みが見られますが、フェムケアやフェムテックを利用すると楽になることがあります。1つ目に紹介した「重すぎる生理痛」は婦人病の可能性が考えられるため「1日中動けないくらい痛い」「痛みで気絶」などがある場合は産婦人科の受診をしましょう。 https://femtreatment-dear.jp/female-genital-area-proper-shave/ 正しいフェムケアでどんな効果が? フェムケアやフェムテックは女性が快適に過ごせるように女性特有の悩みを解消、軽減できる効果が期待できます。 生理痛が重い方は「オーガニックナプキン」と「Livia(リビア)」を使うと軽減できるかもしれません。リビアとは下腹部にパッドのようなものをつけて痛みを伝える神経を遮断させ、痛みを改善するためのフェムテック製品です。 妊娠を希望している方は「葉酸が配合された妊活サプリメント」を使用して妊娠しやすいように健康状態を整え、排卵日を教えてくれるアプリを使用して効率的に妊娠できるように計算することができます。 このように女性ならではのデリケートゾーンやバスト、PMSなどの悩みはフェムケアやフェムテックで改善効果が期待できます。 おすすめアイテムを3つ紹介! フェムケア、フェムテックのおすすめな製品、サービスを3つご紹介します。 ルナルナ ルナルナとは、生理周期を記録すると次の生理予定日などの情報を教えてくれるアプリです。忘れがちな生理周期や予定日をアプリが教えてくれるので、旅行やお出かけの予定が立てやすいです。基本的に無料で利用できますが、有料コースを利用すると、排卵日や医師の質問コンテンツなどが利用できます。 月経カップ 月経カップは、膣内に柔らかいカップを挿入するタイプの生理用アイテムです。膣内に入れるため、ナプキンによるかぶれやかゆみ、蒸れた臭いの予防も期待できます。また、繰り返し使えるので、ナプキン代が減り、経済的です。 vio脱毛 クリニックなどで医療脱毛や、サロンで美容脱毛を受けると毛が減ったり生えてこなくなります。すると、ムレの軽減やかゆみ、かぶれ予防、カミソリ負けも起きにくくなります。ハイジニーナという無毛の状態の人も増えてきていますが、ツルツルは恥ずかしいという方もいます。そんな方はvゾーンを残してioゾーンを脱毛すると生理中も快適に過ごせることが見込めます。 デリケートゾーンへの関心、取り組みは大切 女性のデリケートゾーンやバスト専用のグッズがどんどん増えていますよね。vio専用ソープやクリームは美容に敏感な方たちにはすでに「一般的」になっていると聞きます。また、バスト用の石鹸やソープもあり、女性のためのフェムケア、フェムテック製品はどんどん増えています。 今回の記事ではフェムケアとフェムテックの違いについて解説いたしました。フェムケアは、サプリや製品などのケアをするもので、フェムテックはアプリや機械などで改善、解決するための製品です。 近年では、男性に負けずにバリバリと働く女性が増えています。そんな方や、悩みを持っているすべての女性が快適に過ごせるような製品やサービスがたくさんあるので、是非悩みがある方は調べて見てください。 https://femtreatment-dear.jp/therapy-for-sciatica/ ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

女性 光 カーテン 白
  • フェムケア
  • フェムテック

デリケートゾーンは冷える

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です(*^_^*)🍀 女性の場合は、体が冷えることに敏感な方もいますよね...! 体の箇所によって冷えは大きなダメージにつながることもあるため、その場合はしっかり対策を取ることが大事ですよ♪ 特に、女性の方で注意しておきたいのが、デリケートゾーンの冷えです! デリケートゾーンで冷えを感じたなら、どのような原因があり、また対策はどう行えるのか知っておくべきです。 今回は、デリケートゾーンの「冷え」についての内容を紹介致します✨ デリケートゾーンが冷えるとどのような影響が生じるのか? 女性のデリケートは、温かく潤っている状態が理想です。しかし、デリケートゾーンが長い間冷たく乾燥しているなら、女性ホルモンや自律神経のバランスが乱れやすくなり、生理にまつわる不調や血流が悪くなるなど、いろいろな悪影響が生じることもあるため注意する必要があるでしょう。 