トップ 原因
女性 スーツ 仕事
  • 生理

生理が来ない原因とは?妊娠の可能性を含め早めに婦人科に行くことをおすすめ!

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です。 生理が来ないなら「遅れているのは何で?」と不安を感じる女性もいるはずです。生理は一定の周期でくるのが通常ですが、体調によっては多少遅れてしまう場合もあります。 「重たい」「つらい」「面倒」など、生理に対してのマイナスイメージが強い女性が多いですが、実は生理は女性の健康の「バロメーター」なんです。 生理が来ないなら、妊娠している可能性も含め、体に何かが生じていると考えられるケースもあります。生理が来ない場合の原因、また対処法を知っていれば、不安を軽減することもできるので内容について具体的に紹介します。 生理が遅れるまたは来ない原因とは? 生理が遅れていると「なぜ?」と不安を感じる人もいるはずです。生理が遅れることにより、1番心配になるのは妊娠の可能性ですが、それ以外にも生活習慣や精神的な状態から周期が乱れることもあります。具体的にどのような原因で生理は遅れる場合があるのか原因を紹介致します。 身体の冷え 女性の身体は男性と比較すると、脂肪や筋肉が少ないので冷えやすいです。身体が冷えた状態=子宮が冷えると、支給・卵巣の機能が低下して生理が遅れてしまうケースがあります。冷え性の人は特に身体が温まりにくいので、夏場などの暑い時期でも冷房によって寒さを感じる場合もあります。他にも冷たい飲み物を飲む、薄着でいるなどの習慣があると、身体を冷やしてしまいます。するとホルモンバランスが乱れてしまい、予定している日に来ないー生理周期が乱れる可能性があります。 食生活の乱れ 食生活が乱れることで、生理周期が遅れてしまうケースもあります。生理は女性ホルモンと深く関係していて、栄養素が不足したり偏っているとバランスが崩れてしまいます。特に、ビタミンやミネラルはホルモンに関係するため、不足することで排卵が正常に行われない、周期が遅れるなど様々な症状を引き起こす可能性が高いです。 そのため、普段から外食やジャンクフードをよく食べる方の場合、ホルモンバランスが乱れてしまう可能性があります。また、食べないダイエットによる栄養不足で生理不順を起こしてしまうリスクもあるので注意すべきです。 過剰なダイエット、食事制限により必要な栄養が体内に吸収されず、卵子の発育が止まったり、女性ホルモンが十分に出なくなったりする可能性もあります。食生活の乱れは生理に大きな影響を与えるケースがあるので注意してください。 精神的なストレス・負担がある ホルモンバランスの乱れは食生活から起こるだけでなく、精神的なストレスが原因になる場合もあります。過度にストレスを感じると女性ホルモンのエストロゲン・プロゲステロンのバランスが乱れてしまい、生理が周期通りに来ない場合があります。ストレスは日々生活する中でどうしても感じてしまうものですが、知らない間に蓄積されていくストレスもあります。生理に影響がでる他、体の調子が悪くなることもあるでしょう。 また、生理が来ないことで余計にイライラしたり不安を感じたりすると、ストレスが溜まって悪循環になる場合もあります。ストレスによって調子を落としているようなら、まずは原因を探ることが重要です。解決策を見つければ体や心の調子が整い生理周期の改善にもつながるため、睡眠や食事なども含めて見直してみましょう。 妊娠している 生理が来ない場合は妊娠している可能性もあります。妊娠した場合は生理が止まるので、いつまで待っても来ません。また妊娠した場合は初期症状として ・熱っぽい微熱が出る ・吐き気がある ・便秘になる ・倦怠感がある ・頻尿になる があります。 人によっては生理前の症状に似ている部分もありますが、性行為をした場合は妊娠の可能性も生じます。 そのため、心当たりがあるなら妊娠検査薬を使用するのがおすすめです。妊娠検査薬は生理予定日の1週間後から使用でき、陽性なのかチェックすることが可能です。1週間前だとフライング検査になり陰性になるため、必ず期間を見計らって検査してください。もし、陽性であれば直ぐに対処が必要なので産婦人科やクリニックで診察を受けましょう。 何か病気などにかかっている場合もある 生理が来ないのは病気にかかっている可能性もあります。バセドウ病や橋本病などにかかると甲状腺ホルモンが過剰に分泌され、生理こなくなります。また甲状腺の病気になるとホルモン量のコントロールが乱れてしまい、生理の停止につながるケースもあります。 20〜40歳の女性に多く見られる病気であり、不妊や流産の原因になるケースもあるため、早めに処置してもらうのが重要です。もし、自分の症状で体温が高い、脈が早い、下痢や落ち着きが無くなるなどの症状が見られるなら、内分泌内科などで診察を受けてください。 また、生理不順や早期閉経、無月経など、生理が来なくなる病気。生理不順は規則正しい周期で生理が来なくなり、早期閉経は40歳未満で閉経してしまい妊娠できなくなる以外に更年期障害が見られます。無月経は18歳以上になっても、また3ヶ月以上経って生理が来ない場合の症状です。いずれも、病院で診察を受けた方が良いので早めに計画してください。 生理が来ない場合の対処法とは? 生理が来ない場合は対処する必要があります。病気や妊娠などの場合は病院で診察を受ける必要がありますが、他の症状は自分の生活習慣などで対処することも可能です。生理が来ない場合の対処法について紹介しましょう。 栄養・睡眠時間の確保。規則正しい生活 生理が来ないのは、生活の変化でホルモンバランスが一時的に乱れていると考えられるケースもあります。例えば、食生活が偏っている、睡眠不足、ストレスが溜まっている状態など。食事が偏っているなら栄養バランスを考えて主食と副菜、汁物を組み合わせて栄養素をしっかり摂るようにしましょう。 また、ストレスが溜まると自律神経にも悪影響が生じるので、ホルモンバランスが乱れ生理が来ない場合もあります。ストレスを発散できることを見つけたり、自分がリラックスできる時間をとると良質な睡眠にも繋がり元に戻る場合もあります。 睡眠時間が少ない人は休息が取れていないことで体の調子が落ちている場合もあるでしょう。就寝前のスマホやテレビを控える、湯船にしっかり浸かるなど、睡眠の質を向上させましょう。 過度に悩まない 生理が来ないのは、一時的な症状の場合が割とあります。生理が来ないことで大きな不安を抱くとストレスが発生して悪循環になるケースもあるため、あまり悩まないようにするのも1つの方法です! 期間が短いなら悩みすぎず「いつかくる」と気持ちを楽にしてください。ただ、3ヶ月以上生理が来ないなど、異変を感じる際は病院で診察してもらうのがおすすめです。 【まとめ】生理が来ない場合は対処法を押さえておくのが重要 生理が来ないと不安を感じますが、少し遅れている程度であれば大きな問題ではありません。しかし、長期的な場合は妊娠や病気の可能性もあるため、早めに受診するのも大事です。 女性ホルモンはちょっとした変化にもとても敏感。 日々のリズムをなるべく整えること。そして見極めと対処をしていくことが大切です。 ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

車 女性 サングラス ロードトリップ
  • 更年期

更年期のホットフラッシュの原因と対処法は?冷やす場所は?

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です。 更年期障害の代表的な症状の1つにホットフラッシュがあります。ホットフラッシュは突然汗が吹き出したりほてったり、動悸を感じたりします。人によってホットフラッシュが続く期間や度合いは変わってくるとても個人差が大きい症状です。そのため、人からの理解を得られなかったりすることもあると思います。しかし、汗が吹き出したり上半身がほてるのは異常ではありませんので安心してください。 汗が出てほしくない場面だったり、みんな汗をかいていないのに大量の汗が吹き出たりしていたらとても恥ずかしかったり嫌な思いをしますよね。そんな辛いホットフラッシュを緩和させるためにフットフラッシュが起きた場合にできる対処法や冷やす場所について紹介します。是非参考にしてくださいね。 更年期で起こるホットフラッシュの原因は? 更年期は40〜50代の閉経が起こる時期に見られます。閉経が起こるときは女性ホルモンの1種であるエストロゲンの分泌が減少します。ホルモンバランスが乱れる際に自律神経の乱れが起きやすくホットフラッシュの症状が現れます。 他にもストレス、睡眠不足、運動不足が原因の1つに考えられます。ストレスや生理習慣によってホルモンバランスの乱れが起きやすくなるため自律神経の乱れに繋がります。 また、ホットフラッシュではなく、ただ代謝がよく汗を良くかくだけの場合や場面によって汗が吹き出しただけの可能性もあります。一時的に発汗したのではなく、ホットフラッシュのような症状が長く続いた場合はホットフラッシュである可能性が高いです。 ホットフラッシュの対処法は?汗が辛い!アイスが効果的? 汗が突然出たりほてったり動悸を感じたりと辛いホットフラッシュ。そんな辛いホットフラッシュの症状を緩和させるためにできる対処法について紹介します。ホットフラッシュ中にできる対策や冷やすと効果的な場所も紹介しますので是非ホットフラッシュが起きたときに行ってみてくださいね! 涼しい場所で体を冷やす。アイスコーヒーやアイスで内側からも! 汗が止まらなくてほてりが酷いときは涼しい場所に座ってできるだけ動かないようにするようにしましょう。ホットフラッシュ中に上半身や顔は暑いのに手足は冷えているという方がいます。そのような方は足首や手首は冷え過ぎないように気をつけましょう。特に足元の冷えはむくみなどに繋がりやすいため靴下を履いたりブランケットを活用して冷えすぎないように工夫しましょう。 また、汗やほてり以外にも動悸を感じる方は無理をしないようにしましょう。しばらく安静にしたり、深呼吸をしたりして収まるまで待つと良いです。 また、汗をすぐに止めたい、すぐに体を冷やしたいというときはアイスコーヒーなどの冷たい飲み物やアイスなどの冷たい食べ物を食べて体の内側から冷やす方法もあります。出先などのときはアイスコーヒーを飲んでみたり冷たいお水やお茶を飲んでみましょう。 首元や脇周辺など太い血管がある場所を冷やそう ホットフラッシュでほてりや汗が止まらないときは首元や脇などの太い血管を冷やしましょう。具体的には喉の左右にある脈を感じられる部分である頸動脈に保冷剤や冷たい飲み物などを活用して冷やすと良いです。出先の場合で冷やすものが無いときのために涼しく感じる成分が配合されたウエットティッシュなどを持っておくと良いです。メントールなどが配合された冷感シートで首元や脇を拭きましょう。吹いた上でハンディファンやうちわなどで風を送るとより効果的です。 保冷剤やウエットティッシュ以外にもスプレータイプの冷感を得られる商品もあります。涼しさを得られる点はとても良いですが、メントール系のニオイがどうしてもありますので匂いを気にする方にはおすすめできません。そんな方は冷感タイプのなかでも匂いが少なめのタイプを選びましょう。メントールなどが配合された冷感タイプではないウエットティッシュでも冷やす効果は得られるため活用してみてください。 また、夏場などは冷感質感のスカーフを活用したりスカーフに冷感スプレーをふったりしてホットフラッシュが起きる前や起きた場合に備えておくのもおすすめです。 生活習慣を整える 生活習慣を整えてできるだけ自律神経が乱れにくいようにしましょう。ストレスを感じたら早めにストレス解消をしてみるようにしましょう。 ストレッチ ウォーキング 音楽を聞く リラックスできる香りを嗅ぐ 上記のようなストレス解消方法がありますが、自分がリラックスできて楽しいと思える方法を行うことでストレス解消効果が期待できるため自分なりの方法を探しましょう。 また、睡眠不足が慢性的に続いている場合も改善するようにしましょう。ホットフラッシュ以外にも健康や美容にたくさんのメリットがあります。6〜8時間ほどの睡眠時間を確保するようにして質の高い睡眠が取れるようにしましょう。質の高い睡眠のためには次の点を工夫しましょう。 寝る前にブルーライトを浴びない 朝に二度寝をする前に太陽の光を浴びる 寝る前に激しい運動や熱い食べ物、飲み物を摂らない 質の高い睡眠をとるのはストレスや運動なども関係しています。逆にストレスにも睡眠が関係しています。このように生活習慣は繋がっているのでできるだけ運動不足や睡眠不足、ストレス過多にならないように気をつけましょう。 【まとめ】辛いホットフラッシュを少しでも緩和させよう! ホットフラッシュはとても辛いですよね。特にホットフラッシュの知識が無い方は汗が出ているのを過剰に心配されたり、驚かれることもあるかも知れません。そんな方は首元を重点的に冷やすようにしましょう。クーラーのきいた室内の場合は首元が冷えやすいかも知れませんので脇も同時に冷やすようにすると良いです。脇は熱がこもりやすいので冷やすと効果が期待できますが出先などでは冷やしにくい場合もありますよね。そんなときのためにバッグに冷感スプレーやウエットティッシュを用意しておきましょう。 それでも汗が止まらない方や顔からの汗が気になる方は頭皮にスプレーするタイプの冷感商品もありますのでそちらも試してみてください!頭は髪の毛もある上帽子などで暑くなって汗をかいてしまうこともありますのでホットフラッシュでなくても夏場を快適に過ごすためにもおすすめです。 ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

