トップ デリケートゾーン
女性 スーツ オフィス
  • デリケートゾーン
  • フェムテック

膣のトリートメントとは?美容のケア方法など内容を把握しておこう

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です。 美容について、女性はいろいろ情報収集しておくのが大事です。美容に注意しておくことで、乾燥や肌荒れなどのトラブルを防ぐことができ、体が良い状態を保ちやすくなります。いろいろな部分をケアする必要がありますが、その中でも膣についてもトリートメントなどをしておくのは重要です。 ただ「膣のトリートメントの効果とは?」「美容ケアのいい方法とは?」と疑問を感じる場合もあるはずです。膣のトリートメントについて内容を紹介しましょう。 膣のケアはどのように行うことができるのか? 膣のケアはとても重要です。膣が緩んでくると尿漏れ、またはおりものによる皮膚のトラブルなど、様々な症状が出てくるため、ケアする必要があります。ただ、膣のケアについて、どのように行うことができるのか把握しておきたい人もいるはずです。膣ケアについて以下の点をチェックしてください。 膣トレーニングを行う 膣ケアとして、トレーニングを行うことができます。膣トレーニングを行うことで骨盤底筋の緩みを改善でき、尿漏れなどのトラブルを改善できる見込みがあります。膣トレは、いろいろな方法があり簡単に行うことができるので毎日意識して行うことが大事です。 例えば、1つの方法として ・かかとをつけて足を90度開く ・息を吐いて足を脱力する ・息を吸いながら、内もも同士を合わせるようにキュッと引き上げる ・5秒以上キープする があります。 他にもスクワットや膣トレのアイテムやグッズを使用して、骨盤底筋をトレーニングできるため、自分のやり方で行うことが可能です。骨盤底筋をトレーニングするなら、ダイエットにも効果があり、スタイルアップを行うこともできるため、美容としての効果も期待できます。もし、加齢や出産後の膣の緩みなどを感じているなら、膣トレを行うようにしてみましょう。 デリケートゾーンを綺麗に洗う 膣ケアをするときは正しく洗うことも重要です。デリケートゾーンは尿やおりもの、汗などが混ざった恥垢が溜まりやすく、汚れをしっかり落とさなくては雑菌が繁殖して皮膚トラブルを引き起こす可能性があります。デリケートゾーンの皮膚は刺激に弱い部分になるため、ゴシゴシ洗うのはNGです。 傷付けないように、優しく注意しながら指で洗うようにすべきです。また、膣の内部まで洗い過ぎると自浄作用にも影響してしまうため、深く洗い過ぎるのは避けておく必要もあります。しっかりデリケートゾーンを洗うことができれば、雑菌によるムレが無くなるため悪臭を発生させるニオイの予防になります。 デリケートゾーンの保湿も行う デリケートゾーンは正しく洗った後は保湿を行うことも重要です。保湿しないと乾燥によって痛みや痒みなどを生じさせてしまい、生活に支障が生じるケースもあります。特に、ナプキンの擦れに敏感な方や脱毛などを行っている人は刺激を感じやすいため、洗ってそのまま放置しておくのは避けておくべきです。 また、更年期を迎えた女性の場合は閉経などが原因になって、膣やデリケートゾーンが乾燥しやすくなることもあります。女性ホルモンの減少なども重なって急に乾燥がひどくなって痒みや痛みを引き起こすこともあるため、しっかり保湿を行うのは重要です。 デリケートゾーンの保湿は、ワセリンやクリームオイルを使用するのが基本です。ワセリンを使用する際は、天然成分の石油を精製した保湿剤がおすすめです。赤ちゃんにも使用できるワセリンは刺激が少ないため、肌が敏感な人でも利用できます。 また、保湿クリームは天然植物由来の成分が配合されていると、肌に優しいので副作用が出るリスクも軽減できるでしょう。毎日お風呂上がりなどに、デリケートゾーンの保湿を行うようにしてください。 膣マッサージを行う 膣美容法として、マッサージを行うことも可能です。膣マッサージは膣の中とまわりを含むデリケートゾーンをオイルマッサージをして健康や美容に役立てることです。 マッサージすることで筋肉がほぐれるため血流が良くなり、生理時の痛みの軽減、また尿漏れ予防やたるみ効果を行えます。膣マッサージをすると適度な刺激のよって潤いもでてくるため、保湿ケアとしても期待できます。 ケアのポイントとして、まずお風呂上がりの清潔な状態の際に行うようにしましょう。使用するオイルは、刺激性が低い天然由来成分が含まれていることを確認してください。その後は人差し指や中指に塗って馴染ませていき、指を使用して優しく撫でるようにします。 膣の中は指の第一関節か第二関節までにしてゆっくり入れて、優しくほぐすようにしましょう。しっかりマッサージを行うと、体に良い変化を得ることが期待できるでしょう。 ヒアルロン酸注入を行う 膣が緩んでいることに悩んでいるなら、ヒアルロン酸の注入も考えてみることが可能です。ヒアルロン酸を注入することで物理的に膣内を狭くする即効性があるため、尿漏れを防ぐなどの効果を得られます。そして、施術時間は15分程度で終わり長くはないため、忙しい人でも膣の改善として考えてみることが可能です。 ただ、ヒアルロン酸の注入は費用がかかり、料金相場は15万円前後になっています。予算をしっかり計算して生活に支障が出ないようにすべきです。また、永久的な効果ではなく一時的なので、時間が経過すると元に戻ってしまう可能性もあり、1回の施術で効果を得られないケースもあります。 痛みを経験する可能性もあるなどリスクもあるため、医師と相談した上で注入すべきか考慮しましょう。 ホルモンバランスを整える 膣ケアとしてホルモンバランスを整えることも重要です。膣内は酸性に保つことが重要であり、膣内のデーデルライン桿菌と呼ばれる乳酸菌の一種が、良い環境を維持するよう働きます。ただ、デーデルライン桿菌はホルモンバランスが関係しており、乱れると減少してしまうため注意しなくてはいけません。 ホルモンバランスの乱れは主に自律神経であり、大きなストレスを受けるとバランスが崩れてしまいます。そのため、自律神経が乱れないようにストレスを定期的に発散しておくようにすべきです。 また、自律神経は不規則な生活で乱れる場合もあるため、睡眠時間や食事の取り方も注意しておきましょう。しっかり自律神経を整えれば、膣内環境にも関係するのでチェックしてください。 【まとめ】膣のトリートメントをしっかり行おう 膣は女性の体調に関係するため、しっかり美容やケアを行うのが重要です。特に、加齢や妊娠、出産などの影響により、乾燥しやすくなるなど変化することがあるため、保湿やトレーニングはポイントを押さえて毎日行うのがおすすめです。ぜひ、今回の記事を考慮して今から始めてみましょう。 ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

女性 草原 夕日
  • デリケートゾーン

デリケートゾーンってどこ?vioのケアや毛の処理が一般的になりつつあるらしい!

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です。 「デリケートゾーン」という言葉は一般的に使われる言葉になってきましたが、デリケートゾーンについてまだまだ知らない方がいると思います。そんな方に向けてデリケートゾーンはどこのことなのか、どこからどこまでがデリケートゾーンなのかを解説していきます。また、保湿クリームはデリケートゾーンのどこまで塗ったら良いのか曖昧な方もいると思うのでその点についてもお伝えしていきます。 デリケートゾーン?vioってなに?ハイジニーナは快適! デリケートゾーンは女性の陰部周辺のことで、名前の通りとてもデリケートです。皮膚もとても薄く、かゆみや蒸れ、乾燥などの不調も起こりやすいです。 また、VIOも女性の陰部周辺のことを指します。VIOの脱毛に行っている方はご存じだと思いますが、毛が生えていて非常に蒸れやすい部位です。Vはビキニラインのことで、立ったときにそのまま見える表面の毛が生えている部分のことをいいます。Iは陰部の大陰唇とそのサイドに毛が生えている部分。立った時には見えない部分です。Oは肛門を囲むように毛が生えている部分です。 女性器のそれぞれの名前 女性器の一番外側にある毛が生える部分を「大陰唇」と呼びます。大陰唇よりも内側は粘膜になっており、とてもデリケートです。大陰唇より内側にある膣の入口を守るようについているひだは「小陰唇」といいます。膣の入り口を膣口と呼び、膣口の上にクリトリスがあります。より下、後ろ側へ下がると肛門があり、肛門と膣口の間が会陰部です。 ハイジニーナのメリット ハイジニーナとは、VIOの毛が一切ない状態のことをいいます。毛を全部無くすことで、蒸れやニオイの軽減、排せつ物が付かなくなるので過剰に拭き取ったりしなくても良くなります。また、毛の処理をしなくても良くなるのでカミソリによる刺激がなくなります。そのため、カミソリ負けしたり、肌へのダメージが蓄積されることが減り、衛生的にも日々のケアもとても快適な状態になります。「わかるけど全部無くす勇気は無い・・・」そんな人は、見えているVラインだけを残し、V以外のIとOだけでも脱毛することをおすすめします。 デリケートゾーンのケアはどこまで?ケアするとかゆみや黒ずみが改善するかも! デリケートゾーンはしっかりと洗ったほうが良いとか、保湿クリームを塗ると良いと言いますが、どこまで洗って保湿したら良いのかわかりにくいですよね。今回は細かく洗うべき場所や保湿するべき場所をお伝えしていきます。 デリケートゾーンの洗い方 デリケートゾーンを洗う際は、熱すぎないぬるま湯で行いましょう。実際に洗う場所や順番をお伝えしていきます! デリケートゾーン全体をお湯ですすぐ 専用のソープを手に取る(よく泡立てる) 会陰部、大陰唇、大陰唇と小陰唇の間、肛門を指の腹で優しく洗う すすぎ残しがないようにしっかりと石鹸を落とす もし、デリケートゾーン専用のソープを使わずにお湯のみで洗う方()は2を飛ばしてください。ボディソープでデリケートゾーンを洗うのはやめてください。洗いすぎて必要なものまで落としてしまうので乾燥などの不調が起きやすくなります。また、膣口や腟内は、あまり洗わなくても良いです。膣口はお湯でサッとすすぐだけで十分です。膣内は洗わないようにしましょう。膣は自浄作用があるため、洗わなくても問題ありません。 デリケートゾーンの保湿クリーム デリケートゾーンも顔や手、足のように乾燥します。デリケートゾーンの方がより乾燥しやすいので、保湿はしっかりと行ってもらいたいです。デリケートゾーンを保湿するときの手順を細かくお知らせします。 デリケートゾーンを洗って清潔な状態にする 自身が使う製品が推奨している量を手に取る(表示がない場合はパール程) 大陰唇と肛門周りに塗り込む 基本的に保湿は粘膜部分に塗らないでください。商品によっては腟内まで塗るようなオイルもありますので、パッケージ裏などに記載されている使用方法に従いましょう。記載されておらず「デリケートゾーンに塗る」と書かれている場合は毛が生えている大陰唇周りに塗布し、粘膜は避けましょう。 デリケートゾーンの保湿用クリームや美容液は、デリケートゾーンの悩みにアプローチしてくれる有効成分が配合されているものを選ぶのがおすすめです。黒ずみが気になっている方は、美白効果が期待できる「ビタミンC誘導体」や「ハイドロキノン」などが配合されているものを選ぶと良いです。デリケートゾーンの臭いが気になっている方は殺菌作用のあるものや、PHバランスを整えてくれる効果が見込める製品を選びましょう。 デリケートゾーンに負担がかかる!NG行動 デリケートゾーンに負担がかかってしまうNG行為をまとめます。今まで行ってしまっていた方は、できるだけしないようにしましょう。 かゆみやかぶれを放置 生理の度に不調が起きる ゴシゴシとこするように洗う 腟内まで洗う 掻きむしる 毎日VIOの毛を剃る 生理が来る度にかぶれやかゆみが起きるけど仕方ないと思って放置している方はダメージを蓄積させているかもしれません。ダメージが蓄積されると黒ずみだったり、かゆみが頻繁に起きてしまう可能性があるので、早めに対策をしましょう。ナプキンをオーガニックのものに変えたり、経血カップを使用すると肌への負担を減らすことができます。また、ナプキンを長時間つけっぱなしにしないのも大切です。 膣を洗いすぎると良くありません。ゴシゴシと洗うと摩擦が起きてしまい、色素沈着を起こすことも。腟内まで洗うのも、自浄作用を弱めてしまうので、膣が細菌に負けてしまったり、バランスが崩れてカンジダ症になってしまう可能性も考えられます。 毛を剃るのは皮膚が分厚い部分でもダメージになります。それがデリケートゾーンという皮膚が薄い部分ならなおさらダメージに繋がります。毎日VIOのケアをするなら、脱毛してしまうのがおすすめです。脱毛の予定が無い方は頻度を減らしたり、できるだけダメージがかからないように剃るようにしてくださいね。 【まとめ】デリケートゾーンは女性器全体!正しくケアしよう デリケートゾーンは女性の性器全体を指します。似た言葉にフェミニンゾーンがあります。フェミニンゾーンは女性特有の部位を指すのでデリケートゾーンだけではなく、バストも含まれます。本記事ではデリケートゾーンを洗う場所はどこまでなのか、どこまで保湿するのかを解説させていただきました。今まで洗いすぎていた方や保湿しすぎていた方は是非参考にしてくださいね。また、デリケートゾーンのケアを始めるのは早ければ早いほどよいです。そのため、今は若くてなんの不調も無い方も年齢とともに黒ずみや乾燥が出たりする可能性があります。今からでも正しいケアを行ってください。 ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

女性、驚き、ロングヘア
  • デリケートゾーン
  • 生理

デリケートゾーンにできる水ぶくれはかゆみがあっても掻きむしるのはダメ。

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です。 デリケートゾーンに小さい水ぶくれが1個〜数個できるのは小水疱かもしれません。性病ではない場合は1時的に皮膚がただれてしまっていることが考えられますので、あまり考え込みすぎないようにしてください。 水ぶくれができたときに限らず、デリケートゾーンや肌を掻きむしるのは良くありません。掻きむしることで皮膚に傷ができてしまいます。かゆみやかぶれは皮膚の状態が良くないことを表しています。状態が良くない皮膚を掻きむしって傷をつけるのは当然良くないですよね。そのため、もし水ぶくれやかゆみが出たときは本記事を参考にしてくださいね。 デリケートゾーンの水ぶくれなどかゆみの原因まとめ デリケートゾーンに水ぶくれができると、ヒリヒリとした痛みを感じたり、強いかゆみを感じます。デリケートゾーンに辛い水ぶくれができてしまう原因は次のとおりです。 生理用品でかぶれる 下着でかぶれる アレルギー ナプキンによっては化学物質が使われているものや擦れやすい形状だったりあります。そのような生理用品を使い、デリケートゾーンがかぶれた状態になってしまい、水ぶくれになってしまうことがあります。デリケートゾーンは手や足などの皮膚の何倍も吸収力が高いです。そのため、長時間ナプキンをつけっぱなしにしていると粘膜から化学物質を吸収してしまい、皮膚に負担がかかってしまうこともあります。 サイズや素材がデリケートゾーンの肌に合っていない場合は下着でもかぶれてしまうことがあります。デリケートゾーンは汗やおりもの、尿などでとても蒸れやすいので、通気性の良くない下着だと、かぶれてしまい、水ぶくれができてしまうことも。また、通気性がよくても、クロッチのサイドにあるゴムの部分が擦れて刺激を受けてってしまう場合も考えられます。 使用する石鹸やクリーム、柔軟剤などにアレルギー反応が出る物質が含まれていた場合も水ぶくれができてしまいます。デリケートゾーンにのみ水ぶくれが出た場合は、デリケートゾーン専用の石鹸や、クリームにアレルギー反応が起こっているかもしれません。体全体の皮膚に異常が出る場合は他のものにアレルギー反応が出ている可能性があります。 陰部の肌トラブルが起きないために気をつけること 水ぶくれ以外にも陰部の肌トラブルが起きないために気をつける点は次のとおりです。 痛みやかゆみを放置しない 清潔にする サイズの合った下着をつける 生理中のかぶれを予防する 健康的な生活習慣に気をつける デリケートゾーンにヒリヒリとした痛みがある場合は既にかぶれている可能性があります。かゆみが発生している場合も、原因を探してかぶれてしまう、かゆみが発生してしまう要因を探して取り除きましょう。考えられるのは洗いすぎや、洗浄力の高すぎる石鹸を使っていることです。熱すぎないお湯やデリケートゾーン専用の石鹸で洗うべき場所だけ洗うようにしましょう。まれに腟内までしっかりと洗っている方がいますが、膣内は自浄作用で守られているので、洗わないほうが良いです。 生理が来る度にかぶれてしまう方は、ナプキンを頻繁に変えるようにしたり、使うナプキンを変えましょう。普段使っているナプキンではなく、オーガニックナプキンに変えて見るだけで違いが出ることがあります。とても敏感肌な場合は経血カップなどを使用しましょう。他にも布ナプキンなど、とにかく化学物質をあまり使っていないものがおすすめです。 デリケートゾーンにだけ気を使っていても健康状態が悪いとかぶれやすくなったり、生理痛が重くなったりします。そのため、バランスの良い食事としっかりとした睡眠、適度な運動をしましょう。また、頻繁に尿もれを起こしてしまい、かぶれやすくなる方はデリケートゾーンがゆるんでいるかもしれませんので、ゆるみを解消しましょう。 性病にも十分に注意が必要 カンジダ症や、性器ヘルペスは水ぶくれやかゆみがでることがあります。性病に感染しないためにコンドームの使用を必ず行いましょう。性病かもしれないと思った場合はできるだけ早く病院に行きましょう。 デリケートゾーンの水ぶくれを市販薬で対処できる? デリケートゾーンに水ぶくれができてしまった場合は原因を探すと同時にすぐに対処するようにしましょう。ナプキンや下着によるかぶれが原因でデリケートゾーンに肌荒れが起きている場合は、市販薬の使用でも効果が見込めます。しかし、原因がよくわからず、とりあえず市販薬で済まそうとするのはおすすめできません。ぶり返すことも考えられますし、原因を取り除かないと解決ができません。 効果が見込める市販薬 デリケートゾーンのかぶれやかゆみに効果が見込める市販薬に「フェミニーナ軟膏」があります。フェミニーナ軟膏は有名で、かゆみを抑えるのに効果が期待できます。また、どこの薬局にも置いているくらい一般的なので安心感もありますね。 デリケアエムズは、炎症やかゆみを抑える効果が期待できます。CMでも有名ですね。下着による擦れや、汗などによるムレが原因のかゆみに対応しています。 症状が酷いと受診しよう 水ぶくれがたくさんできていたり、皮膚がただれていたりする場合は婦人科を受診することを考えてください。デリケートゾーンのかゆみやかぶれは女性なら起きてしまいがちですが、水ぶくれやただれは少し症状が酷いです。1時的に起きている症状かもしれませんが、病院で処方してもらえる薬のほうが市販薬よりも効き目が高いです。水ぶくれやただれなどのつらい症状はできるだけ早く改善できるように病院を検討しましょう。 【まとめ】デリケートゾーンの肌荒れ受診に迷ったら婦人科に デリケートゾーンの水ぶくれはとても辛いですよね。水ぶくれが破裂してしまったり歩く度に擦れてヒリヒリと痛みを感じたり。特に生理用ナプキンを使い始めたばかりの中学生はデリケートゾーンに悩みがあっても人に言いづらいですよね。しかし、炎症や水ぶくれは治っても黒ずみの原因になってしまう場合があるので、症状によっては早めに病院に行きましょう。病院に行くときは皮膚科よりも婦人科がおすすめです。婦人科はデリケートゾーン周りから腟内まで幅広く対応してくれているので、安心して婦人科を受診してください。デリケートゾーンに水ぶくれができてしまうと不安な気持ちだったり、ヒリヒリとした痛みでどうしたら良いかわからなくなりがちですが、落ち着いて原因を探して、皮膚の対処を行いましょう。 ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

雪だるま 雪 木
  • デリケートゾーン
  • 生理

生理中でも快適に過ごしたい!少しでも快適にするおすすめの方法とは?

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です。 生理は女性に毎月訪れて不快感や痛みをもたらします。ナプキンをつけないといけなかったり、頻繁に交換しにお手洗いに行ったり。ナプキンでかぶれてしまいデリケートゾーンにかゆみが起こることもしばしば。加えて生理痛でお腹や頭も痛いという方もたくさんいます。そんな方は当然生理中は快適に過ごしにくいですよね。生理中でも快適にすごしたいと思っている女性に向けて気をつけると良い点を紹介していきます。生理が辛そうなパートナーや友達をサポートしてあげたいと思っている男性も参考になると思うので是非読んでくださいね。 生理痛が辛い!みんなどんな症状?我慢するしかないの? 生理中に起こる不調でたくさんの方が感じている症状を次のとおりにまとめました。 下腹部(子宮)が痛い 胃の不調 頭痛 集中力が減る・ボーッとする 情緒が不安定になりやすい 肌が荒れやすくなる 食欲不振 眠れない、寝すぎる 体や顔がむくむ 体が重だるい 他にも紹介しきれていない症状がたくさんあると思いますが、上記が一般的に生理のときに起こりやすい症状です。生理痛と言われる下腹部の痛みは子宮が生理を排出しようと収縮したときに起こる痛みです。人によっては起き上がれないほどの痛みだったり、歩くのもしんどいと感じる方もいます。 生理中は眠さを感じたり頭がボーっとして集中力が欠落したりすることがあります。加えて体の怠さなどがあると学校や仕事などが思うようにできないこともあります。 また、生理中に食欲が増加する方もいれば食欲が全くなくなるという方もいます。このように生理痛の重さや症状は様々です。中には手足にしびれを感じたり鼠径部に痛みを感じる方もいます。 生理痛は本来、無いのが正常な状態です。血の量も寝ている間に昼用ナプキンで事足りるのが健康な状態です。夜用ナプキンでも漏れてしまう方や、タンポンとナプキンを使っても血が漏れてしまうことがある方は注意しましょう。 なにかの病気が隠れていたり、健康状態が良くない可能性があります。ベッドから起き上がれないほどの生理痛や、集中力が全くなくなってしまうという方は我慢しすぎずに病院へ受診しましょう。鎮痛剤を処方してもらえたり、病気の検査をしてもらえます。病気が隠れている場合は早期発見が回復への近道なので怪しいと思ったら受診すると良いです。 生理中の過ごし方・気をつける点はこれ! 生理中の過ごし方で気をつけて欲しい点を紹介します。 体を冷やさない 無理に動かないようにする デリケートゾーンの肌に気を使う 長時間ナプキンが変えられない状況を避ける 痛みがひどい場合は鎮痛剤に頼る 油や塩気が多すぎる食事を控える しんどいと思ったら休む 生理中は子宮周辺を中心にして体全体を冷やさないようにしましょう。子宮が冷えると生理を排出する際の収縮がスムーズに行われず、痛みが強くなってしまう場合があります。そのため腹巻きを活用したりカイロを腰や下腹部に当てると良いです。また、冷たい食べ物や冷たい飲み物で体の内側から冷やすのも良くありません。内蔵が冷えると動きが鈍くなってしまったり、胃に負担がかかってしまうこともあります。特に生理中に胃の不調を感じる方は冷たい飲み物、食べ物を控えるようにしましょう。 生理中はナプキンを長時間肌に当てるため荒れやすい状態になります。また、デリケートゾーンは名前の通りデリケートな部分なのでしっかりと対策を行いましょう。オーガニックでできたナプキンは肌があれにくくなるため、肌が弱い方、生理のたびにかぶれる方におすすめです。経血カップというシリコンでできたカップのような形で膣内に挿入して生理をカップ内に溜めておく生理用品もあります。皮膚に負担がかかりにくいためこちらもおすすめです。 生理痛や頭痛がひどい場合は我慢しすぎずに薬を服用しましょう。中には生理痛で気絶をしてしまう方もいるので、痛みが強いなと感じたら服用するのがおすすめです。予定がある場合や、痛みに弱い方は特に鎮痛剤を使用すると良いです。毎月訪れる生理のために自身に合っている鎮痛剤を探すのも良いです。胃に優しい鎮痛剤だったり、すぐに効果が見える鎮痛剤などがあります。 生理中に気をつけてほしいのが食事です。油分が多すぎるものや味付けが濃く塩気が多いものは良くありません。胃の状態を悪くしてしまったりむくみを引き起こしてしまうこともあります。また、カフェインもあまりおすすめできません。血管収縮を引き起こす可能性があるため、飲みすぎないようにしましょう。バランスの取れた温かい食事をしっかりと食べるのが最善です。しんどい場合はスープだけなどでも大丈夫です。 最後の項目で紹介した「しんどいと思ったら休む」というのが特に大切です。学校だったり仕事だったりでなかなか休みにくい状況があると思いますが、しんどいのに無理して頑張りすぎてしまうと体にも負担がかかりますし、つらい思いをしてしまう場合があります。そのため、しんどいと思ったら予定をキャンセルしたり、頼れる方に話しておくなどすると良いかも知れません。キャンセルできない場合や誰かに相談できない方は鎮痛剤を忘れないようにしてくださいね。 【まとめ】生理中も自分の気持ちに正直になるのが大切! 生理中は眠気がひどかったり食欲が旺盛になったりしてしまいます。そんな方はいつもより多めに寝てしまったり食べてしまっても良いかも知れません。生理中はただでさえ精神状態が荒れやすい状態なので我慢しすぎるとよりストレスを感じてしまう場合もあります。しかし、あまりにも長時間寝たり、暴飲暴食を行うのは良くありません。食欲が高すぎる場合は食べる量よりも食べる内容に意識を向けるようにしましょう。スナック菓子をフルーツやナッツに変えてみたり、インスタントラーメンをスープに変えるなどすると良いです。 生理中は快適に過ごすのが難しいですが、できるだけ不快感を取り除いたり対策を立てたりして、ストレスがかからないようにしましょう。何度も言っていますが我慢し過ぎは本当に良くありませんので鎮痛剤に頼ったり休んだりして自分を大切にしてくださいね。 ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

コーヒー 白 花 おしゃれ
  • デリケートゾーン

デリケートゾーンの黒ずみの原因は?ケア方法や予防法はある?