また、デリケートゾーンを冷やすと、骨盤底がダメージを受けることもあります。骨盤底は、筋肉群や靭帯、筋膜、皮下組織から構成されており、構成する筋肉群を骨盤底筋群と言います。骨盤の底にあるプレートであり、膀胱や子宮を支えることや排泄機能を担うなどの重要な部分です。 しかし、デリケートゾーンが冷えることにより、骨盤底の機能が悪くなり、尿漏れや頻尿などが起こりやすくなり、悪化した場合は臓器が突出してしまうこともあります。女性はデリケートゾーンを冷やさないようにすべきですが、手や足と違って自覚しにくい部分でもあるため、冷えを発見するのが難しい部分です。 デリケートゾーンが冷えてしまう原因とは? デリケートゾーンが冷えてしまうと、いろいろな症状が出ることになるため、注意する必要があります。しかし、自分の生活習慣からデリケートゾーンが冷えてしまうこともあります。どのようなことが冷えの原因になるのか以下をご覧ください。 パソコンやスマホなどを長時間見る パソコンやスマホを長時間見ていると画面から出るブルーライトによって、睡眠がとりにくくなるなどの弊害を被ることがあります。睡眠不足に陥ると自律神経と女性ホルモンのバランスが悪くなり、冷え性を引き起こすこともあるほどです。 パソコンやスマホを長時間見ることはホルモンバランスを悪くする可能性があり、デリケートゾーンの冷えに直結することもあるため注意しましょう。 冷たい飲み物をたくさん飲みむなど体を冷やすことが多い 冷たい飲み物をたくさん飲むなど、体を冷やすことが習慣となっているなら、デリケートゾーンが冷えることもあります。冷たい飲み物を飲むことが多いなら体内が冷やされるため、血液の循環が悪くなるなどの影響を受けます。 特に夏の場合は冷えた飲み物を飲みやすく、クーラーなどもガンガンかけてしまうと、血液の循環が悪くなって冷え性になることもあるほどです。暑さ対策として、体を冷やすことも大事ですが、体を冷やし過ぎないように注意する必要もあるでしょう。 無理なダイエットをしてしまう デリケートゾーンの冷えには、無理なダイエットをしてしまうことも原因です。女性は体をスリムにするためにダイエットをすることがありますが、その際に無理な食事制限を行うことがあります。極端な摂取量の削減や偏った食事の継続を行うなら栄養不足が生じてしまい、体内で熱が作られにくくなります。 また、充分な栄養素が摂取できずに貧血に陥ってしまい、血液の循環も悪くなって更に冷え性を招いてしまうこともあるでしょう。結果的にデリケートゾーンも冷えてしまうことになるため、ダイエットするときは、無理をしていないか確認して行うようにしましょう。 甘いものを毎日食べている 女性の多くは、甘いお菓子などを食べるのが好きでしょう。甘い物が好きな人であれば、1日にたくさんスイーツを食べることもあるかもしれません。しかし、甘い物を食べ過ぎることもデリケートゾーンの冷えにつながることがあるため注意すべきです。 甘いものをたくさん食べると、血糖値が上昇して一時的に体温が高くなるようです。その後、身体は急上昇した体温を下げるために血糖値を下げようとするため、体温は下がることになります。特に白砂糖を摂取するなら、血糖値は急激にアップします。 白砂糖の入っているケーキなどのお菓子を食べることが多いなら、血糖値が一時的に上昇し、そして下がることがくり返されるため、デリケートゾーンの冷えにつながるでしょう。 運動不足になっている 女性のデリケートゾーンの冷えには、運動不足が原因にもなります。体は筋肉があることで熱を作り出すことができ、血液を温めることができるため体温を保つことが可能です。しかし、女性の場合は元々男性と比べると筋肉が付きにくい体の構造になっており、脂肪が多く付きます。 ただ、脂肪は一度冷えてしまうと温まりにくいという性質があるため、冷え性になりやすいです。そして、運動不足になると筋肉を作ることができず、脂肪が多く付くことになるため体温が下がってしまうことになります。その結果、デリケートゾーンまで冷えてしまい、体にいろいろな影響が出ることもあります。 デリケートゾーンが冷えない対処法とは? 女性はデリケートゾーンを冷やさないようにするために、対処法を考えておくことも大事です。