女性、驚き、ロングヘア
  • デリケートゾーン
  • 生理

デリケートゾーンにできる水ぶくれはかゆみがあっても掻きむしるのはダメ。

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です。 デリケートゾーンに小さい水ぶくれが1個〜数個できるのは小水疱かもしれません。性病ではない場合は1時的に皮膚がただれてしまっていることが考えられますので、あまり考え込みすぎないようにしてください。 水ぶくれができたときに限らず、デリケートゾーンや肌を掻きむしるのは良くありません。掻きむしることで皮膚に傷ができてしまいます。かゆみやかぶれは皮膚の状態が良くないことを表しています。状態が良くない皮膚を掻きむしって傷をつけるのは当然良くないですよね。そのため、もし水ぶくれやかゆみが出たときは本記事を参考にしてくださいね。 デリケートゾーンの水ぶくれなどかゆみの原因まとめ デリケートゾーンに水ぶくれができると、ヒリヒリとした痛みを感じたり、強いかゆみを感じます。デリケートゾーンに辛い水ぶくれができてしまう原因は次のとおりです。 生理用品でかぶれる 下着でかぶれる アレルギー ナプキンによっては化学物質が使われているものや擦れやすい形状だったりあります。そのような生理用品を使い、デリケートゾーンがかぶれた状態になってしまい、水ぶくれになってしまうことがあります。デリケートゾーンは手や足などの皮膚の何倍も吸収力が高いです。そのため、長時間ナプキンをつけっぱなしにしていると粘膜から化学物質を吸収してしまい、皮膚に負担がかかってしまうこともあります。 サイズや素材がデリケートゾーンの肌に合っていない場合は下着でもかぶれてしまうことがあります。デリケートゾーンは汗やおりもの、尿などでとても蒸れやすいので、通気性の良くない下着だと、かぶれてしまい、水ぶくれができてしまうことも。また、通気性がよくても、クロッチのサイドにあるゴムの部分が擦れて刺激を受けてってしまう場合も考えられます。 使用する石鹸やクリーム、柔軟剤などにアレルギー反応が出る物質が含まれていた場合も水ぶくれができてしまいます。デリケートゾーンにのみ水ぶくれが出た場合は、デリケートゾーン専用の石鹸や、クリームにアレルギー反応が起こっているかもしれません。体全体の皮膚に異常が出る場合は他のものにアレルギー反応が出ている可能性があります。 陰部の肌トラブルが起きないために気をつけること 水ぶくれ以外にも陰部の肌トラブルが起きないために気をつける点は次のとおりです。 痛みやかゆみを放置しない 清潔にする サイズの合った下着をつける 生理中のかぶれを予防する 健康的な生活習慣に気をつける デリケートゾーンにヒリヒリとした痛みがある場合は既にかぶれている可能性があります。かゆみが発生している場合も、原因を探してかぶれてしまう、かゆみが発生してしまう要因を探して取り除きましょう。考えられるのは洗いすぎや、洗浄力の高すぎる石鹸を使っていることです。熱すぎないお湯やデリケートゾーン専用の石鹸で洗うべき場所だけ洗うようにしましょう。まれに腟内までしっかりと洗っている方がいますが、膣内は自浄作用で守られているので、洗わないほうが良いです。 生理が来る度にかぶれてしまう方は、ナプキンを頻繁に変えるようにしたり、使うナプキンを変えましょう。普段使っているナプキンではなく、オーガニックナプキンに変えて見るだけで違いが出ることがあります。とても敏感肌な場合は経血カップなどを使用しましょう。他にも布ナプキンなど、とにかく化学物質をあまり使っていないものがおすすめです。 デリケートゾーンにだけ気を使っていても健康状態が悪いとかぶれやすくなったり、生理痛が重くなったりします。そのため、バランスの良い食事としっかりとした睡眠、適度な運動をしましょう。また、頻繁に尿もれを起こしてしまい、かぶれやすくなる方はデリケートゾーンがゆるんでいるかもしれませんので、ゆるみを解消しましょう。 性病にも十分に注意が必要 カンジダ症や、性器ヘルペスは水ぶくれやかゆみがでることがあります。性病に感染しないためにコンドームの使用を必ず行いましょう。性病かもしれないと思った場合はできるだけ早く病院に行きましょう。 デリケートゾーンの水ぶくれを市販薬で対処できる? デリケートゾーンに水ぶくれができてしまった場合は原因を探すと同時にすぐに対処するようにしましょう。ナプキンや下着によるかぶれが原因でデリケートゾーンに肌荒れが起きている場合は、市販薬の使用でも効果が見込めます。しかし、原因がよくわからず、とりあえず市販薬で済まそうとするのはおすすめできません。ぶり返すことも考えられますし、原因を取り除かないと解決ができません。 効果が見込める市販薬 デリケートゾーンのかぶれやかゆみに効果が見込める市販薬に「フェミニーナ軟膏」があります。フェミニーナ軟膏は有名で、かゆみを抑えるのに効果が期待できます。また、どこの薬局にも置いているくらい一般的なので安心感もありますね。 デリケアエムズは、炎症やかゆみを抑える効果が期待できます。CMでも有名ですね。下着による擦れや、汗などによるムレが原因のかゆみに対応しています。 症状が酷いと受診しよう 水ぶくれがたくさんできていたり、皮膚がただれていたりする場合は婦人科を受診することを考えてください。デリケートゾーンのかゆみやかぶれは女性なら起きてしまいがちですが、水ぶくれやただれは少し症状が酷いです。1時的に起きている症状かもしれませんが、病院で処方してもらえる薬のほうが市販薬よりも効き目が高いです。水ぶくれやただれなどのつらい症状はできるだけ早く改善できるように病院を検討しましょう。 【まとめ】デリケートゾーンの肌荒れ受診に迷ったら婦人科に デリケートゾーンの水ぶくれはとても辛いですよね。水ぶくれが破裂してしまったり歩く度に擦れてヒリヒリと痛みを感じたり。特に生理用ナプキンを使い始めたばかりの中学生はデリケートゾーンに悩みがあっても人に言いづらいですよね。しかし、炎症や水ぶくれは治っても黒ずみの原因になってしまう場合があるので、症状によっては早めに病院に行きましょう。病院に行くときは皮膚科よりも婦人科がおすすめです。婦人科はデリケートゾーン周りから腟内まで幅広く対応してくれているので、安心して婦人科を受診してください。デリケートゾーンに水ぶくれができてしまうと不安な気持ちだったり、ヒリヒリとした痛みでどうしたら良いかわからなくなりがちですが、落ち着いて原因を探して、皮膚の対処を行いましょう。 ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

女性 カメラ 砂漠
  • 温活
  • 生理

更年期障害の症状で暑くなる!原因や体温調節の方法は?

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です。 40代〜60代の女性に現れる更年期障害。更年期障害は生理がなくなる「閉経」が起こる約5年前と閉経後の約5年間に起こります。更年期障害の症状は人それぞれで、起きない症状があったり、たくさんの症状が起きてしまう方もいます。症状の程度も人によって差があるので理解してもらえない方や理解できない方もいると思います。本記事ではホットフラッシュを始めとする更年期障害の症状や原因、体温調節などの対処法についても解説していきます。 更年期の症状は?ホットフラッシュってなに? 更年期障害のときに起こる代表的な症状は次のとおりです。 汗をたくさんかく 上半身の体温が上がる、ほてる 手足が冷える イライラする 精神状態が不安定になる 動悸や息切れが起こる 疲れやすくなる 上記のようにたくさんの症状があります。加えて人によって起こる症状と起きない症状があり、重さも違うため、重い方はとてもつらい思いをすることもあります。 今回の記事では更年期障害のなかでも「ホットフラッシュ」について説明します。ホットフラッシュとは上半身の体温があがり、ほてったような状態になったりのぼせたり、汗をたくさんかく症状のことです。少し歩いたりするだけでも汗が吹き出してハンカチが手放せない方や、ほてりで顔が暑くなってしまう方もいます。 突然発汗したり体温が上がる原因は? 更年期障害は閉経の前後約5年に起こります。閉経の際には女性ホルモンの分泌量が大きく変動します。女性ホルモンの1つであるエストロゲンが減少することでホルモンバランスが崩れ、自律神経が乱れやすくなります。自律神経は血管のコントロールなどもしているので、乱れてしまうと血管の収縮の乱れに繋がります。その結果ホットフラッシュに繋がって突然発汗したり体温が上がったりしてしまいます。 また、ストレスや運動不足、睡眠不足が慢性的に起こると更年期障害の症状を強めてしまう可能性があります。過度なストレスや慢性的な運動不足、睡眠不足は自律神経の乱れに繋がります。また、食生活もとても大切です。しっかりと栄養がとれるようにバランスの良い食事をとることを心がけましょう。 のぼせたりほてったりした場合の体温調節や対処法は? のぼせたりほてったりしてしまうホットフラッシュ。ホットフラッシュが起きてしまったときはとりあえず上半身を中心に冷やすように心がけましょう。特に首元や脇などの太い血管が通っているところを中心に冷やすようにすると良いです。 ホットフラッシュが起きてしまうときのためにアイテムを用意しておくと安心です。 ハンカチ ウェットティッシュ 冷感スプレー 保冷剤 汗が吹き出た時のためにハンカチを持っておきましょう。また、少しでも上半身を冷やすためにウェットティッシュで拭くと良いです。できればメントールなどの冷やす成分が配合されたウェットティッシュが良いです。脇や首元を中心に拭きましょう。 また、冷感スプレーなどで直接肌に吹きかけたり、服に吹きかけたりして体温調節をしましょう。保冷剤で首元を冷やすのもおすすめです。特に喉の左右にある頸動脈を冷やすと良いです。 また、クーラーの効いた部屋だったり、お店などでクーラーが直接あたる場所を選んで座ると良いです。しかし、足元は冷えやすい方が多いので薄手の上着など、かけるものを準備しておくと良いです。 おすすめの冷感グッズ ホットフラッシュ以外にも夏場に活躍できるアイテムを紹介するので参考になれば幸いです。 ハンディ扇風機 ビオレ冷タオル アイスノン 頭を冷やすスプレー ネッククールリング ハンディ扇風機とは持ち運べるサイズの扇風機です。歩いているときや、空調の効いていない出先などで簡単に風を送ることができます。また、首にかけるタイプや固定できるタイプなどたくさんの形状があるので自身の求めているデザインのものが見つけやすいです。 ビオレ冷タオルはひんやり感が1時間続くため、とても活用できます。また、タオルのように少し厚手でスティックタイプの個包装なので、カバンの中に一つ入れておくと安心できます。また、汗やニオイのもとなども拭き取ることができるため、ハンカチ代わりにもなり、とても便利です。 アイスノン頭を冷やすスプレーは頭にスプレーをかけて冷やすことができるアイテムです。顔がほてっているときや、顔や頭からの汗が止まらないときにシュッとスプレーするとクールダウンすることができます。また、頭を冷やすスプレーですがハンカチなどに出して首元を冷やすという使い方も可能です。メントールが配合されているためひんやり感が長続きします。 ネッククールリングは首にかけたりまいたりしておける冷感グッズです。凍らせたり冷やしたりしなくてもひんやり感が楽しめるネッククールリングもあります。首にかけるだけなので両手が空き、便利です。ペットの散歩中やウォーキング中につけておけるため人気なアイテムです。 【まとめ】自律神経を整えよう 更年期障害中に起こるホットフラッシュは温度調節がとても難しいですよね。頑張って温度調節をしてもほてりが収まらなかったり汗が止まらなかったりすることもあります。また、冷やしすぎてしまうのもあまり良いことではないので、とても難しいです。 更年期障害中にホットフラッシュが起きてしまうのは仕方がないことなので、できるだけ重い症状を軽くするために頑張りましょう。閉経による女性ホルモンの変動により自律神経が乱れて更年期障害が起こるため、自律神経を整えることを意識しましょう。 食事バランスに気をつけて、できるだけ質の高い睡眠を必要な時間分確保するようにしましょう。およそ6〜8時間を目安に睡眠をとるようにこころがけましょう。人によって必要な睡眠量に差はありますので自身の必要な睡眠量をとりましょう。また、普段から運動を行うように心がけて運動不足を予防しましょう。上半身や肩周りをしっかりと動かすことで肩こりや首コリの緩和にもつながるので血行を促進させるようにしましょう。しかし、首や肩を痛めている方や、運動不足な方は様子を見ながら徐々に行いましょう。 自律神経を整えるための運動や食事、睡眠は美容や健康にも繋がるため是非皆さん行ってみてくださいね。 ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

コーヒー 白 花 おしゃれ
  • デリケートゾーン

デリケートゾーンの黒ずみの原因は?ケア方法や予防法はある?