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です(*^^*) デリケートゾーンの黒ずみはvio脱毛でハイジニーナにしたときに知ってショックを受ける方がいます! 陰部は普段からあまり見えない部位ですのでなかなか黒ずみに気づきにくいので、放置してしまいがちです。しかし、早いうちにケアする方が良いので見たことが無い方は一度確認してみてください。 デリケートゾーンの黒ずみの原因として考えられる要因や、既にできてしまっている黒ずみを少しでも改善する方法を紹介します。黒ずみが気になっている方は黒ずみの原因になる行為を減らし、対策方法を行ってみてくださいね! デリケートゾーンの黒ずみで考えられる原因は? デリケートゾーンの黒ずみで考えられる原因は「肌への刺激」です。肌は刺激を受けると守るためにメラニン色素を作り出し、黒ずみになります。肌にできるシミやそばかすもメラニン色素が原因です。デリケートゾーンの黒ずみはメラニン色素が色素沈着を起こしているため全体的に黒くなってしまいます。日々の習慣で実は刺激になってしまっている行為をまとめました。 トイレで強く拭き取る 下着がこすれる 掻きむしる ナプキンとのこすれ 蒸れや乾燥などの肌荒れを放置 アンダーヘアを頻繁に剃る このような行為以外にもデリケートゾーンが擦れたり、痛みを感じる行為は少なからず肌に負担がかかり、黒ずみの原因となってしまいます。他にもサドルが鋭利な自転車に頻繁に乗っている方や、お風呂上がりに雑に拭き取ってしまっている方はそれも原因の1つになることも。 デリケートゾーンへの刺激が1番の要因ですが不規則な食生活や睡眠不足、運動不足も直接的ではありませんが体全体の肌へ関係があります。他にもホルモンバランスの乱れなどで肌のターンオーバーが乱れてしまい、肌に不調が起きやすくなってしまうこともあります。 黒ずみを自力でケアしたい!予防できる対策方法は? 黒ずみを自力で改善、予防する方法を2つお伝えします。セルフケアなうえ、肌なので劇的な変化を短期間に得られるようなものではありませんが、コツコツとケアを続けていると予防にもなりますし、改善が期待できることもあります。 デリケートゾーン肌への刺激を減らす 黒ずみを予防するためにデリケートゾーンの肌への刺激を減らしましょう。既に黒ずみができてしまっている方もこれ以上悪化しないように、改善しやすくなるように下記を参考にしてみてください。 トイレットペーパーは抑えるように拭く 下着は柔らかく、合っているサイズを 蒸れやかゆみが出たら放置せずにケアをする 肌に負担がかかりにくいナプキンを使う 永久脱毛、美容脱毛に通う 最後の脱毛に通うのは金銭面的に難しい場合がありますが、蒸れやかゆみが予防できるため、おすすめです。ムダ毛を自己処理するときは、滑りを良くしてから剃ったり、肌に負担がかかりにくい方法で剃るようにしてください。また、ナプキンで陰部の肌荒れが起きてしまう方はオーガニックナプキンだったり、経血カップを使用したりしましょう。生理が来るたびに肌荒れを起こしていた方は、ナプキンを工夫するだけで改善することがあります。かぶれや掻きむしったりするのは肌への負担がとても大きいのでかきむしらないようにして、正しいケアをしましょう。 有効成分が配合されたデリケートゾーン専用クリームなどでケア デリケートゾーンも手や足、顔のように保湿をすることで不調を予防することができます。デリケートゾーンは他の部位に比べて摩擦が多いため乾燥しやすいです。そのため、デリケートゾーンこそしっかりと保湿すると良いです。 また、デリケートゾーンは手や足などの肌に比べて吸収率が格段に高いです。そのため、安全性を求める方はデリケートゾーン専用の石鹸、保湿クリームを使用することがおすすめです。また、デリケートゾーンを洗うときはボディソープなどでゴシゴシ洗わず、専用の石鹸や熱すぎないお湯で優しく洗いましょう。洗うときは指の腹を使って傷つけないようにしましょう。 デリケートゾーンのクリームには、黒ずみに効果的な有効成分が配合されたものを使うと良いです。有効成分とは美白効果の期待できるビタミンCやハイドロキノンなどです。 黒ずみ解消に効果が期待できる市販製品 黒ずみ解消に効果的な有効成分が配合されたデリケートゾーンクリームをお風呂上がりの清潔な肌に塗布することで改善が見込めます。 イビサクリーム イビサクリームはvio用のクリームとしてとても有名で高い人気があります。美白効果の期待できるトラネキサム酸が配合されているので黒ずみケアに効果が期待できます。また、イビサクリームは定期便で購入するとお得になるので、継続してケアを行うためにも定期便がおすすめです。 ホワイトエッセンスforデリケートスキン ホワイトエッセンスforデリケートスキンは、脱毛で有名なミュゼが出しているデリケートゾーン用美容液です。ビタミンC誘導体が配合されているため美白効果が期待できます。また、無添加なので敏感肌の方でも安心して使用できます。 NATURECO デリケートゾーン ホワイトクリーム NATURECO デリケートゾーン ホワイトクリームは100グラムで2480円ととてもリーズナブルなのが魅力的です。トラネキサム酸と、グリチルリチン酸ジカリウムが配合されており、黒ずみに効果が見込めます。また、1万本以上も売れている商品なので実績があり、安心できます。安くて、有効成分がしっかりと配合されているクリームがほしい方におすすめです。 すぐに黒ずみをなくしたい方はクリニック! 紹介した黒ずみを改善、予防する方法の2つは長期的にケアを続けることで効果が見込めます。しかし、黒ずみをすぐにでもなくしたい方や、毎日ケアを続けるのがしんどい方はクリニックでレーザー治療を行うことがおすすめです。 美容クリニックなどで黒ずみ改善のためのレーザーを受けると10万円ほどかかるところが多いですが、すぐに黒ずみが改善されます。また、レーザーを照射できる部分はIラインとOライン、乳輪などに対応しています。 【まとめ】黒ずみは毎日ケアを行うことが大切! 黒ずみは毎日しっかりと保湿を行い、刺激にも気をつけることが大切です。また、人によっては性行為によって黒ずみができると考えている方がいますが、実はデリケートゾーンの黒ずみと性行為の回数は関係がありません。性行為中に黒ずみができるかもと気になってしまう方はローションを使用しましょう。今回の記事が女性の悩み解消の参考になれば幸いです。 ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

女性 ロードトリップ  車
  • デリケートゾーン

デリケートゾーンのたるみが20代から出現!?

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です🐈🎵 年齢とともに肌のたるみは現れますが、中には20代という若い時期にたるみがみられる方がいます。デリケートゾーンの皮膚にたるみが現れるとパートナーとの行為に消極的になってしまったり自信がもてなかったりしますよね。また、たるみによってシワができた場合は十分に洗うことが手間になってしまうこともありますよね。そんな方に向けて対策や予防方法をお伝えしていきます。 デリケートゾーンのたるみの原因は?20代からも現れるの? デリケートゾーンのたるみの原因は2つあります。2つとも肌がたるんでしまうことは同じなのですが原因に違いがあるため、お伝えします。考えられる原因は下記の2つです。 生活習慣や加齢によってたるむ 出産によってたるむ 2つの項目に分けて紹介していきます。 生活習慣や加齢によってたるむ 普段からしっかりと運動を行っていないとデリケートゾーン周辺の筋肉が減っていきます。筋肉が減ってしまうのもたるみの原因に繋がります。また、筋肉が減るとハリも減るのでたるみに繋がっている可能性もあります。 乱れた食生活を送っていると皮膚の健康が失われていきます。ハリを保てなくなったり乾燥したり。食生活が悪いと顔や足、手だけではなくデリケートゾーンの皮膚にも影響します。皮膚のハリを作るコラーゲンは年齢とともに減少していきます。そのため、加齢によって肌の弾力が失われデリケートゾーンがたるんでしまうことがあります。しかし、20代のうちからデリケートゾーンの皮膚がたるんでいる方は皮膚のハリがとても少ないことが考えられます。 出産によってたるむ 女性のライフステージの一つとも言える出産。出産は赤ちゃんの頭が膣を通って出てくるため当然皮膚や筋肉が引き伸ばされます。1度伸びた皮膚や筋肉は簡単には戻らないため、デリケートゾーンのたるみとなって現れます。また、出産を繰り返すことでよりたるみを改善するのは難しくなっていきます。出産によってデリケートゾーンが緩むとたるみ以外にも尿もれなどの悩みが出てくることも十分に考えられます。 大陰唇のたるみの改善方法は? デリケートゾーンのたるみを改善、予防する方法は2つあります。 生活習慣を見直して正しいケアを行う クリニックで直してもらう 1つ目の生活習慣を見直すのは気軽に始められるため、是非すぐにでも対策として行ってくださいね。肌の老化、たるみ防止以前に健康にも美容にも良いためデリケートゾーンのたるみに悩んでいない方も参考にしてください。 生活習慣を見直して正しいケアを行う デリケートゾーンのたるみが20代から出現している方は肌の健康状態が良くない可能性があります。また、運動不足な可能性も考えられるため肌の若々しさと運動習慣を加えることが必要です。 ビタミンを摂取する タンパク質をしっかりと摂る 適度な運動を継続して行う 質の良い睡眠を十分に取る 上記を意識して生活すると、健康や美容にも良いです。まず、ビタミン類は肌の老化を遅らせたり、美肌効果を期待できます。特に美容に効果的と知られているビタミンCは肌の新陳代謝を正常にしたり、毛穴、メラニンの生成を抑制してくれたりとたるみ以外にも効果があります。しかし、ビタミンCだけ摂っていても栄養が偏ってしまうため様々な種類のビタミンを摂取すると良いです。 タンパク質は肌や髪の毛、骨を作る元になる栄養分です。デリケートゾーンのたるみを防ぐためにタンパク質をしっかりと摂取して肌の健康状態を保つようにしましょう。まれに筋肉を付けたくないからタンパク質を摂取しないようにしている方がいますが肌や髪の毛のハリが失われやすくなってしまうため、おすすめできません。もちろんデリケートゾーンのたるみにも効果が期待できます。表面のたるみだけではなく、膣の筋肉のたるみに悩んでいる方にもおすすめです。 デリケートゾーンのたるみが20代から見られる方は今すぐにでも運動習慣を取り入れましょう。運動することによってコラーゲンの生成を促す効果が期待できるので、肌のハリアップに効果が期待できます。また、膣のたるみが気になっている方は足、腰回りを重点的に鍛えましょう。内ももや外もも、お尻の筋肉を鍛えることで膣も鍛えることができます。膣トレを行うのも良いです。膣トレとは膣の筋肉を鍛えることです。初めて膣トレを行う方は膣の筋肉の動かし方が分からずうまくできないかも知れませんが慣れると座っているときや立っているときも膣トレを行うことができます。また、膣トレはシェイプアップ効果や尿もれ予防効果も期待できるため、若いうちから行うのがおすすめです。 肌や筋肉を効率よく改善するためには、質の良い睡眠が欠かせません。眠っているときに筋肉の修復が行われたり肌に良いホルモンが分泌されたりするため、質の良い睡眠を必要な時間分確保するようにしましょう。 クリニックで直してもらう 膣のたるみやデリケートゾーンの表面の皮膚のたるみをすぐに改善したい場合や、セルフケアで頑張ってみたけど効果が見られない場合は医療の力に頼るのも良いです。膣のたるみ、緩みはレーザーなどを当てることで締まりを良くしたり、ヒアルロン酸などの薬剤を直接注入することでたるみ、ゆるみを改善したりする方法があります。 また、デリケートゾーンの表面の皮膚のたるみは美容クリニックなどで脂肪を注入してもらったり、皮膚の除去をしてもらう方法があります。この方法でデリケートゾーンのたるみをなおす場合は黒ずみや肥大などのその他の悩みまで相談すると解決できる可能性があります。 【まとめ】デリケートゾーンのたるみケアは20代から! デリケートゾーンのたるみが20代からみられることはあまり珍しいことではありません。しかし、対策は早いうちから行うほうが良いです。悪化を遅らせたり、たるみを予防することもできます。特に皮膚ではなく膣のたるみが気になっている場合はすぐにでも膣トレを行ってみてください。膣トレがわからない方はスクワットを行いましょう。筋肉は繋がっているので膣周辺の筋肉を鍛えることで直接ではなくても鍛えることができます。膣のたるみ改善以外にもたくさんのメリットがあるので悩みが無い方も参考にしてみてくださいね! ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

病院 クリニック 診療
  • 粉瘤

デリケートゾーンの粉瘤の原因とは?解決策も紹介

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です♡✨ デリケートゾーンに違和感があり、粉瘤ができていた場合は「なぜここにこんなものができているの?」「どうやって治療すればいいのだろう?」と感じる女性もいるでしょう。 デリケートゾーンに出来物ができると違和感を抱くことになり、生活の中で気になってしまいます。デリケートゾーンに粉瘤が生じてしまう原因は何か、またどのように対処すれば良いのか、今回の記事から紹介しましょう。 粉瘤デリケートゾーンの原因とは? 女性の場合、デリケートゾーンに粉瘤ができてしまうことがありますが、どのような原因で発生するのか確認しておくべきです。粉瘤が生じてしまうのは、本来なら皮膚から剥がれるはずの角質と皮脂が剥がれず、その間に良性の腫瘍が溜まってしまうことが原因です。 女性はデリケートゾーン部で分泌腺が多くあり、男性よりも老廃物が溜まりやすい箇所でもあります。女性の場合は下着で皮膚が擦れてしまうこともあり、それで角質が肥厚して老廃物が溜まってしまうこともあるようです。 老廃物が皮膚の中に溜まってしまうと、体は炎症を発生させて外部に排出させようとするため、デリケートゾーンに粉瘤が見られるようになります。特に股の部分は皮膚が薄いこともあり、炎症が大きくなると腫れ上がって激痛を感じることもあるため、早急に改善する必要性が生じることもあります。ちなみに、粉瘤のある皮膚の表面を開くと中には脂質や老廃物の塊が出てくるようです。 粉瘤は放置して置いても問題ないのか? 粉瘤ができてしまっても、あまり目立たないようなら放置することを考えるかもしれません。しかし、粉瘤をそのまま放置しておくのは、あまり良い方法とは言えません。なぜ、粉瘤を放置しておくのは良くないのか以下をご覧ください。 強い臭いを発生させる 粉瘤が出来たときに、そのまま放置しておくと強い臭いを発生させることがあります。粉瘤は角質や脂質の塊でもあるため、酸化すると炎症して膿が発生し、皮膚の開口部から強い臭いを発生させることがあります。 もし、臭いが発生するなら不快な気持ちになることはもちろん、周りの人からも臭いによって迷惑を被ることになるため、変な違和感があるなら改善するように動くのがおすすめです。全ての粉瘤が臭いわけではありませんが1つだけとは限らず、複数できるなら臭いが発生するリスクも高くなるでしょう。 大きくなる可能性もある 粉瘤は放置しておくと、どんどん大きくなってくることがあります。粉瘤がデリケートゾーンにできていても小さいなら、あまり気に留めずそのまま放置する女性もいるでしょう。しかし、粉瘤はそサイズに留らず、肥大化することがあり目立つ存在になってきます。 もし、肥大化してくると下着が擦れるときのダメージも大きくなり、炎症が酷くなって激痛に変わることもあります。場合によっては座ることも難しくなって、生活に支障が生じることもありえるでしょう。さらに、大きくなってから粉瘤を取り除こうとするなら、傷跡も大きくなる可能性があるため、早めに改善することがおすすめです。 デリケートゾーンの粉瘤を治療するためには? デリケートゾーンに粉瘤が生じた場合は治療することを考えるでしょう。ただ、粉瘤が生じたときに、どのように治療すれば良いのか知っておきたいでしょう。デリケートゾーンの治療法は以下の点をご覧ください。 市販薬など自分で治すことはできない ニキビなどの肌荒れは市販薬などを塗ることで、腫れを押さえて改善できることがあります。しかし、デリケートゾーンの粉瘤の場合は塗っても治すことができません。粉瘤専用の薬品はドラッグストアなどに置かれてはいなからです。 炎症を抑える似たような市販薬を見ることがあるかもしれませんが、むやみに使用すると悪化する可能性もあるため、やめておきましょう。また、自分で触って潰すなどの行為も傷ができて細菌が侵入し、化膿して強い痛みを引き起こすこともあります。より悪化することになるため、むやみに触らないようにしてください。 病院に行って治療する デリケートにできる粉瘤の治療は病院やクリニックに行くことがおすすめです。病院であれば適切な治療によって改善させることができるため、自分で何かするよりも安全安心です。デリケートゾーンの粉瘤治療は皮膚科や形成外科で行うことができ、手術をして取り除くことになります。 へそ抜き手術と言われるものが一般的であり、パンチと呼ばれる器具を利用して粉瘤に小さな穴を開けて粉瘤を除きます。手術と言っても時間はかからず20〜30分ほどで終わるため、心配はいりません。局部に麻酔をしてくれるため、手術の際は痛みを感じることもないでしょう。 粉瘤が無くなった後も大きくなく、少しニキビ痕のようなへこみができる程度です。手術の費用は保険が適用され、大体5,000円から15,000円ほどになります。治療薬や検査台などは別途必要になりますが、高額ではないため安心です。術後は3日ほど通院して経過を診てもらい、再診療が必要なら通院が延長されます。 治療後の再発の可能性は? 粉瘤を治療で取り除いたとしても、サイズが大きい場合や一部分が残ってしまったときなどは、直ぐに再発することがなくても、数ヶ月や数年の間に再発してしまう可能性があります。再発するなら手術治療が必要とされるため、可能性が無いのか診察のときに詳細を質問しておくといいでしょう。 粉瘤の予防法には何があるのか? デリケートゾーンに粉瘤が発生するなら痛みを伴うことがあるため、しっかり予防することが大事です。ただ、どのように予防すべきなのか、分からないこともあるでしょう。以下の方法を考えてみることができます。 下着は擦れにくいものを使用する デリケートゾーンの粉瘤予防として、下着は擦れにくいものを使用すべきです。下着が擦れて肌を刺激すると肥厚化して分泌腺に蓋ができてしまい、炎症しやすくなるからです。肌を刺激しないようにするためには柔らかい素材の下着に変えるなど対策をして、粉瘤の発生を抑えるのがいいでしょう。 ピーリングなどで角質を除去する デリケートゾーンの粉瘤予防として、ピーリングなどで角質を除去することもできます。ピールバーなどを使用することで、角質を定期的に除去し粉瘤ができることを抑えられる可能性が高くなります。 ピーリングは1度行えば終わりではなく、継続することが大事です。毎日ピーリングすることは面倒に思える方もいるかもしれませんが、粉瘤ができると自分の体にも良く無いので行いましょう。 【まとめ】痛みや臭いが発生する前に デリケートゾーンの粉瘤について、原因と対策、予防法などを紹介してきました。 デリケートゾーンに老廃物が溜まることで粉瘤が生じてしまい、痛みや臭いが発生することがあります。 治療法は病院で手術をしてもらうしか無いため、できれば肥厚化してきて目立ってくる前に対処するのがおすすめです。 体のケアとして覚えておきましょうね。 ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

女性 寒い 考える
  • フェムケア
  • フェムテック

陰部の皮膚にかゆみ!?お肌とデリケートゾーンのボコボコの原因って何?

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です♫✨ デリケートゾーンにかゆみを感じたり、ボコボコしてたり肌荒れが起きているととても不安になりますよね。 デリケートゾーンは名前の通りデリケートなので少しの刺激で荒れることがあります。 今回の記事では、かゆみなどの不快感の原因や、受診したほうが良いケースまでお伝えします! また、今後できるだけ良い状態を保つための予防法や適切なケア方法もお伝えしますので参考になれば幸いです。 まずはお肌のボコボコについて 「生理前になると、肌あれやニキビを起こす」という女性の声をたくさん聞きます。生理前に肌荒れ・ニキビが起きる理由について紹介します。 生理前のあごにきび 女性は生理周期によって女性ホルモンが変動し、心身や肌の状態に影響を与えることがあります。特に生理の1週間前は、「黄体ホルモン」が増えるため皮脂の分泌が活発になります。 そのため肌が脂っぽくなってあごや口元など部分的にニキビができてしまうわけなんですね! スキンケアは? まず、生理前の肌荒れは、誰にでも起こり得ることなのでそこまで心配する必要はありません。ほとんど生理さえ終わって仕舞えば肌の状態は回復します。 生理前に洗顔をきちんと行うことで肌荒れを抑えたり防ぐことができます。また、保湿も忘れないようにしてくださいね! 続いては「デリケートゾーンの皮膚のボコボコかゆみ」について デリケートゾーンのかゆみの原因は様々です。デリケートゾーンの肌がボコボコと凹凸ができている場合は乾燥や蒸れなどが原因で痒みが発生している可能性が考えられます。 また、かゆみが慢性的になっている場合や、かゆみが強い場合には医療機関を受診することを考えてください。もしかゆくても、できるだけ肌を掻きむしらないように気をつけてください。掻きむしることで肌にダメージを受け、痒みが増してしまうこともあります。 デリケートゾーンのかゆみの原因が知りたい! デリケートゾーンのかゆみの原因で考えられるものは次のとおりです。 皮膚がひどく乾燥している 蒸れてかぶれてしまった 感染症になっている 皮膚が乾燥するとダメージを受けやすくなり、痒みが発生しやすいです。また、蒸れるとかぶれやすくなり、痒みが発生し、ボコボコと凹凸が見られることもあります。感染症になっている場合はウイルスや細菌によって起きているものなので、医療機関を受診することがおすすめです。感染症の場合は放っておいたら、危険な病気もあるので、性行為などで心当たりがある場合はできるだけ早く医療機関に行きましょう。 陰部が乾燥する原因 肌は年齢とともに潤いが減って乾燥しやすくなります。それはデリケートゾーンでも同じで、年齢とともに潤いも減り、分泌液も減っていきます。また、下着が擦れたり、アンダーヘアの処理などでも乾燥します。シェーバーなどで毛を処理すると少なからず肌はダメージを受けるので、乾燥を防ぐための保湿が大切です。 かぶれてしまう原因 デリケートゾーンのかぶれは通気性が悪くなって蒸れたときに起こりやすいです。通気性の悪い衣服を長時間着用した場合や夏場、生理中のナプキンによっても蒸れます。対策として通気性を意識した衣服を着用したり、ナプキンを頻繁に交換したりすると良いです。 陰部に発疹症状が!医療機関で治療するべき? 発疹とは、皮膚に赤いポツポツができてしまったり水疱が現れている状態のことです。発疹は皮膚がかぶれた場合や、性病によっても現れます。例えば「生理中のナプキンによってかぶれてしまい、赤く少し腫れている」というように、発疹の原因が自身でわかっている場合は、原因となっているものを取り除いたり、変えてみたりしてケアができます。しかし、心当たりがなく、発疹が出ている場合は、医療機関を受診することが最善です。 発疹や、デリケートゾーンのボコボコとした凹凸の原因に心当たりがある場合は、医療機関受診や、市販薬の使用が可能です。市販薬よりも医者に判断してもらって薬を処方してもらえる方が、確実ですが、時間がない方は市販薬を試してみることもできます。 また、デリケートゾーンの症状で受診する病院は皮膚科なのか産婦人科なのか悩む方がいます。女性のデリケートゾーンの悩みの場合は産婦人科を受けることをおすすめします。産婦人科は陰部の表面や膣内まで診察をしてもらえるため、悩んだら産婦人科に行きましょう。 デリケートゾーンの症状を自力で改善、予防するには? デリケートゾーンの不快な症状が起きないために自力で行える予防法をお伝えします。上記で感染症や性病について少し触れましたが、この場合の解決策はコンドームの使用です。感染症や性病予防目的以外にも避妊のためにコンドームは必ず使用しましょう。 アンダーヘアのケアが効果的?剃り方にも注意 アンダーヘアが伸びっぱなし生えっぱなし状態だと蒸れやすくなります。毛がないハイジニーナという状態は蒸れ対策にとても効果が期待できますが、ハイジニーナは恥ずかしく感じる方も多いです。そんな方は、毛の長さを短くするように整えましょう。毛が少なくなるぶん、蒸れも減少するので、おすすめです。 また、整える際の剃り方にも注意が必要です。vioは毛が太く強いです。そのため、カミソリで荒く剃るとカミソリ負けをしてしまい、赤いポツポツができてしまうこともあります。vioを剃り際には、まず、毛の長さを短くカットしてからクリームや泡を付けて肌の滑りを良くしてから毛の流れに逆らわないように剃りましょう。毛流れに逆らって剃ると、毛の根元の方から剃ることができるためやりがちですが、毛が太く強い分肌へのダメージが大きいです。 vioも保湿をしよう 顔や足、髪の毛まで保湿しているのにvioはしないという方いませんか?vioも皮膚です。加えて、他の部分の皮膚よりも乾燥しやすい部位です。そのため、お風呂上がりの清潔な状態のときにお顔などと同じように保湿をするように心がけましょう。vioの保湿をするための製品は様々な種類があります。 クリーム ジェル オイル しっかりと保湿をしたい方はクリームやオイルがおすすめですが、ベタつきが気になる方はジェルでさっぱりと保湿すると良いです。中には香り付きだったり、黒ずみ改善効果が期待できる成分が配合された商品もあるため、肌悩み解消のためにも使用できます。 また、デリケートゾーンを普通のボディーソープを使って洗浄している方は、デリケートゾーン専用の石鹸を使用するか、お湯だけでキレイに洗うかに変えましょう。ボディソープは洗浄力が強いため、デリケートゾーンに使用すると必要な潤いまで落としてしまい、乾燥を招いてしまうこともあります。 【まとめ】時間が経っても改善しなかったら診療を受けよう! デリケートゾーンにかゆみなどの不快感や発疹ができてしまったら、まず原因を考えてみましょう。 生理中のかゆみに悩んでいる場合は、オーガニックのナプキンや経血カップを検討してみてください。その他にも汗をかく季節だったらデリケートゾーンが蒸れないように工夫するなど、意識してみましょう。 発疹が出てしまった場合で心当たりが見つからなかったら早いうちに受診しましょう。また、原因がわかっている場合でも悪化していると感じた場合にも、医療機関に行きましょう。もし、かゆみや不快感の原因が「性病かも?」と思った場合は、1日でも早く病院に行くようにしてください。 ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

レモン ライム ホットティー ティーポット
  • デリケートゾーン

デリケートゾーンが蒸れる原因は?対策方法を解説!