どのようにすればデリケートゾーンを冷やさないようにできるのか以下をご覧ください。 保湿を行う デリケートゾーンを冷やさないために、保湿を行うことができます。デリケートゾーンは乾燥しやすいと冷えやすくなるため、クリームなどを使用して保湿することで、冷えないようにすることができます。 対策として、入浴した後に直ぐにローションやオイルを大陰唇や小陰唇、肛門の周りなどに優しく塗ることで、保湿が可能です。専用のオイルを使用するのも良いですが、皮膚の疾患を持つ場合は体に使っている保湿剤でも問題はありません。乾燥を防ぐように保湿を心がけましょう。 骨盤底筋トレーニング デリケートゾーンの冷え対策として、骨盤底筋トレーニングを行うことができます。これは、フェムゾーンを緩めたり締めたりする動きを交互に行って、骨盤底筋を動かすことを意識することです。ヨガなどでも良いですが、この部分を鍛えることで骨盤の歪みを改善することができ、血流も良くすることができるため、デリケートゾーンの冷え対策とすることが可能です。 出産後や更年期などによって起こりやすい尿漏れ防止とすることもできるため毎日開脚前屈を行うなど、簡単な方法から冷え防止を行うようにしましょう。 【まとめ】デリケートゾーンはしっかり温めておこう デリケートゾーンの冷えについての内容を紹介してきました。デリケートゾーンが冷えると体調が悪くなることもあるため、日頃の生活習慣などを見直し、冷えないように対策を取ることが大事です。骨盤底筋トレーニングも行えますが、マッサージや適度な休息を取ることも効果があるため、ぜひ計画してみましょう! ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています👀✨ 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

ジーンズ アンダーウェア
  • フェムケア
  • フェムテック

デリケートゾーンに顔用化粧水を使ってもいい?デリケートゾーンのおすすめ保湿ケアを紹介します

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です(*^_^*) さて、今回は、デリケートゾーンの保湿ケアに関するお話。 皆さんの中にも「デリケートゾーンも保湿をした方がいいと聞いたことがあるけど、わざわざデリケートゾーン専用の商品を買う必要あるの?色々検索したけどわからない。。」と思っている方がいるのではないでしょうか? また、今使ってる顔用化粧水などでケアできるのか、気になりますよね。 実は、顔に化粧水や乳液を塗ったり、身体にクリームなどボディケア用品を使うように、デリケートゾーンにも保湿ケアが必要です。 そこで今回は、デリケートゾーンに保湿が必要な理由をお伝えします! また、デリケートゾーンに顔用化粧水を使っても良いのか、おすすめの保湿方法について解説します。 デリケートゾーンに保湿ケアは必要? デリケートゾーンは保湿ケアを行う必要があります! デリケートゾーンはまぶたより皮膚が薄いため、特に敏感で乾燥しやすい部位です。 また、年齢を重ねるとともに女性ホルモンに影響されやすくどんどん乾燥が進むと言われています。 「最近、デリケートゾーンのケアってよく聞くけど、昔はそんなこと言われなかったから必要ないんじゃない?」と思う人もいるのではないでしょうか。 日本では『デリケートゾーンケアの大切さ』に関する認識が、非常に遅れています! (実はこれが、女性特有のお悩みの増加・少子化大国日本だと言われる原因にも繋がっているのです・・) 顔に化粧水や乳液を塗ったり、身体にクリームなどボディケア用品を使うように、デリケートゾーンも肌の一部として捉え、乾燥対策やケアをしていく必要があります。特に大切に扱いたい部分です。 乾燥すると起こること デリケートゾーンが乾燥すると、さまざまな肌トラブルを引き起こします。 以下に、トラブルの例を紹介していきます。 かゆみ デリケートゾーンは下着やナプキンで、擦れたり、蒸れたりするため、肌が乾燥していると刺激に弱くなり、かゆみが起こることがあります。 (※かゆみがひどい場合は乾燥だけが原因ではなく、他の病気の可能性があるため、婦人科などの病院を受診するようにしてください。) 黒ずみ 女性ホルモンが多くなるとデリケートゾーンの色は濃く色づくため、ある程度の黒ずみはしかたがありません。 