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です(*^^*) デリケートゾーンの黒ずみはvio脱毛でハイジニーナにしたときに知ってショックを受ける方がいます! 陰部は普段からあまり見えない部位ですのでなかなか黒ずみに気づきにくいので、放置してしまいがちです。しかし、早いうちにケアする方が良いので見たことが無い方は一度確認してみてください。 デリケートゾーンの黒ずみの原因として考えられる要因や、既にできてしまっている黒ずみを少しでも改善する方法を紹介します。黒ずみが気になっている方は黒ずみの原因になる行為を減らし、対策方法を行ってみてくださいね! デリケートゾーンの黒ずみで考えられる原因は? デリケートゾーンの黒ずみで考えられる原因は「肌への刺激」です。肌は刺激を受けると守るためにメラニン色素を作り出し、黒ずみになります。肌にできるシミやそばかすもメラニン色素が原因です。デリケートゾーンの黒ずみはメラニン色素が色素沈着を起こしているため全体的に黒くなってしまいます。日々の習慣で実は刺激になってしまっている行為をまとめました。 トイレで強く拭き取る 下着がこすれる 掻きむしる ナプキンとのこすれ 蒸れや乾燥などの肌荒れを放置 アンダーヘアを頻繁に剃る このような行為以外にもデリケートゾーンが擦れたり、痛みを感じる行為は少なからず肌に負担がかかり、黒ずみの原因となってしまいます。他にもサドルが鋭利な自転車に頻繁に乗っている方や、お風呂上がりに雑に拭き取ってしまっている方はそれも原因の1つになることも。 デリケートゾーンへの刺激が1番の要因ですが不規則な食生活や睡眠不足、運動不足も直接的ではありませんが体全体の肌へ関係があります。他にもホルモンバランスの乱れなどで肌のターンオーバーが乱れてしまい、肌に不調が起きやすくなってしまうこともあります。 黒ずみを自力でケアしたい!予防できる対策方法は? 黒ずみを自力で改善、予防する方法を2つお伝えします。セルフケアなうえ、肌なので劇的な変化を短期間に得られるようなものではありませんが、コツコツとケアを続けていると予防にもなりますし、改善が期待できることもあります。 デリケートゾーン肌への刺激を減らす 黒ずみを予防するためにデリケートゾーンの肌への刺激を減らしましょう。既に黒ずみができてしまっている方もこれ以上悪化しないように、改善しやすくなるように下記を参考にしてみてください。 トイレットペーパーは抑えるように拭く 下着は柔らかく、合っているサイズを 蒸れやかゆみが出たら放置せずにケアをする 肌に負担がかかりにくいナプキンを使う 永久脱毛、美容脱毛に通う 最後の脱毛に通うのは金銭面的に難しい場合がありますが、蒸れやかゆみが予防できるため、おすすめです。ムダ毛を自己処理するときは、滑りを良くしてから剃ったり、肌に負担がかかりにくい方法で剃るようにしてください。また、ナプキンで陰部の肌荒れが起きてしまう方はオーガニックナプキンだったり、経血カップを使用したりしましょう。生理が来るたびに肌荒れを起こしていた方は、ナプキンを工夫するだけで改善することがあります。かぶれや掻きむしったりするのは肌への負担がとても大きいのでかきむしらないようにして、正しいケアをしましょう。 有効成分が配合されたデリケートゾーン専用クリームなどでケア デリケートゾーンも手や足、顔のように保湿をすることで不調を予防することができます。デリケートゾーンは他の部位に比べて摩擦が多いため乾燥しやすいです。そのため、デリケートゾーンこそしっかりと保湿すると良いです。 また、デリケートゾーンは手や足などの肌に比べて吸収率が格段に高いです。そのため、安全性を求める方はデリケートゾーン専用の石鹸、保湿クリームを使用することがおすすめです。また、デリケートゾーンを洗うときはボディソープなどでゴシゴシ洗わず、専用の石鹸や熱すぎないお湯で優しく洗いましょう。洗うときは指の腹を使って傷つけないようにしましょう。 デリケートゾーンのクリームには、黒ずみに効果的な有効成分が配合されたものを使うと良いです。有効成分とは美白効果の期待できるビタミンCやハイドロキノンなどです。 黒ずみ解消に効果が期待できる市販製品 黒ずみ解消に効果的な有効成分が配合されたデリケートゾーンクリームをお風呂上がりの清潔な肌に塗布することで改善が見込めます。 イビサクリーム イビサクリームはvio用のクリームとしてとても有名で高い人気があります。美白効果の期待できるトラネキサム酸が配合されているので黒ずみケアに効果が期待できます。また、イビサクリームは定期便で購入するとお得になるので、継続してケアを行うためにも定期便がおすすめです。 ホワイトエッセンスforデリケートスキン ホワイトエッセンスforデリケートスキンは、脱毛で有名なミュゼが出しているデリケートゾーン用美容液です。ビタミンC誘導体が配合されているため美白効果が期待できます。また、無添加なので敏感肌の方でも安心して使用できます。 NATURECO デリケートゾーン ホワイトクリーム NATURECO デリケートゾーン ホワイトクリームは100グラムで2480円ととてもリーズナブルなのが魅力的です。トラネキサム酸と、グリチルリチン酸ジカリウムが配合されており、黒ずみに効果が見込めます。また、1万本以上も売れている商品なので実績があり、安心できます。安くて、有効成分がしっかりと配合されているクリームがほしい方におすすめです。 すぐに黒ずみをなくしたい方はクリニック! 紹介した黒ずみを改善、予防する方法の2つは長期的にケアを続けることで効果が見込めます。しかし、黒ずみをすぐにでもなくしたい方や、毎日ケアを続けるのがしんどい方はクリニックでレーザー治療を行うことがおすすめです。 美容クリニックなどで黒ずみ改善のためのレーザーを受けると10万円ほどかかるところが多いですが、すぐに黒ずみが改善されます。また、レーザーを照射できる部分はIラインとOライン、乳輪などに対応しています。 【まとめ】黒ずみは毎日ケアを行うことが大切! 黒ずみは毎日しっかりと保湿を行い、刺激にも気をつけることが大切です。また、人によっては性行為によって黒ずみができると考えている方がいますが、実はデリケートゾーンの黒ずみと性行為の回数は関係がありません。性行為中に黒ずみができるかもと気になってしまう方はローションを使用しましょう。今回の記事が女性の悩み解消の参考になれば幸いです。 ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

読書 外 女性
  • 生理

生理がこない!?生理周期よりも遅れる原因は?

皆さん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です😊🎵 普段から安定していた生理が急に来なくなったり、遅れたりすると、不安を感じ 妊娠を疑ったり、病気ではないかと心配になることがあります。 しかし、生理周期が変動することは一般的です。もちろん、妊娠や健康上の問題が考えられる場合もあるので、自分自身で状況を確認することが大切です。 さらに、生理周期よりもかなり早く生理が来る場合も注意が必要です。 生理周期が24日以下の場合、頻発月経と呼ばれ、ホルモンバランスや卵巣機能に問題があるかもしれません。 生理が通常の予定より早すぎたり、遅すぎたりする場合は、クリニックを受診することを検討してください。 生理周期よりも生理が遅れる原因は?ストレス? 生理周期よりも生理が遅れてくる原因はいくつかあります。考えられる原因をいくつかピックアップして紹介します。 ストレス過多 過度なダイエット 妊娠 病気 強いストレスを受けることによって生理が遅れることがあります。ストレスを受けすぎたことによって女性ホルモンのバランスや自律神経が乱れて、生理周期どおりにこないことも考えられます。 過度なダイエットを行うことで生理が遅れたりこなかったりすることがあります。過度なダイエットは体に十分な栄養が送れていないため、生理の血液をつくるだけのエネルギーが足りないこともあります。その結果生理がこなかったり遅れたりします。また、ダイエットのやり過ぎ以外にも、偏った食生活を送り続けることで遅れてしまったり生理不順を起こす場合があります。 生理が予定日よりも大幅に遅れてこない場合は妊娠を疑いましょう。妊娠すると生理が来なくなるため、妊娠していて生理が来ていない可能性が考えられます。コンドームやピルなどで避妊をしていても、避妊率は100%ではないので、長い間生理が来ない場合は妊娠が原因であることも考えられます。 また、50代前後の女性は閉経のため、生理が遅くなったり生理の量が少なくなったりします。中には40代で閉経する人もいるため、40代の方で生理不順が起きたり何らかの変化を感じている方は閉経を疑ってみてください。 甲状腺の病気や婦人科系のなんらかの病気によって生理が遅れたりこなかったりすることもあります。甲状腺は喉周辺の病気です。喉周辺の病気ですが、月経に影響が出ることでも知られています。そのため、生理に異常を感じたら子宮などの婦人科系の病気だけではなく甲状腺の病気も疑ってみてください。 生理周期を整える方法はある? 生理周期がずれる原因について紹介させていただきました。次に生理周期を整えるための方法について紹介します。 ストレスを溜めない 規則正しい生活習慣を心がける 過度なダイエットは行わない 上記の3つについてそれぞれ項目に分けて解説していきます。是非参考にしてみてください。 ストレスを溜めない 生理周期を整えるためにストレスを溜めすぎないように心がけるのが大切です。女性ホルモンの分泌を乱さないようにするために定期的にストレスを発散するようにしましょう。ストレスがたまっているのに気づかない場合やストレスを中々発散できないことがあります。そのため、自身でストレスを発散させる間隔を決めて溜まる前に対処することが大切です。 運動 湯船に浸かる 音楽を聞く リラックスできることをする 上記のようなストレス発散方法がおすすめです。ストレスで飲酒や暴食に走ってしまう方がいますが、体調を悪くしやすいためできるだけ避けて適度に楽しむようにしましょう。特に運動はストレス減少効果が報告されているためとてもおすすめです。ストレス発散効果が期待できるだけではなく、健康効果や美容効果も期待できます。 いくつかのストレス解消方法をピックアップしましたが、自身に合っている方法を見つけて行うのが最善です。人によって好みやリラックスできる事柄は違うので、自身でストレスとうまく付き合っていきましょう。 規則正しい生活習慣を心がける 生理周期を整えるためにはしっかりと健康な生活を送って健康な体である必要があります。生理は健康のバロメーターとも呼ばれる通り日頃から健康に気を使わないといけません。 質の良い睡眠を必要な時間とる バランスの取れた食事をしっかりと摂る 適度な運動を定期的に行う 睡眠時間は人によりますが6〜9時間ほど必要です。睡眠時間が少なすぎても長すぎてもよくありません。日頃頑張っている分、必要な睡眠時間を確保して十分な休息をとり、リラックスすることが大切です。また、食事はタンパク質、脂質、炭水化物のバランスを考えてビタミンやミネラルもしっかりと摂るようにしましょう。食べる量も適切な量を意識するようにしましょう。また、適度な運動を頻繁に行うこともとても大切です。筋肉は使わないと減っていくため日頃から動かしておくことで筋肉の減少を抑えることができます。 過度なダイエットは行わない 1日300キロカロリーだけ摂取したり、特定の食材しか食べなかったりするような無理なダイエットは生理が遅れたりこなかったりしてしまいます。痩せすぎている芸能人やモデルの中には生理が毎月来ない人もいるそうです。そのため、必要なカロリーは摂取しつつ運動を行って消費カロリーを増やすようにするのがおすすめです。 また、消費カロリーの殆どは基礎代謝です。基礎代謝とは何もしていなくても消費されていくカロリーのことです。内蔵を動かしたり体温を保ったりすることに消費カロリーの大部分が使われています。過度なダイエットで体温が低くなったり筋肉が減ると消費カロリーが減ってしまいます。そのため運動と食事制限をしっかりと行って健康的にダイエットしましょう。 【まとめ】生理が中々こないときは妊娠の可能性も 生理が遅れたりこなかったりするのは健康状態が悪かったりストレスが溜まってしまっている可能性が考えられます。生理周期は25日〜38日くらいが通常です。この生理周期よりも遅かったり早すぎたりする場合は何らかの異常が起こっている可能性が考えられます。生理予定日よりも1ヶ月や2ヶ月以上生理がこないときは妊娠検査薬を活用したりして確認しましょう。妊娠していなくてもなにかの病気が隠れている場合が考えられるので受診するのもおすすめです。 ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

読書 女性 外 公園
  • 生理

生理のときに肋間神経痛が起こる!