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です✨ いかかがお過ごしですか😊? 今回は、デリケートゾーンの蒸れについてお話いたします! デリケートゾーンの蒸れは、女性なら1度は悩んだことがあるのではないでしょうか? 夏場や生理中はどうしても蒸れてしまいますよね。蒸れるとかゆみやかぶれ、ニオイの原因にもなるため、どうにかして蒸れないようにしたいですよね。本記事では蒸れの原因や対策方法を紹介します。 デリケートゾーンが蒸れるのはなぜ? デリケートゾーンが蒸れてしまう理由は次のとおりです。 汗や尿など、水分がある 下着や服で通気性が悪くなる 生理中のナプキン使用 デリケートゾーンは尿や汗、おりものなどがどうしても出てしまうため湿度が高くなります。加えて下着をつけるため、湿気が逃げにくく蒸れる原因になります。また、生理中は血液が出るのに加えてナプキンによって通気性が普段以上に悪くなります。そのため、蒸れが起こります。 デリケートゾーンが蒸れるとかゆみやかぶれ・においの原因に デリケートゾーンが蒸れることによって引き起こされる症状は次のとおりです。 かゆみ かぶれ ニオイ デリケートゾーンが蒸れると肌荒れを引き起こし、かゆみを感じることがあります。生理中に陰部にかゆみを感じるのは蒸れが原因です。また、蒸れがひどいとかぶれにも繋がります。蒸れると肌が刺激を受けやすくなります。刺激を受け取りやすくなっている肌におりものシートやナプキン、下着による摩擦などで刺激を受けてかぶれてしまうことが考えられます。また、蒸れることでこもってしまい、臭いが出てしまうことがあります。 デリケートゾーンの蒸れの対策・予防方法! デリケートゾーンが蒸れることを予防するためにできる対策は次のとおりです。 通気性を良くする ナプキンを長時間つけっぱなしにしない トイレ後はしっかりと水分を拭き取る 正しい洗い方をして清潔な状態にする 下着を通気性の良いものに変えたり、毎日のようにおりものシートをつけるのを控えましょう。通気性が悪い服装を着るときは夏場や汗をかく状態ではないときに着用するのがおすすめです。また、ナプキンを長時間つけっぱなしにすると経血によって湿気がこもりやすくなるため、必要に応じて頻繁に交換しましょう。 用を足したあとにしっかりと水分を取り除かないと蒸れの原因になります。また、尿もれが起きてしまう方も尿もれが原因で蒸れてしまうことがあるため、尿もれパットなどを活用して予防しましょう。また、トイレットペーパーで拭くときはこするのではなく数秒間しっかりとおさえるようにしてトイレットペーパーに水分を吸わせましょう。 お風呂に入るときやシャワーを浴びるときは正しい洗い方をしておりものや汚れをしっかりと落としましょう。大陰唇や小陰唇の間に汚れが溜まりやすいため、指の腹で優しく撫でるようにして洗うと良いです。膣内まで洗ってしまうと本来膣に備わっている自浄作用が薄れてしまうのでトラブルの原因になってしまう場合があります。くれぐれも膣内まで洗わないようにしましょう。 蒸れで肌荒れが起きたときの対処法 デリケートゾーンの蒸れはどうしても起きてしまう場合がありますよね。特に生理中などは通気性が悪くなる上、水分も多くなるため予防しても肌が荒れてしまうことがあります。状況によってはナプキンの交換が難しい場合もあるため、予防できないことも。肌荒れが起きてしまった場合の対処法をお伝えします。 市販薬で肌荒れを抑える できるだけ刺激を与えないようにする 酷い場合は病院に行く 市販で売られているデリケートゾーンが痒くなったとき用の薬を活用してかゆみを抑えるのがおすすめの方法です。生理中にどうしても痒くなってしまう方は買っておくのが良いです。蒸れによってかゆみやかぶれなどの肌荒れが起きた場合はかきむしって刺激を与えるのは避けましょう。蒸れによってデリケートゾーンが刺激を受け取りやすい状態になっているのでダメージを普通以上に受け取ってしまう場合があります。そのため、かゆみを我慢するか、どうしても我慢できない場合は塗り薬などを使用しましょう。 かゆみやかぶれが酷い場合は病院に行って薬を処方してもらったり処置してもらうと良いです。かぶれやかゆみが酷いと、ダメージから守るためにメラニン色素が作られます。メラニン色素はシミなどの原因で黒ずみを引き起こします。そのため、デリケートゾーンが黒ずんでしまうことを予防するためにも症状が酷いと思ったら病院に行くことも視野に入れましょう。また、受診する病院は産婦人科です。その他の悩みを相談しても良いですね。 快適に過ごすためのおすすめ商品 蒸れを予防できる商品や蒸れが起きてしまったときに対処が可能な商品を紹介します。 フェミニーナ 経血カップ 綿素材の下着を着用する フェミニーナが出している商品にはデリケートゾーンのかゆみやかぶれを抑えてくれる商品があります。ジェルのものや軟膏、ミストなど様々な種類があるため、好みのテクスチャーのものを選べます。 経血カップは、膣内に挿入して経血を溜めてくれるカップのことです。膣内で経血をキャッチするため表面の皮膚に刺激が起きにくくなるため、肌が弱い方におすすめです。また、繰り返し洗って使えるため経済的でエコな商品です。 下着を通気性に優れている綿素材のものに変えるのもおすすめです。また吸水性も優れているため汗をかきやすい夏場にもぴったり。汗をかく状況のときや生理中だけ綿素材の下着を着用するのも効果が期待できます。また、パンツスタイルのレザー素材や分厚いデニム生地は蒸れやすいため、汗をかく状況のときは避けるのがよいです。 【まとめ】蒸れは起きる前に予防するのが大切! デリケートゾーンが蒸れるのは女性なら誰しも経験があると思います。蒸れでかゆみやかぶれが起きてしまうと良くない気分になったり、嫌な思いをしますよね。デリケートゾーンは蒸れやすいため、予防や対策をしっかりと行うことが大切です。しかし、予防をしていても蒸れが起きてしまうことがあります。そんなときは気軽に購入できる市販薬を活用して肌荒れを抑えるのがおすすめです。また、日頃からしっかりと洗って保湿などで肌を保護していると荒れにくくなると思うのでしっかりと毎日のケアを徹底するのもおすすめです。デリケートゾーン専用の石鹸やぬるま湯を使って清潔にして、専用のクリームやジェルで保湿をしましょう。デリケートゾーンはとてもデリケートなので正しい知識をつけることが大切です。 ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

講義 グラフ 女性 キャリアウーマン
  • フェムケア

フェムケアのセミナー講座があるらしい!デリケートゾーンケアは推進されてるよ!

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です🍀✨ 海外ではもう常識となっている「フェムケア」は日本でも徐々に浸透してきています。授業などで習わない内容だし、友達と話すにはすこしハードルが高いかもしれません。今回の記事は人に聞きにくい女性のデリケートゾーンのケア方法などを知る方法の1つであるセミナーについて解説していきます。 女性のデリケートゾーンは名前の通りとてもデリケートです。洗いすぎても洗わなさ過ぎても、不調が起きることがあります。そのため、正しいケア方法を知って、正しいアイテムを使って毎日ケアすることが大切です。加齢などの様々な要因で起こりうるデリケートゾーンの不調に悩んでいる方は、フェムケアを毎日の習慣に取り入れてみてはいかがでしょうか。 フェムケアってなに? フェムケアとは、女性という意味の「フェム」と手入れするという意味の「ケア」を組み合わせた言葉です。名前の通り女性の体をケアすることをフェムケアと呼びます。フェムケアアイテムは次のものが挙げられます。 肌に優しいオーガニックナプキン 膣やバスト用の保湿製品、専用の石鹸 妊娠中の体をサポートしてくれる製品 更年期障害解消のためのグッズ このように女性のために作られた商品をフェムケアアイテムと呼びます。デリケートゾーンを専用の石鹸で洗ったり、保湿することが無い方は抵抗があるかもしれません。実は顔や手、足の肌のようにデリケートゾーンの皮膚も乾燥が起こります。肌の乾燥によってかゆみや肌に違和感を感じたりすることがあります。このような不快感を解消するために、専用の保湿クリームや石鹸を使用すると良いです。 フェムテックとの違い 同じような言葉として「フェムテック」があります。フェムテックは女性という意味の「フェム」と、科学という意味を持った「テック」をかけ合わせた言葉です。フェムケアは科学を使っていない製品やケア方法を指しますが、フェムテックは科学を使って、女性の体の健康にアプローチしてくれます。フェムケア製品は次のようなものが挙げられます。 ピル 生理周期や妊娠しやすい日を教えてくれるアプリ 超吸水ショーツ 上記のように科学の技術を使って女性が生活しやすくなる商品が挙げられます。 フェムケア講座のセミナーってどんな内容?イベントも! フェムケアはなかなか人に聞くのが難しいうえ、ネット情報がたくさんありすぎてどれが正しい情報なのかわからないことがあります。もし、間違っているネット情報を鵜呑みにして毎日間違ったケアを行っていた場合はとても残念な気持ちになるうえ、もちろんデリケートゾーンにとっても良くありません。特に妊娠や生理について「迷信」が多いです。迷信が合っていることもありますが間違っている場合も良くあります。例えば「生理中に生理痛が出るのは普通」だったり、「ザクロを食べると妊娠しやすい」というものもあります。生理は痛みが無く、夜に出血が多くないのが正常です。正常な状態の場合は痛みもあまり出ず、就寝時は夜用ナプキンでは無く、昼用ナプキンで足りる状態です。 このようにSNSや人から聞く情報が正しいわけではありません。そのため、しかりとフェムケアの専門的な方や、産婦人科の医者が行っているようなセミナーから本当に正しい情報を教えてもらうのが最善です。 セミナーでは、フェムケアの基本的な知識や、フェムケアのやり方、得られるメリットなどについて教えてくれたり、どのようなアイテムがあり、どのように使うのかなどをセミナーで話してくれます。教えてくれる内容はセミナーによって違いがあるので、自身で選ぶと良いです。フェムケアの知識が無い方は、初心者用のセミナーを受けるなど、自身のフェムケアの知識量に合わせてチョイスしましょう。 オンラインで気軽に参加できる! セミナーによっては、わざわざ日時を合わせて会場に向かう必要のない「オンライン」での開催を行っている場合があります。セミナーにもよりますが、オンラインでも知りたいことを質問として行ったりできるようなところもあるので、オンラインだからセミナーの質が下がるというわけでもありません。 もし、気軽にデリケートゾーンのケア方法や悩み解決をしたい場合や、病院に行くほどでもないちょっとした不快感などはフェムケアのセミナーで解決できるかもしれません。しかし、痛みやかゆみが長い間続いたり、できものができているときは、放っておかず産婦人科を受診しましょう。もしかすると、性病だったり、カンジダ症などの場合があります。特に性病の場合は予防や早急の受診が大切です。 フェムケアセミナーのおすすめは? フェムケアのセミナーを行っている会社を2つピックアップしてご紹介します。オンライン開催のものを紹介しますので、時間がない方や地方に住んでいる方でもセミナーを受けることができます。他にもたくさんのセミナーが開催されていますが定期的に開催が行われているものを選びましたので2つのみとなっています。 ※2023年5月時点 株式会社3FACEデリケートゾーン研究所 デリケートゾーン研究所では、トータルフェムケアや、膣ケアの方法、膣トレなどの正しい知識を教えてくれるセミナーを行っています。内容は事業者向けのものから、入門レベルまでの2種類あるため、本格的に学びたい方にもおすすめです。 ママノユメ ママノユメは「すべての女性が主役になれる」をコンセプトに掲げています。ホームページには、フェムケア関連のセミナーや、女性関係のセミナーの開催が記載されていました。オンラインのものが多く、時間に余裕が取れない方でも気軽に参加することができます。また、セミナーだけではなく、コミュニティを作ったり様々なことを学んだりできるため、スキマ時間に記事を読んだりするのもおすすめです。 【まとめ】フェムケアはセミナーで正しい知識を! 若いうちはデリケートゾーンの不調に縁がなかった方も10年後20年後はわかりません。また、これから妊娠出産や更年期など、人生のライフステージが訪れるので今からでもフェムケアを行うと安心です。記事内で何度も解説しているので耳にタコかもしれませんが、フェムケアを行うなら、正しい知識、方法を知ってから行ってくださいね。そのためセミナーがわかりやすいうえ、専門家が教えてくれるため間違った情報になりにくいです。セミナーで正しい知識を得て、女性として快適に過ごせるように、毎日のケアを頑張りましょう。 ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

女性 ロードトリップ 車 海外
  • デリケートゾーン

デリケートゾーンの意味は?どこがvio?

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です🎵 みなさんは、デリケートゾーンについて詳しい知識はありますか? デリケートゾーンとはフェミニンゾーンとも言われる陰部周辺のこと! 名前の通りデリケートなので正しいケアを行って大切に扱う必要があります。似ている言葉にvioがあります。脱毛に通っている方や美容に関心が高い方は知っているかと思いますが知らない方もいると思うので次の項目で詳しく解説していきます。 デリケートゾーンの意味やケア方法は? デリケートゾーンは陰部周辺のことを指した言葉です。しかし、一言でデリケートゾーンと言っても細かく名前がついているのでその点について解説していきます。 デリケートゾーンの部位の名前 デリケートゾーンはvioと同じ場所を指しているのでvioのそれぞれの名称について紹介していきます。 vioの「V」はビキニラインのことで立っている状態のときに見えるへそと陰部の間のあたりのことです。逆三角形の形にアンダーヘアが生えているのが特徴です。 vioの「I」は女性期のサイドに毛が生えている部分のことです。アルファベットの「I」のように生えているのが特徴です。 vioの「O」は肛門周りに毛が生えている部分のことです。アルファベットの「O」の形に生えているのが特徴です。 デリケートゾーンの正しいケア方法 デリケートゾーンを洗うときはボディーソープで洗わないようにしましょう。製品によってはデリケートゾーンにも使えるボディソープがありますが、基本的に専用の石鹸を使うことをおすすめします。 デリケートゾーンはph値が低いため普通のボディーソープで洗うと必要な潤いまで落としてしまい乾燥や肌荒れなどを引き起こす恐れがあります。デリケートゾーン用に開発された石鹸を使って洗うようにすると良いです。または、ぬるま湯で丁寧に洗うのも良いです。 また、洗う範囲はデリケートゾーンのひだの間や陰核などを洗うようにしましょう。腟内を洗う方も稀にいますが膣内は自浄作用があるため、洗わなくて良いです。 デリケートゾーンを清潔な状態にしたら専用のクリームやジェルで保湿をしましょう。デリケートゾーンは下着との擦れやナプキンとの蒸れ、トイレでの刺激などによりとても乾燥しやすいのでしっかりと保湿することが大切です。保湿するときは粘膜部分には塗らないようにしましょう。腟内まで塗るタイプの製品もありますので使用方法をしっかりと確認してから使用しましょう。 デリケートゾーンの脱毛はかゆみ予防?人気のvioデザインも デリケートゾーンは比較的毛が太く、多いです。そのため、蒸れやすくかぶれやかゆみの原因になる可能性があります。デリケートゾーンの毛が全くない状態をハイジニーナと呼び、とても人気が高い脱毛デザインです。次の項目でデリケートゾーンの脱毛のメリットや人気なvioデザインを紹介します。 デリケートゾーンの脱毛のメリット デリケートゾーンを脱毛するメリットは次のとおりです。 ナプキンのムレを軽減 自己処理を減らせる 水着や肌見せするときに楽 ニオイ予防 上記以外にもたくさんのメリットがあり、脱毛すると過ごしやすいと感じる方が多いです。アンダーヘアがなくなると生理中のムレを軽減することができるため、かゆみや肌荒れを予防することも。また、トイレットペーパーを使うときも、毛がないほうが水分をしっかりと拭き取れます。 vioの毛をカミソリやシェーバーで処理するのはとても肌に負担がかかる行為です。足や手に比べ肌が敏感なうえ、毛が太く強いためダメージがかかりやすいです。そんな自己処理を頻繁に行っているとダメージが蓄積されて黒ずみの原因にもなります。そのため、自己処理の回数を減らすことができる脱毛はダメージを減らすことができます。 アンダーヘアを脱毛するとトイレ後の尿の拭き漏れやムレを軽減できるため、ニオイ予防になります。毛がなくなった分通気性が良くなるため、こもりにくく、比較的快適に過ごせます。 vio脱毛は医療?美容?それぞれの違いは? vio脱毛は医療脱毛と美容脱毛の2種類あります。それぞれの違いは次のとおりです。 医療脱毛美容脱毛脱毛完了までの回数少ない多い施術一回の価格高い安い脱毛の効果永久脱毛ができる減毛効果が期待できる 他にも、医療脱毛はクリニックなどの医療機関で行う施術なため資格を持った方が施術してくれます。美容脱毛はサロンなどで施術してくれるため、他の美容関係のメニューが用意されている可能性が高いです。 医療脱毛の1回の価格は高いですが回数が少なくて済むので、クリニックによっては美容脱毛よりも安く済むこともあります。しかし、毛の質や太さ、脱毛機との相性などもあるため、しっかりと確認してから通いましょう。美容脱毛などが行っているとてもオトクなキャンペーンを利用して試してみるのもおすすめです。 人気のvioのヘアデザインは? vioのヘアデザインは次のとおりです。 無毛(ハイジニーナ) 全体的に毛量を減らす Vだけ残してIOだけ脱毛 ハイジニーナはとても人気が高いですが恥ずかしいと思う方もいます。そんな方は自己処理の回数を減らせる「毛量を減らす」デザインがおすすめです。毛量が減るとムレ軽減もできますし、全く毛がない状態ではないので恥ずかしい思いも無いでしょう。また、Vだけ残すデザインもとても人気で、Vの形を小さい三角形にしたり、楕円形にしたり、細長い形に毛を残したりと、様々なデザインを選ぶことができます。中にはハート型など遊びココロがあるデザインを選ぶ方もいるんだとか。 ハイジニーナな方も増えてきましたが、そこまで多いわけではないので、恥ずかしい気持ちがある方もいると思いますので、施術者や、カウンセリングで納得行くまで相談しましょう。 【まとめ】デリケートゾーンの意味はフェミニンゾーン全体 デリケートゾーンという言葉はよく聞くけどあまりよくわかっていなかった人は今回の記事で知ってもらえたかと思います。陰部周辺のことをデリケートゾーンと呼び、他にフェミニンゾーン、vioなどと呼ばれます。デリケートゾーンのケアをしっかりと行っていないとかゆみやかぶれに悩まされたり、カンジダ症などのデリケートゾーンの不調が起きてしまうこともあります。そのため、正しいケアを毎日行いましょう。できればケアだけではなく、食生活や運動習慣、質の高い睡眠などにも意識を配り、健康を大切にしてくださいね。 ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

読書 女性 白 スカート 公園
  • デリケートゾーン

デリケートゾーンをピンクにしたい!希望はある?

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です🐰 デリケートゾーンが黒ずんでいるのが悩みな方はたくさんいるんです...🍀 陰部が黒ずんでいると経験が多いように誤解されてしまったり、恥ずかしい気持ちになってしまうこともありますよね。どうにかピンクにしたいけど無理かもしれない、仕方がないと思っている方もたくさんいますよね💦 しかし、黒ずみを悪化させないようにしたり、改善する方法はあります。今回の記事ではデリケートゾーンをピンクにしたい方に向けて解説していきますよ。 デリケートゾーンが黒ずみに悩みがち…。原因は? デリケートゾーンが黒ずんでしまう原因は「摩擦」による色素沈着です。下着との擦れや頻繁にカミソリでアンダーヘアの自己処理をしていると摩擦によってダメージが起こります。ダメージが起きると、ダメージから肌を守るためにメラニン色素を作り、色素沈着に繋がります。他にもかぶれや肌荒れを起こしてしまい、肌が荒れて色素沈着が起きてしまうこともあります。 脇や下着のラインが黒ずんでしまうのも摩擦が関係しています。摩擦が起きやすい部分はダメージにより色素沈着が起こりやすいです。 デリケートゾーンがピンクな人の特徴!目の色と関係ある? 人によってはメラニン色素の量に違いがあります。代表的な例で言うと目です。目が真っ黒な人はメラニン色素が多く、色素の薄い茶色な方はメラニン色素が少ない傾向があります。他にも肌の色やパーソナルカラーによって乳首や陰部の色に違いがあります。 色白 日焼けすると赤くなって元の色に戻る 目の色素が薄い 地毛の色が茶色 ブルーベース 上記の特徴を持っている方はデリケートゾーンがピンクな傾向があります。日焼けすると赤くなって戻る方は、メラニンを作る力が弱い方です。そのため、デリケートゾーンの黒ずみも起きにくい傾向があります。 特にブルーベースの方はメラニン色素が少ないため乳首や陰部がピンクであることが多いです。ブルーベースやイエローベースは肌の色が青よりなのか黄色よりなのかを分けたものです。イエローベースな方や上記の特徴を持っていない方もピンクに寄せる方法はありますので解説していきます。 陰部の黒ずみの対策方法は?ニオイ予防にも 陰部の黒ずみを予防、改善するための方法を解説していきます。ニオイ対策やデリケートゾーンの肌荒れ対策にも効果的なため参考にしてみてください。 デリケートゾーンの保湿をする 摩擦、ダメージを減らす 専用の石鹸を使って正しく洗う 上記の3つの対策方法をそれぞれ解説していきます。 デリケートゾーンの保湿 デリケートゾーンは手や足、顔のように乾燥します。下着やナプキンによる刺激が多いため他の部位よりも乾燥しやすいです。そのため、毎日保湿することが大切です。保湿する製品はデリケートゾーン専用の製品を使うと安心です。粘膜部分は吸収作用が強いため専用の商品を使いましょう。 また、保湿するクリームやジェルは美白成分が配合されたものを使うと黒ずみに効果が期待できます。トラネキサム酸やビタミンC誘導体などが配合されている商品は黒ずみ解消に期待できます。 摩擦・ダメージを減らす 色素沈着を今以上に起こさないようにするために摩擦とダメージを最小限にしましょう。下着のサイズを合わせて擦れにくいようにしたり、トイレでデリケートゾーンを拭くときは擦らず抑えるようにして水分を拭き取りましょう。 生理中はナプキンによるかぶれやかゆみが起きやすいです。頻繁にナプキンによる荒れが起きている場合はダメージが蓄積されている可能性があります。そのため、ナプキンによるあれを防ぎましょう。オーガニックナプキンを使用したり、蒸れる前に交換したり、経血カップなどを活用して肌を守りましょう。 アンダーヘアを処理するときもカミソリやシェーバーで強くこするように剃るのではなく泡で肌を保護しながら優しく滑らせるように処理しましょう。脱毛などに通って自己処理の回数を減らすのもおすすめです。ムダ毛の処理をしたあとや脱毛後はダメージがかかっており乾燥しやすいため、保湿を念入りに行いましょう。 専用の石鹸を使って正しく洗う デリケートゾーンをボディーソープで洗っている方は改善が必要です。デリケートゾーンにとってボディーソープは洗浄力が強すぎるため必要な潤いまで落としてしまいます。必要な潤いまで落としてしまうと乾燥してしまったり、肌荒れの原因になります。ぬるま湯かデリケートゾーン専用のソープを使って優しく洗いましょう。 デリケートゾーンを洗うときは腟内まで洗わないようにしましょう。膣内は自浄作用があるため、洗う必要がありません。汚れの溜まりやすいひだの間などをしっかりと洗いましょう。 洗い終わった清潔な状態でデリケートゾーン用のクリームやジェルを塗布して保湿しましょう。製品によっては腟内まで塗布するような使い方のものもありますが基本的に粘膜部分には塗らないようにしましょう。使用前にパッケージ裏などをしっかりと確認するのも大切です。 おすすめの専用石鹸や製品を紹介! デリケートゾーン用の専用石鹸や保湿クリームを紹介します。どれを使えばよいかわからない方の参考になれば幸いです。 コラージュフルフル コラージュフルフルは泡で出てくるデリケートゾーンの石鹸です。カビや細菌を殺菌してくれ、ニオイ予防にもなります。敏感肌でも使いやすいよう、低刺激処方で無香料です。また、保湿成分が配合されているため、乾燥しやすい季節でも安心です。 イビサクリーム イビサクリームは陰部のクリームのなかでも特に有名です。メラニン色素を抑え、保湿してくれます。定期便などのサービスも行っているため、何度も注文する手間を省くこともできます。 すぐにでもピンクにしたかったら医療機関に 医療機関に相談すると色素沈着を解消する効果が期待できる薬を処方してくれます。市販で取り扱っているものよりも効果が期待できるので、高い効果を求めている方は医療機関で処方してもらうのがおすすめです。 また、レーザーで黒ずみを解消してピンクにする方法もあります。レーザーは確実にピンクにしたい人におすすめです。陰部以外にも乳輪の色を改善することも可能です。 【まとめ】デリケートゾーンは泡で優しく洗って! デリケートゾーンは名前の通りデリケートです。とてもデリケートな部分なので洗うときやトイレで拭くときなどは優しく扱いましょう。体質的にピンクになりにくい方もいますが改善することは可能なため、悩んでいる方は今回の記事を参考にしてしっかりとケアしてくださいね。 ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

冬 女性 コート 海外 
  • デリケートゾーン

vioのチクチクが続く!かゆみの対処法を解説!