しかし、デリケートゾーンが乾燥していると下着等との摩擦による刺激が肌の負担となり、色素沈着・黒ずみがひどくなることがあります。 きつい下着・合わない下着などが原因でも、摩擦が起こり、黒ずみに繋がる可能性があるため注意しましょう。 ヒリヒリ感 デリケートゾーンが乾燥することで、バリア機能が低下し、下着との摩擦が増えヒリヒリすることもあります。 ヒリヒリ感があまりにひどい場合は、他の病気の可能性があるため、婦人科などの病院を受診するようにしてください。 保湿ケアは重要 これらのトラブルを防ぐためにも、デリケートゾーンの保湿ケアは重要になります。 今、あまりトラブルがない場合でも、年代ごとの女性ホルモンの変化や加齢などが要因で今後トラブルが起こる可能性があります。 そのため、今からデリケートゾーンの保湿ケアを習慣にしておくことをおすすめします! デリケートゾーンに顔用化粧水を使ってもいい? 結論から申し上げると、デリケートゾーンには顔用化粧水ではなく、デリケートゾーン専用化粧水を使うほうが好ましいです。 顔用化粧水は、デリケートゾーンの使用を想定した化粧品ではなく、刺激が強い成分が配合されている製品もあるため、顔より敏感なデリケートゾーンには専用のものを使用するほうが安心ですね。 デリケートゾーン専用製品をわざわざ購入することは面倒かもしれませんが、炎症や肌トラブルにより、メラニンを生成し黒ずみに繋がることがあるため、デリケートゾーン専用に作られたものを選びましょう。 デリケートゾーン専用の製品の成分 デリケートゾーンはpH値が3.8〜4.5と弱酸性と言われています。デリケートゾーン専用製品は弱酸性に調整され、なるべく肌へ負担にならないような成分で作られています。 デリケートゾーン専用製品のなかには、黒ずみケアができるものや抗炎症成分を含むもの、vio脱毛や除毛後の肌刺激を考えたものなどさまざまあります。 デリケートゾーンの悩みや目的別で、自分に合った製品を選ぶと良いでしょう。 デリケートゾーン専用製品を塗っていい箇所は? 粘膜部分に使用できますと記載されていない場合、粘膜部分に使用するのは避けたほうが良いです。 また、 デリケートゾーン専用製品を使用していて肌に異常を感じた場合は、すぐに婦人科などの病院を受診しましょう。 クリーム、オイルの活用もアリ デリケートゾーン専用の化粧水に限らず、乳液やクリームも出ています。 顔と同じように化粧水だけでは水分が蒸発してしまう方も多く、そのような場合には化粧水で肌に水分を与えた後、蓋をするようにクリームやオイルを塗ることで保湿効果がアップし持続します。 肌状態や好み、目的などに応じて自分に合ったアイテムを選ぶことが大切です。 それぞれの保湿製品の特徴や、おすすめタイプは次の通り! 化粧水 さらっとしたテクスチャが好みの方は、化粧水を選ぶことをおすすめします。 人気のスプレータイプのものであれば、手を汚さずに楽な姿勢で使うことができます。 クリーム 保湿力で選びたい人は、クリームを選ぶことがおすすめ。 黒ずみケアなど美白成分を含むクリームもあります。 オイル 保湿と同時にマッサージをしたい場合はオイルを使用するのもおすすめです。 さまざまな香りがあるので、リラックス効果が高い香りを選ぶのも良いですね。 ただし、デリケートゾーンは吸収力が大変高く敏感な場所なので、原料に科学的な「香料」を使用しているものだと肌トラブルになることも考えられます。 無香料もしくは天然の香りが使用されているものを推薦します。 Dearでは「スキンハプティクス」というフランスから輸入したオイルを推奨しています。 フランスの産婦人科で使用されているもので、完全無垢。妊婦さんでも使用できるほどの安全なオイルです。 「日本製が安心!」だと思っている日本人は多いのですが、フランスの方が安全基準が日本よりもだいぶ厳しく、そのようなフランスで安全と認められたもの。 安心して粘膜周りにも使用することができます。 おすすめデリケートゾーンケア デリケートゾーンはしっかり保湿することが大切ですが、その前に正しく洗浄することも必要です。 洗浄することで、デリケートゾーンの溝に入った皮脂や角質などの汚れを落とし、臭いのもとを洗い流すことができます。 デリケートゾーンを清潔に保つには毎日の正しいケアが大切です。 そこで、おすすめのお手入れの順番をご紹介します! 1.