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です🍀 今回は、生理痛に関するお話です! 生理時に生理痛を感じるのは子宮があるお腹の下側ですよね? しかし、中には肋間神経痛を感じる方もいます。 肋間神経痛は上半身に痛みを感じるのが特徴です。ただでさえ憂鬱な生理時に上半身の痛みまで加わったらとても辛いですよね。今回は生理と肋間神経痛について原因や対策方法、病院に行くべきなのかどうかまで丁寧に解説していきます。辛いのを我慢せずにしっかりと対処、対策をしてくださいね。すぐに受診したほうが良い場合もあるのでしっかりと判断することが大切です。 肋間神経痛が起こる原因は?生理時に起こる? 肋間神経痛とは、病気の名前ではありません。肋間神経痛とは上半身に痛みが走ることを言います。そのため病気かもしれないと心配しなくても大丈夫です。しかし、痛みが起きているのは正常ではないので放っておくのは控えましょう。婦人科系の病気で肋間神経痛が起こるのは珍しいです。そのため、生理が来る度に肋間神経痛が起きているのか日常から起きているのかを見極めることも重要です。婦人科系の病気で肋間神経痛が起きる場合もあることはあるので、生理の度に起きる場合は、子宮に問題があるかも知れません。 また、女性ホルモンの中の一つに骨を強くする作用のあるホルモンがあります。年齢とともに、骨を強くする作用のあるホルモンの分泌が減っていってしまうため、骨が弱い状態である「骨粗鬆症」のような状態になってしまう場合があります。 肋間神経痛が起きる場合は骨か筋肉、神経のどれかに異常がある場合があります。そのため、骨かも知れないし筋肉かも知れない、神経に悪いことが起きているかも知れない状態です。 また、肋間神経痛はストレスなどで引き起こされることもわかっています。そのため、生理中やPMSのストレスによって肋間神経痛が引き起こされているのかも知れません。肋間神経痛はしっかりとした病気ではないため具体的な原因がわかっていないため、悩んでしまう人も多いです。 肋間神経痛の対策方法は?病院に行くべき? 肋間神経痛の具体的な対策方法はありません。これはどの病気や症状にも言えることでいくつかの原因によって起こっている場合も考えられるので1つの方法を取るだけで改善することは難しいです。 また、肋間神経痛の原因によっても対策方法は変わります。考えられる対策方法は次のとおりです。 整骨院に行く 産婦人科に行く ストレッチを毎日行う ストレスを溜めない 規則正しい生活をする それぞれを詳しく解説していきます。 病院を受診する 痛みがひどい場合や、生理の度に起こる、長い期間肋間神経痛を感じている方は産婦人科や整形外科を受診して治療を受けましょう。そして原因や対処法を聞いて薬を処方してもらったり指導してもらって改善へ向けて治療していきましょう。 原因によっては病院で原因不明と言われるかも知れませんので、いくつかの診療科を試すのもおすすめです。骨に原因がある場合は整骨院に行くのも良いです。 日々の生活を改めて予防する 日々の生活によって肋間神経痛が起きている場合も考えられるので、生活習慣を正しく変えるのがおすすめです。特に生理痛が重い方は、生理痛の改善にも繋がるので是非参考にしてみてください。 3食バランスの取れた食事を取る 朝、夜の2回ストレッチをする 運動をする 質の良い睡眠とる 定期的にストレスを発散させる 日々の食事はビタミンやタンパク質、炭水化物、脂質をバランス良くとることが大切です。どれか一つの栄養素を取りすぎたりすると栄養状態が偏ってしまい良くないのであくまでバランス良く食べるようにしましょう。また、ジュースやお菓子、インスタントラーメンなどを控えるのもとても良いです。しかし、好きなものを我慢しすぎるのもストレスに繋がってしまうので食べる量を減らしたり、種類を変えてみたりと工夫することが大切です。過度な我慢は反動が起きてしまう場合が多いので、無理をしすぎないようにしてくださいね! 肩こりを慢性的に抱えている方や、デスクワークの方は朝と夜の1日2回のストレッチをおすすめします。肩周りや首周り、体側、股関節周りや足全体をしっかりとストレッチすると肋間神経痛の予防以外にもたくさんのメリットが得られます。 むくみ改善 血流改善 睡眠の質があがる 便秘改善 上記のようなメリットが代表的ですが書ききれないくらいのメリットがあります。朝のストレッチは体を目覚めさせスッキリと1日をスタートできる効果が期待でき、夜のストレッチは1日の疲れを効率よく消化できる効果が期待できます。 ストレスは肋間神経痛以外にも生理痛を重くしたり暴飲暴食を招いたり、不眠症、肌荒れなど様々な症状を引き起こしてしまいます。そのため、定期的にストレスを発散することが重要です。自分にあっている方法をとるのが最善ですが、わからない場合は運動をしてみましょう。運動にはストレス発散効果が期待できる上、生理痛が改善したりと様々なメリットが得られます。YouTubeなどに上がっている音楽に合わせながら体を動かすダンスやヨガ、ウォーキングなどがおすすめです。音楽が好きな方は音楽でリラックスできると思うのでダンスなどを勧めます。景色を眺めるのが好きな方は太陽の光を適度に浴びながら散歩をするのもとても良いです。 【まとめ】痛みが辛い肋間神経痛は早めの対策を! 生理はただでさえしんどいのに肋間神経痛まで加わるととてもしんどいですよね。具体的かつすぐに対処できる方法はあまりありませんが、どうしてもしんどいときは無理をせずに痛み止め薬を服用してくださいね。また、生理中の肋間神経痛や辛い生理痛は生活習慣ととても強く関係しています。そのため、今回の記事では生活習慣でできることを詳しく解説させていただきました。生活習慣が悪い自覚があるかたはすぐにでも規則正しく健康的な生活を送るように意識してくださいね。仕事などで忙しくて自炊や運動の時間が取れない方も、意識するのとしないのとでは差があるため意識してくださいね。また、息もしんどいほどの肋間神経痛や体制を変える度に痛みが走る方はすぐに病院へ行ってください。気胸などの怖い病気かもしれません。しっかりと自己管理を行うことがとても大切なのでくれぐれも放っておかないようにしてくださいね! ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 生理痛とは異なりますが、ジャンルとしては同じです。 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

赤ちゃん 足 小さい 花 毛布
  • 生理

生理中に起こる足の痺れの原因は?症状によっては産婦人科へ!

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です😊 生理中や生理前に足や手が痺れる方はいませんか? 生理中は月経痛やナプキンの不快感でただでさえ憂鬱なのに痺れまで加わるとたまったもんじゃありませんよね。 また、生理前はPMSの症状がある方もいて、気分の変動が大きく不安な気持ちや苛立ちに悩んでいる方が多いです。そんなPMSは身体的症状もあり、その一つが手足の痺れです。本記事では足の痺れについて考えられる原因や対処法を詳しく解説していきますので是非参考にしてみてください。 生理のときに起こる足の痺れの原因は? 生理のときだけに限らず足の痺れは血行不良が考えられます。足の痺れの原因で考えられるのは次のとおりです。 ビタミンB不足 足の血行が悪い 病気 アルコールを頻繁に摂取する方は特にビタミンBが不足しやすいです。ビタミンBが不足することで足の痺れを引き起こすことがあります。また、正座を続けると足が痺れるのと同じ原理で足の血流が悪くなると痺れが起きます。また、ふくらはぎの筋肉は血行を促進するポンプのような役割をしています。そのポンプの力が弱まると当然血行が悪くなります。つまり、ふくらはぎの筋肉が少ないのも足の血行に関係していると言えます。 足の痺れが頻繁に起きる方は様々な病気が考えられます。脳の病気や末梢神経の病気、脊髄の病気、糖尿病などの可能性もあります。しかし、生理時だけ足の痺れが起きる方は次の病気が隠れているかも知れません。 子宮内膜症 子宮筋腫 月経困難痛 これらの病気のサインが足の痺れとして現れている可能性が考えられるため、生理時だけ起きる方は産婦人科受診をおすすめします。 生理痛に加えて足の痺れも辛い!治療法や対処法は? 生理時は生理痛や精神的な辛さ、ナプキンの不快感などとても憂鬱な気分になる方が多いです。そんな生理に足の痺れまで加わると辛いですし、仕事や日常生活に支障をきたすこともありますよね。そんなときにできる対処法をお伝えします。 半身浴を頻繁に行う 足がむくみ過ぎないようにする ビタミンBを摂取する 病院を受診する 足の血行を良くするために半身浴を行うと良いです。半身浴でなくても湯船に数分から数十分浸かるだけで効果が期待できます。また、足がむくむことによって血行不良を起こすこともあります。そのため軽いストレッチをしたり、ふくらはぎの筋肉を鍛えたりマッサージすると良いです。他にもむくみを予防するために塩分が多く含まれたものを取りすぎないようにすると良いです。 また、ビタミンBが不足することで足の痺れを引き起こしやすくなるため、ビタミンBのサプリを摂取するようにするのも良いです。しかし、病気が隠れている場合も考えられるため、足の痺れが頻繁に起こる場合や痺れがひどい場合は病院を受診することを考えましょう。生理時や生理前だけ起こる方は産婦人科に行きましょう。 クリニックに行くべき症状は? 足の痺れは病気が隠れているサインでもあるため、このような症状が現れる方は病院を受診することを強くおすすめします。 生理時だけ起こる 頻繁に起こる 歩けない程の強いしびれ 生理時や生理前だけ足の痺れが起きる方は、子宮や女性ホルモン関係に異常があるかも知れません。そのため、できるだけ早く受診してください。また、足の痺れが起きる方は生理痛の重さにも悩んでいませんか?その生理痛についても相談できるので是非検討してみてくださいね。 生理周期に関係なく足の痺れが頻繁に起こる方も病院を受診しましょう。強いしびれが何度も起きている方も受診すると良いです。 月経痛は生活習慣と深い関わりがある! 足の痺れに関わらず生理痛の重さは食べたものや睡眠の質、運動習慣によって変動します。そのため、足の痺れ改善目的以外でも規則正しい生活を送るようにすると生理痛が改善することも考えられます。次の項目を意識するようにして日常生活を送ってみてください。 軽い運動をする(痺れに悩んでいる方は足を重点的に) バランスの取れた食事を摂る 睡眠時間をしっかりと確保する それぞれを詳しく解説していきます。 軽い運動をする 足の痺れに悩んでいる方はよく歩いたり、軽い体操をしたりすると良いです。特に午前中から夕方にかけての時間帯に運動を取り入れることをおすすめします。運動の時間が取れない方は歯磨きをしている間、背伸びをしてふくらはぎの筋肉を動かしたりすると良いです。また、スクワットなどの筋トレをしてしっかりと運動するとなお良いです。 バランスの取れた食事を摂る 3食しっかりと食べるようにしたり、食べる内容を意識してみましょう。インスタントラーメンなどで済ませている方はサラダを追加したり、うどんに変更したりすると良いです。しっかりとした主食と主菜、汁物などが理想ですが、忙しい方やできない方もいると思うのでできる範囲で工夫するようにすると良いです。サプリメントに頼ってみたり、サラダを追加したりすることを意識するだけでも変わると思いますしストレスも溜まりにくいですよね。 睡眠時間をしっかりと確保する 睡眠時間は6〜8時間ほど確保するようにしましょう。人によって必要な睡眠時間は変わるので、6〜8時間を目安に自身に必要なだけの睡眠時間を確保しましょう。また、睡眠前のスマホや汗がでるほどの運動などは睡眠の質を下げてしまうので避けるのが良いです。また、生理前や生理中に眠れないという方も多いですが、眠れないときは無理に寝ようとせずにリラックスできることをしたりすると良いです。 【まとめ】つらい症状は放っておかず病院に相談しよう! 生理時や生理前にだけ足の痺れが起きるのは婦人病が隠れている可能性があります。また、更年期の方は女性ホルモンが減少して、痺れが起きている可能性もあります。手足の痺れは病気のサインであることが多いため、しっかりと見極めて早めに病院を受診することが早期発見に繋がります。そのため、足の痺れに限らず、つらい症状は放っておかずに病院を受診しましょう。日常生活が不規則な自覚がある方は、足の痺れや生理痛の改善のため以外にも大きい病気にならないように今のうちに改善していきましょう。食事と睡眠、運動習慣に気を付けて生活を送るようにしてくださいね!できればストレスにも気を使って、たまにストレスを発散したりストレスを溜めないようにするのが良いです。 ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 生理中の悩みとは異なりますが、ジャンルとしては同じです。 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