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です🐱♪ デリケートゾーンのチクチクに悩んでいませんか? 自己処理をしたあとの数日は特にチクチクとしたかゆみや痛みを不快に感じる人が多いんです! 今回は、このようなvioのチクチクの原因や対処法をご紹介しますので是非参考にしてくださいね(*^_^*) vioがチクチク!痛みやかゆみの原因は? アンダーヘアを処理したあとの数日はチクチクしたりかゆみを伴うことがあります。考えられる原因は次のとおりです。 自己処理をしたことで毛の先が尖っている カミソリの刺激で肌にダメージがある vioと下着とこすれる 陰部の毛を剃ると毛の先が鋭利になり、肌に当たるとチクチクと感じることがあります。また、カミソリによる肌ダメージによって肌のバリア機能が低下し、かゆみや痛みを感じることがあります。加えてデリケートゾーンと下着の間にあった毛がなくなったため、下着との摩擦によってダメージを受けている可能性もあります。 また、脱毛を受けた直後や生理直後にアンダーヘアの自己処理を行うのも原因の1つです。脱毛を受けた直後は肌にダメージが残っている状態なので、カミソリなどで処理を行うとダメージを重ねていることになります。また、生理中のナプキンでかぶれていたりかゆみがある場合も肌にダメージが蓄積されていることが考えられるので、肌の状態が正常に戻ってから自己処理をするようにしましょう。 デリケートゾーンのチクチクの対処法は? デリケートゾーンのチクチクの対処法は次のとおりです。 アンダーヘアを剃るときに肌に配慮する 保湿をする 下着のサイズをあわせる アンダーヘアを自己処理するときは泡などで肌の滑りを良くしてから行いましょう。また、毛流れに逆らって剃るよりも毛の流れと同じ方向に剃るようにするとダメージを減らすことができます。他にも専用のカミソリやシェーバーを使ってカミソリを肌に当てる回数を減らすのもおすすめです。デリケートゾーンは見えにくい部位なので鏡などを活用して傷つけないように丁寧に処理しましょう。 デリケートゾーンも手や足、顔のように乾燥します。カミソリなどで自己処理をしたあとは特に乾燥します。そのため、剃ったあとは専用のクリームやジェルで保湿をすると良いです。実はデリケートゾーンの保湿は剃ったあとだけではなく毎日行うのがおすすめです。vioは下着との擦れやトイレでの摩擦などダメージがかかりやすいため守ってあげることが大切です。また、デリケートゾーンにクリームやジェルを塗って保湿するときは粘膜部分に塗らないようにしましょう。稀に粘膜部分に塗っても大丈夫なものや推奨しているものがあります。そのため、使用前はパッケージ裏などに記載がある使用方法をしっかりと確認しましょう。記載がない場合は粘膜部分に塗らないようにすると安心です。 下着のサイズが自身に合っていないと摩擦が起きやすいです。また、素材によっては摩擦を強く感じてしまうものもあるので、下着の肌触りにも意識すると良いです。大きすぎるものだと、歩くときに擦れやすくなってデリケートゾーン周辺に摩擦が起きてしまう場合が考えられます。小さすぎても、動く度に強い摩擦になって肌に悪影響です。また、生理以外の日に毎日おりものシートをつけている方は、1日に2〜3回ほど交換するようにしましょう。おりものシートはかぶれやかゆみの原因になるので、つけっぱなしにしないようにしましょう。 脱毛してセルフでのムダ毛処理を減らすのがおすすめ 自己処理のダメージを泡や保湿で抑えても、ダメージは起こります。そのため、脱毛などで毛をなくしたり減らしたりして自己処理の回数を減らすのが良いです。また、脱毛の施術もダメージがかかるため、施術後の保湿もしっかりと行いましょう。脱毛の機械をダメージが起きにくいようなものにするとなお良いです。 脱毛は全く毛がない状態のハイジニーナや、Vラインだけ残したり、全体的に毛量を減らすなど、様々なデザインができます。チクチクが嫌だけど毛が無いのは恥ずかしいという方も、デザインによっては挑戦しやすいかと思います。アンダーヘアの自己処理を頻繁に行っている方は、脱毛で毛の処理を楽にするのがおすすめです。 医療脱毛と美容サロン脱毛の違いは? デリケートゾーンのチクチクを予防するために脱毛が効果的とお伝えいたしました。脱毛はクリニックで行う医療脱毛と美容サロンで行う美容脱毛があります。次の項目で医療脱毛と美容サロン脱毛の違いをお伝えしていきます。 医療脱毛 医療脱毛の特徴は次のとおりです。 回数は少なめ 1回の施術効果が高い 永久脱毛ができる 1回の施術の価格は高め 医療機関で行う脱毛施術 施術者に資格が必要 医療脱毛は医療行為なので、施術者は資格を持っていないと施術できません。また、医療行為であり、効果は高いです。1度脱毛が完了した毛は生えてこなくなる永久脱毛ができますが、新しくできた毛根から生えることは考えられます。加えて美容サロンよりも少ない回数で脱毛することができます。しかし、その分、価格は高いです。 美容サロン脱毛 美容サロン脱毛の特徴は次のとおりです。 回数を重ねることが必要 1回の施術効果は高くない 減毛効果が期待できる 1回の施術は安い 施術者は資格や免許を持っていなくても施術できる 美容サロン脱毛は1回の効果が高くなく、何度も施術の回数を重ねる必要があります。美容サロン脱毛は永久脱毛ではなく、毛を減らす効果が期待できる減毛になります。また、美容に特化したサロンなため、肌などの他の美容施術のメニューが豊富な可能性が考えられます。脱毛だけではなく、他にも美容行為を行いたい方におすすめです。チクチクをなくしたいと考えている方にもおすすめです。 【まとめ】デリケートゾーンのチクチクは正しく対処しよう デリケートゾーンのチクチクは自己処理を減らすことと保湿が大切なことを解説させていただきました。また、敏感肌な方はデリケートゾーンを洗うときの石鹸を専用のものにするのもおすすめです。ボディーソープは陰部にとって洗浄力が強すぎる可能性があるため、洗いすぎになってしまう可能性があります。洗いすぎると必要な潤いまで落としてしまうので乾燥してしまったり、かゆみ、肌荒れにつながる場合があります。デリケートゾーンの処理を正しく行い、チクチクとした不快感やかゆみ、肌荒れを予防しましょう。 ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

オペレーター 女性 紫 マイク
  • デリケートゾーン

女性のデリケートゾーンによるトラブルとは?原因や対処法を確認して未然に防ごう!

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です(*^_^*) いかがお過ごしでしょうか?🍀 今回は、女性特有のデリケートゾーンの悩みについてお話ししていきますよ~! 女性であれば陰部や膣などに痒みや痛みを感じると「何か異変が生じたのでは?」と心配になることもあるでしょう。女性のデリケートゾーンは敏感な部分であり、何か異変が生じると原因を探り、対策を講じて改善する必要があります。 そのまま放置しておくと、より悪化することがあるので、早急に対応すべきです。そのため、今回の記事では女性のデリケートゾーンのトラブルの原因と対処法について、内容を紹介しましょう。 デリケートゾーンに生じるトラブルの原因とは? デリケートゾーンにトラブルが生じると痒みや痛みなどを引き起こし、悪化すると生活に支障が生じることもあります。そのため、デリケートゾーンのトラブルの原因を理解しておくことは大事です。どのようなトラブルが生じる可能性があるのか内容を紹介しましょう。 デリケートゾーンが乾燥している デリケートゾーンが乾燥していると、痛みや痒みを引き起こすことがあるため注意すべきです。デリケートゾーンは、他のボディーパーツよりも皮膚が薄く、刺激や摩擦などに敏感な部分です。そのため、通常の状態でも少しの刺激で痛みを引き起こすことがありますが、乾燥していることでより敏感になることがあります。 下着の素材によってはチクチクを常に感じるため違和感を抱くこともあり、知らないうちにアンダーヘアの刺激にも反応して、痛みや痒みを感じることもあります。そのため、デリケートゾーンを乾燥しないように普段から注意しておくことが大事です。乾燥肌の人にとっては、普段からデリケートゾーンの油分や栄養成分が失われて、潤いが無くなることもあります。 また、臭いを気にして洗い過ぎてしまう人も、強く擦り過ぎて皮膚のバリア機能が低下してしまうことがあり、乾燥が長期化して痛みにつながることもあるでしょう。心当たりがある人は、これが原因でトラブルが生じている可能性もあります。 体の変化によって生じる デリケートゾーンのトラブルは、体の変化によって生じることもあります。体の変化では、例えば膣内の環境変化です。膣内にもいろいろな常在菌が生息しており、特に乳酸菌の1つであるデーデルライン桿菌の働きによって、やや酸性の状態に保たれていることが通常の状態です。 しかし、この常在菌が少なくなると、膣内の自浄作用が低下することになるため、クラミジアなどデリケートゾーンの痒みやトラブルにつながることもあるでしょう。また、思春期や年齢の変化などによってもデリケートゾーンはトラブルを引き起こすこともあります。 思春期だと汗腺も活発になり、デリケートゾーンのムレや痒みを引き起こしやすくなります。年齢が高齢になると、ホルモンバランスが崩れて体内の環境が変化することもあるため、トラブルにつながることもあるでしょう。このように体内変化に注意しておくこともポイントです。 おりものシートの長時間使用 おりものシートなどにより、デリケートゾーンを清潔に保つようにする人もいるはずですが、長時間使用すると、ムレやかぶれにつながることもあるため注意が必要です。おりものシートは表面がサラサラしており、刺激を与えないような構造になっていますが、表面には雑菌が付着するため長時間使用し続けると、デリケートの肌に炎症を与えるきっかけになり、トラブルを引き起こすことがあります。また、装着し続けていると、嫌な匂いを引き起こすこともあるため、逆に不衛生な状態にさせてしまうこともあります。定期的にシートを変えるなど、正しく使うことを心がけてください。 下着による締め付け デリケートゾーンは締め付けられると、頻尿や膀胱炎などのトラブルを引き起こすこともあります。大陰唇の辺りの毛穴が詰まってブドウ球菌が付着することになれば、毛嚢炎などを引き起こすこともあり、下着の種類によって痛みを感じてしまう場合もあります。下着は自分のサイズに合ったものを履く必要があり、きつめのショーツやガードルを履くなら、締め付けにより負担をかけることになるでしょう。もし、使用したい場合でも長時間は避けることが大事なので明記しておきましょう。 デリケートゾーンのトラブル対処法 デリケートゾーンに痛みや痒みが生じると、日常生活も行いにくくなるため対処法を確認しておく必要があります。デリケートゾーンのトラブル対処法は以下のように行うことができるため紹介しましょう。 専用のソープを使用して洗う デリケートゾーンを洗うときは、擦り過ぎないように注意することも大事ですが、専用のソープを使用するようにすべきです。専用ソープは有効成分がしっかり含まれており、刺激物は無いためデリケートゾーンの肌が敏感で乾燥しやすい人でも、炎症などを防ぎやすくなるでしょう。 使用する際はソープをしっかり泡立てることがコツになります。撫でるようにして洗っていき、膣内までは洗わないようにしましょう。洗い終わった後に拭くときは、繊維の優しいタオルで擦らず、水分を吸収させるような仕方で拭き取りましょう。優しくケアすることによりトラブル対策とすることができるでしょう。 デリケートゾーンのケアを行う デリケートゾーンは敏感な場所になるため、しっかりケアをすることが大事です。乾燥すると下着の擦れなどから炎症が生じることもあるため、入浴後などはクリームを塗って保湿するように心がけることも大事です。 また、保湿クリームなどを使用する際は、どのような成分が含まれているのか確認するようにしましょう。成分によっては自分の肌に合わず、逆効果になってしまうこともあるからです。デリケートゾーンのケアを行う際に、アレルギー物質が入っていないか確認して使用してください。 痛みが生じた場合は市販薬を使用することもできる デリケートゾーンのケアに注意していても、痛みが生じることもあるでしょう。その場合は市販薬を使用して痛みやかぶれなどを抑えることもできます。 よく利用される市販薬は... ・フェミニーナシリーズ ・オロナインH軟膏 ・エンペキュア などがあります。それぞれの市販薬は雑菌の繁殖を抑える効果や抑制、傷の修復を促進する成分が含まれているものが多いといわれています。 違和感があるなら、市販薬の使用も検討してみるのもいいかもしれません。 【まとめ】デリケートゾーンのトラブルは事前に対処できる デリケートゾーンのトラブルは原因があるため、事前に把握しておくと回避することもできます。もし、痛みや痒みが生じた場合も市販薬で治療することもできますが、もし改善されないようなら病院で診察してもらうことも考えておくべきです。 特に、ホルモンの乱れなどは診察で原因が分かることもあるからです。悪化すると生活に支障が生じることもあるため、スピーディーに改善するようにしましょう。 ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

ピンク 花 プロダクト ケア
  • フェムケア
  • フェムテック

vioの永久脱毛?料金は?メリットデメリットも解説!

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です❀ 今回のテーマは【VIO脱毛】。最近ではメジャーになってきましたよね! しかし「なかなか1歩踏み込めない、、、」という方も多いのでは!?🐰 今回はアンダーヘア脱毛のメリットやデメリットについて徹底的に解説していきます。 料金についても紹介していますので、脱毛を検討している方の参考になれば幸いです🍀😊(メンズ向けの内容にはなっていないので予めご了承ください。。) そもそも、永久脱毛ってなに? 永久脱毛とは、毛の再生率が20%以下になった状態のことです。まったく毛が生えてこないことと勘違いしてしまう方が多いですが、厳密には「ほぼ生えてこない」状態が定義とされてるんですね。 全身脱毛の相場は30万円~程度が平均的です。 (※毛が気にならなくなるまでの回数には個人差があります。〇回で完了!と謳う脱毛サロンには注意。) vioを含んだプランになると少し料金が上がる場合もありますが、12〜20万円程度のクリニックやサロンが多いです。vioのみの脱毛の場合、10万円~15万程度で施術を受けることができるとも言われています。  また、vioは腕や足と比べて毛が太く強くなっています。(ホルモンが作用している毛の為。) そのため特に個人差があり、10回~長い人で30回ほどの回数が必要となる人も。 また、アンダーヘアをなくすと様々なメリットが得られますが、デメリットを感じる方も。 それでは、VIO脱毛のメリットとデメリットについて詳しく解説します。 VIO脱毛のメリットデメリットを解説 フェミニンゾーンのムダ毛を脱毛することで「快適に過ごせるからやってよかった!」と言っている方や「やらなければよかったかも・・・」と後悔している方がいます。 これからVIO脱毛をしようと思っている方は是非参考にしてみてください。 メリット vioゾーンの永久脱毛をすることで得られるメリットは次のとおりです。 毛の自己処理の回数が減る 肌トラブル改善が期待できる ムレなどから起こるニオイを改善できる 生理中の不快感が軽減できる 衛生的 水着や下着のオシャレが気軽に楽しめる ムダ毛を自分で処理する際には、カミソリやシェーバーを使います。デリケートゾーンの皮膚はとっても薄く、泡や石鹸で肌を保護しながら処理したとしても肌へダメージが与えられてしまい、黒ずみの原因になります。脱毛をすることで、自己処理の回数が減ると、その分自己処理による肌ダメージを減らすことが可能なので、黒ずみや乾燥等の悩みが軽減されます。 生理中はナプキンが常に肌に当たっている状態で通気性が悪いです。アンダーヘアがなくなると通気性が少し改善され、ムレによるかゆみやかぶれの予防効果が期待できます。 また、普段から通気性が良くなりムレが軽減され、臭い改善も期待でき、衛生的かつ快適です。 デメリット vioゾーンの永久脱毛をすることで起こるデメリットは次のとおりです。 費用がかかる 複数回通わないといけない 施術に痛みがある場合が多い 脱毛が完了すると元には戻せない 自己処理をすると費用は、シェーバーやカミソリ、ソープのみですが、永久脱毛は10〜20万円ほどの費用がかかります。また、複数回通うことになるので時間も交通費も必要です。 また、レーザー脱毛・ニードル脱毛・光脱毛・・・種類にもよりますが、痛みがあることがほとんどです。 特にvioは他の部位と比べてデリケート。痛みも大きいのでデメリットと言えるでしょう。 永久脱毛は完了してしまうと元の状態に戻すことはほぼできません。そのため、時間が経ってから「やっぱり少し毛があった方が良いな」と思っても、思うように生えないため、後悔する方もたまにいます。 女性に人気の「VIO脱毛」経験者の声を紹介 vioの永久脱毛を受けた方の声で多かった意見は次のとおり。 痛みはあったけど我慢できる程度で良かった 水着を着る際に、心配しなくて良くなった かゆみや肌トラブルが減った 期待していたほどの効果が見えなかったため、まだ通っている 施術が恥ずかしくてなかなか踏み出せなかったけど回数を重ねるごとに慣れた 気にしていたのは最初だけで、今は銭湯に行っても恥ずかしくない 上記のように、VIO脱毛をして良かったと思っている方が大半でした! 中には、思っているほど毛が無くならなくて、長期間通っている方もいました。毛がもともと濃い(多い)方や、自己処理を繰り返している方は長くかかることが多いため、最初から回数が多いプランを選ぶと良い!と、脱毛未経験の方へアドバイスをしている方もいました。 中には、恋人からどう思われるか心配だったけど、意外と反応が良かった!と喜びの声もありましたよ(^^) 脱毛はクリニック・サロンはどっちが良い? 医療脱毛は、1回1回の効果が高く回数が少なくて済むが高いイメージがあります。美容脱毛サロンは安いけど回数が必要というイメージがありますが・・・実際はどうなのでしょうか。 医療脱毛の特徴 医療脱毛の特徴は次のとおりです。 「毛を無くすこと」が目的! 医療機関で医療行為として認められている医療用の脱毛機を使用されるため、しっかりとした脱毛効果が期待できる その分回数は少なめで済むことが多い(個人差アリ) 1回あたりの費用は高め 医療脱毛は高熱で毛根の細胞を壊して、生えてこないようにする方法が一般的です。1回あたりの値段は美容脱毛よりも高いですが回数が少なく済むことが多いため、人によっては医療脱毛のほうが安くなることもあります。また、医療機関なのでクリニックによっては麻酔を受けることが可能です。 ただ、実は私も医療脱毛を経験したことがあるのですが、正直、麻酔をしても我慢できないぐらいに痛かったですけど・・・。 今では「痛くない」と謳う医療脱毛や、低価格な医療脱毛も増えてきましたが、そのクリニックで使用されている脱毛機は本当に医療用の脱毛機でしょうか・・・(職業柄、色んな脱毛を試しに行くのですが、ココでは書けません本当の話。) もちろん、上記のようなクリニックはまれで、誠実なクリニックは沢山あると思います。 美容脱毛サロンの特徴は次のとおりです。 肌を健やかに保ちつつ(肌ケア)毛を無くすことが目的 エステ脱毛は、肌への優しさや美容目的も含まれる 光や熱で、毛根にダメージを与えて抑毛、減毛を施す 医療脱毛と比べると脱毛機自体の出力は弱いので回数は多め 肌へのダメージがほぼ無い脱毛サロンも! 1回あたりの費用は安め 医療脱毛のような強力な出力の脱毛機をエステサロンでは取り扱うことは法律で禁止されています。 そのため、痛くてもいいからとにかく早く!しっかりと毛を無くしたい!という方には、美容脱毛サロンは物足りないかも知れません。1回あたりの費用は医療脱毛よりも安いことが多いため気軽に通うことができます。また、美容に特化しているので、肌をいたわる脱毛施術を行ってくれたり、肌ケアもついてくるところが多いです。 両方のメリット・デメリットを考慮してご自身の目的に合った脱毛を選ぶと良いですね。 最初にもあったように、医療脱毛も美容脱毛も「一生生えてこない」は言えません。 中には私が見たような不誠実なクリニックもあるので、高額な代金を支払って残念な思いをしないように、気を付けてほしいな、と思います(>_<) 誠実な脱毛クリニック・脱毛サロンのポイントとしては、親身にカウンセリングしてくれたり、質問に丁寧に答えてくれる、料金や施術内容(回数)が明確なところを選びましょう。 脱毛施術を受ける流れは? 実は、脱毛施術を受ける前には事前に毛の処理を行わないといけません。実際の流れを説明します。 自宅で施術箇所の毛を剃る クリニックなどで施術を受ける 施術後は保湿を心がける 次に、vio脱毛を受ける際の注意点をご紹介します。 毛は抜かずに剃る 生理中は受けられないので日程調節が必要 飲酒、激しい運動はしない vio脱毛の事前処理で、毛抜きで抜いたりワックスを行うのは良くありません。毛を抜くことで毛穴は開いた状態。ばい菌が入ると炎症する可能性があります。また、毛根を残した状態でないと効果が得られない脱毛法も多いです。 また、飲酒や激しい運動は血行を良くしますので、施術後のかゆみや火照りの原因になることも。 施術の当日や前日は控えるようにすると良いです。心配な方は脱毛を受けるクリニックやサロンに相談してみましょう。 vioの施術は生理中は受けられません。日にちがかぶらないように余裕を持ったスケジュール管理をしましょう。 【まとめ】脱毛は圧倒的に楽だし快適です vioを永久脱毛すると、銭湯に行く場合や水着を着るシーンで、気を使うことが減ります。また、vio脱毛をすることによって生理中の不快感が減った方や、トラブルが減った方も多いです。また、vioの黒ずみが気になっている方にも脱毛はおすすめです。 フェムケアサロンDearでは、衛生面の観点からみてもVIOの毛は全部脱毛することを推薦しています。 もし、デリケートゾーンに関するお悩みがある場合は、vioの脱毛を検討してみてください。今回の記事が参考になれば幸いです😊 ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます💪✨

女性 夏 水着 緑 めがね
  • フェムケア
  • フェムテック

デリケートゾーンのかゆみ症状の原因・対処は?