洗浄 洗う際は、普通のボディーソープではなく、デリケートゾーン専用石けんを選びましょう。 デリケートゾーン専用石けんを先に泡立ててから、優しく洗うことがポイント。 泡立てた方が、肌にやさしくゴシゴシ擦らなくてもデリケートゾーンの細部まで泡が行き届きます。 デリケートゾーンの粘膜内まで洗うのは膣内を守る良い菌まで洗い流してしまい、トラブルに繋がるため、絶対にやめましょう。 また、直接シャワーを当てるのは肌の刺激になるのでNG。ぬるま湯を手に取り洗い流したら清潔なタオルで軽く水分を拭きます。 2.化粧水 水分を軽く拭き取ったら、デリケートゾーン用化粧水を適量手に取り、内部を避けて塗ります。 また乾燥を防ぐために、お風呂から出たらすぐ塗るのがベストです。 3.クリーム(オイル) クリームやオイルを塗るとさらに保湿効果UP! しっかり保湿したい人はオイルを選ぶと良いです。 適切なケアを行うことで、乾燥によるトラブルを防ぎ、うるおいやハリのある肌を目指せます。 【デリケートゾーンの化粧水について】まとめ ここまでご覧頂きましてありがとうございます♪ 今回は、デリケートゾーンの保湿ケアや、顔用化粧水をデリケートゾーンに使っても良いのか、ということについて解説しました。 デリケートゾーンの皮膚はまぶたより薄く敏感なため、優しくしっかり保湿ケアをすることがとても重要です。 また、顔用化粧水をデリケートゾーンに使うことはおすすめされないことがわかりましたね。 デリケートゾーン専用の石けんや保湿製品を使い、デリケートなお肌にやさしいケアを行いましょう。 他の習慣化したスキンケアと同じように、デリケートゾーンのケアを毎日のルーティーンに入れてみてはいかがでしょうか。 フェムケアサロン「Dear」について ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、全国に店舗がある敏感肌脱毛専門サロン「Dione」が展開するフェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術やトリートメント、またご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

加湿器 タオル ソープ ラベンダー
  • フェムケア
  • フェムテック

デリケートゾーンの毛の正しい自己処理方法を紹介

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です💛 デリケートゾーンのヘアが気になって水着に抵抗がある方や下着・ファッションを心から楽しめない方は多いのではないでしょうか?? 日本でもアンダーヘアの処理は一般的になってきていますよ。 今回はIラインVラインOラインの毛の処理のやり方がわからない方や、処理方法が合っているのか不安という方に向けて、デリケートゾーンのムダ毛処理方法を解説していきます! なかなか人に相談できない内容なので、参考にしてくださいね。 間違ったやり方で処理していると肌を傷つけてしまう可能性も大いにあり、トラブルの原因になります。 また、女性のデリケートゾーンは名前の通りとってもデリケートです。 正しいケアをして清潔な状態を保ち、肌荒れなどのトラブル対策をしましょう。 特にサロンやクリニックなどでプロに脱毛をして貰う前後は、脱毛の効果を高めるためにもケアが重要です。 vioのセルフお手入れは丁寧に。 vioのシェービングは優しく行わないといけません。通常のカミソリは肌への負担が大きいので電動シェーバーを使うことを推薦します。強くゴシゴシとこするように剃ると、肌にダメージを与えてしまい乾燥やかぶれを招いてしまう原因になりますので、優しく当てて、撫でるように剃りましょう。 どうしてもカミソリを使用する場合は特に気を付けてください。必ず専用アイテムで滑りを良くしてから剃りましょう。刺激が抑え、ダメージを負いにくくして、肌トラブルの予防ができます。 デリケートゾーンのムダ毛の自己処理方法 ムダ毛の正しい処理方法を部分ごとに分けて解説していきます! vライン vラインの毛はiラインに向かって下向きに生えています。vラインは毛が多く太い部位ですので毛流れに逆らって剃ると肌や毛穴がダメージを負いやすいです。そのため、毛流れに沿って剃るように上から下へ優しく撫でるようにしましょう。