病院 クリニック 診療
  • 粉瘤

デリケートゾーンの粉瘤の原因とは?解決策も紹介

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です♡✨ デリケートゾーンに違和感があり、粉瘤ができていた場合は「なぜここにこんなものができているの?」「どうやって治療すればいいのだろう?」と感じる女性もいるでしょう。 デリケートゾーンに出来物ができると違和感を抱くことになり、生活の中で気になってしまいます。デリケートゾーンに粉瘤が生じてしまう原因は何か、またどのように対処すれば良いのか、今回の記事から紹介しましょう。 粉瘤デリケートゾーンの原因とは? 女性の場合、デリケートゾーンに粉瘤ができてしまうことがありますが、どのような原因で発生するのか確認しておくべきです。粉瘤が生じてしまうのは、本来なら皮膚から剥がれるはずの角質と皮脂が剥がれず、その間に良性の腫瘍が溜まってしまうことが原因です。 女性はデリケートゾーン部で分泌腺が多くあり、男性よりも老廃物が溜まりやすい箇所でもあります。女性の場合は下着で皮膚が擦れてしまうこともあり、それで角質が肥厚して老廃物が溜まってしまうこともあるようです。 老廃物が皮膚の中に溜まってしまうと、体は炎症を発生させて外部に排出させようとするため、デリケートゾーンに粉瘤が見られるようになります。特に股の部分は皮膚が薄いこともあり、炎症が大きくなると腫れ上がって激痛を感じることもあるため、早急に改善する必要性が生じることもあります。ちなみに、粉瘤のある皮膚の表面を開くと中には脂質や老廃物の塊が出てくるようです。 粉瘤は放置して置いても問題ないのか? 粉瘤ができてしまっても、あまり目立たないようなら放置することを考えるかもしれません。しかし、粉瘤をそのまま放置しておくのは、あまり良い方法とは言えません。なぜ、粉瘤を放置しておくのは良くないのか以下をご覧ください。 強い臭いを発生させる 粉瘤が出来たときに、そのまま放置しておくと強い臭いを発生させることがあります。粉瘤は角質や脂質の塊でもあるため、酸化すると炎症して膿が発生し、皮膚の開口部から強い臭いを発生させることがあります。 もし、臭いが発生するなら不快な気持ちになることはもちろん、周りの人からも臭いによって迷惑を被ることになるため、変な違和感があるなら改善するように動くのがおすすめです。全ての粉瘤が臭いわけではありませんが1つだけとは限らず、複数できるなら臭いが発生するリスクも高くなるでしょう。 大きくなる可能性もある 粉瘤は放置しておくと、どんどん大きくなってくることがあります。粉瘤がデリケートゾーンにできていても小さいなら、あまり気に留めずそのまま放置する女性もいるでしょう。しかし、粉瘤はそサイズに留らず、肥大化することがあり目立つ存在になってきます。 もし、肥大化してくると下着が擦れるときのダメージも大きくなり、炎症が酷くなって激痛に変わることもあります。場合によっては座ることも難しくなって、生活に支障が生じることもありえるでしょう。さらに、大きくなってから粉瘤を取り除こうとするなら、傷跡も大きくなる可能性があるため、早めに改善することがおすすめです。 デリケートゾーンの粉瘤を治療するためには? デリケートゾーンに粉瘤が生じた場合は治療することを考えるでしょう。ただ、粉瘤が生じたときに、どのように治療すれば良いのか知っておきたいでしょう。デリケートゾーンの治療法は以下の点をご覧ください。 市販薬など自分で治すことはできない ニキビなどの肌荒れは市販薬などを塗ることで、腫れを押さえて改善できることがあります。しかし、デリケートゾーンの粉瘤の場合は塗っても治すことができません。粉瘤専用の薬品はドラッグストアなどに置かれてはいなからです。 炎症を抑える似たような市販薬を見ることがあるかもしれませんが、むやみに使用すると悪化する可能性もあるため、やめておきましょう。また、自分で触って潰すなどの行為も傷ができて細菌が侵入し、化膿して強い痛みを引き起こすこともあります。より悪化することになるため、むやみに触らないようにしてください。 病院に行って治療する デリケートにできる粉瘤の治療は病院やクリニックに行くことがおすすめです。病院であれば適切な治療によって改善させることができるため、自分で何かするよりも安全安心です。デリケートゾーンの粉瘤治療は皮膚科や形成外科で行うことができ、手術をして取り除くことになります。 へそ抜き手術と言われるものが一般的であり、パンチと呼ばれる器具を利用して粉瘤に小さな穴を開けて粉瘤を除きます。手術と言っても時間はかからず20〜30分ほどで終わるため、心配はいりません。局部に麻酔をしてくれるため、手術の際は痛みを感じることもないでしょう。 粉瘤が無くなった後も大きくなく、少しニキビ痕のようなへこみができる程度です。手術の費用は保険が適用され、大体5,000円から15,000円ほどになります。治療薬や検査台などは別途必要になりますが、高額ではないため安心です。術後は3日ほど通院して経過を診てもらい、再診療が必要なら通院が延長されます。 治療後の再発の可能性は? 粉瘤を治療で取り除いたとしても、サイズが大きい場合や一部分が残ってしまったときなどは、直ぐに再発することがなくても、数ヶ月や数年の間に再発してしまう可能性があります。再発するなら手術治療が必要とされるため、可能性が無いのか診察のときに詳細を質問しておくといいでしょう。 粉瘤の予防法には何があるのか? デリケートゾーンに粉瘤が発生するなら痛みを伴うことがあるため、しっかり予防することが大事です。ただ、どのように予防すべきなのか、分からないこともあるでしょう。以下の方法を考えてみることができます。 下着は擦れにくいものを使用する デリケートゾーンの粉瘤予防として、下着は擦れにくいものを使用すべきです。下着が擦れて肌を刺激すると肥厚化して分泌腺に蓋ができてしまい、炎症しやすくなるからです。肌を刺激しないようにするためには柔らかい素材の下着に変えるなど対策をして、粉瘤の発生を抑えるのがいいでしょう。 ピーリングなどで角質を除去する デリケートゾーンの粉瘤予防として、ピーリングなどで角質を除去することもできます。ピールバーなどを使用することで、角質を定期的に除去し粉瘤ができることを抑えられる可能性が高くなります。 ピーリングは1度行えば終わりではなく、継続することが大事です。毎日ピーリングすることは面倒に思える方もいるかもしれませんが、粉瘤ができると自分の体にも良く無いので行いましょう。 【まとめ】痛みや臭いが発生する前に デリケートゾーンの粉瘤について、原因と対策、予防法などを紹介してきました。 デリケートゾーンに老廃物が溜まることで粉瘤が生じてしまい、痛みや臭いが発生することがあります。 治療法は病院で手術をしてもらうしか無いため、できれば肥厚化してきて目立ってくる前に対処するのがおすすめです。 体のケアとして覚えておきましょうね。 ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

女性 寒い 考える
  • フェムケア
  • フェムテック

陰部の皮膚にかゆみ!?お肌とデリケートゾーンのボコボコの原因って何?

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です♫✨ デリケートゾーンにかゆみを感じたり、ボコボコしてたり肌荒れが起きているととても不安になりますよね。 デリケートゾーンは名前の通りデリケートなので少しの刺激で荒れることがあります。 今回の記事では、かゆみなどの不快感の原因や、受診したほうが良いケースまでお伝えします! また、今後できるだけ良い状態を保つための予防法や適切なケア方法もお伝えしますので参考になれば幸いです。 まずはお肌のボコボコについて 「生理前になると、肌あれやニキビを起こす」という女性の声をたくさん聞きます。生理前に肌荒れ・ニキビが起きる理由について紹介します。 生理前のあごにきび 女性は生理周期によって女性ホルモンが変動し、心身や肌の状態に影響を与えることがあります。特に生理の1週間前は、「黄体ホルモン」が増えるため皮脂の分泌が活発になります。 そのため肌が脂っぽくなってあごや口元など部分的にニキビができてしまうわけなんですね! スキンケアは? まず、生理前の肌荒れは、誰にでも起こり得ることなのでそこまで心配する必要はありません。ほとんど生理さえ終わって仕舞えば肌の状態は回復します。 生理前に洗顔をきちんと行うことで肌荒れを抑えたり防ぐことができます。また、保湿も忘れないようにしてくださいね! 続いては「デリケートゾーンの皮膚のボコボコかゆみ」について デリケートゾーンのかゆみの原因は様々です。デリケートゾーンの肌がボコボコと凹凸ができている場合は乾燥や蒸れなどが原因で痒みが発生している可能性が考えられます。 また、かゆみが慢性的になっている場合や、かゆみが強い場合には医療機関を受診することを考えてください。もしかゆくても、できるだけ肌を掻きむしらないように気をつけてください。掻きむしることで肌にダメージを受け、痒みが増してしまうこともあります。 デリケートゾーンのかゆみの原因が知りたい! デリケートゾーンのかゆみの原因で考えられるものは次のとおりです。 皮膚がひどく乾燥している 蒸れてかぶれてしまった 感染症になっている 皮膚が乾燥するとダメージを受けやすくなり、痒みが発生しやすいです。また、蒸れるとかぶれやすくなり、痒みが発生し、ボコボコと凹凸が見られることもあります。感染症になっている場合はウイルスや細菌によって起きているものなので、医療機関を受診することがおすすめです。感染症の場合は放っておいたら、危険な病気もあるので、性行為などで心当たりがある場合はできるだけ早く医療機関に行きましょう。 陰部が乾燥する原因 肌は年齢とともに潤いが減って乾燥しやすくなります。それはデリケートゾーンでも同じで、年齢とともに潤いも減り、分泌液も減っていきます。また、下着が擦れたり、アンダーヘアの処理などでも乾燥します。シェーバーなどで毛を処理すると少なからず肌はダメージを受けるので、乾燥を防ぐための保湿が大切です。 かぶれてしまう原因 デリケートゾーンのかぶれは通気性が悪くなって蒸れたときに起こりやすいです。通気性の悪い衣服を長時間着用した場合や夏場、生理中のナプキンによっても蒸れます。対策として通気性を意識した衣服を着用したり、ナプキンを頻繁に交換したりすると良いです。 陰部に発疹症状が!医療機関で治療するべき? 発疹とは、皮膚に赤いポツポツができてしまったり水疱が現れている状態のことです。発疹は皮膚がかぶれた場合や、性病によっても現れます。例えば「生理中のナプキンによってかぶれてしまい、赤く少し腫れている」というように、発疹の原因が自身でわかっている場合は、原因となっているものを取り除いたり、変えてみたりしてケアができます。しかし、心当たりがなく、発疹が出ている場合は、医療機関を受診することが最善です。 発疹や、デリケートゾーンのボコボコとした凹凸の原因に心当たりがある場合は、医療機関受診や、市販薬の使用が可能です。市販薬よりも医者に判断してもらって薬を処方してもらえる方が、確実ですが、時間がない方は市販薬を試してみることもできます。 また、デリケートゾーンの症状で受診する病院は皮膚科なのか産婦人科なのか悩む方がいます。女性のデリケートゾーンの悩みの場合は産婦人科を受けることをおすすめします。産婦人科は陰部の表面や膣内まで診察をしてもらえるため、悩んだら産婦人科に行きましょう。 デリケートゾーンの症状を自力で改善、予防するには? デリケートゾーンの不快な症状が起きないために自力で行える予防法をお伝えします。上記で感染症や性病について少し触れましたが、この場合の解決策はコンドームの使用です。感染症や性病予防目的以外にも避妊のためにコンドームは必ず使用しましょう。 アンダーヘアのケアが効果的?剃り方にも注意 アンダーヘアが伸びっぱなし生えっぱなし状態だと蒸れやすくなります。毛がないハイジニーナという状態は蒸れ対策にとても効果が期待できますが、ハイジニーナは恥ずかしく感じる方も多いです。そんな方は、毛の長さを短くするように整えましょう。毛が少なくなるぶん、蒸れも減少するので、おすすめです。 また、整える際の剃り方にも注意が必要です。vioは毛が太く強いです。そのため、カミソリで荒く剃るとカミソリ負けをしてしまい、赤いポツポツができてしまうこともあります。vioを剃り際には、まず、毛の長さを短くカットしてからクリームや泡を付けて肌の滑りを良くしてから毛の流れに逆らわないように剃りましょう。毛流れに逆らって剃ると、毛の根元の方から剃ることができるためやりがちですが、毛が太く強い分肌へのダメージが大きいです。 vioも保湿をしよう 顔や足、髪の毛まで保湿しているのにvioはしないという方いませんか?vioも皮膚です。加えて、他の部分の皮膚よりも乾燥しやすい部位です。そのため、お風呂上がりの清潔な状態のときにお顔などと同じように保湿をするように心がけましょう。vioの保湿をするための製品は様々な種類があります。 クリーム ジェル オイル しっかりと保湿をしたい方はクリームやオイルがおすすめですが、ベタつきが気になる方はジェルでさっぱりと保湿すると良いです。中には香り付きだったり、黒ずみ改善効果が期待できる成分が配合された商品もあるため、肌悩み解消のためにも使用できます。 また、デリケートゾーンを普通のボディーソープを使って洗浄している方は、デリケートゾーン専用の石鹸を使用するか、お湯だけでキレイに洗うかに変えましょう。ボディソープは洗浄力が強いため、デリケートゾーンに使用すると必要な潤いまで落としてしまい、乾燥を招いてしまうこともあります。 【まとめ】時間が経っても改善しなかったら診療を受けよう! デリケートゾーンにかゆみなどの不快感や発疹ができてしまったら、まず原因を考えてみましょう。 生理中のかゆみに悩んでいる場合は、オーガニックのナプキンや経血カップを検討してみてください。その他にも汗をかく季節だったらデリケートゾーンが蒸れないように工夫するなど、意識してみましょう。 発疹が出てしまった場合で心当たりが見つからなかったら早いうちに受診しましょう。また、原因がわかっている場合でも悪化していると感じた場合にも、医療機関に行きましょう。もし、かゆみや不快感の原因が「性病かも?」と思った場合は、1日でも早く病院に行くようにしてください。 ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

レモン ライム ホットティー ティーポット
  • デリケートゾーン

デリケートゾーンが蒸れる原因は?対策方法を解説!