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です😊✨ 人に相談しにくいデリケートゾーンの悩みは、今回の記事を読んで解決しましょう! デリケートゾーンの「ミミズ腫れ」は経験したことがある方が一定数いると思います。 ミミズ腫れの症状が出ると、かゆみやかぶれよりも不安な気持ちが強くなりますよね。今回はミミズ腫れについても解説致します。 デリケートゾーンの強いかゆみやニキビのような吹き出ものは性感染病の恐れもあるので、病院を受診しましょう。最後にミミズ腫れしてしまった場合の対処法やかゆみの応急処置方法も紹介していますので参考にしてみてください。 デリケートゾーンは汗などで湿気がこもりやすいうえ、名前の通り「デリケート」です。そのため、様々な不快な症状が頻繁に現れます。夏はこもりやすく、冬は乾燥で肌のバリア機能が弱まることがあります。頻繁に起きてしまう陰部のトラブルは正しい対処と対策を知っておくことが大切です🐰 陰部の痒み、痛み、かぶれの原因は? 陰部のトラブルの原因で考えられるものは次のとおりです。 ナプキンで蒸れ、荒れる 下着が擦れる ムダ毛の自己処理をしたときに肌を傷つけてしまう 性感染病、婦人病 特にナプキンでかぶれてしまうことがよくあると思います。ナプキンは科学的な素材が配合されているものが多く販売されているうえ、蒸れやすいです。強くかぶれてしまうとミミズ腫れのように盛り上がって炎症を起こしているように見えることがあります。ミミズ腫れがひどくなると強いかゆみや、ブツブツができてしまうこともあります。また、下着のサイズが合っていないとビキニラインやiラインのサイドにダメージが生じやすいです。 特に正しいケアや対策を行わず自己処理をしてしまうと、毛包炎ができてしまったり、カミソリ負けしてしまうこともあります。 また、強いかゆみや異常なおりものなどは性感染病や婦人病の可能性もあります。女性がかかりやすい婦人病の1つに「カンジダ症」があります。カンジダ症は膣内のバランスが崩れた場合に発症します。性行為にコンドームを使用していたけどデリケートゾーンにトラブルが起きた場合にはカンジダ症を疑ってみてください。 デリケートゾーンの不快感の対策・対処法は? デリケートゾーンのトラブル予防のためにできることは次のとおりです。日常的に行うように意識しましょう。 ナプキンは頻繁に交換する、オーガニックのものや経血カップを使用する 肌に優しい素材で合ったサイズの下着を着用する 自己処理は泡などで保護しながら優しく丁寧に行う VIOゾーンも保湿をする コンドームを使用する 規則正しい生活習慣を意識する ナプキンは一般的に科学的な素材で作られていますが、オーガニックの製品に切り替えることで、肌に対する優しさが増し、トラブルが起きにくくなる傾向があります。さらに、ナプキンを1日中交換できない場合は、交換頻度を増やしてみてください。ちなみに、オーガニックナプキンを使用すると生理痛の軽減効果も期待できます。 VIOゾーンの自己処理がトラブルを引き起こしやすい場合、サロンやクリニックで毛が生えにくくなる施術を受けることをおすすめです。 ただし、様々な理由でそれが難しい場合もあると思います。そのため、正しい処理方法を以下にご紹介します。 デリケートゾーン用の石鹸などで肌の滑りを良くする スキンガード付きのシェーバーなどを使用する 剃る前に毛を短く整える 毛流れに逆らわないように剃る VIOゾーンを洗浄する際には、ボディソープではなく、専用のソープを使用するか、温かいお湯で優しく洗い流しましょう。 ボディソープは洗浄力が高いため、デリケートゾーンに使用すると乾燥や刺激が生じることがあります。また、VIOゾーンは体の中でも特に乾燥しやすい部位なので、手や足、顔と同じように、VIOゾーンも保湿を怠らないようにしましょう。 保湿剤もVIO専用の保湿ジェルやクリームがおすすめです。 また、性行為を行う際には、避妊だけでなく性感染病予防にも効果のあるコンドームを必ず使用しましょう。 また、体の免疫力を向上させるためには、バランスの取れた食事、十分な睡眠時間の確保、適度な運動を心がけることが大切です。 規則的な生活を送ることで、ホルモンバランスも安定し、風邪などの疾患にかかりにくくなります。 それでも改善しない場合は病院へ行こう! 陰部の肌トラブルは、いつ受診すればいいのか判断が難しいことがあります。一般的な指針として、症状が数日から1週間程度で改善しない場合は、産婦人科を受診することがおすすめです。ミミズ腫れ、強いかゆみ、痛みなどの症状がある場合は、早めに受診を検討しましょう。中には性感染病や婦人病の可能性もあるため、症状が改善しない場合は、放置せずに専門家に相談しに行きましょう。 vioの正しいケア方法をチェック! vioは、とてもデリケートな部分なので、正しいケアを行うことが大切です。 洗浄力の高すぎる石鹸やソープを使わない ムダ毛の自己処理の頻度は適度に 保湿する場合はvio専用の製品を使う 掻きむしったり、強い刺激を与えない ムダ毛を処理する際には摩擦が起きます。vioも同じで処理するたびに肌に摩擦が起きてダメージが与えられます。すると、乾燥しやすくなったり黒ずみになってしまったりします。そのため、毎日のように自己処理を行っている方は頻度を減らし、クリニックやサロンで脱毛を受けましょう。 vioは皮膚と粘膜がある部位です。フェミニンゾーン用ではない製品を使うと粘膜に付着したり、中に入ってしまうこともあります。粘膜に付いても大丈夫な専用の保湿製品を使うと安心です。 肌に摩擦は厳禁ですが、掻きむしったりするのはより厳禁です。爪などで皮膚が傷つき、色素沈着が起きたり、より乾燥がひどくなったりする可能性が考えられます。 【まとめ】デリケートゾーンのミミズ腫れ予防は日頃のケアが大切 「美肌は1日にしてならず」というように、vioの肌も毎日のケアが健康を保つ秘訣です!! 正しいケア方法や、肌に良くないことを知って、毎日意識することが重要です。デリケートゾーンにミミズ腫れが起きてしまった場合は、焦ったり不安になってしまったりして市販薬の使用をしてしまう方がいますが、もし正しく症状を把握できていなくて間違った薬を使用してしまうと悪化することも考えられます。そのため、自己判断で対処するよりも、少し様子を見てみて、改善しない場合だと、産婦人科などを受診してください。ミミズ腫れが起きている場合は強いかゆみが見られることがありますが、掻きむしらないでください。どうしても我慢できない場合は、冷やしたタオルなどを当てて少し冷やすと痒みが抑えられる場合があります。 ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます🍀 ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい✨ 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます💪

女性 カーディガン 冬 冷たい
  • フェムケア
  • フェムテック

デリケートゾーンのゆるみが気になる!膣ケアが効果的?

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です😊 膣のゆるみが原因で尿もれが起きてしまい、悩んでいる方はたくさんいるのでは!?👀 様々な原因が考えられ、改善方法もいくつかあります。 今回はデリケートゾーンのゆるみが気になっている方に向けた情報を紹介していきますので参考にしてください🍀 デリケートゾーン、膣の緩みは更年期が原因? デリケートゾーンのゆるみと更年期には関係があります。更年期になると生理が規則的に来なくなったり、憂鬱な気分だったりイライラしてしまったりと精神的な変化も現れることがあります。特に閉経が近くなると、ホルモンバランスが崩れやすくなり、潤い不足やゆるみなど、デリケートゾーンに変化が起き始めることが考えられます。そのため、膣のゆるみの原因が更年期であることも考えられます。 膣のゆるみは女性の悩みランキングに入りやすい!? デリケートゾーンに限らず年齢が上がるとともに体の悩みは増える傾向があります。膣の悩みで多かったのは次のとおりです。 ニオイ 黒ずみ 毛 かゆみ 乾燥 たるみ、ゆるみ 一番多かったのは「臭い」です。しかし、年齢が上がると膣のたるみ、ゆるみが気になる女性が多いです。「ゆるみ」の悩みでは、湯船に浸かった後に膣からお湯が出たり、性行為中のパートナーの反応から悩む方がいます。また、年齢とともに乾燥に悩み始める方もいるため、デリケートゾーンのケアを行うことが大切です。 デリケートゾーンのゆるみの原因は何がある? デリケートゾーンがゆるんでしまう原因はいくつか考えられます。原因ごとに分けて解説しますので、参考にしてみてください。 出産 出産は、膣を赤ちゃんが通って出てくるため、膣周辺の筋肉が大きく引っ張られゆるみやすいです。そのため、筋肉が広がってゆるみを感じてしまいます。産後しばらくすると、ゆるみは改善されることが多いですが、完全に出産前の膣の状態には戻らないと言われています。 加齢 加齢によって筋肉量が減ってしまうのも膣のゆるみの原因の一つです。「骨盤底筋」という筋肉が衰えることで尿もれが発生しやすくなります。骨盤底筋とは、名前の通り骨盤の底の方にある筋肉で、骨盤内にある子宮や膀胱、直腸などを支えている筋肉です。この筋力が正常だと、くしゃみをしたときや笑ったときなどに反射的に尿道口を締めてくれます。しかし、筋力が加齢によって衰えていると反射的に締める力が弱くなってしまい、尿もれが起きてしまいます。また、加齢や更年期によって女性ホルモンに変化が起き、筋力が低下しやすくなる原因もあります。 生活習慣 日常的に運動不足な方や、正しい姿勢を保てていない方は骨盤底筋の筋力が下がっているかもしれません。運動不足な状態が続くと、筋肉は減っていきます。加えて骨盤底筋はインナーマッスルという内側にある筋肉なため、外見から衰えているかどうかの判断がしづらく、気づかないケースもあります。運動不足によって体全体の筋肉が減っていくと当然内側にある骨盤底筋も減ります。 次に姿勢です。姿勢が悪いと、使うはずの筋肉が使われないことがあります。例えば猫背やストレートネックの方は背中の筋肉が使えておらず、骨でバランスを取っている状態が考えられます。正しく筋肉を使わず姿勢を保っていると筋力が低下し、体全体の筋肉バランスが崩れ、肩こりなどの不調を引き起こします。反り腰だったり、猫背だったり、正しい姿勢が取れていないと、骨盤底筋の筋肉があまり使われず、ゆるんでしまうことが考えられます。 おすすめの改善方法はある? 改善方法は大きく分けて2つあります。セルフケアで骨盤底筋を鍛える「膣トレ」と「病院やクリニックに相談する」の2つです。それぞれの方法を詳しくお伝えしていきますので、まずはセルフケアを行って改善が難しい場合や、骨盤底筋をうまく鍛えられないという方は病院やクリニックに相談することをおすすめします。 膣トレ方法 膣トレは骨盤底筋という見えない部分の筋肉を鍛えるトレーニングなので、初めての方は難しいかも知れませんが、慣れると片手間で行なうことができるため、継続しやすいうえ、ダイエット効果も期待できます。 正しい姿勢で立つ 肛門や膣の入り口に意識を向ける 肛門や膣の入り口を上の方に引き上げるように力を入れる 無理のない範囲で数秒キープし、力を抜く 上記の1〜4を無理のない範囲で数回〜数十回行う まず、正しい姿勢は背中を壁につけて立ち、かかと、おしり、背中、肩、頭を付けた状態です。最初の数回は壁に背中を付けた状態で行うと正しい姿勢が取りやすいです。次に「肛門と膣を上の方に持ち上げる」ことが難しい場合は内ももに力を入れて、内側からヘソの方に向けて力を入れるようにしましょう。直接骨盤底筋が鍛えられていなくても周辺の筋肉は鍛えられるため効果が期待できます。普段運動をしていない方や骨盤底筋の筋力が衰えている方は疲れやすいと思いますので、5〜10回を3〜5セット行ってみましょう。慣れてくると回数を増やしたり、キープする秒数を増やしたりして、鍛えましょう。 慣れてくると、料理中に立っているときや電車移動時、座っているときにも膣トレを行うことができます。座っているときに膣トレを行う場合も、姿勢を正しく保ちながら行いましょう。座っているときは腰を引いて骨盤を正しい位置に置いて、背筋を伸ばして行いましょう。また、膣トレを行う際に、横腹も同時にへその方へ引き込むトレーニングを行うとウエストのシェイプアップにも効果が期待できます。 病院やクリニックに相談 病院やクリニックに相談すると施術を受けることができます。 膣ハイフ 注入法 手術 上記3つの方法が一般的です。膣ハイフの場合は、大掛かりな施術ではないため、他の施術と比べると気軽に行えます。施術方法は医者と相談した上で決めると良いです。 【まとめ】相談しにくいデリケートゾーンのゆるみはセルフケアで改善! デリケートゾーンの悩みはなかなか人に聞けなくて悩んでしまいますよね。 ゆるみで悩んでいる場合は、骨盤底筋を鍛える膣トレを継続して行ってみてください! 膣トレに限らず筋トレはすぐに効果が現れるものではないため、根気よく数週間から数ヶ月ほど続けてみてください。もし、膣トレを実践してみたけど、筋肉の動かし方や使い方がわからないという方は「膣トレグッズ」を利用しましょう。 フェムテック製品で、スマホで膣圧数値が分かるものがあります。 この商品は目に見えて成果が分かるため、続けられない方におすすめです。 他にもインナーボールのような挿入するタイプや、太ももで挟むタイプのグッズもありますので、気になる方は一度調べてみてくださいね😊 ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています✨ 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

指さし 女性 ポイント
  • フェムケア
  • フェムテック

デリケートゾーンのたるみとは?女性の美容ケアとして確認しよう

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です🍀 女性の方であれば、デリケートゾーンのたるみについて悩む人もいるでしょう! デリケートゾーンがたるんでしまうなら、何とか改善したいと思うはずですが「どうすれば良いのか?」と疑問を感じる人もいますよね...! デリケートゾーンのたるみは改善する方法もあるため、しっかりと内容を把握しておくのがおすすめです✨ 女性の美容ケアとして、原因や注意点など内容を徹底紹介していきます。 デリケートゾーンのたるみの原因とは? デリケートゾーンはたるんでしまうことがありますが、どのような原因があるのか疑問に思う方もいるでしょう。デリケートゾーンのたるみには以下のような原因が考えられます。それぞれの詳細な内容を解説しましょう。 老化によって真皮が薄くなる デリケートゾーンのたるみは、老化による加齢でた生じることもあります。肌は角質層、表皮、真皮、皮下組織という構造になっていますが、たるみの重要なポイントになるのは真皮です。真皮にはコラーゲンやヒアルロン酸などを作り出す機能がありますが、加齢と共に分泌量は減少します。 成分量が少なくなると、真皮が薄くなるため、肌はダメージを受けやすくなり、回復も難しくなるためたるみはしわなどが発生しやすくなります。年齢が30後半や40代になれば真皮が薄くなってくるため、デリケートゾーンのたるみには注意しておくべきです。 コラーゲンが糖化する コラーゲンは肌の弾力を維持するために必要な成分ですが、糖化という現象が発生してしまうと弾力性が無くなってしまい、たるみやしわの原因になることもあります。正常なコラーゲンがタンパク質と反応すると糖化コラーゲンに変化し、弾力性が失われてしまってたるみやしわになることがあります。 糖化は体内にある糖分を摂取し過ぎたり加齢やストレスによって生じることが多いです。つまり、自分の年齢だけでなく、環境によって生じる場合もあるため注意が必要です。糖化コラーゲンは茶ぐすみの原因になることもあり、蓄積すると黒ずみもひどくなるため、様々なる肌トラブルを引き起こす可能性もあります。 生活習慣の乱れによるビタミンC不足 生活習慣が乱れることで、デリケートゾーンのたるみが生じることもあります。睡眠不足や栄養バランスの乱れが生じると肌に必要な栄養を行き渡らすことができず、新陳代謝が上手くいきません。そのため、肌のターンオーバーに悪影響が生じて肌のたるみを引き起こすことがあります。 また、生活習慣が乱れることによりビタミンC不足に陥ることもあり、コラーゲンを生成することができず、肌のハリや弾力が失われることもあります。メラニンが多く生成されてたるみだけではなく黒ずみの原因になることもあるため、注意が必要です。 また、食生活が偏って肥満など体重が急激に増加すると皮膚が伸びてしまいます。伸びた皮膚はダイエットをしても直ぐには戻らず、伸びたままになることもあるため、たるみやしわの原因にもなります。そのため、生活習慣の見直しも確認しておく必要があるでしょう。 肌が乾燥している デリケートゾーンが乾燥しているなら、たるみにつながることもあります。肌が乾燥すると、バリア機能が低下することになるため、細菌などの攻撃によって炎症を起こしやすくなります。 炎症が起きると肌の弾力性が低下することになるため、たるみだけでなく、黒ずみやしわも発生する可能性が高いです。デリケートゾーンの場合は、刺激性の強いボディソープの使用やゴシゴシ洗い過ぎている場合に乾燥を引き起こすことがあるため、自分のケア方法に注意しておく必要もあるでしょう。 出産によるたるみが出ることも デリケートゾーンのたるみは、出産によって生じることもあります。妊娠するとデリケートゾーン部分の皮膚は大きく伸びていき、出産するなら伸びた皮膚がそのままになり、たるみが残りやすくなるからです。 特に、経膣分娩を経験すると、膣から外陰部まで大きく伸びて傷がつく場合もあるため、たるみに繋がりやすいです。出産によるたるみの場合はクリニックによる治療が必要になる場合もあるため明記しておきましょう。 デリケートゾーンのたるみを改善させる方法とは? デリケートゾーンにたるみが発生してしまうと悩む人もおられるはずですが、改善させる方法はあるため、確認しておくことが大事です。たるみを改善させるためには以下の方法を行うことができます。それぞれの詳細な内容を紹介しましょう。 骨盤底筋を鍛えるエクササイズを行う デリケートゾーンのたるみが気になるなら、骨盤底筋のトレーニングを行うことができます。いろいろな方法がありますが、特に支えることをポイントにした運動がいいので、隙間時間などに行ってみるのがおすすめです。デリケートゾーンのたるみ改善トレーニングとして ・仰向けになる ・片手のひらを下腹部へ乗せて12秒ほど肛門や膣をお腹の方へ引き下げるように力を入れる ・45秒ほどリラックスして再度続ける という方法があります。 骨盤底筋を鍛えることによりたるみを改善でき、気にならなくなることも十分ありえます。簡単に行えるトレーニングなので、デリケートゾーンのたるみが気になるなら考えてみましょう。 クリームやオイルを使用する デリケートゾーンのたるみが気になるなら、クリームやオイルを使用することも1つの方法です。たるみはコラーゲン不足や乾燥などが原因になっている場合もあるため、保湿成分などを肌に浸透させることで解消できる可能性もあります。 デリケートゾーンに塗ることのできるクリームやオイルはいろいろありますが、天然成分由来やとろみがあるなど、含まれている内容を確認することが重要です。また、デリケートゾーンへのたるみとしてクリームやオイルを塗るだけでは効果が不十分なこともあるため、上記の骨盤底筋トレーニングと合わせて使用するようにしてください。 専門クリニックで施術を受ける デリケートゾーンのたるみによっては、元の状態に戻すのが難しい場合もあります。特に、年齢により生じたたるみはセルフケアで元に戻すことができない場合もあるため、専門クリニックに相談してみるのも良い方法です。 専門クリニックでは余分な皮膚を取り除いて綺麗に縫合してくれるため、痕が残らないように配慮もしてくれます。無料カウンセリングも実施されているため、クリニックの相談を考えてみましょう。 【まとめ】デリケートゾーンのたるみを防ごう デリケートゾーンはたるみを生じさせる場合もあるため、原因についてしっかり確認しましょう。 また、デリケートゾーンのたるみを改善させる方法もあるため、自分の用途に応じて行うようにしてください。 しっかりポイントを押さえておけば、たるみを生じさせず、改善も期待できますよ👀 ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

手 マッサージ 白 服 親子
  • フェムケア
  • フェムテック

フェムテックケアとしてデリケートゾーンのマッサージは良い?女性の悩み情報を知っておこう

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です🐰✨ 女性の方であれば、フェムテックケアについて関心がある人もいるでしょう!! デリケートゾーンについてしっかりケア方法を知っているなら、改善させることができ、美容の維持にも繋げることができるんです😊 デリケートゾーンのケアとして、マッサージを行うこともできますが「どのようにすればいいのか?」「どのような効果やポイントがあるのか?」と疑問もあるでしょう。 デリケートゾーンのマッサージについて内容を紹介していきます! フェムテックとは? フェムテックとは女性の健康を支える商品やサービスのことです。テックと言うとAIを連想するため、アプリなどのテクノロジーの使用を考えるかもしれませんが、そのような技術以外の全版的なものをフェムテックと言います。 例えば、生理周期を管理するアプリや、デリケートゾーン専用のソープ、ショーツなど、様々なものを含めてフェムテックと言います。デリケートゾーンというと、女性にとっては恥ずかしい思いを持つ人もいますが、自分の体をケアすることは大事なことです。 多様性の時代になっており、女性も社会で活躍するためには、フェムテックによって自分の体を正しく管理することができるようにしましょう。 デリケートゾーンのケアが必要な理由とは? 女性にとってデリケートゾーンは大事な部分であり、繊細な場所でもあります。そのため、しっかりケアをしないと、悪い影響が生じてしまうこともあります。デリケートゾーンのケアが大事な理由について内容を紹介しましょう。 臭いが生じることになる デリケートゾーンは尿道や膣、肛門と排泄する部分が密集しているため、汚れやすい箇所と言われています。また、ショーツやボトムスで覆われているなら、汗や排泄物で蒸れてしまい、雑菌が繁殖して臭いが発生することもあります。下着を外すと臭いに関して不快感を持つこともあるかもしれませんが、それは、デリケートゾーンの周りに雑菌が発生している可能性が高いため、しっかりクリームなどを使用して洗浄するなど、ケアを行う必要があります。 乾燥するため デリケートゾーンは乾燥しやすい場所と言われています。触れる機会が無いので分かりにくいですが、乾燥すると痒みの原因にも繋がり、トラブルが生じることもあります。 乾燥は加齢によってハリが失われていくのが原因とも言われているため、保湿クリームなどを利用して乾燥を防ぐようにする必要があるでしょう。また、乾燥して免疫力が落ちてしまうことで痒みが生じることもあります。痒みの発生を防ぐためにも適度な膣ケアは重要と言えます。 尿漏れや骨盤底筋が緩む デリケートゾーンは骨盤底筋群が緩んでしまうと、尿漏れや子宮脱などの症状を引き起こすことがあります。主に膣の締め付けが緩くなってしまうことであり、老化などが原因です。 ただ、骨盤底筋群を鍛えることで膣の締め付け力は向上させることができるため、やり方によっては改善することもできます。膣トレーニングと言われる方法を行うことができますが、詳しくは後ほど紹介しましょう。 デリケートゾーンケアのためのマッサージ方法とは? デリケートゾーンはしっかりケアをしていないと、いろいろなトラブルを引き起こすことになります。 そのため、定期的にマッサージをして管理しておくことが大事です。どのようなマッサージを行うことができるのか知っておきたいはずなので、内容を紹介しましょう。 マッサージ前は適切に洗う マッサージをするときは、適切にデリケートゾーンを洗うことが大事です。優しく洗うことがコツであり、擦り過ぎないようにしましょう。また、洗浄力の強いボディソープなどは肌が荒れたり、乾燥したりして皮脂分泌され臭いが強くなることもあります。低刺激の石鹸などを使用して優しく泡立てぬるま湯で流すようにしましょう。しっかり膣周りを綺麗にすることによりマッサージの効果も向上させることができます。 膣の外側 デリケートゾーンのマッサージを行うときはオイルの使用、そして膣の外側から行うようにしましょう。オイルの成分により、膣の血流が良くなり、保湿や生理痛の痛み改善につながるからです。マッサージオイルは親指と人差し指、中指に塗っておき、大陰唇を指の腹を使用して優しく撫でながらオイルを塗っていきます。触って硬い部分があるようなら、優しくほぐすように揉むことが大事です。 小陰唇の部分は指の腹でつまみながらオイルを塗るようにしましょう。ひだの内側は優しく撫でるようにすると、効果的です。会陰と言われる膣と肛門の間は、撫でるようにしてオイルを塗り込んでいきましょう。しっかり塗っておくことで、出産時のダメージなどを軽減させることにもつながります。 膣の中 膣の中もマッサージをすることで、緩みや痒みを改善させることができます。中を触るのに抵抗がある人は外側のみでも良いですが、人差し指を入れて問題ないようなら内部を慎重に確認してみましょう。まず、人差し指を入れるときは、オイルをたっぷり付けるようにしましょう。 オイルの量が少ないと痛みを感じる場合もあるため、全体的に付け過ぎのような感覚でも大丈夫です。第二関節まで入れることができれば、お腹側の壁を押すようにして半周してください。続いて親指も第二関節くらいまでオイルを付けて、入れていき指の腹を肛門側に向けた状態でゆっくり入れていきます。 そして、2本の指を使って会陰の部分を内と外で挟み、優しく揉みほぐしましょう。また、親指を第二関節まで入れることができれば、膣のお尻側の壁を押しながら半周します。最後にオイルを手に付けて肛門周りをほぐしながら塗れば、マッサージは終了です。 ケーゲル体操 膣トレのトレーニングとして、ケーゲル体操をすることもできます。ケーゲル体操は医学的におすすめできるトレーニングの方法であり、骨盤底筋の筋肉を収縮と緩みの運動をすることにより、鍛えることができます。ケーゲル体操のやり方は机にもたれた姿勢を取り、仰向けの姿勢、座った姿勢などで大丈夫です。自分の楽な姿勢を取るようにしましょう。 姿勢の準備ができれば尿道や肛門、膣を強く締めて5%10秒ほどキープして、その後緩めてください。これを1日に3〜5回ほどセットで行うことにより膣トレができます。姿勢は立っていても座っていても大丈夫なため、仕事の合間やテレビを見ながらトレーニングすることができます。膣の緩みが気になる人はマッサージだけでなくケーゲル体操も取り入れてみましょう。 【まとめ】フェムテックとしてデリケートゾーンのマッサージを行おう 女性にとってデリケートゾーンは大事な部分なので、しっかりマッサージをするようにしましょう。マッサージをするときはしっかり清潔な状態にしておき、刺激の少ないオイルを使用して優しく揉むようにします。 マッサージによりあなたのデリケートゾーンの悩みを解消できるかもしれません(*^_^*) ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい✨ 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

水 女性 赤服
  • フェムケア

デリケートゾーンのかゆみは殺菌で解決?