全部剃らない場合は、残す範囲を決めて印を付けてから剃ると失敗しにくいです。 iライン iラインはvラインよりも粘膜に近いので慎重にしましょう。時間がかかったり、面倒に感じても、雑に剃ることは絶対しないでください。iラインも毛流れに沿って外側から内側、奥側から手前に動かすように剃りましょう。剃る時の体制は、しゃがんで、前に鏡などを置いて、状態を確認できるようにして行いましょう。 oライン oラインは手が届きにくいうえ凹凸があるため、ケアの難易度は高めです。しゃがんで、臀部を引っ張るように皮膚を伸ばし、外側から内側へ優しく剃りましょう。特に膣に近い粘膜のところは注意しながら慎重に行いましょう。 iラインvラインoラインのムダ毛処理後はケアが大事! 顔や全身の脱毛と同じですが、シェービングをした後はとても肌が乾燥しやすい状態です。そのため、デリケートゾーンも保湿ケアをしっかりと行うことが大切。 粘膜についても大丈夫なデリケートゾーン専用のクリームやローション・オイルを塗ってケアすると良いです。デリケートゾーンはその他の肌よりも繊細で、経皮吸収率も42倍と高いです。アレルギー物質や化学的な原料を含まない、優しいものを選びましょう。毛の処理後、清潔な状態で保湿しましょう。きちんとケアをしてあげることで、乾燥やにおい・黒ずみなど、悩みの改善も期待できますよ! 正しい方法でムダ毛処理をしてツルツルに! 剃り方について解説させていただきましたので、ここからはシェービング時の最適なアイテムを紹介していきます。専用のアイテムを使用すると仕上がりのチクチク感が軽減される可能性もありますので是非チェックしてみてくださいね。 毛の処理に使うのは、カミソリ?シェーバー? ムダ毛を剃る前に、毛をある程度カットします。毛が長すぎると製品に毛がひっかかり、スムーズにそれないので1センチ程の長さまで短くカットしてから剃りましょう。 カットに最適なアイテムは トリマー 小さいハサミ トリマーを使用した場合、肌を傷つける心配が減ります。また、ハサミよりも安全で便利です。 ハサミは自宅にあるものでOKなので、お手軽ですね。 剃るときのアイテムは 電気シェーバー カミソリ(T字カミソリ) 毛抜で抜く ブラジリアンワックス デリケートゾーン専用の電気シェーバーは「専用」というだけあって使いやすく安全です。普通の電気シェーバーでも代用可能です。電気シェーバーは、肌に直接カミソリが当たらない仕様なので安全。肌への負担もなく、私としては一番に推薦します。 カミソリ(T字カミソリ)は電気シェーバーと比較すると毛の根元から剃ることができるのですが、毛と一緒に表皮も剃ってしまいますので、肌への負担が大きく、傷つけてしまう心配もあります。oラインやiラインは繊細なうえ、剃りにくい箇所なのでヘッドが大きすぎるものは、難易度も高めです。 毛抜きで抜くのは、痛いですし、毛嚢炎などの肌トラブルを起こしてしまうリスク、黒ずみの原因となることもありますので・・・正直おすすめしません。 エステなどでも行っている「ブラジリアンワックス」を自宅で行う方法。ブラジリアンワックスは毛を一気に引き抜く方法ですのでヒリヒリすることが多いですし、毛抜きと同様、肌への負担が大きいです。 色々なアイテムがありますが、総合的に見て 経験がない方や不安な方は特に、デリケートゾーン専用の電動シェーバーがやっぱりおすすめです。 デリケートゾーンのシェービングにおすすめの商品 デリケートゾーンの毛の処理におすすめなアイテムを紹介します。 なかにはガードがついていて傷がつきにくいように設計されているものもあります。 処理が難しい繊細なデリケートゾーンこそ、専用のアイテムで快適に処理を行いましょう。 VIOフェリエ VIOフェリエは、お風呂場で使える防水設計なので水洗いができます。スキンガードがついているので、傷つける心配が少ないです。また、トリマーやコームも付いているので、別でトリマーやハサミを用意する手間がありません。見た目も、かわいく家電のような感じで抵抗なく利用できます。ヘッドも小さすぎず大きすぎずなので、vioの全てが簡単に処理できます。 FEATHER(フェザー) ピアニィ VIO FEATHER(フェザー) ピアニィ VIOはvio専用のトリマーです。vゾーン用とioゾーン用に使い分けができるよう2種類が1本になっています。スキンガードもついています。