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です✨ いかかがお過ごしですか😊? 今回は、デリケートゾーンの蒸れについてお話いたします! デリケートゾーンの蒸れは、女性なら1度は悩んだことがあるのではないでしょうか? 夏場や生理中はどうしても蒸れてしまいますよね。蒸れるとかゆみやかぶれ、ニオイの原因にもなるため、どうにかして蒸れないようにしたいですよね。本記事では蒸れの原因や対策方法を紹介します。 デリケートゾーンが蒸れるのはなぜ? デリケートゾーンが蒸れてしまう理由は次のとおりです。 汗や尿など、水分がある 下着や服で通気性が悪くなる 生理中のナプキン使用 デリケートゾーンは尿や汗、おりものなどがどうしても出てしまうため湿度が高くなります。加えて下着をつけるため、湿気が逃げにくく蒸れる原因になります。また、生理中は血液が出るのに加えてナプキンによって通気性が普段以上に悪くなります。そのため、蒸れが起こります。 デリケートゾーンが蒸れるとかゆみやかぶれ・においの原因に デリケートゾーンが蒸れることによって引き起こされる症状は次のとおりです。 かゆみ かぶれ ニオイ デリケートゾーンが蒸れると肌荒れを引き起こし、かゆみを感じることがあります。生理中に陰部にかゆみを感じるのは蒸れが原因です。また、蒸れがひどいとかぶれにも繋がります。蒸れると肌が刺激を受けやすくなります。刺激を受け取りやすくなっている肌におりものシートやナプキン、下着による摩擦などで刺激を受けてかぶれてしまうことが考えられます。また、蒸れることでこもってしまい、臭いが出てしまうことがあります。 デリケートゾーンの蒸れの対策・予防方法! デリケートゾーンが蒸れることを予防するためにできる対策は次のとおりです。 通気性を良くする ナプキンを長時間つけっぱなしにしない トイレ後はしっかりと水分を拭き取る 正しい洗い方をして清潔な状態にする 下着を通気性の良いものに変えたり、毎日のようにおりものシートをつけるのを控えましょう。通気性が悪い服装を着るときは夏場や汗をかく状態ではないときに着用するのがおすすめです。また、ナプキンを長時間つけっぱなしにすると経血によって湿気がこもりやすくなるため、必要に応じて頻繁に交換しましょう。 用を足したあとにしっかりと水分を取り除かないと蒸れの原因になります。また、尿もれが起きてしまう方も尿もれが原因で蒸れてしまうことがあるため、尿もれパットなどを活用して予防しましょう。また、トイレットペーパーで拭くときはこするのではなく数秒間しっかりとおさえるようにしてトイレットペーパーに水分を吸わせましょう。 お風呂に入るときやシャワーを浴びるときは正しい洗い方をしておりものや汚れをしっかりと落としましょう。大陰唇や小陰唇の間に汚れが溜まりやすいため、指の腹で優しく撫でるようにして洗うと良いです。膣内まで洗ってしまうと本来膣に備わっている自浄作用が薄れてしまうのでトラブルの原因になってしまう場合があります。くれぐれも膣内まで洗わないようにしましょう。 蒸れで肌荒れが起きたときの対処法 デリケートゾーンの蒸れはどうしても起きてしまう場合がありますよね。特に生理中などは通気性が悪くなる上、水分も多くなるため予防しても肌が荒れてしまうことがあります。状況によってはナプキンの交換が難しい場合もあるため、予防できないことも。肌荒れが起きてしまった場合の対処法をお伝えします。 市販薬で肌荒れを抑える できるだけ刺激を与えないようにする 酷い場合は病院に行く 市販で売られているデリケートゾーンが痒くなったとき用の薬を活用してかゆみを抑えるのがおすすめの方法です。生理中にどうしても痒くなってしまう方は買っておくのが良いです。蒸れによってかゆみやかぶれなどの肌荒れが起きた場合はかきむしって刺激を与えるのは避けましょう。蒸れによってデリケートゾーンが刺激を受け取りやすい状態になっているのでダメージを普通以上に受け取ってしまう場合があります。そのため、かゆみを我慢するか、どうしても我慢できない場合は塗り薬などを使用しましょう。 かゆみやかぶれが酷い場合は病院に行って薬を処方してもらったり処置してもらうと良いです。かぶれやかゆみが酷いと、ダメージから守るためにメラニン色素が作られます。メラニン色素はシミなどの原因で黒ずみを引き起こします。そのため、デリケートゾーンが黒ずんでしまうことを予防するためにも症状が酷いと思ったら病院に行くことも視野に入れましょう。また、受診する病院は産婦人科です。その他の悩みを相談しても良いですね。 快適に過ごすためのおすすめ商品 蒸れを予防できる商品や蒸れが起きてしまったときに対処が可能な商品を紹介します。 フェミニーナ 経血カップ 綿素材の下着を着用する フェミニーナが出している商品にはデリケートゾーンのかゆみやかぶれを抑えてくれる商品があります。ジェルのものや軟膏、ミストなど様々な種類があるため、好みのテクスチャーのものを選べます。 経血カップは、膣内に挿入して経血を溜めてくれるカップのことです。膣内で経血をキャッチするため表面の皮膚に刺激が起きにくくなるため、肌が弱い方におすすめです。また、繰り返し洗って使えるため経済的でエコな商品です。 下着を通気性に優れている綿素材のものに変えるのもおすすめです。また吸水性も優れているため汗をかきやすい夏場にもぴったり。汗をかく状況のときや生理中だけ綿素材の下着を着用するのも効果が期待できます。また、パンツスタイルのレザー素材や分厚いデニム生地は蒸れやすいため、汗をかく状況のときは避けるのがよいです。 【まとめ】蒸れは起きる前に予防するのが大切! デリケートゾーンが蒸れるのは女性なら誰しも経験があると思います。蒸れでかゆみやかぶれが起きてしまうと良くない気分になったり、嫌な思いをしますよね。デリケートゾーンは蒸れやすいため、予防や対策をしっかりと行うことが大切です。しかし、予防をしていても蒸れが起きてしまうことがあります。そんなときは気軽に購入できる市販薬を活用して肌荒れを抑えるのがおすすめです。また、日頃からしっかりと洗って保湿などで肌を保護していると荒れにくくなると思うのでしっかりと毎日のケアを徹底するのもおすすめです。デリケートゾーン専用の石鹸やぬるま湯を使って清潔にして、専用のクリームやジェルで保湿をしましょう。デリケートゾーンはとてもデリケートなので正しい知識をつけることが大切です。 ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

読書 女性 白 スカート 公園
  • デリケートゾーン

デリケートゾーンをピンクにしたい!希望はある?

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です🐰 デリケートゾーンが黒ずんでいるのが悩みな方はたくさんいるんです...🍀 陰部が黒ずんでいると経験が多いように誤解されてしまったり、恥ずかしい気持ちになってしまうこともありますよね。どうにかピンクにしたいけど無理かもしれない、仕方がないと思っている方もたくさんいますよね💦 しかし、黒ずみを悪化させないようにしたり、改善する方法はあります。今回の記事ではデリケートゾーンをピンクにしたい方に向けて解説していきますよ。 デリケートゾーンが黒ずみに悩みがち…。原因は? デリケートゾーンが黒ずんでしまう原因は「摩擦」による色素沈着です。下着との擦れや頻繁にカミソリでアンダーヘアの自己処理をしていると摩擦によってダメージが起こります。ダメージが起きると、ダメージから肌を守るためにメラニン色素を作り、色素沈着に繋がります。他にもかぶれや肌荒れを起こしてしまい、肌が荒れて色素沈着が起きてしまうこともあります。 脇や下着のラインが黒ずんでしまうのも摩擦が関係しています。摩擦が起きやすい部分はダメージにより色素沈着が起こりやすいです。 デリケートゾーンがピンクな人の特徴!目の色と関係ある? 人によってはメラニン色素の量に違いがあります。代表的な例で言うと目です。目が真っ黒な人はメラニン色素が多く、色素の薄い茶色な方はメラニン色素が少ない傾向があります。他にも肌の色やパーソナルカラーによって乳首や陰部の色に違いがあります。 色白 日焼けすると赤くなって元の色に戻る 目の色素が薄い 地毛の色が茶色 ブルーベース 上記の特徴を持っている方はデリケートゾーンがピンクな傾向があります。日焼けすると赤くなって戻る方は、メラニンを作る力が弱い方です。そのため、デリケートゾーンの黒ずみも起きにくい傾向があります。 特にブルーベースの方はメラニン色素が少ないため乳首や陰部がピンクであることが多いです。ブルーベースやイエローベースは肌の色が青よりなのか黄色よりなのかを分けたものです。イエローベースな方や上記の特徴を持っていない方もピンクに寄せる方法はありますので解説していきます。 陰部の黒ずみの対策方法は?ニオイ予防にも 陰部の黒ずみを予防、改善するための方法を解説していきます。ニオイ対策やデリケートゾーンの肌荒れ対策にも効果的なため参考にしてみてください。 デリケートゾーンの保湿をする 摩擦、ダメージを減らす 専用の石鹸を使って正しく洗う 上記の3つの対策方法をそれぞれ解説していきます。 デリケートゾーンの保湿 デリケートゾーンは手や足、顔のように乾燥します。下着やナプキンによる刺激が多いため他の部位よりも乾燥しやすいです。そのため、毎日保湿することが大切です。保湿する製品はデリケートゾーン専用の製品を使うと安心です。粘膜部分は吸収作用が強いため専用の商品を使いましょう。 また、保湿するクリームやジェルは美白成分が配合されたものを使うと黒ずみに効果が期待できます。トラネキサム酸やビタミンC誘導体などが配合されている商品は黒ずみ解消に期待できます。 摩擦・ダメージを減らす 色素沈着を今以上に起こさないようにするために摩擦とダメージを最小限にしましょう。下着のサイズを合わせて擦れにくいようにしたり、トイレでデリケートゾーンを拭くときは擦らず抑えるようにして水分を拭き取りましょう。 生理中はナプキンによるかぶれやかゆみが起きやすいです。頻繁にナプキンによる荒れが起きている場合はダメージが蓄積されている可能性があります。そのため、ナプキンによるあれを防ぎましょう。オーガニックナプキンを使用したり、蒸れる前に交換したり、経血カップなどを活用して肌を守りましょう。 アンダーヘアを処理するときもカミソリやシェーバーで強くこするように剃るのではなく泡で肌を保護しながら優しく滑らせるように処理しましょう。脱毛などに通って自己処理の回数を減らすのもおすすめです。ムダ毛の処理をしたあとや脱毛後はダメージがかかっており乾燥しやすいため、保湿を念入りに行いましょう。 専用の石鹸を使って正しく洗う デリケートゾーンをボディーソープで洗っている方は改善が必要です。デリケートゾーンにとってボディーソープは洗浄力が強すぎるため必要な潤いまで落としてしまいます。必要な潤いまで落としてしまうと乾燥してしまったり、肌荒れの原因になります。ぬるま湯かデリケートゾーン専用のソープを使って優しく洗いましょう。 デリケートゾーンを洗うときは腟内まで洗わないようにしましょう。膣内は自浄作用があるため、洗う必要がありません。汚れの溜まりやすいひだの間などをしっかりと洗いましょう。 洗い終わった清潔な状態でデリケートゾーン用のクリームやジェルを塗布して保湿しましょう。製品によっては腟内まで塗布するような使い方のものもありますが基本的に粘膜部分には塗らないようにしましょう。使用前にパッケージ裏などをしっかりと確認するのも大切です。 おすすめの専用石鹸や製品を紹介! デリケートゾーン用の専用石鹸や保湿クリームを紹介します。どれを使えばよいかわからない方の参考になれば幸いです。 コラージュフルフル コラージュフルフルは泡で出てくるデリケートゾーンの石鹸です。カビや細菌を殺菌してくれ、ニオイ予防にもなります。敏感肌でも使いやすいよう、低刺激処方で無香料です。また、保湿成分が配合されているため、乾燥しやすい季節でも安心です。 イビサクリーム イビサクリームは陰部のクリームのなかでも特に有名です。メラニン色素を抑え、保湿してくれます。定期便などのサービスも行っているため、何度も注文する手間を省くこともできます。 すぐにでもピンクにしたかったら医療機関に 医療機関に相談すると色素沈着を解消する効果が期待できる薬を処方してくれます。市販で取り扱っているものよりも効果が期待できるので、高い効果を求めている方は医療機関で処方してもらうのがおすすめです。 また、レーザーで黒ずみを解消してピンクにする方法もあります。レーザーは確実にピンクにしたい人におすすめです。陰部以外にも乳輪の色を改善することも可能です。 【まとめ】デリケートゾーンは泡で優しく洗って! デリケートゾーンは名前の通りデリケートです。とてもデリケートな部分なので洗うときやトイレで拭くときなどは優しく扱いましょう。体質的にピンクになりにくい方もいますが改善することは可能なため、悩んでいる方は今回の記事を参考にしてしっかりとケアしてくださいね。 ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

冬 女性 コート 海外 
  • デリケートゾーン

vioのチクチクが続く!かゆみの対処法を解説!