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です✨ 今回のお話は「デリケートゾーンのお悩み」にまつわるお話をしようと思います、、、! デリケートゾーンの悩みや不快感、臭い・かゆみなどの原因は人によってさまざまなんです。 食事バランスが崩れていたり、不衛生だったり、体調不良などの健康状態やストレスによって体のホルモン状態が崩れている場合などが一般的な原因です! 今回はデリケートゾーンのかゆみのケアについて詳しく解説していきますよ~!! デリケートゾーンはとても敏感! 女性のデリケートゾーンは、顔や手足などの肌よりも薄く敏感なので適切な洗い方を行う必要があります。 また、過度なダイエットを行っている方は膣内の常駐菌バランスが崩れて、おりもの異常やニオイの原因にもなります。栄養バランス・十分な睡眠・衛生面のケア(正しい洗い方)が大切。常に清潔に保ってください。 デリケートゾーンの悩みや不快感の原因は一般的に次のとおりです。 ムレてかぶれてしまってる 下着やナプキンなどが擦れて刺激をうけている 洗いすぎで必要な菌まで流してしまっている 元々乾燥肌、敏感肌な体質 デリケートゾーンの病気 生理中などはどうしても肌が特に敏感になります。ナプキンを交換できなかったりしてムレて炎症を起こしてしまい、痒くなってしまう可能性もあります。 また、下着がこすれると乾燥を招いてしまったり、ダメージを負いやすくなったりします。 そして、洗いすぎも洗わないのも良くありません。清潔な状態を保っておくことが大切です。 また、元々皮膚が弱い方は保湿オイルを塗ったり、泡で優しく洗ったりしてトラブルを予防すると良いです。 陰部の悩みやムレなどの症状の原因は? 陰部のムレや悩みの原因の代表例は次のとおりです。 おりものシートやナプキンを毎日使用している 通気性の悪い服ばかり着ている 下着などの衣服による摩擦 菌のバランスが崩れてる 毛の処理をしていない おりものシートやナプキンを毎日使用していると空気がこもってしまい、蒸れに繋がります。また、蒸れて皮膚が痒みを起こしてしまう可能性もあります。痒くてかいてしまうと皮膚にダメージが与えられ、肌を守ろうとメラニンが働き色素沈着してしまう可能性もあります。 また、膣内は常駐菌のバランスで健康に保たれています。不潔、逆に洗いすぎ、ストレスなどが原因でバランスが崩れてしまうと「カンジダ」になる可能性も。また洗い残しもニオイの原因にもなりますので丁寧に洗いましょう。 また、まだまだ日本ではVIOの毛の処理が一般的ではありませんが、衛生面・ケアのしやすさ・快適さなどの観点からDearではVIOの毛を全部処理することを推奨しています。 デリケートゾーンの洗い方は?清潔に保つとかゆみ対策にも デリケートゾーンは専用の石けんを使って優しく汚れを落としましょう。普通のボディソープの場合は洗浄力が強すぎるものもあるので、専用のソープがおすすめです。石鹸で優しく汚れが溜まりやすい部分をなぞってぬるま湯を手に取り優しく洗い流しましょう。vゾーンとiラインの間の部分も痒みが発生しやすい部分なので、洗い残しがないようにしっかりと洗いましょう。 洗いすぎには注意!洗うべき部分はココ! デリケートゾーンを洗う際に、中まで洗うのは絶対にやめましょう。膣内には外からの雑菌から守るために必要な菌もあります。必要以上に洗うと必要な菌まで洗い流してしまい、自浄作用が落ちてしまいますので注意してください。デリケートゾーン専用の石鹸を十分に泡立てて、大陰唇と少陰唇の間や陰核を中心に撫でるように洗いましょう。膣の入口部分は特にデリケートなため、すすぐ際にぬるま湯で優しく撫でるだけで十分です。また、oラインとiラインの間(会陰)も忘れずに洗いましょう。 おすすめといわれている石鹸は?人気のソープは?? デリケートゾーンを洗う際には、専用の石鹸を使うと安心です。 配合されている成分によっては、黒ずみ改善効果やニオイ対策にもありますので、自分の求めている効果が期待できる製品を選びたいですね! 紹介する商品の中には、ドラックストアなどで販売されているものもあるため手に入りやすいものもあります。 反対に、プロユースで徹底的なこだわりでつくられた「取扱サロン」でしか購入できないものも。 人気デリケートゾーン専用石鹸のおすすめは? デリケートゾーン用の石鹸で確認するべきところは下記のとおりです。 原材料 肌悩みに沿っているか 優しさ コスパ Dearとしては、デリケートゾーンに使用するものは「香料不使用」を推奨します。 買う前にチェックしておくと良いですね。 また、お肌への優しさにも着目してみましょう。 敏感肌の方は敏感肌用の石鹸を選んでおくと安心です(*^-^*) デリシャスボディ ベアウォッシュ デリシャスボディ ベアウォッシュは、薬用の石鹸で医薬部外品です。 赤ちゃんの肌にも対応しているくらい肌に優しい成分で無着色、無鉱物油、石油系界面活性剤フリー、アルコールフリーです。 また、ポンプタイプなので使いやすさを求めている方にもおすすめな商品です。 コラージュフルフル コラージュフルフルも医薬部外品で、カビや雑菌への殺菌効果が期待できます。 人気のソープなため、デリケートゾーン石鹸に初めて挑戦する方にもおすすめです。 泡で出てくるタイプなので肌への負担が減らせます。また、スポーツ後の汗や生理中の不快なニオイが気になるときにおすすめです。 エッセンス プレミアムソープ 石鹸なのに潤う!全身使える。石鹸のベースとなる油分は全て植物由来のみで製造。 石鹸の製法は一般的な「機械練り製法」よりも成分を多く含ませることができる「窯たき枠練製法」採用により通常は5%しか配合できないとされていた保湿成分を30%も配合することが可能に。 人間の細胞を柔らかくすることができる唯一の脂質「ガンマリノレン酸」や細胞にとって必要な栄養素の宝庫「プラセンタ」エキスなど、機能性脂質も配合されています。 赤ちゃんにも使える安全・安心な石鹸です。 安全性と優しさにこだわるDearでは、このプレミアムソープを推奨します。 (もちろん正規販売店なのでDearでお求めいただけます。) 他のケアアイテムもあわせてピックアップ! デリケートゾーン用石鹸だけではなく、他のデリケートゾーン用アイテムもご紹介します。 アンティーム ハイジーンシート アンティーム ハイジーンシートは、デリケートゾーンのニオイが気になったときにサッと拭いて汚れを落とすことができるアイテムです。 使ったあとはそのままトイレに流すことができるため気軽に利用できます。また、パッケージが可愛らしく持ち歩きやすいです。 ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム ハーバルラビットナチュラルゲルクリームは、アウトバス時にデリケートゾーンに塗布する保湿クリームです。 美白効果が期待できる成分も配合されているため、黒ずみに悩んでいる方におすすめです。 また、ふんわりと野ばらの香りがするのでニオイが気になる方にも。 【まとめ】デリケートゾーンは日々のケアが重要! デリケートゾーンのニオイや黒ずみ、ムレなどの不快感は毎日コツコツと適切なケアをすることで改善が期待できます。 デリケートゾーンは専用のクリームを使ったほうが良いですが、抵抗がある方は弱酸性のものや、お湯でしっかりと洗いましょう。 また、お風呂後のスキンケアは顔だけではなく、デリケートゾーンも同じように行いましょう。 デリケートゾーンのニオイが気になる方は菌やホルモンのバランスが崩れている可能性がありますので、健康にも気を使いましょう。ジャンクフードばかり食べている方は野菜や魚などの健康に良い食品を摂るように心がけてください。 ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

女性 帽子 芝生 晴天
  • フェムケア
  • フェムテック

デリケートゾーンケアのおすすめグッズは?手入れ方法や人気のヘア処理グッズなどを紹介!

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です。 海外、特にフランスでは『女性のデリケートゾーンケアは当たりまえ』の文化ですが、日本ではデリケートゾーンケアをしている人はまだまだ多くないといわれています。 その大切さや必要性を認識している人自体が少ないです。 スキンケアなどで肌を保湿するのと同じ様に、専用のアイテムを使ってデリケートゾーンケアをすること美容と健康にとても良いことなのです。 今回は様々なメリットがある「デリケートゾーンのお手入れ」について解説していきますので是非最後までご覧ください(*^_^*) フェムケアとしてvラインiラインoラインの3つセットは当たり前? 『フェムケア』とは女性の体に関わるケアのことで、vラインiラインoラインのヘア処理もフェムケアと言えます。 アンダーヘアを処理して整えることはもちろん、専用の石鹸などを使って清潔に保ち、スキンケアと同じ様に保湿もすると良いです。 年齢とともに分泌液が減ってくる傾向があるので、しっかりと潤いを保つことで不快感やトラブルなどの悩みの予防にも効果が期待できます。 また、生理中のかゆみ・においが気になる方は、専用の商品を使って正しいケア方法を実践することで対策にもなります。 vioのアンダーヘアの正しい自己処理方法 vioのヘアを処理しないと、ムレたりして肌トラブルの元になる場合があります。 もちろん脱毛サロンやクリニックで脱毛処理をするのが安心ですが、まだ脱毛を始めれない人の為に 今回は自己処理の方法について紹介します。 デリケートゾーン専用のアイテムを使うことがおすすめといわれていますが、先が小さく小回りがきくタイプの電動シェーバーなどのアイテムでも代用は可能です。 剃る前にはシェービングクリームやデリケートゾーン専用のソープなどで滑りを良くしてから剃ることで、肌が傷ついてしまう負担を軽減できます。 また、剃る際は粘膜の部分に当たらないように優しく少しずつ剃ること。 ムダ毛処理後は乾燥がひどくなりやすいので、保湿ケアは必須です。 かゆみやトラブルなどの悩みは乾燥対策で解決! デリケートゾーンの不快感に悩んでいる方は、専用のオイルや保湿成分が配合された専用の商品を使うことがおすすめです。 シャワーの後、スキンケアを行う際にデリケートゾーンのケアも一緒に行うようにすると清潔な状態で保湿ができて乾燥対策に繋がります。 年齢とともに潤いは減少します。 乾燥状態が続くと肌も膣内もダメージを受けやすくなり、様々なトラブルを引き起こしやすくなります。 下着やナプキンの擦れも刺激となってしまうので、日頃から乾燥対策をしましょう。 洗いすぎだったり洗浄力の強すぎるものも乾燥の原因になります。石鹸を使用する場合は弱酸性でデリケートゾーンに合ったphの石鹸を選びましょう。 デリケートゾーンのくすみは専用の保湿ケアが効果的!? デリケートゾーンが黒くくすんでしまっている方は、乾燥によりお肌がダメージに弱くなり、摩擦などによって色素沈着が起こっている可能性があります。 黒くくすんでしまった肌を改善するには、肌のターンオーバーを正常にして、新しい皮膚へと変わるように新陳代謝を促すこと。そのためにも保湿は重要です。 今はくすみが無い方でも、ホルモンバランスの変化や、年齢とともにくすんでくる可能性は十分にありますので、できるだけ早い段階で保湿ケアを毎日の習慣にしておくことが大切です。 また、デリケートゾーンの黒ずみに効果的な製品出てきていますので、専用の製品を使うこともおすすめです。 デリケートゾーンは、顔の肌よりも薄く繊細で、経皮吸収率の高い部分なので良いものも悪いものもグングン吸収します。自然由来の安心できる製品を選んで使用しましょう。 石鹸やクリームなどの人気アイテムは? フェムケアとして女性から人気の石鹸と保湿クリームなどを紹介しますので参考にしてみてください。(※香料が配合されているものもありますが、Dearとしては原材料に香料等の科学的なものが使われているものは推薦しません。) サマーズイブフェミニンウォッシュ サマーズイブフェミニンウォッシュは、1,000円以下で購入可能なとても価格が優しい商品です。 敏感肌用や普通肌用、他にも期間限定ですが黒ずみ対策に効果的なタイプの3種類があり、自身に合ったタイプの洗浄力のものが選べます。 また、ほのかな香りがついていますので臭いが気になる方に人気です。 イグニス イオフェミニンウォッシュ イグニスイオフェミニンウォッシュはアミノ酸系なため、優しく汚れを落とすことができ、保湿成分も配合されているため敏感肌な方へおすすめだと言われています。 また、ニオイ対策にも効果が期待できます。容器も可愛らしくシンプルな見た目なので抵抗がある方でも手に取りやすい商品ですね。 イビサクリーム トラネキサム酸やグリチルリチン酸などの美白作用がある有効成分が配合されています。 くすみに悩んでいる方や、脱毛したら黒ずみが目立って見えたと悩んでいる方へおすすめな商品なんだとか。 いくつかの雑誌にのっている、有名なデリケートゾーンの保湿商品です。 ウーマンボディクリーム こちらの商品はコスパが魅力的なクリームです。 デリケートゾーン以外にも全身に使えるので、部分使いや商品を分けて使うのがめんどくさく感じる方へおすすめだと言われています。 肌のバランスを整えてくれる成分などが配合されており、6つの無添加で赤ちゃんにも使える優しいクリームなんだとか。 オーガニック成分ブランド オーガニック製品でおすすめな製品を紹介します。肌に優しく、敏感肌な方におすすめだと言われています。 ピュビケア オーガニックフェミニンシフォンソープ ピュビケア オーガニックは、女性のデリケートゾーンのためにオーガニックスキンケア製品を作っているブランドです。 すべてがオーガニックなので、オーガニックにこだわりたい方におすすめです。 ソープ以外にもクリームやミルクなどもありますのでセット使いも可能です。シートなどのデリケートゾーン関連グッズもありますので興味がある方は検索してみてください。 今は大丈夫でもしっかりチェックして予防しよう 特にデリケートゾーンのケアを行っていなかった方も、今一度膣の状態を確認してみてください。 自分では気づかなかった臭いや黒ずみがある場合は、デリケートゾーンケアを検討してみましょう。 また、生理中のナプキンのかぶれに悩んでいる方もデリケートゾーンのケアをしっかりと行うことで軽減できるかもしれません。 顔などの肌荒れが起きないように毎日化粧品を使ったり、潤いを足すためにトリートメントを行うのと同じでデリケートゾーンのケアはとても大切です。 デリケートゾーンを洗う際も顔と同じ様に泡を指の腹で優しく滑らすようにして洗いましょう。 【まとめ】少しでもデリケートゾーンのケアを知ろう! ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ 今回の記事はデリケートゾーンの手入れについて解説させていただきました。 今まで特にケアをしていなかった人もこの記事を読んだのを機に、少しでもデリケートゾーンのケアをしていただけると幸いです。 ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

女性 光 カーテン 白
  • フェムケア
  • フェムテック

デリケートゾーンは冷える

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です(*^_^*)🍀 女性の場合は、体が冷えることに敏感な方もいますよね...! 体の箇所によって冷えは大きなダメージにつながることもあるため、その場合はしっかり対策を取ることが大事ですよ♪ 特に、女性の方で注意しておきたいのが、デリケートゾーンの冷えです! デリケートゾーンで冷えを感じたなら、どのような原因があり、また対策はどう行えるのか知っておくべきです。 今回は、デリケートゾーンの「冷え」についての内容を紹介致します✨ デリケートゾーンが冷えるとどのような影響が生じるのか? 女性のデリケートは、温かく潤っている状態が理想です。しかし、デリケートゾーンが長い間冷たく乾燥しているなら、女性ホルモンや自律神経のバランスが乱れやすくなり、生理にまつわる不調や血流が悪くなるなど、いろいろな悪影響が生じることもあるため注意する必要があるでしょう。 また、デリケートゾーンを冷やすと、骨盤底がダメージを受けることもあります。骨盤底は、筋肉群や靭帯、筋膜、皮下組織から構成されており、構成する筋肉群を骨盤底筋群と言います。骨盤の底にあるプレートであり、膀胱や子宮を支えることや排泄機能を担うなどの重要な部分です。 しかし、デリケートゾーンが冷えることにより、骨盤底の機能が悪くなり、尿漏れや頻尿などが起こりやすくなり、悪化した場合は臓器が突出してしまうこともあります。女性はデリケートゾーンを冷やさないようにすべきですが、手や足と違って自覚しにくい部分でもあるため、冷えを発見するのが難しい部分です。 デリケートゾーンが冷えてしまう原因とは? デリケートゾーンが冷えてしまうと、いろいろな症状が出ることになるため、注意する必要があります。しかし、自分の生活習慣からデリケートゾーンが冷えてしまうこともあります。どのようなことが冷えの原因になるのか以下をご覧ください。 パソコンやスマホなどを長時間見る パソコンやスマホを長時間見ていると画面から出るブルーライトによって、睡眠がとりにくくなるなどの弊害を被ることがあります。睡眠不足に陥ると自律神経と女性ホルモンのバランスが悪くなり、冷え性を引き起こすこともあるほどです。 パソコンやスマホを長時間見ることはホルモンバランスを悪くする可能性があり、デリケートゾーンの冷えに直結することもあるため注意しましょう。 冷たい飲み物をたくさん飲みむなど体を冷やすことが多い 冷たい飲み物をたくさん飲むなど、体を冷やすことが習慣となっているなら、デリケートゾーンが冷えることもあります。冷たい飲み物を飲むことが多いなら体内が冷やされるため、血液の循環が悪くなるなどの影響を受けます。 特に夏の場合は冷えた飲み物を飲みやすく、クーラーなどもガンガンかけてしまうと、血液の循環が悪くなって冷え性になることもあるほどです。暑さ対策として、体を冷やすことも大事ですが、体を冷やし過ぎないように注意する必要もあるでしょう。 無理なダイエットをしてしまう デリケートゾーンの冷えには、無理なダイエットをしてしまうことも原因です。女性は体をスリムにするためにダイエットをすることがありますが、その際に無理な食事制限を行うことがあります。極端な摂取量の削減や偏った食事の継続を行うなら栄養不足が生じてしまい、体内で熱が作られにくくなります。 また、充分な栄養素が摂取できずに貧血に陥ってしまい、血液の循環も悪くなって更に冷え性を招いてしまうこともあるでしょう。結果的にデリケートゾーンも冷えてしまうことになるため、ダイエットするときは、無理をしていないか確認して行うようにしましょう。 甘いものを毎日食べている 女性の多くは、甘いお菓子などを食べるのが好きでしょう。甘い物が好きな人であれば、1日にたくさんスイーツを食べることもあるかもしれません。しかし、甘い物を食べ過ぎることもデリケートゾーンの冷えにつながることがあるため注意すべきです。 甘いものをたくさん食べると、血糖値が上昇して一時的に体温が高くなるようです。その後、身体は急上昇した体温を下げるために血糖値を下げようとするため、体温は下がることになります。特に白砂糖を摂取するなら、血糖値は急激にアップします。 白砂糖の入っているケーキなどのお菓子を食べることが多いなら、血糖値が一時的に上昇し、そして下がることがくり返されるため、デリケートゾーンの冷えにつながるでしょう。 運動不足になっている 女性のデリケートゾーンの冷えには、運動不足が原因にもなります。体は筋肉があることで熱を作り出すことができ、血液を温めることができるため体温を保つことが可能です。しかし、女性の場合は元々男性と比べると筋肉が付きにくい体の構造になっており、脂肪が多く付きます。 ただ、脂肪は一度冷えてしまうと温まりにくいという性質があるため、冷え性になりやすいです。そして、運動不足になると筋肉を作ることができず、脂肪が多く付くことになるため体温が下がってしまうことになります。その結果、デリケートゾーンまで冷えてしまい、体にいろいろな影響が出ることもあります。 デリケートゾーンが冷えない対処法とは? 女性はデリケートゾーンを冷やさないようにするために、対処法を考えておくことも大事です。どのようにすればデリケートゾーンを冷やさないようにできるのか以下をご覧ください。 保湿を行う デリケートゾーンを冷やさないために、保湿を行うことができます。デリケートゾーンは乾燥しやすいと冷えやすくなるため、クリームなどを使用して保湿することで、冷えないようにすることができます。 対策として、入浴した後に直ぐにローションやオイルを大陰唇や小陰唇、肛門の周りなどに優しく塗ることで、保湿が可能です。専用のオイルを使用するのも良いですが、皮膚の疾患を持つ場合は体に使っている保湿剤でも問題はありません。乾燥を防ぐように保湿を心がけましょう。 骨盤底筋トレーニング デリケートゾーンの冷え対策として、骨盤底筋トレーニングを行うことができます。これは、フェムゾーンを緩めたり締めたりする動きを交互に行って、骨盤底筋を動かすことを意識することです。ヨガなどでも良いですが、この部分を鍛えることで骨盤の歪みを改善することができ、血流も良くすることができるため、デリケートゾーンの冷え対策とすることが可能です。 出産後や更年期などによって起こりやすい尿漏れ防止とすることもできるため毎日開脚前屈を行うなど、簡単な方法から冷え防止を行うようにしましょう。 【まとめ】デリケートゾーンはしっかり温めておこう デリケートゾーンの冷えについての内容を紹介してきました。デリケートゾーンが冷えると体調が悪くなることもあるため、日頃の生活習慣などを見直し、冷えないように対策を取ることが大事です。骨盤底筋トレーニングも行えますが、マッサージや適度な休息を取ることも効果があるため、ぜひ計画してみましょう! ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています👀✨ 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

Dearロゴ
  • フェムケア
  • フェムテック

デリケートゾーン夜だけ痒くなることがありますよね…

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です(*^_^*) 皆さんは、デリケートゾーン夜だけ痒くなる...!そんなお悩みお持ちではありませんか?? 女性であれば、デリケートゾーンのケアを特に大事にしている人もいるでしょう。 でも、夜だけ痒くなる!なんで...!そんなお悩みをこの記事で解決できるかもしれません、、、! さらに、デリケートゾーンのケアをしっかり行うことで、体調を整えることにもつながるんですよ! また、デリケートゾーンはいろいろな症状が出やすい箇所でもあるため、対処法を考えておくことも大事です。 もし、デリケートゾーンで夜だけ痒い症状が現れるなら「何が原因なのか?」と疑問を感じることもあるでしょう。 デリケートゾーンで夜だけ痒みが出る原因と対処法について紹介しましょう。 夜にデリケートゾーンが痒くなる原因とは? 女性の場合、デリケートゾーンが夜だけ痒くなることがあるかもしれません。ただ、なぜ夜だけ痒くなるのか原因が分からないこともあるでしょう。場所がデリケートゾーンなだけに何とか原因を理解しておきたいはずです。夜だけ痒くなるのは以下のようなことが考えられます。 入浴の際に熱いお湯を使用していため 夜にデリケートゾーンが痒くなるのは、お風呂に入っているときの自分の行動です。デリケートゾーンは体温が上昇すると神経の働きが活発になり、猛烈な痒みが生じることもあります。特に、シャワーで隠部を流したり湯船に長時間入っていたりするなら、体温が上昇するためデリケートゾーンが敏感になることが考えられます。 寝る前に布団を被ると、さらに体が温まるため痒みが生じやすくなり、かきむしると皮膚がふやけていることもあり、さらに痒みを感じるでしょう。夜に熱いお風呂やシャワーを浴びるのが好きな人の場合は、痒みが生じやすいでしょう。 ストレス過多による痒み 夜にデリケートゾーンが痒くなるのは、ストレス過多の可能性もあります。寝る前になると副交感神経が優位になり、ストレスが多いとさらに活発になることがあります。ストレスを強く感じている状態だと自律神経も乱れていることから、神経がそれぞれ過敏になっているため、ヒスタミンが過剰に分泌されて痒くなってしまうこともあるようです。 仕事で残業が続いて疲れていたり、生活の中で心配ごとが多く、常に気を張っているような状態だと、ストレスが強いため夜に強い痒みが生じて寝れなくなることもあります。自分の中でストレスを感じていることはないか確認してみましょう。 デリケートゾーンを必要以上に洗ってしまう デリケートゾーンの痒みは清潔な状態を守ろうとして、過度に洗いすぎていることも原因です。膣内には清潔な状態を状態を守るために、自浄作用を持つ常在菌がいます。しかし、デリゲートゾーンを必要上に洗ってしまうなら、この菌まで洗い流してしまうことになるため、膣内の酸性度が変わってしまうこともあります。 自浄作用のある菌が洗い過ぎでいなくなることで、膣内の衛生状態が悪くなってしまい、他の菌による攻撃を受けるので、痒みが生じてしまうようになるでしょう。つまり、膣内を綺麗にしようとして過剰に洗浄することは良くないので、洗い過ぎていないか自分のやり方を分析するようにしてください。 デリケートゾーンで夜だけ痒くなること防ぐ対処法 デリケートゾーンが夜だけ痒く感じる場合は、対処法をしっかり確認しておくことが大事です。しっかり対策をしておくなら夜だけ痒くなることを防ぎ、改善も行えます。以下の点を押さえておくのがおすすめなので明記しておきましょう。 自律神経を整えるようにする 自律神経が乱れてしまうとヒスタミンが多く体内で分泌されてしまい、夜は特に痒くなる原因になるでしょう。そのため、ストレスをコントロールして溜め込まないようにする必要があります。特に、真面目な性格をしている人の場合はストレスを溜め込みやすくなるため、気分転換できるようにすべきです。 ハーブティーやアロマオイルなどリラックス気分を味わえるような時間を作るなら、ストレスを緩和させることができて、ヒスタミンの分泌を押さえられる可能性があります。自律神経を整えられるように自分なりのストレス解消法を見つけましょう。 保湿を行う デリケートゾーンが夜に痒くなるのは、皮脂欠乏症に伴うバリア障害も考えられます。ストレスや熱いお湯でデリケートゾーンにダメージが蓄積されるなら、皮膚が乾燥してしまい、バリア機能が低下することがあるからです。乾燥によって痒みが強くなるかいてしまうと、さらに痒みが悪化することになるため、より状態が悪くなることでしょう。 そのため、バリア機能を向上させるために軟膏やクリームを塗って保湿を行うようにすべきです。デリケートゾーンをしっかり保湿できれば、痒みを抑えられて気にならなくなる可能性も高くなります。とくに、乾燥肌の方は注意しておくようにしましょう。 デリケートゾーンを冷やす デリケートゾーンが夜になるとヒリヒリするくらい痒くなるなら、温まっている症状として生じている可能性があります。その場合は保冷剤などを使用して、冷やすようにするのがおすすめです。温度を下げることができれば、デリケートゾーンの熱を抑えることができ、痒みがひくこともあるからです。 しかし、デリケートゾーンを冷やし過ぎてしまうと、今度は別の問題が生じることもあります。痒みがひいてきたなら、神経も皮膚も安定してきているはずなので、加減しながら冷やすようにしましょう。また、場所として人に見られたくないはずなので、トイレなどで冷やすのがおすすめです。 洗い方を優しくする デリケートゾーンで夜に痒みが生じるのは、洗い方に問題がある場合もあります。タオルなどでゴシゴシ洗っていると摩擦が強くて、皮膚が擦れてしまい乾燥しやすくなることがあります。清潔にするため、綺麗に洗うことは大事ですが、優しく行うことが大事になるため、できれば泡と手を使用するのがおすすめです。 手を綺麗に洗ってから石鹸を泡立てて、優しく拭き取るようにすると、デリケートゾーンも傷めることがありません。専用の石鹸なども販売されているため、より安全に洗いたいなら購入して使用するのがいいでしょう。 病院で診察してしもらう デリケートゾーンが夜に痒くなる状態が続き我慢できないようなら、病院で診察するのがおすすめです。 自分で市販の薬などを塗っても効果が出ずに改善できないなら、婦人科で早めに診てもらうことで適切な処置で早く改善してもらえるからです。 痒みは神経の過敏や温度の上昇など以外にも原因があり、例えば感染症の可能成もあるでしょう。自然に治ることができれば問題ないですが、いつまでも痒みが続くとより問題が悪化してしまうことになります。違和感があるなら、できるだけ早く病院で診察をしてもらうようにしましょう。 【まとめ】デリケートはしっかりケアしよう デリケートゾーンで夜に痒みが生じる場合は、自分の状態を見極めて適切なケアをすることが大事です。保湿やストレス解消などで改善させることができますが、何をやってもうまくいかない場合は病院で診てもらうのがおすすめです。デリケートゾーンの痒みは早めに対処するようにしましょう!! ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、大阪を拠点とした敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