「毛を残しているところの量を減らして薄くしたい」という方にもおすすめです。手に取りやすい価格なので気軽に試すことができます。 ラブジョリー シークレット ラブジョリー シークレットはデリケートゾーン用のカミソリです。緩やかなカーブがついた形で、シェービング時の手に負担がかかりにくいよう配慮がされています。また、カミソリなのに肌に刃が直接当たらない仕様になっています。カミソリの中では1番肌負担が少ないアイテムです。 【まとめ】正しいデリケートゾーンの毛の処理で快適に 今回はデリケートゾーンのムダ毛処理方法と、おすすめアイテムを3つ紹介させていただきました!! 自然なアンダーヘアが好みの人にはトリマーのみの使用もおすすめです。 アンダーヘアを整えると生理中の不快感や、蒸れ・ニオイの予防効果も期待できます😊 アンダーヘアを整えるのは一般的になってきています。 デリケートゾーンの衛生的にも、抵抗がない方には「毛を全部処理すること」をおすすめしています。 今まで放置していた方は是非、自身の好みにあった処理とケアをして快適に過ごしてください。 ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

病院 クリニック 診療
  • 粉瘤

デリケートゾーンにできもの?突然身体に現れた粉瘤…原因は?手術で治る?詳しく紹介!

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です(*^_^*) 「デリケートゾーンに粉瘤ができた」「何科に受診したらいいの?」身体に突然現れる「できもの」はとても気になりますよね。 特にデリケートゾーンとなると、なかなか相談できず、悩んでしまう方も多いと思います。 この記事では、皮膚の良性腫瘍「粉瘤」について原因や見分け方、検査方法や気をつけることなどを細かくご紹介していきます。よければ参考にしてみてください。 デリケートゾーンにでき物ができた!粉瘤って? 女性のデリケートゾーンに出来るしこりは「粉瘤」(アテローム)と呼ばれ、女性特有のできものです。 デリケートゾーン部は分泌腺が多く、下着で擦れたりすると老廃物が溜まりやすくなります。 粉瘤は皮膚組織の下に、老廃物が溜まりしこり状のできものが発生するもので、良性腫瘍の一種です。 通常痛みはありませんが、炎症を起こすと痛みが出てきます。中心部に黒い点が見えるのが特徴です。 粉瘤ができる原因 粉瘤の内容物がアカや皮脂などの老廃物であることや、悪臭がすることなどか「不衛生」が原因と言われていますが、どんなに清潔にしていても体質でなりやすい人もいます。 炎症の主な原因は細菌感染であるとも言われていますが、ハッキリとした原因は明確になっていません。 また、きちんと治療しても繰り返したり多発する場合、その人の先天的な体質によるものが大きいです。 市販薬で治るのか 粉瘤は自然治癒することはなく、自分で治すことは不可能と言われています。 中の袋を取り除かない限り再発してしまい、まれに炎症を起こすこともあるため皮膚科を受診されることをおすすめします。 人によっては、針で刺して内容物を絞りだして一時的に治ったように見えるかもしれませんが、袋が残っている限り再発するといわれており、薬で治るということもないのだとか。 粉瘤の見分け方 デリケートゾーンのできものは、なかなか見分けがつかないものです。おできやニキビなど、初期の粉瘤と似ているところもあるため勘違いする方も多いです。 ここでは、粉瘤の見分け方をご紹介していきます。 デリケートゾーンのおできとの違い おでき(せつ)は、黄色ブドウ球菌などが毛穴とその周囲に細菌感染を起こすことによって起こります。 ブドウ球菌は皮膚につねにある細菌で、疲れやストレスなど、身体の免疫力が下がっている時に毛包炎が悪化しておできになるといわれています。 細菌に感染して炎症した粉瘤に似ているところがありますが、おできと違って粉瘤のしこりは突然できるものではありません。 おできは感染してから早いうちからしこりができて痛みが生じるため、徐々に大きくなっていく粉瘤とは過程が大きく異なります。 また粉瘤の場合は、開口部に黒い点があり、見分けるポイントの一つでもあります。 デリケートゾーンのニキビとの違い ニキビの主な原因は、毛穴にある皮脂腺から皮脂が過剰に分泌して毛穴が詰まることです。 ニキビと間違いやすいのですが、初期の粉瘤は触れると小さなしこりが感じられます。 