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です🐱♪ デリケートゾーンのチクチクに悩んでいませんか? 自己処理をしたあとの数日は特にチクチクとしたかゆみや痛みを不快に感じる人が多いんです! 今回は、このようなvioのチクチクの原因や対処法をご紹介しますので是非参考にしてくださいね(*^_^*) vioがチクチク!痛みやかゆみの原因は? アンダーヘアを処理したあとの数日はチクチクしたりかゆみを伴うことがあります。考えられる原因は次のとおりです。 自己処理をしたことで毛の先が尖っている カミソリの刺激で肌にダメージがある vioと下着とこすれる 陰部の毛を剃ると毛の先が鋭利になり、肌に当たるとチクチクと感じることがあります。また、カミソリによる肌ダメージによって肌のバリア機能が低下し、かゆみや痛みを感じることがあります。加えてデリケートゾーンと下着の間にあった毛がなくなったため、下着との摩擦によってダメージを受けている可能性もあります。 また、脱毛を受けた直後や生理直後にアンダーヘアの自己処理を行うのも原因の1つです。脱毛を受けた直後は肌にダメージが残っている状態なので、カミソリなどで処理を行うとダメージを重ねていることになります。また、生理中のナプキンでかぶれていたりかゆみがある場合も肌にダメージが蓄積されていることが考えられるので、肌の状態が正常に戻ってから自己処理をするようにしましょう。 デリケートゾーンのチクチクの対処法は? デリケートゾーンのチクチクの対処法は次のとおりです。 アンダーヘアを剃るときに肌に配慮する 保湿をする 下着のサイズをあわせる アンダーヘアを自己処理するときは泡などで肌の滑りを良くしてから行いましょう。また、毛流れに逆らって剃るよりも毛の流れと同じ方向に剃るようにするとダメージを減らすことができます。他にも専用のカミソリやシェーバーを使ってカミソリを肌に当てる回数を減らすのもおすすめです。デリケートゾーンは見えにくい部位なので鏡などを活用して傷つけないように丁寧に処理しましょう。 デリケートゾーンも手や足、顔のように乾燥します。カミソリなどで自己処理をしたあとは特に乾燥します。そのため、剃ったあとは専用のクリームやジェルで保湿をすると良いです。実はデリケートゾーンの保湿は剃ったあとだけではなく毎日行うのがおすすめです。vioは下着との擦れやトイレでの摩擦などダメージがかかりやすいため守ってあげることが大切です。また、デリケートゾーンにクリームやジェルを塗って保湿するときは粘膜部分に塗らないようにしましょう。稀に粘膜部分に塗っても大丈夫なものや推奨しているものがあります。そのため、使用前はパッケージ裏などに記載がある使用方法をしっかりと確認しましょう。記載がない場合は粘膜部分に塗らないようにすると安心です。 下着のサイズが自身に合っていないと摩擦が起きやすいです。また、素材によっては摩擦を強く感じてしまうものもあるので、下着の肌触りにも意識すると良いです。大きすぎるものだと、歩くときに擦れやすくなってデリケートゾーン周辺に摩擦が起きてしまう場合が考えられます。小さすぎても、動く度に強い摩擦になって肌に悪影響です。また、生理以外の日に毎日おりものシートをつけている方は、1日に2〜3回ほど交換するようにしましょう。おりものシートはかぶれやかゆみの原因になるので、つけっぱなしにしないようにしましょう。 脱毛してセルフでのムダ毛処理を減らすのがおすすめ 自己処理のダメージを泡や保湿で抑えても、ダメージは起こります。そのため、脱毛などで毛をなくしたり減らしたりして自己処理の回数を減らすのが良いです。また、脱毛の施術もダメージがかかるため、施術後の保湿もしっかりと行いましょう。脱毛の機械をダメージが起きにくいようなものにするとなお良いです。 脱毛は全く毛がない状態のハイジニーナや、Vラインだけ残したり、全体的に毛量を減らすなど、様々なデザインができます。チクチクが嫌だけど毛が無いのは恥ずかしいという方も、デザインによっては挑戦しやすいかと思います。アンダーヘアの自己処理を頻繁に行っている方は、脱毛で毛の処理を楽にするのがおすすめです。 医療脱毛と美容サロン脱毛の違いは? デリケートゾーンのチクチクを予防するために脱毛が効果的とお伝えいたしました。脱毛はクリニックで行う医療脱毛と美容サロンで行う美容脱毛があります。次の項目で医療脱毛と美容サロン脱毛の違いをお伝えしていきます。 医療脱毛 医療脱毛の特徴は次のとおりです。 回数は少なめ 1回の施術効果が高い 永久脱毛ができる 1回の施術の価格は高め 医療機関で行う脱毛施術 施術者に資格が必要 医療脱毛は医療行為なので、施術者は資格を持っていないと施術できません。また、医療行為であり、効果は高いです。1度脱毛が完了した毛は生えてこなくなる永久脱毛ができますが、新しくできた毛根から生えることは考えられます。加えて美容サロンよりも少ない回数で脱毛することができます。しかし、その分、価格は高いです。 美容サロン脱毛 美容サロン脱毛の特徴は次のとおりです。 回数を重ねることが必要 1回の施術効果は高くない 減毛効果が期待できる 1回の施術は安い 施術者は資格や免許を持っていなくても施術できる 美容サロン脱毛は1回の効果が高くなく、何度も施術の回数を重ねる必要があります。美容サロン脱毛は永久脱毛ではなく、毛を減らす効果が期待できる減毛になります。また、美容に特化したサロンなため、肌などの他の美容施術のメニューが豊富な可能性が考えられます。脱毛だけではなく、他にも美容行為を行いたい方におすすめです。チクチクをなくしたいと考えている方にもおすすめです。 【まとめ】デリケートゾーンのチクチクは正しく対処しよう デリケートゾーンのチクチクは自己処理を減らすことと保湿が大切なことを解説させていただきました。また、敏感肌な方はデリケートゾーンを洗うときの石鹸を専用のものにするのもおすすめです。ボディーソープは陰部にとって洗浄力が強すぎる可能性があるため、洗いすぎになってしまう可能性があります。洗いすぎると必要な潤いまで落としてしまうので乾燥してしまったり、かゆみ、肌荒れにつながる場合があります。デリケートゾーンの処理を正しく行い、チクチクとした不快感やかゆみ、肌荒れを予防しましょう。 ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

オペレーター 女性 紫 マイク
  • デリケートゾーン

女性のデリケートゾーンによるトラブルとは?原因や対処法を確認して未然に防ごう!

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です(*^_^*) いかがお過ごしでしょうか?🍀 今回は、女性特有のデリケートゾーンの悩みについてお話ししていきますよ~! 女性であれば陰部や膣などに痒みや痛みを感じると「何か異変が生じたのでは?」と心配になることもあるでしょう。女性のデリケートゾーンは敏感な部分であり、何か異変が生じると原因を探り、対策を講じて改善する必要があります。 そのまま放置しておくと、より悪化することがあるので、早急に対応すべきです。そのため、今回の記事では女性のデリケートゾーンのトラブルの原因と対処法について、内容を紹介しましょう。 デリケートゾーンに生じるトラブルの原因とは? デリケートゾーンにトラブルが生じると痒みや痛みなどを引き起こし、悪化すると生活に支障が生じることもあります。そのため、デリケートゾーンのトラブルの原因を理解しておくことは大事です。どのようなトラブルが生じる可能性があるのか内容を紹介しましょう。 デリケートゾーンが乾燥している デリケートゾーンが乾燥していると、痛みや痒みを引き起こすことがあるため注意すべきです。デリケートゾーンは、他のボディーパーツよりも皮膚が薄く、刺激や摩擦などに敏感な部分です。そのため、通常の状態でも少しの刺激で痛みを引き起こすことがありますが、乾燥していることでより敏感になることがあります。 下着の素材によってはチクチクを常に感じるため違和感を抱くこともあり、知らないうちにアンダーヘアの刺激にも反応して、痛みや痒みを感じることもあります。そのため、デリケートゾーンを乾燥しないように普段から注意しておくことが大事です。乾燥肌の人にとっては、普段からデリケートゾーンの油分や栄養成分が失われて、潤いが無くなることもあります。 また、臭いを気にして洗い過ぎてしまう人も、強く擦り過ぎて皮膚のバリア機能が低下してしまうことがあり、乾燥が長期化して痛みにつながることもあるでしょう。心当たりがある人は、これが原因でトラブルが生じている可能性もあります。 体の変化によって生じる デリケートゾーンのトラブルは、体の変化によって生じることもあります。体の変化では、例えば膣内の環境変化です。膣内にもいろいろな常在菌が生息しており、特に乳酸菌の1つであるデーデルライン桿菌の働きによって、やや酸性の状態に保たれていることが通常の状態です。 しかし、この常在菌が少なくなると、膣内の自浄作用が低下することになるため、クラミジアなどデリケートゾーンの痒みやトラブルにつながることもあるでしょう。また、思春期や年齢の変化などによってもデリケートゾーンはトラブルを引き起こすこともあります。 思春期だと汗腺も活発になり、デリケートゾーンのムレや痒みを引き起こしやすくなります。年齢が高齢になると、ホルモンバランスが崩れて体内の環境が変化することもあるため、トラブルにつながることもあるでしょう。このように体内変化に注意しておくこともポイントです。 おりものシートの長時間使用 おりものシートなどにより、デリケートゾーンを清潔に保つようにする人もいるはずですが、長時間使用すると、ムレやかぶれにつながることもあるため注意が必要です。おりものシートは表面がサラサラしており、刺激を与えないような構造になっていますが、表面には雑菌が付着するため長時間使用し続けると、デリケートの肌に炎症を与えるきっかけになり、トラブルを引き起こすことがあります。また、装着し続けていると、嫌な匂いを引き起こすこともあるため、逆に不衛生な状態にさせてしまうこともあります。定期的にシートを変えるなど、正しく使うことを心がけてください。 下着による締め付け デリケートゾーンは締め付けられると、頻尿や膀胱炎などのトラブルを引き起こすこともあります。大陰唇の辺りの毛穴が詰まってブドウ球菌が付着することになれば、毛嚢炎などを引き起こすこともあり、下着の種類によって痛みを感じてしまう場合もあります。下着は自分のサイズに合ったものを履く必要があり、きつめのショーツやガードルを履くなら、締め付けにより負担をかけることになるでしょう。もし、使用したい場合でも長時間は避けることが大事なので明記しておきましょう。 デリケートゾーンのトラブル対処法 デリケートゾーンに痛みや痒みが生じると、日常生活も行いにくくなるため対処法を確認しておく必要があります。デリケートゾーンのトラブル対処法は以下のように行うことができるため紹介しましょう。 専用のソープを使用して洗う デリケートゾーンを洗うときは、擦り過ぎないように注意することも大事ですが、専用のソープを使用するようにすべきです。専用ソープは有効成分がしっかり含まれており、刺激物は無いためデリケートゾーンの肌が敏感で乾燥しやすい人でも、炎症などを防ぎやすくなるでしょう。 使用する際はソープをしっかり泡立てることがコツになります。撫でるようにして洗っていき、膣内までは洗わないようにしましょう。洗い終わった後に拭くときは、繊維の優しいタオルで擦らず、水分を吸収させるような仕方で拭き取りましょう。優しくケアすることによりトラブル対策とすることができるでしょう。 デリケートゾーンのケアを行う デリケートゾーンは敏感な場所になるため、しっかりケアをすることが大事です。乾燥すると下着の擦れなどから炎症が生じることもあるため、入浴後などはクリームを塗って保湿するように心がけることも大事です。 また、保湿クリームなどを使用する際は、どのような成分が含まれているのか確認するようにしましょう。成分によっては自分の肌に合わず、逆効果になってしまうこともあるからです。デリケートゾーンのケアを行う際に、アレルギー物質が入っていないか確認して使用してください。 痛みが生じた場合は市販薬を使用することもできる デリケートゾーンのケアに注意していても、痛みが生じることもあるでしょう。その場合は市販薬を使用して痛みやかぶれなどを抑えることもできます。 よく利用される市販薬は... ・フェミニーナシリーズ ・オロナインH軟膏 ・エンペキュア などがあります。それぞれの市販薬は雑菌の繁殖を抑える効果や抑制、傷の修復を促進する成分が含まれているものが多いといわれています。 違和感があるなら、市販薬の使用も検討してみるのもいいかもしれません。 【まとめ】デリケートゾーンのトラブルは事前に対処できる デリケートゾーンのトラブルは原因があるため、事前に把握しておくと回避することもできます。もし、痛みや痒みが生じた場合も市販薬で治療することもできますが、もし改善されないようなら病院で診察してもらうことも考えておくべきです。 特に、ホルモンの乱れなどは診察で原因が分かることもあるからです。悪化すると生活に支障が生じることもあるため、スピーディーに改善するようにしましょう。 ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

女性 夏 水着 緑 めがね
  • フェムケア
  • フェムテック

デリケートゾーンのかゆみ症状の原因・対処は?