ジーンズ アンダーウェア
  • フェムケア
  • フェムテック

デリケートゾーンに顔用化粧水を使ってもいい?デリケートゾーンのおすすめ保湿ケアを紹介します

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です(*^_^*) さて、今回は、デリケートゾーンの保湿ケアに関するお話。 皆さんの中にも「デリケートゾーンも保湿をした方がいいと聞いたことがあるけど、わざわざデリケートゾーン専用の商品を買う必要あるの?色々検索したけどわからない。。」と思っている方がいるのではないでしょうか? また、今使ってる顔用化粧水などでケアできるのか、気になりますよね。 実は、顔に化粧水や乳液を塗ったり、身体にクリームなどボディケア用品を使うように、デリケートゾーンにも保湿ケアが必要です。 そこで今回は、デリケートゾーンに保湿が必要な理由をお伝えします! また、デリケートゾーンに顔用化粧水を使っても良いのか、おすすめの保湿方法について解説します。 デリケートゾーンに保湿ケアは必要? デリケートゾーンは保湿ケアを行う必要があります! デリケートゾーンはまぶたより皮膚が薄いため、特に敏感で乾燥しやすい部位です。 また、年齢を重ねるとともに女性ホルモンに影響されやすくどんどん乾燥が進むと言われています。 「最近、デリケートゾーンのケアってよく聞くけど、昔はそんなこと言われなかったから必要ないんじゃない?」と思う人もいるのではないでしょうか。 日本では『デリケートゾーンケアの大切さ』に関する認識が、非常に遅れています! (実はこれが、女性特有のお悩みの増加・少子化大国日本だと言われる原因にも繋がっているのです・・) 顔に化粧水や乳液を塗ったり、身体にクリームなどボディケア用品を使うように、デリケートゾーンも肌の一部として捉え、乾燥対策やケアをしていく必要があります。特に大切に扱いたい部分です。 乾燥すると起こること デリケートゾーンが乾燥すると、さまざまな肌トラブルを引き起こします。 以下に、トラブルの例を紹介していきます。 かゆみ デリケートゾーンは下着やナプキンで、擦れたり、蒸れたりするため、肌が乾燥していると刺激に弱くなり、かゆみが起こることがあります。 (※かゆみがひどい場合は乾燥だけが原因ではなく、他の病気の可能性があるため、婦人科などの病院を受診するようにしてください。) 黒ずみ 女性ホルモンが多くなるとデリケートゾーンの色は濃く色づくため、ある程度の黒ずみはしかたがありません。 しかし、デリケートゾーンが乾燥していると下着等との摩擦による刺激が肌の負担となり、色素沈着・黒ずみがひどくなることがあります。 きつい下着・合わない下着などが原因でも、摩擦が起こり、黒ずみに繋がる可能性があるため注意しましょう。 ヒリヒリ感 デリケートゾーンが乾燥することで、バリア機能が低下し、下着との摩擦が増えヒリヒリすることもあります。 ヒリヒリ感があまりにひどい場合は、他の病気の可能性があるため、婦人科などの病院を受診するようにしてください。 保湿ケアは重要 これらのトラブルを防ぐためにも、デリケートゾーンの保湿ケアは重要になります。 今、あまりトラブルがない場合でも、年代ごとの女性ホルモンの変化や加齢などが要因で今後トラブルが起こる可能性があります。 そのため、今からデリケートゾーンの保湿ケアを習慣にしておくことをおすすめします! デリケートゾーンに顔用化粧水を使ってもいい? 結論から申し上げると、デリケートゾーンには顔用化粧水ではなく、デリケートゾーン専用化粧水を使うほうが好ましいです。 顔用化粧水は、デリケートゾーンの使用を想定した化粧品ではなく、刺激が強い成分が配合されている製品もあるため、顔より敏感なデリケートゾーンには専用のものを使用するほうが安心ですね。 デリケートゾーン専用製品をわざわざ購入することは面倒かもしれませんが、炎症や肌トラブルにより、メラニンを生成し黒ずみに繋がることがあるため、デリケートゾーン専用に作られたものを選びましょう。 デリケートゾーン専用の製品の成分 デリケートゾーンはpH値が3.8〜4.5と弱酸性と言われています。デリケートゾーン専用製品は弱酸性に調整され、なるべく肌へ負担にならないような成分で作られています。 デリケートゾーン専用製品のなかには、黒ずみケアができるものや抗炎症成分を含むもの、vio脱毛や除毛後の肌刺激を考えたものなどさまざまあります。 デリケートゾーンの悩みや目的別で、自分に合った製品を選ぶと良いでしょう。 デリケートゾーン専用製品を塗っていい箇所は? 粘膜部分に使用できますと記載されていない場合、粘膜部分に使用するのは避けたほうが良いです。 また、 デリケートゾーン専用製品を使用していて肌に異常を感じた場合は、すぐに婦人科などの病院を受診しましょう。 クリーム、オイルの活用もアリ デリケートゾーン専用の化粧水に限らず、乳液やクリームも出ています。 顔と同じように化粧水だけでは水分が蒸発してしまう方も多く、そのような場合には化粧水で肌に水分を与えた後、蓋をするようにクリームやオイルを塗ることで保湿効果がアップし持続します。 肌状態や好み、目的などに応じて自分に合ったアイテムを選ぶことが大切です。 それぞれの保湿製品の特徴や、おすすめタイプは次の通り! 化粧水 さらっとしたテクスチャが好みの方は、化粧水を選ぶことをおすすめします。 人気のスプレータイプのものであれば、手を汚さずに楽な姿勢で使うことができます。 クリーム 保湿力で選びたい人は、クリームを選ぶことがおすすめ。 黒ずみケアなど美白成分を含むクリームもあります。 オイル 保湿と同時にマッサージをしたい場合はオイルを使用するのもおすすめです。 さまざまな香りがあるので、リラックス効果が高い香りを選ぶのも良いですね。 ただし、デリケートゾーンは吸収力が大変高く敏感な場所なので、原料に科学的な「香料」を使用しているものだと肌トラブルになることも考えられます。 無香料もしくは天然の香りが使用されているものを推薦します。 Dearでは「スキンハプティクス」というフランスから輸入したオイルを推奨しています。 フランスの産婦人科で使用されているもので、完全無垢。妊婦さんでも使用できるほどの安全なオイルです。 「日本製が安心!」だと思っている日本人は多いのですが、フランスの方が安全基準が日本よりもだいぶ厳しく、そのようなフランスで安全と認められたもの。 安心して粘膜周りにも使用することができます。 おすすめデリケートゾーンケア デリケートゾーンはしっかり保湿することが大切ですが、その前に正しく洗浄することも必要です。 洗浄することで、デリケートゾーンの溝に入った皮脂や角質などの汚れを落とし、臭いのもとを洗い流すことができます。 デリケートゾーンを清潔に保つには毎日の正しいケアが大切です。 そこで、おすすめのお手入れの順番をご紹介します! 1.洗浄 洗う際は、普通のボディーソープではなく、デリケートゾーン専用石けんを選びましょう。 デリケートゾーン専用石けんを先に泡立ててから、優しく洗うことがポイント。 泡立てた方が、肌にやさしくゴシゴシ擦らなくてもデリケートゾーンの細部まで泡が行き届きます。 デリケートゾーンの粘膜内まで洗うのは膣内を守る良い菌まで洗い流してしまい、トラブルに繋がるため、絶対にやめましょう。 また、直接シャワーを当てるのは肌の刺激になるのでNG。ぬるま湯を手に取り洗い流したら清潔なタオルで軽く水分を拭きます。 2.化粧水 水分を軽く拭き取ったら、デリケートゾーン用化粧水を適量手に取り、内部を避けて塗ります。 また乾燥を防ぐために、お風呂から出たらすぐ塗るのがベストです。 3.クリーム(オイル) クリームやオイルを塗るとさらに保湿効果UP! しっかり保湿したい人はオイルを選ぶと良いです。 適切なケアを行うことで、乾燥によるトラブルを防ぎ、うるおいやハリのある肌を目指せます。 【デリケートゾーンの化粧水について】まとめ ここまでご覧頂きましてありがとうございます♪ 今回は、デリケートゾーンの保湿ケアや、顔用化粧水をデリケートゾーンに使っても良いのか、ということについて解説しました。 デリケートゾーンの皮膚はまぶたより薄く敏感なため、優しくしっかり保湿ケアをすることがとても重要です。 また、顔用化粧水をデリケートゾーンに使うことはおすすめされないことがわかりましたね。 デリケートゾーン専用の石けんや保湿製品を使い、デリケートなお肌にやさしいケアを行いましょう。 他の習慣化したスキンケアと同じように、デリケートゾーンのケアを毎日のルーティーンに入れてみてはいかがでしょうか。 フェムケアサロン「Dear」について ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、全国に店舗がある敏感肌脱毛専門サロン「Dione」が展開するフェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術やトリートメント、またご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

加湿器 タオル ソープ ラベンダー
  • フェムケア
  • フェムテック

デリケートゾーンの毛の正しい自己処理方法を紹介

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です💛 デリケートゾーンのヘアが気になって水着に抵抗がある方や下着・ファッションを心から楽しめない方は多いのではないでしょうか?? 日本でもアンダーヘアの処理は一般的になってきていますよ。 今回はIラインVラインOラインの毛の処理のやり方がわからない方や、処理方法が合っているのか不安という方に向けて、デリケートゾーンのムダ毛処理方法を解説していきます! なかなか人に相談できない内容なので、参考にしてくださいね。 間違ったやり方で処理していると肌を傷つけてしまう可能性も大いにあり、トラブルの原因になります。 また、女性のデリケートゾーンは名前の通りとってもデリケートです。 正しいケアをして清潔な状態を保ち、肌荒れなどのトラブル対策をしましょう。 特にサロンやクリニックなどでプロに脱毛をして貰う前後は、脱毛の効果を高めるためにもケアが重要です。 vioのセルフお手入れは丁寧に。 vioのシェービングは優しく行わないといけません。通常のカミソリは肌への負担が大きいので電動シェーバーを使うことを推薦します。強くゴシゴシとこするように剃ると、肌にダメージを与えてしまい乾燥やかぶれを招いてしまう原因になりますので、優しく当てて、撫でるように剃りましょう。 どうしてもカミソリを使用する場合は特に気を付けてください。必ず専用アイテムで滑りを良くしてから剃りましょう。刺激が抑え、ダメージを負いにくくして、肌トラブルの予防ができます。 デリケートゾーンのムダ毛の自己処理方法 ムダ毛の正しい処理方法を部分ごとに分けて解説していきます! vライン vラインの毛はiラインに向かって下向きに生えています。vラインは毛が多く太い部位ですので毛流れに逆らって剃ると肌や毛穴がダメージを負いやすいです。そのため、毛流れに沿って剃るように上から下へ優しく撫でるようにしましょう。全部剃らない場合は、残す範囲を決めて印を付けてから剃ると失敗しにくいです。 iライン iラインはvラインよりも粘膜に近いので慎重にしましょう。時間がかかったり、面倒に感じても、雑に剃ることは絶対しないでください。iラインも毛流れに沿って外側から内側、奥側から手前に動かすように剃りましょう。剃る時の体制は、しゃがんで、前に鏡などを置いて、状態を確認できるようにして行いましょう。 oライン oラインは手が届きにくいうえ凹凸があるため、ケアの難易度は高めです。しゃがんで、臀部を引っ張るように皮膚を伸ばし、外側から内側へ優しく剃りましょう。特に膣に近い粘膜のところは注意しながら慎重に行いましょう。 iラインvラインoラインのムダ毛処理後はケアが大事! 顔や全身の脱毛と同じですが、シェービングをした後はとても肌が乾燥しやすい状態です。そのため、デリケートゾーンも保湿ケアをしっかりと行うことが大切。 粘膜についても大丈夫なデリケートゾーン専用のクリームやローション・オイルを塗ってケアすると良いです。デリケートゾーンはその他の肌よりも繊細で、経皮吸収率も42倍と高いです。アレルギー物質や化学的な原料を含まない、優しいものを選びましょう。毛の処理後、清潔な状態で保湿しましょう。きちんとケアをしてあげることで、乾燥やにおい・黒ずみなど、悩みの改善も期待できますよ! 正しい方法でムダ毛処理をしてツルツルに! 剃り方について解説させていただきましたので、ここからはシェービング時の最適なアイテムを紹介していきます。専用のアイテムを使用すると仕上がりのチクチク感が軽減される可能性もありますので是非チェックしてみてくださいね。 毛の処理に使うのは、カミソリ?シェーバー? ムダ毛を剃る前に、毛をある程度カットします。毛が長すぎると製品に毛がひっかかり、スムーズにそれないので1センチ程の長さまで短くカットしてから剃りましょう。 カットに最適なアイテムは トリマー 小さいハサミ トリマーを使用した場合、肌を傷つける心配が減ります。また、ハサミよりも安全で便利です。 ハサミは自宅にあるものでOKなので、お手軽ですね。 剃るときのアイテムは 電気シェーバー カミソリ(T字カミソリ) 毛抜で抜く ブラジリアンワックス デリケートゾーン専用の電気シェーバーは「専用」というだけあって使いやすく安全です。普通の電気シェーバーでも代用可能です。電気シェーバーは、肌に直接カミソリが当たらない仕様なので安全。肌への負担もなく、私としては一番に推薦します。 カミソリ(T字カミソリ)は電気シェーバーと比較すると毛の根元から剃ることができるのですが、毛と一緒に表皮も剃ってしまいますので、肌への負担が大きく、傷つけてしまう心配もあります。oラインやiラインは繊細なうえ、剃りにくい箇所なのでヘッドが大きすぎるものは、難易度も高めです。 毛抜きで抜くのは、痛いですし、毛嚢炎などの肌トラブルを起こしてしまうリスク、黒ずみの原因となることもありますので・・・正直おすすめしません。 エステなどでも行っている「ブラジリアンワックス」を自宅で行う方法。ブラジリアンワックスは毛を一気に引き抜く方法ですのでヒリヒリすることが多いですし、毛抜きと同様、肌への負担が大きいです。 色々なアイテムがありますが、総合的に見て 経験がない方や不安な方は特に、デリケートゾーン専用の電動シェーバーがやっぱりおすすめです。 デリケートゾーンのシェービングにおすすめの商品 デリケートゾーンの毛の処理におすすめなアイテムを紹介します。 なかにはガードがついていて傷がつきにくいように設計されているものもあります。 処理が難しい繊細なデリケートゾーンこそ、専用のアイテムで快適に処理を行いましょう。 VIOフェリエ VIOフェリエは、お風呂場で使える防水設計なので水洗いができます。スキンガードがついているので、傷つける心配が少ないです。また、トリマーやコームも付いているので、別でトリマーやハサミを用意する手間がありません。見た目も、かわいく家電のような感じで抵抗なく利用できます。ヘッドも小さすぎず大きすぎずなので、vioの全てが簡単に処理できます。 FEATHER(フェザー) ピアニィ VIO FEATHER(フェザー) ピアニィ VIOはvio専用のトリマーです。vゾーン用とioゾーン用に使い分けができるよう2種類が1本になっています。スキンガードもついています。「毛を残しているところの量を減らして薄くしたい」という方にもおすすめです。手に取りやすい価格なので気軽に試すことができます。 ラブジョリー シークレット ラブジョリー シークレットはデリケートゾーン用のカミソリです。緩やかなカーブがついた形で、シェービング時の手に負担がかかりにくいよう配慮がされています。また、カミソリなのに肌に刃が直接当たらない仕様になっています。カミソリの中では1番肌負担が少ないアイテムです。 【まとめ】正しいデリケートゾーンの毛の処理で快適に 今回はデリケートゾーンのムダ毛処理方法と、おすすめアイテムを3つ紹介させていただきました!! 自然なアンダーヘアが好みの人にはトリマーのみの使用もおすすめです。 アンダーヘアを整えると生理中の不快感や、蒸れ・ニオイの予防効果も期待できます😊 アンダーヘアを整えるのは一般的になってきています。 デリケートゾーンの衛生的にも、抵抗がない方には「毛を全部処理すること」をおすすめしています。 今まで放置していた方は是非、自身の好みにあった処理とケアをして快適に過ごしてください。 ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

病院 クリニック 診療
  • 粉瘤

デリケートゾーンにできもの?突然身体に現れた粉瘤…原因は?手術で治る?詳しく紹介!

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です(*^_^*) 「デリケートゾーンに粉瘤ができた」「何科に受診したらいいの?」身体に突然現れる「できもの」はとても気になりますよね。 特にデリケートゾーンとなると、なかなか相談できず、悩んでしまう方も多いと思います。 この記事では、皮膚の良性腫瘍「粉瘤」について原因や見分け方、検査方法や気をつけることなどを細かくご紹介していきます。よければ参考にしてみてください。 デリケートゾーンにでき物ができた!粉瘤って? 女性のデリケートゾーンに出来るしこりは「粉瘤」(アテローム)と呼ばれ、女性特有のできものです。 デリケートゾーン部は分泌腺が多く、下着で擦れたりすると老廃物が溜まりやすくなります。 粉瘤は皮膚組織の下に、老廃物が溜まりしこり状のできものが発生するもので、良性腫瘍の一種です。 通常痛みはありませんが、炎症を起こすと痛みが出てきます。中心部に黒い点が見えるのが特徴です。 粉瘤ができる原因 粉瘤の内容物がアカや皮脂などの老廃物であることや、悪臭がすることなどか「不衛生」が原因と言われていますが、どんなに清潔にしていても体質でなりやすい人もいます。 炎症の主な原因は細菌感染であるとも言われていますが、ハッキリとした原因は明確になっていません。 また、きちんと治療しても繰り返したり多発する場合、その人の先天的な体質によるものが大きいです。 市販薬で治るのか 粉瘤は自然治癒することはなく、自分で治すことは不可能と言われています。 中の袋を取り除かない限り再発してしまい、まれに炎症を起こすこともあるため皮膚科を受診されることをおすすめします。 人によっては、針で刺して内容物を絞りだして一時的に治ったように見えるかもしれませんが、袋が残っている限り再発するといわれており、薬で治るということもないのだとか。 粉瘤の見分け方 デリケートゾーンのできものは、なかなか見分けがつかないものです。おできやニキビなど、初期の粉瘤と似ているところもあるため勘違いする方も多いです。 ここでは、粉瘤の見分け方をご紹介していきます。 デリケートゾーンのおできとの違い おでき(せつ)は、黄色ブドウ球菌などが毛穴とその周囲に細菌感染を起こすことによって起こります。 ブドウ球菌は皮膚につねにある細菌で、疲れやストレスなど、身体の免疫力が下がっている時に毛包炎が悪化しておできになるといわれています。 細菌に感染して炎症した粉瘤に似ているところがありますが、おできと違って粉瘤のしこりは突然できるものではありません。 おできは感染してから早いうちからしこりができて痛みが生じるため、徐々に大きくなっていく粉瘤とは過程が大きく異なります。 また粉瘤の場合は、開口部に黒い点があり、見分けるポイントの一つでもあります。 デリケートゾーンのニキビとの違い ニキビの主な原因は、毛穴にある皮脂腺から皮脂が過剰に分泌して毛穴が詰まることです。 ニキビと間違いやすいのですが、初期の粉瘤は触れると小さなしこりが感じられます。 見た目の変化はほとんどなく、この時点ではあまり自覚することがありません。 炎症が起きて赤く腫れてくると、ニキビだと勘違いすることがあります。 よく大きなニキビのようなものと勘違いされますが、粉瘤はニキビと違い放置していても治らないといわれています。 また粉瘤は、毛穴以外の場所にもでき、大きくなりやすいのが特徴です。 またニキビは市販薬でも治る可能性はありますが、粉瘤は薬で治ることはないといわれています。 何科で受診したら良いの? 「患部を見せるのが恥ずかしい」という場合には、女性医師が担当している皮膚科や 個室診療を行っているクリニック・医院がおすすめです。 皮膚科の受診で、粉瘤がどうかの判断が可能です。 ただ粉瘤は手術が必要となるため、粉瘤手術を行っている皮膚科を受診するのがいいかもしれません。 診察の流れ 気になる部分が粉瘤であるかどうかを診察します。 また直径の大きさにより手術が変わってくるため、大きさや部位を確認します。 大きな粉瘤でも日帰り手術が可能です。手術は5〜10分程度、長くても20分を超えることはほとんどありません。 検査方法 粉瘤はくりぬき法または切開法という手術法を用いて摘出することが多いのだとか。 切開法は、粉瘤の手術として一般的な手術法で、紡錘形に皮膚を切開をして摘出します。 袋状の組織ごと丸ごと摘出するので取り残しがなく、再発することがほとんどないと言われています。 くり抜き法(へそ抜き法)は、パンチのような型抜きを使って粉瘤の中心に小さな穴を空け、袋と一緒に粉瘤を取り出します。 炎症などによって袋が破れやすくなっている場合、内容物を絞りだしてから、丁寧に袋も一緒に取り除きます。 傷跡が小さく、縫合もしないため、通院日数も少なく患者さんの負担を軽減できるメリットがあります。 最近ではこのくりぬき法が一般的になってきているのだとか。 粉瘤を悪化させないように気をつけること 角質が厚くなると、分泌腺に蓋が出来てしまい滞った状態になりやすいです。 皮膚表面を普段から清潔にしておくことを心がけましょう。 また、予防としては下着を擦れにくいものに変えることや、過度の刺激を与えないよう気をつけることが大切です。 石鹸で洗いすぎない 普通の石鹸やボディソープは洗浄力が強く、デリケートゾーンのバリア機能を果たす良い菌まで殺してしまいます。 日頃からデリケートゾーンを清潔にすることは大切ですが、強い力でゴシゴシ洗ったり爪を立てて洗ったりするのはよくありません。 特にトラブルのある時は、石鹸やボディソープも刺激になることがありますので、ぬるま湯で流すだけで十分です。 通気性のよい下着を選ぶ デリケートゾーンは蒸れやすいため、通気性が良い清潔な下着を着けましょう。 また、締め付けるタイプの下着も肌は刺激を受けやすいです。 長時間のデスクワークや蒸れやすく締め付けられる下着を避け、患部を清潔に保つなどのケアが必要です。 生理用ナプキンやおりものシートの使用は、必要な時だけ使用すること。 保湿をする 保湿はとても大切で、保湿を怠るとシワやたるみが出て劇的に老化が加速します。 肌の乾燥が進むことで、守ろうと角質が必要以上に厚くなったり、かゆみやにおいもキツくなっていってしまいます。 デリケートゾーン専用のもので刺激の少ないものを選び、しっかり保湿を心掛けましょう。 専用石鹸で膣付近を清潔にしてから、専用オイルや保湿クリームやを使うのが効果的です。 【まとめ】デリケートゾーンの粉瘤は早めの受診を ここまで、ブログをご覧頂きましてありがとうございます♪ デリケートゾーンの『粉瘤』についてまとめてみました。 陰部のできものは、皮膚の中に老廃物や粘液が溜まっている可能性があるといわれています。 現時点で痛みなどの症状がなくても、悪化すると痛みが出たりどんどん大きくなると言われています。 大きくなると、手術による術跡や費用も掛かってくるため、不快な症状や日常生活に支障がきたす前に早めに医療機関に行くことをおすすめします。 ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 粉瘤診療・処置とは異なりますが、ジャンルとしては同じです。 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

コップを持って悩んでいる女性
  • フェムケア
  • フェムテック

更年期に悩む女性必見!デリケートゾーンのケアとの関係がある?おすすめのフェムケア・フェムテック商品とは?