見た目の変化はほとんどなく、この時点ではあまり自覚することがありません。 炎症が起きて赤く腫れてくると、ニキビだと勘違いすることがあります。 よく大きなニキビのようなものと勘違いされますが、粉瘤はニキビと違い放置していても治らないといわれています。 また粉瘤は、毛穴以外の場所にもでき、大きくなりやすいのが特徴です。 またニキビは市販薬でも治る可能性はありますが、粉瘤は薬で治ることはないといわれています。 何科で受診したら良いの? 「患部を見せるのが恥ずかしい」という場合には、女性医師が担当している皮膚科や 個室診療を行っているクリニック・医院がおすすめです。 皮膚科の受診で、粉瘤がどうかの判断が可能です。 ただ粉瘤は手術が必要となるため、粉瘤手術を行っている皮膚科を受診するのがいいかもしれません。 診察の流れ 気になる部分が粉瘤であるかどうかを診察します。 また直径の大きさにより手術が変わってくるため、大きさや部位を確認します。 大きな粉瘤でも日帰り手術が可能です。手術は5〜10分程度、長くても20分を超えることはほとんどありません。 検査方法 粉瘤はくりぬき法または切開法という手術法を用いて摘出することが多いのだとか。 切開法は、粉瘤の手術として一般的な手術法で、紡錘形に皮膚を切開をして摘出します。 袋状の組織ごと丸ごと摘出するので取り残しがなく、再発することがほとんどないと言われています。 くり抜き法(へそ抜き法)は、パンチのような型抜きを使って粉瘤の中心に小さな穴を空け、袋と一緒に粉瘤を取り出します。 炎症などによって袋が破れやすくなっている場合、内容物を絞りだしてから、丁寧に袋も一緒に取り除きます。 傷跡が小さく、縫合もしないため、通院日数も少なく患者さんの負担を軽減できるメリットがあります。 最近ではこのくりぬき法が一般的になってきているのだとか。 粉瘤を悪化させないように気をつけること 角質が厚くなると、分泌腺に蓋が出来てしまい滞った状態になりやすいです。 皮膚表面を普段から清潔にしておくことを心がけましょう。 また、予防としては下着を擦れにくいものに変えることや、過度の刺激を与えないよう気をつけることが大切です。 石鹸で洗いすぎない 普通の石鹸やボディソープは洗浄力が強く、デリケートゾーンのバリア機能を果たす良い菌まで殺してしまいます。 日頃からデリケートゾーンを清潔にすることは大切ですが、強い力でゴシゴシ洗ったり爪を立てて洗ったりするのはよくありません。 特にトラブルのある時は、石鹸やボディソープも刺激になることがありますので、ぬるま湯で流すだけで十分です。 通気性のよい下着を選ぶ デリケートゾーンは蒸れやすいため、通気性が良い清潔な下着を着けましょう。 また、締め付けるタイプの下着も肌は刺激を受けやすいです。 長時間のデスクワークや蒸れやすく締め付けられる下着を避け、患部を清潔に保つなどのケアが必要です。 生理用ナプキンやおりものシートの使用は、必要な時だけ使用すること。 保湿をする 保湿はとても大切で、保湿を怠るとシワやたるみが出て劇的に老化が加速します。 肌の乾燥が進むことで、守ろうと角質が必要以上に厚くなったり、かゆみやにおいもキツくなっていってしまいます。 デリケートゾーン専用のもので刺激の少ないものを選び、しっかり保湿を心掛けましょう。 専用石鹸で膣付近を清潔にしてから、専用オイルや保湿クリームやを使うのが効果的です。 【まとめ】デリケートゾーンの粉瘤は早めの受診を ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ デリケートゾーンの『粉瘤』についてまとめてみました。 陰部のできものは、皮膚の中に老廃物や粘液が溜まっている可能性があるといわれています。 現時点で痛みなどの症状がなくても、悪化すると痛みが出たりどんどん大きくなると言われています。 大きくなると、手術による術跡や費用も掛かってくるため、不快な症状や日常生活に支障がきたす前に早めに医療機関に行くことをおすすめします。 ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 粉瘤診療・処置とは異なりますが、ジャンルとしては同じです。 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