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です😊✨ 人に相談しにくいデリケートゾーンの悩みは、今回の記事を読んで解決しましょう! デリケートゾーンの「ミミズ腫れ」は経験したことがある方が一定数いると思います。 ミミズ腫れの症状が出ると、かゆみやかぶれよりも不安な気持ちが強くなりますよね。今回はミミズ腫れについても解説致します。 デリケートゾーンの強いかゆみやニキビのような吹き出ものは性感染病の恐れもあるので、病院を受診しましょう。最後にミミズ腫れしてしまった場合の対処法やかゆみの応急処置方法も紹介していますので参考にしてみてください。 デリケートゾーンは汗などで湿気がこもりやすいうえ、名前の通り「デリケート」です。そのため、様々な不快な症状が頻繁に現れます。夏はこもりやすく、冬は乾燥で肌のバリア機能が弱まることがあります。頻繁に起きてしまう陰部のトラブルは正しい対処と対策を知っておくことが大切です🐰 陰部の痒み、痛み、かぶれの原因は? 陰部のトラブルの原因で考えられるものは次のとおりです。 ナプキンで蒸れ、荒れる 下着が擦れる ムダ毛の自己処理をしたときに肌を傷つけてしまう 性感染病、婦人病 特にナプキンでかぶれてしまうことがよくあると思います。ナプキンは科学的な素材が配合されているものが多く販売されているうえ、蒸れやすいです。強くかぶれてしまうとミミズ腫れのように盛り上がって炎症を起こしているように見えることがあります。ミミズ腫れがひどくなると強いかゆみや、ブツブツができてしまうこともあります。また、下着のサイズが合っていないとビキニラインやiラインのサイドにダメージが生じやすいです。 特に正しいケアや対策を行わず自己処理をしてしまうと、毛包炎ができてしまったり、カミソリ負けしてしまうこともあります。 また、強いかゆみや異常なおりものなどは性感染病や婦人病の可能性もあります。女性がかかりやすい婦人病の1つに「カンジダ症」があります。カンジダ症は膣内のバランスが崩れた場合に発症します。性行為にコンドームを使用していたけどデリケートゾーンにトラブルが起きた場合にはカンジダ症を疑ってみてください。 デリケートゾーンの不快感の対策・対処法は? デリケートゾーンのトラブル予防のためにできることは次のとおりです。日常的に行うように意識しましょう。 ナプキンは頻繁に交換する、オーガニックのものや経血カップを使用する 肌に優しい素材で合ったサイズの下着を着用する 自己処理は泡などで保護しながら優しく丁寧に行う VIOゾーンも保湿をする コンドームを使用する 規則正しい生活習慣を意識する ナプキンは一般的に科学的な素材で作られていますが、オーガニックの製品に切り替えることで、肌に対する優しさが増し、トラブルが起きにくくなる傾向があります。さらに、ナプキンを1日中交換できない場合は、交換頻度を増やしてみてください。ちなみに、オーガニックナプキンを使用すると生理痛の軽減効果も期待できます。 VIOゾーンの自己処理がトラブルを引き起こしやすい場合、サロンやクリニックで毛が生えにくくなる施術を受けることをおすすめです。 ただし、様々な理由でそれが難しい場合もあると思います。そのため、正しい処理方法を以下にご紹介します。 デリケートゾーン用の石鹸などで肌の滑りを良くする スキンガード付きのシェーバーなどを使用する 剃る前に毛を短く整える 毛流れに逆らわないように剃る VIOゾーンを洗浄する際には、ボディソープではなく、専用のソープを使用するか、温かいお湯で優しく洗い流しましょう。 ボディソープは洗浄力が高いため、デリケートゾーンに使用すると乾燥や刺激が生じることがあります。また、VIOゾーンは体の中でも特に乾燥しやすい部位なので、手や足、顔と同じように、VIOゾーンも保湿を怠らないようにしましょう。 保湿剤もVIO専用の保湿ジェルやクリームがおすすめです。 また、性行為を行う際には、避妊だけでなく性感染病予防にも効果のあるコンドームを必ず使用しましょう。 また、体の免疫力を向上させるためには、バランスの取れた食事、十分な睡眠時間の確保、適度な運動を心がけることが大切です。 規則的な生活を送ることで、ホルモンバランスも安定し、風邪などの疾患にかかりにくくなります。 それでも改善しない場合は病院へ行こう! 陰部の肌トラブルは、いつ受診すればいいのか判断が難しいことがあります。一般的な指針として、症状が数日から1週間程度で改善しない場合は、産婦人科を受診することがおすすめです。ミミズ腫れ、強いかゆみ、痛みなどの症状がある場合は、早めに受診を検討しましょう。中には性感染病や婦人病の可能性もあるため、症状が改善しない場合は、放置せずに専門家に相談しに行きましょう。 vioの正しいケア方法をチェック! vioは、とてもデリケートな部分なので、正しいケアを行うことが大切です。 洗浄力の高すぎる石鹸やソープを使わない ムダ毛の自己処理の頻度は適度に 保湿する場合はvio専用の製品を使う 掻きむしったり、強い刺激を与えない ムダ毛を処理する際には摩擦が起きます。vioも同じで処理するたびに肌に摩擦が起きてダメージが与えられます。すると、乾燥しやすくなったり黒ずみになってしまったりします。そのため、毎日のように自己処理を行っている方は頻度を減らし、クリニックやサロンで脱毛を受けましょう。 vioは皮膚と粘膜がある部位です。フェミニンゾーン用ではない製品を使うと粘膜に付着したり、中に入ってしまうこともあります。粘膜に付いても大丈夫な専用の保湿製品を使うと安心です。 肌に摩擦は厳禁ですが、掻きむしったりするのはより厳禁です。爪などで皮膚が傷つき、色素沈着が起きたり、より乾燥がひどくなったりする可能性が考えられます。 【まとめ】デリケートゾーンのミミズ腫れ予防は日頃のケアが大切 「美肌は1日にしてならず」というように、vioの肌も毎日のケアが健康を保つ秘訣です!! 正しいケア方法や、肌に良くないことを知って、毎日意識することが重要です。デリケートゾーンにミミズ腫れが起きてしまった場合は、焦ったり不安になってしまったりして市販薬の使用をしてしまう方がいますが、もし正しく症状を把握できていなくて間違った薬を使用してしまうと悪化することも考えられます。そのため、自己判断で対処するよりも、少し様子を見てみて、改善しない場合だと、産婦人科などを受診してください。ミミズ腫れが起きている場合は強いかゆみが見られることがありますが、掻きむしらないでください。どうしても我慢できない場合は、冷やしたタオルなどを当てて少し冷やすと痒みが抑えられる場合があります。 ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます🍀 ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい✨ 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます💪

病院 クリニック 診療
  • 粉瘤

デリケートゾーンにできもの?突然身体に現れた粉瘤…原因は?手術で治る?詳しく紹介!

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です(*^_^*) 「デリケートゾーンに粉瘤ができた」「何科に受診したらいいの?」身体に突然現れる「できもの」はとても気になりますよね。 特にデリケートゾーンとなると、なかなか相談できず、悩んでしまう方も多いと思います。 この記事では、皮膚の良性腫瘍「粉瘤」について原因や見分け方、検査方法や気をつけることなどを細かくご紹介していきます。よければ参考にしてみてください。 デリケートゾーンにでき物ができた!粉瘤って? 女性のデリケートゾーンに出来るしこりは「粉瘤」(アテローム)と呼ばれ、女性特有のできものです。 デリケートゾーン部は分泌腺が多く、下着で擦れたりすると老廃物が溜まりやすくなります。 粉瘤は皮膚組織の下に、老廃物が溜まりしこり状のできものが発生するもので、良性腫瘍の一種です。 通常痛みはありませんが、炎症を起こすと痛みが出てきます。中心部に黒い点が見えるのが特徴です。 粉瘤ができる原因 粉瘤の内容物がアカや皮脂などの老廃物であることや、悪臭がすることなどか「不衛生」が原因と言われていますが、どんなに清潔にしていても体質でなりやすい人もいます。 炎症の主な原因は細菌感染であるとも言われていますが、ハッキリとした原因は明確になっていません。 また、きちんと治療しても繰り返したり多発する場合、その人の先天的な体質によるものが大きいです。 市販薬で治るのか 粉瘤は自然治癒することはなく、自分で治すことは不可能と言われています。 中の袋を取り除かない限り再発してしまい、まれに炎症を起こすこともあるため皮膚科を受診されることをおすすめします。 人によっては、針で刺して内容物を絞りだして一時的に治ったように見えるかもしれませんが、袋が残っている限り再発するといわれており、薬で治るということもないのだとか。 粉瘤の見分け方 デリケートゾーンのできものは、なかなか見分けがつかないものです。おできやニキビなど、初期の粉瘤と似ているところもあるため勘違いする方も多いです。 ここでは、粉瘤の見分け方をご紹介していきます。 デリケートゾーンのおできとの違い おでき(せつ)は、黄色ブドウ球菌などが毛穴とその周囲に細菌感染を起こすことによって起こります。 ブドウ球菌は皮膚につねにある細菌で、疲れやストレスなど、身体の免疫力が下がっている時に毛包炎が悪化しておできになるといわれています。 細菌に感染して炎症した粉瘤に似ているところがありますが、おできと違って粉瘤のしこりは突然できるものではありません。 おできは感染してから早いうちからしこりができて痛みが生じるため、徐々に大きくなっていく粉瘤とは過程が大きく異なります。 また粉瘤の場合は、開口部に黒い点があり、見分けるポイントの一つでもあります。 デリケートゾーンのニキビとの違い ニキビの主な原因は、毛穴にある皮脂腺から皮脂が過剰に分泌して毛穴が詰まることです。 ニキビと間違いやすいのですが、初期の粉瘤は触れると小さなしこりが感じられます。 見た目の変化はほとんどなく、この時点ではあまり自覚することがありません。 炎症が起きて赤く腫れてくると、ニキビだと勘違いすることがあります。 よく大きなニキビのようなものと勘違いされますが、粉瘤はニキビと違い放置していても治らないといわれています。 また粉瘤は、毛穴以外の場所にもでき、大きくなりやすいのが特徴です。 またニキビは市販薬でも治る可能性はありますが、粉瘤は薬で治ることはないといわれています。 何科で受診したら良いの? 「患部を見せるのが恥ずかしい」という場合には、女性医師が担当している皮膚科や 個室診療を行っているクリニック・医院がおすすめです。 皮膚科の受診で、粉瘤がどうかの判断が可能です。 ただ粉瘤は手術が必要となるため、粉瘤手術を行っている皮膚科を受診するのがいいかもしれません。 診察の流れ 気になる部分が粉瘤であるかどうかを診察します。 また直径の大きさにより手術が変わってくるため、大きさや部位を確認します。 大きな粉瘤でも日帰り手術が可能です。手術は5〜10分程度、長くても20分を超えることはほとんどありません。 検査方法 粉瘤はくりぬき法または切開法という手術法を用いて摘出することが多いのだとか。 切開法は、粉瘤の手術として一般的な手術法で、紡錘形に皮膚を切開をして摘出します。 袋状の組織ごと丸ごと摘出するので取り残しがなく、再発することがほとんどないと言われています。 くり抜き法(へそ抜き法)は、パンチのような型抜きを使って粉瘤の中心に小さな穴を空け、袋と一緒に粉瘤を取り出します。 炎症などによって袋が破れやすくなっている場合、内容物を絞りだしてから、丁寧に袋も一緒に取り除きます。 傷跡が小さく、縫合もしないため、通院日数も少なく患者さんの負担を軽減できるメリットがあります。 最近ではこのくりぬき法が一般的になってきているのだとか。 粉瘤を悪化させないように気をつけること 角質が厚くなると、分泌腺に蓋が出来てしまい滞った状態になりやすいです。 皮膚表面を普段から清潔にしておくことを心がけましょう。 また、予防としては下着を擦れにくいものに変えることや、過度の刺激を与えないよう気をつけることが大切です。 石鹸で洗いすぎない 普通の石鹸やボディソープは洗浄力が強く、デリケートゾーンのバリア機能を果たす良い菌まで殺してしまいます。 日頃からデリケートゾーンを清潔にすることは大切ですが、強い力でゴシゴシ洗ったり爪を立てて洗ったりするのはよくありません。 特にトラブルのある時は、石鹸やボディソープも刺激になることがありますので、ぬるま湯で流すだけで十分です。 通気性のよい下着を選ぶ デリケートゾーンは蒸れやすいため、通気性が良い清潔な下着を着けましょう。 また、締め付けるタイプの下着も肌は刺激を受けやすいです。 長時間のデスクワークや蒸れやすく締め付けられる下着を避け、患部を清潔に保つなどのケアが必要です。 生理用ナプキンやおりものシートの使用は、必要な時だけ使用すること。 保湿をする 保湿はとても大切で、保湿を怠るとシワやたるみが出て劇的に老化が加速します。 肌の乾燥が進むことで、守ろうと角質が必要以上に厚くなったり、かゆみやにおいもキツくなっていってしまいます。 デリケートゾーン専用のもので刺激の少ないものを選び、しっかり保湿を心掛けましょう。 専用石鹸で膣付近を清潔にしてから、専用オイルや保湿クリームやを使うのが効果的です。 【まとめ】デリケートゾーンの粉瘤は早めの受診を ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ デリケートゾーンの『粉瘤』についてまとめてみました。 陰部のできものは、皮膚の中に老廃物や粘液が溜まっている可能性があるといわれています。 現時点で痛みなどの症状がなくても、悪化すると痛みが出たりどんどん大きくなると言われています。 大きくなると、手術による術跡や費用も掛かってくるため、不快な症状や日常生活に支障がきたす前に早めに医療機関に行くことをおすすめします。 ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 粉瘤診療・処置とは異なりますが、ジャンルとしては同じです。 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