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です。 「更年期で身体も心もボロボロ…」「更年期ってガマンするしかないの?」 近頃、こういったお悩みをよく耳にします。 身体にも心にも大きな影響を及ぼす更年期の症状は、日常生活にまで支障をきたすことがあり、とても辛いと思います。 更年期障害の改善に、「デリケートゾーンのケア」をすることが実は重要になってきます。 「フェムケア」「フェムテック」製品やサービスを使いつつ、「デリケートゾーンのケア」をすることで更年期の症状が改善されることが分かりました。 今回は「更年期障害とデリケートゾーンのケアの関係」と「フェムケア」「フェムテック」についてご紹介していきます。 この機会に、更年期障害の対策や予防をはじめたり、更年期による生きづらさから開放されましょう! 更年期障害とは? 40代以降から現れる、体調不良や情緒不安定などの症状の総称を表します。 正確には、女性が閉経を迎える年齢の前後5年、合計10年間の期間を指します。 なので更年期は何歳なのかは、個人差があります。 女性は、閉経期前後の約10年の間に卵巣ホルモンであるエストロゲン分泌の急激な減少によって心体に大きな影響を及ぼします。 身体の症状としては、ほてり(ホットフラッシュ)・のぼせ・動悸・息切れ・異常な発汗などの血管運動神経系の異常、のどの乾き・ドライアイなどの皮膚分泌系の異常、吐き気・下痢・便秘・むね焼け・胃もたれなどの消化器系の異常、疲れやすい・関節痛・手指の痛みやしびれ・肩こり・腰痛・背中の痛みなどの運動器官系の異常、月経異常・尿失禁・性交痛などの泌尿器系・生殖器系の異常まで、沢山あります。 精神的な症状としては、頭痛・不眠・不安感・イライラ感・うつなどの症状も現れます。 このような症状が、日常生活にまで影響を及ぼす場合『更年期障害』と位置付けられていて、治療が必要だと考えられています。 なぜ更年期障害は起こるのか? 更年期になると、徐々に卵巣機能が低下するため、女性ホルモンの一種である「エストロゲン」の分泌が若い頃よりも減少していきます。 エストロゲンの分泌を指示しているのは脳の視床下部という部分です。視床下部は、さまざまなホルモンの分泌のコントロールをするとともに、体温や消化機能、精神のバランスを保つ役割をしています。 脳の視床下部がエストロゲンの分泌を指示するのに対して、卵巣は機能が低下しているため指令通りのエストロゲンの分泌ができなくなります。 ところが卵巣のエストロゲンの分泌が少なくなっても、脳は何度もホルモンの分泌の指令を出します。すると脳がパニック状態になり、ほてり(ホットフラッシュ)やイライラ感・頭痛など更年期の症状が現れる、と考えられています。 更年期障害とデリケートゾーンのケアとの関係は?大切な理由とは? 更年期障害とデリケートゾーン のケアの関係は、「GSM(閉経関連尿路生殖器症候群)」が新たな疾患として提唱されたことから注目されはじめました。 以前は「老人性膣炎(萎縮性膣炎)」と呼ばれ、加齢による女性ホルモンの減少によって膣や外陰部の萎縮によるかゆみや乾燥、おりものの変色や少量の出血、下腹部の違和感などの症状が起きることを指しました。 「老人性膣炎(萎縮性膣炎)」は加齢の影響のため仕方がないとされていましたが、現在は、デリケートゾーンをケアすることで症状を緩和することができると言われています。 婦人科での治療を行うことは可能ですが、なかなか行きづらいものです。 大きな症状が出る前に、日頃からケアをすることが大切です。 フェムテックってなに?フェムケアとの違いは? 「フェムケア(Femcare)」は、女性(Female)とケア(Care)を掛け合わせた、女性特有の身体や健康のケアのための製品・サービスを指します。 一方、「フェムテック(Femtech)」は、​​女性(Female)特有の健康問題をアプリやAI(人工知能)などのテクノロジー(Technology)で解決するシステムのことを指します。 フェムテックもフェムケアも、ハッキリとした境界線は無く、女性特有の健康問題を解決するための製品やサービスという意味で同じ製品やサービスに用いられることが多いです。 2022年10月20日(木)〜22日(土)には東京ビッグサイトで、月経・妊活・更年期など女性の悩みを解決するための製品やサービスを発表するための展示会に約200社が集まりました。 (ちなみに、私も行ってきました!Dearで行う『フェムトリ』に使用するデリケートゾーン専用美容機や、ホームケアで推薦している『デリケートオイルセラム』や『ソープ』も展示されていましたよ。) 以前は女性の悩みや生きづらさはタブーのように扱われていましたが、現在では改善策としてフェムケアやフェムテックが注目されはじめています。 更年期の女性におすすめのフェムケア・フェムテックアイテムは? 更年期の女性特有の症状に合わせた製品やサービスは、数多く世に発表されています。 デリケートゾーンの乾燥を抑える保湿剤、デリケートゾーン専用の石鹸、ほてり(ホットフラッシュ)や発汗があった時でも快適に過ごせるインナーや更年期の症状を改善してくれるサプリメント、尿もれに悩まない吸水性の高いショーツなど多くの製品が手軽に購入できるようになりました。 また、オンラインで更年期の症状の相談ができるアプリなども登場しています。 更年期の悩みは個人差もあり、なかなか人に相談しづらいものです。医師には直接言いづらいことも、アプリでなら素直に相談できるという人が多いです。 いつ体調が悪くなるか、なりやすいか、などを分析してフィードバックしてくれるアプリもあるので、自分の身体や心の波を知ることができます。突然の不調に悩まされることなく、事前に対策ができるようになるので、少し安心ですよね。 さまざまなフェムケア・フェムテック製品やサービスを利用することで、ライフステージに合わせたケアを考えてみましょう。 『人生100年時代』と『フェムケア・フェムテック』 『人生100年時代』と言われる現代では、いくつになっても健康でご機嫌に生きていきたいと思う人が多いはず。以前であれば「加齢によるものだからしょうがない。」と思われていたことも、社会の変化やテクノロジーの発達によって、その概念自体が変わりつつあります。 女性の社会進出も進んではきていますが、女性は更年期障害の症状がひどく、昇進を断ったり、仕事をやめざるを得ない状況になる場合も少なくありません。 また家族や友人とのコミュニケーションがうまく取れないなど、更年期の女性の悩みは尽きないものです。 フェムケア・フェムテックには「生きづらさを軽減すること」が期待されています。 【まとめ】フェムケア・フェムテックを身近に ここまでご覧頂きましてありがとうございます♪ 近年、フェムケア・フェムテックという言葉が注目されている一方、認知度や浸透率はまだまだ低いものです。 特に女性はライフステージによって必要なケアがありますが、個人の問題として片付けられてしまうことも少なくありません。女性がイキイキと活躍できる世の中になるためには『フェムケア・フェムテック」という言葉がなぜ出来たのか、を深く理解されることが必要です。 年齢とともに身体も心も変化します。月ごとにも変化しています。 フェムケア・フェムテックは決して若い世代だけのものではありません。更年期の女性がフェムケア・フェムテックのことを正しく認知することによって、世間からの理解もより深まります。 タブー視するのではなく、情報を発信・共有することで多くの女性が生きやすい世の中を作ることを目指していきましょう! 当サロン『Dear』は、敏感肌脱毛専門サロン『Dione』が展開する大阪にあるフェムケア専用サロンです。 現在は、「心斎橋店」と「梅田店」がございます。 女性特有のお悩みを解消できるサロンとして、デリケートゾーンにまつわる様々な施術や、ご自身でのケア方法のアドバイスなどを行っています。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩み、お気軽にご相談下さいね(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます♪

保湿クリームでハートの形をかたどっている図
  • フェムケア

【デリケートゾーンの乾燥】原因や対処法を解説。保湿ケアにはワセリンがいい!?

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です。 女性特有のお悩みの1つとしてあげられる、デリケートゾーンのかゆみや痛み。 顔・身体の保湿ケアは毎日行っているという女性が多いと思いますが、デリケートゾーンについてはいかがでしょうか? 実は、デリケートゾーンのかゆみ・ヒリつきや、黒ずみなどは、乾燥が影響している場合がほとんどなのです。 今回は、デリケートゾーンの乾燥の原因や、保湿ケアの重要性・方法について解説したいと思います。 デリケートゾーンのかゆみや乾燥はなぜ起こる? デリケートゾーンのかゆみや乾燥はなぜ起こるのでしょうか? 様々な原因がありますが、以下のようなことが主な原因だと考えられます。 ・ホルモンバランスの乱れ ・下着の擦れ ・刺激の強い脱毛処理の影響 ・間違った洗浄方法 それでは、詳細を説明していきます! ホルモンバランスの乱れ ホルモンバランスが乱れると、水分や油分のバランスが乱れたり、不足気味になり、肌が乾燥し、さらに粘膜も乾燥します。 大きなストレスを感じた際や、生理の時などに口や目が乾いた経験はないですか? ホルモンバランスの乱れは ・過激なダイエット ・ストレス ・生活習慣の乱れ ・更年期 ・妊娠・出産 ・薬・サプリメントの副作用 などが原因で起こります。 主に若い女性の方やお仕事や育児で忙しくされている方は、生活習慣が不規則になりやすく、また大きなストレスを抱えることも多いです。 また若い女性に多いのが、無理なダイエットをしてしまうこと。 薬やサプリメントも、ホルモンに影響を与えるものがあるので、注意して服用しましょう。 デリケートゾーンにかゆみや痛みを感じた際は、以上のようなことがないか見直してみるといいと思います。 下着の擦れ 自身に合わないサイズや素材の下着やパンツなどを着用すると、皮膚に負担がかかり、摩擦が生じたり、皮膚が圧迫されます。 これらの刺激により、皮膚の防御機能が低下し、デリケートゾーンが乾燥したり、黒ずむことがあります。 また、ポリエチレンやナイロンが使用されている下着は、敏感肌の方には刺激を与える可能性が大きいと言われています。 そんな方には、シルクやオーガニックコットン素材のものをおすすめします。 下着の擦れ以外にも、生理中のナプキンの擦れによる炎症が原因となる場合もあるとも言われています。 できるだけ肌に優しいナプキンを使用することや、デリケートゾーンをきちんと保湿することが大切ですね! 刺激の強い脱毛処理の影響 最近では身だしなみの一環で医療機関やサロンなどでデリケートゾーンの脱毛をされている方や、ご自身で毛の処理をされている方も多いと思います。 光脱毛やレーザー脱毛、毛抜きやワックス脱毛、シェーバーやカミソリなどを用いた脱毛処理は、いずれにしても肌への負担が大きいです。 特にカミソリの処理方法については、刃物を直接肌に当てることになるので、とても刺激が強く炎症が起きやすくなります。 毛抜きやワックス脱毛も、毛が生えているところを無理に引っこ抜くわけですから、お肌はビックリです。そしてその後は毛穴が広がった状態。ばい菌も入りやすく、炎症が起きやすくなります。シミや埋もれ毛の原因にも。 脱毛処理を行ったあとは、ローションやクリームなどを用いて丁寧にアフターケアをすることがとても大切です。 間違った洗浄方法 お風呂でデリケートゾーンを洗浄する際、石鹸でゴシゴシと強く洗っていないでしょうか? 汚れや垢をしっかり落とそうと洗いすぎてしまうと、実は逆効果。 デリケートゾーンの皮膚は他の皮膚に比べ非常に薄く、粘膜も含まれる部分。少しでも強い刺激を与えるとダメージになってしまいます。 中を石鹸で洗うなんて、もっての外! 膣内のバランスを保ってくれている優秀な『膣内フローラ』を洗い流してしまうことになるので、膣内のバランスが乱れ、ニオイ・かゆみ・異常なおりものの原因となります。 ぬるま湯でやさしく手の指の腹で洗うのがベストですが、どうしても汚れやにおいが気になって石鹸を使いたい時は、デリケートゾーン専用の石鹸をしっかりと泡立ててフワフワにして洗いましょう。 また、用を足した後にトイレットペーパーで拭く際は、洗浄する際と同様、強く擦ると刺激になります。 優しくポンポンと、押し当てるように拭きとりましょう。 デリケートゾーンの乾燥予防が大切なわけ ここまで、デリケートゾーンが乾燥する原因についてお伝えしましたが、なぜこのような予防が大切なのでしょうか? その理由としては、大きく以下の3つが挙げられます。  ・痛みやヒリつき  ・におい  ・黒ずみ これらの症状に悩まされている方、いらっしゃいませんか? きちんと正しいフェムケアをしていないと、症状は改善しません。場合によっては悪化もしていくので注意が必要です。 少し詳しく説明していきますね! 痛みやヒリつき デリケートゾーンが乾燥しすぎると、生活の中で無視できないほどの痛みやヒリつきが生じることがあります。 学校や職場などで集中できないほどの不快感に襲われるのはイヤですよね。。 また、膣炎などが起こる可能性もあります。 堪えきれない違和感が発生する前に、しっかりと乾燥予防をしていきましょう! におい 痛みやヒリつきの主な前段階として、デリケートゾーンからにおいが出てきます。 本来、膣内部では自浄作用があり、うるおいが保たれるようになっているんです。 しかし、デリケートゾーンが乾燥することによって、その作用が弱まり、雑菌が繁殖してしまいます。 それによって不快なにおいが発生してしまうのです。 嫌なにおいを防ぐためにも、デリケートゾーンの保湿は重要ですね! 黒ずみ 肌が刺激されると、身体が肌を守るためにメラニン色素を分泌します。この色素が肌を黒くするのです。 乾燥状態の肌は少しの刺激にも敏感なので『守らなきゃ!』と、この作用が起こりやすくなり、結果として、デリケートゾーンの黒ずみが進行していくのです。 他の人に常に見えているわけではないけど、黒ずんでいるのは自分としても嫌ですよね。 デリケートゾーンの黒ずみを阻止するために、日頃から潤いをキープしましょう。 デリケートゾーンの保湿ケアの方法は?ワセリンは効果的? 保湿ケアの重要性はおわかりになりましたね? それでは、実際にデリケートゾーンの保湿ケアをする方法について解説します! これには主に3ステップ必要。 どのステップにおいても、デリケートゾーン専用のものを使用してください。 それ以外のものだと刺激が強いことが多いです。 ①洗浄(清潔にする) まずは、デリケートゾーンを清潔にするために、洗浄を行いましょう。 前述したとおり、できるだけ刺激を与えないよう、ぬるま湯で手で優しく洗うのが一番いいといわれています。 汚れ・垢が気になる場合、デリケートゾーン専用の石鹸をしっかりと泡を立てて使いましょう。 また、熱すぎるお湯は必要以上に皮脂を洗い流してしまうので、ぬるま湯(38度くらい)に調節するのがいいです。 化粧水を塗る(潤わせる) 次に、綺麗になったデリケートゾーンに化粧水を塗布し潤いを補給します。 洗った後、乾燥する前に時間を置かずに保湿しましょう。 500円玉程度の大きさになるように化粧水を手のひらに出し、優しく塗ってください。 ここでも強く擦ったりしないようにしましょうね。 オイルをつける(潤いをキープする) 最後に、化粧水で保湿したデリケートゾーンにコーティングをするように、デリケートゾーン専用のオイルをつけることがとても大切で効果的です。 ワセリンについては賛否両論ありますが、石油由来の化学物質が含まれているので、経皮吸収率が最も高いデリケートゾーンに使用することは、私としてはおすすめできません。 ここまでのステップを完了したら、保湿剤が肌に馴染むまで1分ほど時間をおいてから下着を着用するのがおすすめです。 【まとめ】デリケートゾーンを健康に保つために 今回は、女性ならではのお悩みであるデリケートゾーンの乾燥の原因とその対策、保湿の仕方についてお伝えしました。 いかにデリケートゾーンの保湿ケアが大切かお分かりいただけましたか? 是非、今回お伝えした保湿ケアをお試しくださいね。 当サロン『Dear』は、敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです! 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩みも、お気軽にご相談下さい(*^_^*) 女性の身体やデリケートゾーンにまつわる正しい知識を日々、アップデート中。 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます。

エステサロンの一室
  • フェムテック

今注目の「フェムテックサロン」って何?専門サロンが女性の悩みを解決!

みなさん、こんにちは! フェムケア専門サロンDearの広報担当です。 突然ですが、『フェムテック』という言葉を耳にしたことはありますか? 聞き馴染みがない方も多いかもしれませんが、今多くの女性の間で注目されているワードなんです。 そんなフェムテックを専門とするサロン『フェムテックサロン(フェムケアサロン)』は、女性のお悩みに特化した専門サロン。 今回は、具体的にどんなことを行っているのかご紹介していきますよ~(*^_^*) フェムテックサロン(フェムケアサロン)とはどんな場所? フェムテックサロン(フェムケアサロン)とは、そもそもどんな場所?説明していきます! テクノロジーで女性の悩みを解決! そもそも『フェムテック』とは、Female(女性)とTechnology(テクノロジー)を掛け合わせた造語です。 そんなフェムテックを利用したフェムテックサロンとは、女性が抱える健康上の悩みや課題を、テクノロジー(技術)によって解決する場所。 さまざまな商品やサービスを提供しています。 具体的には、生理や妊娠・産後のケア、更年期など、、、女性特有のお悩みを解決するもの。 サロンには一人一人の悩みを聞いてくれる女性スタッフがいるので、抱えているお悩みに応じた解決策を提案・提供してもらえます。 フェムテックサロン(フェムケアサロン)に通うことで期待される効果は? 健康上の悩みというのは、普段の生活習慣からも大きな影響を受けます。 生活習慣は人それぞれですが、女性特有のお悩みを抱えている人も実はたくさんいます。 そうした女性のお悩みを改善する為の商品やサービスを数多く取り揃えています。 生理のお悩みがある人は... 例えば生理の悩みに関しては、臭いや漏れなどの不安といったものがあります。 サニタリーショーツはドラッグストア等でも販売されていますが、そういった不安を解消するために、吸水部分を拡大し、抗菌・防臭機能を取り入れ細部までこだわったショーツを使用することで快適に過ごすことができます。 他には、サニタリーカップという、生理のごみを減らすための画期的な商品もあります。 ナプキンやタンポンは生理用品として広く知られていますが、このサニタリーカップは、使い捨てではなく、長いと約10年使用することができます。 衛生面で気になる人もいるかもしれませんが、清潔に保っていれば安心して使用できるんです。 サイズもいろいろあり、使いやすいものを選ぶことができます。 商品が入っているケースも花柄だったりと可愛いものが多いです。見た目がかわいいことで、生理に対するマイナスなイメージを変えようと試みています。 また、月経不順や不妊で悩んでいる方には、それぞれの原因に応じて『体質改善』を目的とした施術を行っています。近年では、子供が欲しくても不妊で悩んでいる人がたくさんいるので、こうした悩みにも対応しています。 膣まわりをケアしたい人は... 例えば、膣まわりのケアをきちんとしたい場合は、マッサージオイルを使用して体の負担を和らげることができます。またデリケートゾーンの悩みについては、デリケートゾーン専用の美容液やオイルなどもあります。 さらに、血行を良くするお灸やマシンを使えば、腰痛や冷え性の悩みも改善されます。 お灸というと通院するイメージが強いですが、このお灸マシンは自分で使用することができます。温度の切り替えが出来、血行が気になる箇所に15分当てるだけなので、とても使いやすいです。 コンパクトで持ち運びが出来るのも便利です。通院することなく自分でケアが出来るというのは、大きなメリットです。 さらに、性に関するお悩みがある方向けに、女性専用の大人のおもちゃを取り扱っている所もあります。こちらも使い方・目的に応じて数種類の商品が揃っています。 性の悩みを解決することは、体だけではなく、精神的にも満たされ、より豊かな生活を送れるようになります。 一見そう見えないデザインもおしゃれで、女性目線で作られています。こうした悩みは特に人に相談しにくいことなので、気軽に相談できる場所として女性をサポートしています。 更年期で悩んでいる人は... 更年期で悩んでいる方には、臭いやムレを防止するデリケートゾーン専用の石けんがあります。日本人女性の肌質に合わせ、原料にもこだわって作られているので、体に優しい商品になります。 その他には、筋肉の減少による尿漏れや、骨盤を鍛えたい方の為のグッズもあります。更年期は女性ホルモンが急激に下がり、体力や筋力の低下が起こります。 誰もが経験する悩みの一つなので、こちらのケアも充実しています。中には、ロンドン製でスタイリッシュでおしゃれな商品もあります。 このように、女性が日頃から抱えているさまざまなお悩みを良い方向に導いてくれるのがフェムテックサロン(フェムケアサロン)に通うメリットです! 今後のフェムテックの将来性は? 『フェムテック』は日本は遅れていて、まだあまり知られていませんが、海外では既に取り入れている所も多く、世界的に注目されています! 日本でも近年では企業向けにフェムテック補助金を給付するなど、注目度が高まってきています。 こうした取り組みには、体調不良や妊娠・育児などによる女性の離職を防いだりする等、さまざまな目的があります。 これからさらにフェムテックが広まっていくことで、多くの女性のお悩みが改善されることに繋がっていくので、女性の社会進出をさらに促進していける可能性があります。 今年に入ってからは、フェムテック専用のオンラインストアを開設した日本企業もあります。 近くにフェムテックサロンがない方や、なんとなく通いにくいと感じる方でも、オンラインで悩みを聞いてくれる場所があるんです! 一人では心細いという方でも、同じような悩みを抱えている方とやりとりすることで、不安が軽減されるかもしれません。 また、これまで女性へのサポートが足りていなかった企業が、国から支援を受けれることで、積極的にフェムテックの理念を取り入れていくという変化も起きる可能性があります。 こうして、日本でもフェムテックが少しずつ広まりつつあります! 日本では、男性が女性特有のお悩みをきちんと認識できていない部分もあるため、フェムテックが広まっていくことで、男性の女性に対する理解もより深まるでしょう。 意識が変わっていくことで、より女性に協力的になってくれる人が増えていくはずです...! 【まとめ】フェムテックの理念を広めていくことが必要 日本でもフェムテックが少しずつ広まってきていますが、日頃から抱えている女性特有のお悩みについて周りに言いづらく、生きづらさを感じている人は今も少なくありません。 女性同士で話すことはあっても、男性の理解がまだあまり浸透していないので、私生活や職場で窮屈な思いをする女性も多くいます。中には、セクハラ被害を受けている人もいたり、それくらい日本では女性に対する健康問題への配慮が遅れています。 今ではフェムテックを積極的に取り入れている企業も出てきたので、そうした状況も変わり始めてはいますが、そもそも『フェムテック』という言葉自体知らない人も多いので、まずは広く多くの人に認知されることが大切です。 また、女性が自身の悩みについて相談しづらかったり、言うことが恥ずかしいという環境を減らしていくことも必要です。 これからさらにフェムテックが広まっていけば、そうした悩みを持つ人が少なくなるだけではなく、健康面の不安も改善されていきます。女性が健康的に生きていく上で、フェムテックはますます無くてはならないものになっています。性別に関わらず、多くの人が不自由なく生きていくために フェムテックの理念を広めていくことが必要です。 永くなりましたが、ここまでご覧頂きましてありがとうございます! ちなみに、ブログを発信している当サロン『Dear』は、敏感肌脱毛専門サロン・フェムケア専用サロンです。 周りになかなか相談しにくいデリケートなお悩みなども、お気軽にご相談下さいね(*^_^*) 美容のプロが、全力でサポートさせて頂きます。